mihoshi55 さん プロフィール

  •  
mihoshi55さん: 懐かしい昭和の情景を追って
ハンドル名mihoshi55 さん
ブログタイトル懐かしい昭和の情景を追って
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mihoshi55
サイト紹介文昭和に撮影した映像と今も昭和の情景を求めて茅葺き民家などを追っています。
自由文蒸気機関車、茅葺き民家、古い町並みの写真を送りします。
車椅子生活のため過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化するのが日課です。新たに撮影にいくより過去の写真を整理するのを優先しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供402回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2012/04/15 10:47

mihoshi55 さんのブログ記事

  • 蒸気機関車 交換
  • 撮影場所 岡山県 伯備線木野山駅単線区間では一列車しか通行出来ないので駅で待ち対向列車を交して出発する。これを交換と呼んでいる。蒸気機関車同志が交換している。木野山駅はこの後に無人化されているがこの当時は駅員がいる。信号機も腕木信号でタブレット交換をする。木野山駅は桜の並木があり今も桜のシーズンになると鉄道ファンが桜と特急やくもや電気機関車を撮っている。こんな光景は毎日何回もあったが意外と撮影して [続きを読む]
  • もう一度食べたい物 越前ソバ
  • 高級料理でもなくてももう一度食べたい物が人生にはある。今回は福井県の越前ソバ福井県は旧国名は若狭と越前にわかれている。天気予報は若狭は嶺南 越前は嶺北に分けて紹介している。越前の茅葺民家撮影と猫寺に行った。高速道路から見たらソバ畑が続く減反政策でソバにる転換したのかずっとソバ畑が続くのでソバの需要があるのか福井県では今庄もそば屋が多い。今庄と永平寺でソバを食べたが普通のザルソバであった。福井から石 [続きを読む]
  • 懐かしい物 子供
  • 撮影場所 宮崎県延岡市私は若い頃にこの町に四年間暮し転勤で倉敷にきた。初任給は16,000円だったので金は貯まらなかった。それでも3年目に一眼レフを買った。しかし余り撮影はしていない。撮影するテーマと何のために撮影するのかが分っていない。自分が晩年になる時に時代がどう変化するのか時代の記録のために撮るに気付いていない。中学生でもそれに気付き撮る人もいれば成人になってもテーマに気付かない人もいる。写真を撮 [続きを読む]
  • 茅葺民家 茅葺と列車
  • 撮影場所 鳥取県智頭町茅葺民家を撮っていたら茅葺民家の裏を気動車が通りすぎた。鉄道と茅葺き民家を撮るために来ていないので時刻表を見ていない。これを撮影してから数キロ離れた駅の時刻表を書き写してくる。現在のローカル線は貨物列車が走っていないし特急もないので時刻表通りだ。この線路はJRの因美線 因美線は旧国名の因幡(いなば)と美作(みまさか)を結ぶ路線現在は関西方面からだと智頭急行を利用した方が早い。こんな [続きを読む]
  • 嚥下体操
  • 脳や神経に障害があると飲み込み(嚥下)に障害がでる。誤嚥性肺炎で寝たきりの老人は亡くなる事が多い。脳梗塞は片麻痺になる事が多く片方の飲み込みに障害がでる。脳梗塞などにならない事が一番だが脳梗塞は男女差も体重差も余り無いように思う。健康と過信している人も突然起きる。老人になると舌や頬.唇.顎.首回りの筋肉や動きが悪くなる。動きがそれ以上悪くならないように介護施設では嚥下体操をやっている。その体操を紹介 [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,480  京都府南丹市
  • 旧の美山町の民家山沿いにあるが生活感がない。基礎にコンクリートを打っているので古民家を買って移築したのか移築して時間も経つのか屋根は苔むしている。文化財の民家は余り撮らないが個人の建物は撮影することにしている。以前はどんな斜面でも駆け上がり撮影していたが車椅子ではこんな写真も撮れない。茅葺民家も少なくなったのもあるが撮影に行く事がすくなくなった。 11月は家内が毎週のようにマラソン大会があり連れて [続きを読む]
  • 私の昭和鉄道遺産 その87 旧型電車
  • 省線電車とか国電とかゲタ電と呼ばれた旧型の電車写真の電車はクモハ51型 1936年から1943年に製造された。クモハのクは駆動車、モはモーター  ハはイロハのランクの低いハで普通車戦前に製造され1976年に廃車になっている。40年間走り老朽化で解体廃車東京や大阪で活躍していたが新型の電車が登場する都度、都落ちこれは宇野線や赤穂線を走っていた。電車はモノクロ写真だし撮る気は余りなかった。今になれば何でも撮って置かな [続きを読む]
