Cha Tea 紅茶教室 主宰 立川碧 さん プロフィール

  •  
Cha Tea 紅茶教室 主宰 立川碧さん: 紅茶の教室を開きたい!〜紅茶教室 主宰者記録〜
ハンドル名Cha Tea 紅茶教室 主宰 立川碧 さん
ブログタイトル紅茶の教室を開きたい!〜紅茶教室 主宰者記録〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/tea-school-chatea/
サイト紹介文Cha Tea 紅茶教室 主宰の立川碧です。紅茶、洋食器、紅茶教室運営に興味のある方のぞいてください♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 16:17

Cha Tea 紅茶教室 主宰 立川碧 さんのブログ記事

  • スコットランドからの贈りもの タータン展
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    先週の金土はプライベートレッスンでした。関西からのお客様。2日間サロンの雰囲気を堪能していただきました。プライベートレッスンは、お昼もご一緒・・・なので、レッスン+@のお話しも沢山できる点が楽しい 関西と言えば・・・お世話になっている、奥田実紀さんが監修された「スコットランドからの贈りもの タータン展」がとうとうスタートしましたよ〜。奥田さんから展示会の [続きを読む]
  • 11月のレッスン クリスマス月間のスタート
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    本日18時より、11月のご予約を開始します。11月からは、クリスマス仕様になりますので楽しみにしていて下さい♪ 11月前半のマスタークラスは「ルイ14世〜仮面舞踏会」です。 絶対王政の象徴・太陽王ルイ14世。絶対王者の元、フランスはこの時代に芸術・文化の分野が大いに発展しました。クリスマスの雰囲気の中、ルイ14世の生涯を学んでみましょう。 クリスマスの飾り付けはバロッ [続きを読む]
  • ミュージカルをテーマに誕生日会
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★ 11月からはクリスマス月間に入ります11月のご予約は9月25日(火)18時〜。マスターの新規は2本です♪   週末はよしこ先生の誕生日でした。ちょうどよしこ先生が出勤日だったので。夜にスタッフ大集合で8名で誕生日会を。 誕生日会のテーマはよしこ先生の大好きなミュージカル。お料理はお馴染みの高野シェフにオーダー。 1品目は、フランスミュージカル「ロミオとジュリエット」からテ [続きを読む]
  • Tea TimeさんNo5号の撮影
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    11月からはクリスマス月間に入ります11月のご予約は9月25日(火)18時〜。マスターの新規は2本です♪ レッスンとレッスンの合間、ティータイムさんの写真撮影がありました。11月1日(木)紅茶の日に販売開始になるNO5にあわせて・・・。今回は、陶磁器物語として、季節に合わせてクリスマスをテーマに原稿を書かせて頂きました。 ティータイムさんの誌面はいつも写真が綺麗だな〜と思 [続きを読む]
  • 金沢・吉はしさんの「かがのひ」でティータイム
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    これまで、10年ほどの間に何度か手元に来て、手放し、でもやはり心惹かれて又取り寄せ・・・を繰り返しているエインズレイのティーセット。1930年代くらいの作品なのですが、優しいシノワズリーのデザイン。紅茶を淹れるとその水色もとても美しく・・・なんとも心惹