  • 野山に秋の七草を探しに行く
  • 野山に秋の七草を探しに行く・萩(ハギ) ・桔梗( キキョウ) ・葛(クズ) ・藤袴(フジバカマ) ・女郎花(オミナエシ) ・尾花(オバナ/ススキのこと) ・撫子(ナデシコ) 七草萩と尾花、葛は何処にでもある。女郎花 藤袴 桔梗 撫子は山間の草原をハイキングのつもりで歩かないと難しいかもしれない。女郎花や藤袴 桔梗は同じような草原にある。カワラナデシコは車で走っていても岩や沿道の草むらで見かける。山口県の [続きを読む]
  • 懐かしい物 土塀のある風景
  • 町並みの撮っていて土塀の風景を集めてみた。土を打ち固めた土の塀のため強い地震は耐えられるか疑問だ。過去に鉄筋の入っていないブロック塀や支えのないブロックで人身も事故をおこしている。土塀も余り強くないと思う。阪神大震災でも東日本大震災でも塀や建物電柱の倒壊で道路を塞ぐので緊急車両が入れないトラブルが沢山あった。こんな土塀も強度の面からも保全も難しく淘汰されていくだろう。残るのは京都や奈良の寺院や庭園 [続きを読む]
  • 茅葺民家 倉敷市の民家
  • 茅葺民家を撮り始めて当然、通勤や所用で走る時も周囲の茅葺を探しながら時には高い場所に登り上から集落の全景を見る。この民家も所用で走行中に発見する。昔からの集落は山に沿って家々は作られる。山沿いの集落に沿って歩くと昔の古い民家やや茅葺民家に出会う確率が高い。こんな集落は余り広い道が付いていない。大八車が交わせる広さだ。新しい住宅地は道路も広く取っているし法令に従った通路の幅がある。山際のため土砂崩れ [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,479 島根県旧吉田村の民家
  • 今は旧吉田村には高速道路ができて便利になった。中国山地を背後に山間地である。平野は少ない。岡山から一般道で広島から島根に入った。何度も通った。早朝にでて昼までかかった。吉田村で母屋と小屋が茅の家を撮影。自分の目的は一軒でも茅葺民家を探し自分のコレクションに加える事だった。何の写真を撮っている者でも経済性と時間の浪費を考えず行動を起こす。この前の鶴瓶の家族に乾杯は大阪府能勢町だった。その前は島根県 [続きを読む]
  • 干し柿
  • 毎年干し柿を干している。今年も干し柿を作り食べたと思うのである。あと何回干し柿が食べられるのだろう。季節季節に旬の物を食べる。ルーチン化する生活はマンネリ化して刺激がないので年寄りにはよくないという人がいる。マンネリ化してもいいじゃないか。これ以上成長も望めない。毎年同じ事をやって何が悪いとジジィは居直るのだ。人のいう事に耳も貸さずネットの老人の健康法や脳活性化の記事には従わず老人の頑固さで生きる [続きを読む]
  • 蒸気機関車 鉄橋を渡る
  • 撮影場所 岡山県 伯備線井倉付近鉄橋を渡る蒸気機関車の牽引する貨物列車鉄橋も電柱など目障りな柱のないところは撮影しやすい。伯備線に架る電柱のない鉄橋を撮るべきであった。蒸気機関車も消え貨物列車も消え今は電化された。毎日定刻に貨物列車は走っていた。そんなのが走っていたのも記憶になく人生は過ぎて行く。自分も人々がどう働きどう生活してきたかに関心もなく今まで生きて来たように思う。作家の向田邦子のように駅 [続きを読む]
  • 懐かしい物 荒物屋
  • 家庭で使う日用品をいろいろ揃える店が荒物屋だった。今ならばホームセンターというのだろう。こんな個人の店は大型スーパーや大型ホームセンターに淘汰された。徒歩や自転車で買い物に行っていたのが車なら少々遠くても安くて品が揃う大型店に人は行く。時代は徐々に変化して20年もして振り返ると随分と変わっていた。車社会と道路整備のインフラと大店舗法が買い物を大きく変えた。私の生きた時代は子供の頃とは大違いだ。こん [続きを読む]
  • 茅葺民家 ススキのある風景
  • 撮影場所  京都府南丹市茅葺とススキは相性がいい。茅材にするだけに茅葺の風景によく似あう。ススキも撮影は11月がよい冬になると穂が飛んでふんわりしたススキの穂でなくなる。10月初めは補が出たばかりで白くない。ふわふわと飛ぶ種は土をかけなくても発芽する。たんぽぽ.ワタスゲ.翁草.チガヤや茅の類は風に乗り種が飛ばされる。ススキのある風景をモノクロで撮ると寂寥感がでる。晩秋の物がなしさや人生の終末期を感じ [続きを読む]
  • 熟柿
  • 熟れた柿を「じゅくし」と読む 「ずくし」ともいう。木で熟れるのを待っていたらカラスやツグミに先に食べられる。鳥の目には熟れた柿がどう映るのだろうか青い時と赤い時は区別がつくのであろう。それにしてもカラスはスイカの熟れたのをどう区別するのだろうか木の実は熟れると赤か黄色になる。鳥が発見しやすい色なんだろう。柿の実を収穫して熟れすぎは干し柿には向かない。熟らして熟柿で食べる。田舎に行くと赤くなりかけた [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,478 秋色
  • 撮影場所 岡山県旧中央町 建部町秋が深まり木々が紅葉する。銀杏は黄葉するのでよくわかる。銀杏は雌雄木のため雄の木が必要 雌の木しかな植えないので一キロに一本雄があれば虫が花粉を付けるので実はなる。大きな銀杏が沢山実を付けて落ちているが地域の木なのでよその人は拾わないで書いてある。銀杏並木は各地にあるが落葉は車がスリップするし実を踏むと臭い。車椅子では銀杏を避けて歩く。ここ二週間が紅葉の見ごろだ。 [続きを読む]
  • アケビ
  • 家内が11月に入れば岡山マラソンがあるランニング練習のために山の中を10キロ程走る。走りながらアケビなどを探している。二個取って帰り食べていた。私にも勧められたが種ばかりのアケビなどほしくない。昔は甘い物に飢えていたので何でも喰った。槙の実に椋の実.桑の実など山形県の民宿に泊まったらアケビの甘辛煮がでてきた。郷土料理だ。あの渋い皮を煮詰めたものだ。少し渋いと思ったが大人の味だが一度の経験で十分だ。 [続きを読む]
  • 私の昭和鉄道遺産 その86  EF5867
  • 撮影場所 岡山県倉敷駅 山陽線電気機関車のEF5867号機が牽引する寝台車特急のブルトレではないようだ。ヘッドマークも着けていない。EF58で検索するとEF581号機が172号機まで全機の写真と経歴を書いてある。EF5867号機は昭和28年2月製造 昭和54年2月廃車EF58は172台製造された人気のある機関車だ。蒸気機関車も全機関車の経歴をホームページにしている人がいる。凄い人がいるものだ。鉄道ファンは層も厚いしマニア [続きを読む]
  • 徳島ラーメン  
  • 故郷の徳島の畑に柿とりに帰る。家内の持っている畑に柿の木が二本ある。高速道路代とガソリン代を考えると柿を取って帰っても割が合わない。年寄りにはそんなにいらないので買った方が安い。家内には土地に愛着があり柿が鳥の餌になるのが気にくわぬ様子だ。甘い物を摂りすぎて血糖値が上がるのも怖い。しかし孫はいくら甘い物を食べてもエネルギーが足りず腹減ったが口癖た。私が付いて行っても役に立たないが渋柿を吊るせるよう [続きを読む]
  • 懐かしい物 ミゼット
  • 撮影場所 岡山県早島町なまこ壁の蔵の通りで来る人をカメラを構えて待っていた。ミゼットが来た本来はこんな現代の車などは避けて撮らなかった。しかし三菱自工のミゼットは三輪車だったしいずれ消える運命だろうとシャッターを押す。ミゼットは360CCで小さな荷物も積める。こんな車を持てるだけでもステータスだった。今の自動二輪の免許を持っていたら360ccの車に乗れる時代もあった。二輪とと四輪は運転が違うのに排気量で免許 [続きを読む]
  • 茅葺民家 島根県奥出雲町の民家
  • 奥出雲町の茅葺民家も激減している。棚田などや鎮守の森の風景は残るが古い民家や茅葺は減っている。茅葺民家の耐久性のなさや葺き替えに人件費や手間が掛かるので姿を消す運命にある。テレビ番組で田舎を巡る物が多い。家族に乾杯やダーツの旅、過去にあった隣の晩ゴハンや山の中のポッと一軒家など役者の予定されたシナリオでなく素人の人が何を言い出すか分からない面白さもある。筋書のない展開が面白い。家族に乾杯も奥出雲町 [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,477 京都市左京区花背の民家
  • 京都市と言っても花背は山の中熊も棲息しているし随分山の中だ。かっては茅葺民家も沢山存在していたと思う。辛うじて残っているのを撮影したようなものだ。家内に連れてきてもらわないと自分では来ることは出来なくなった。もう15年も来ていない。もうこんな茅葺民家もトタンを掛けたか解体されているだろう。ネットで検索していたら昭和47年の花背の茅葺民家の影像を見た事がある。昔でも撮影している人がいるのだ。フィルム [続きを読む]
  • ドラフト会議
  • 今年もドラフト会議が終った。ドラフトの前から特集番組や記事でにぎやかだ。テレビで放映されるようになり高校野球で頑張った人は話題も多い。入団交渉から入団までは話題になるが二年三年もするとそんな選手がいた事もわすれている。熱しやすく冷めやすい人間の心理を物語っている。ドラフト一位で入団しても一軍で頑張れる人は1割か2割くらいであろうか株の予想も二割三割くらいのものだがドラフトの人選も当たらないものだ。そ [続きを読む]
  • オヤジギャグ-37 毎度バカバカしく
  • 毎度馬鹿馬鹿しくジジイのたわごと1.介護に来ている阿部さん99歳でしっかり者 もう少しで百歳だと 遥かな存在だ。阿部のハルカスと呼ぼうかな2.年寄ると尿が近い 漏れる漏れる 辛うじてセーフ 漏らした孝蔵(村下孝蔵)になるところだった村下孝蔵さんギャグに使ってごめんなさい。1980年代の歌手 初恋 踊り子のヒット曲あり46歳の若さで没3.8月に老眼を買った 100円ショップで8月に買ったので葉月ルーペ4. [続きを読む]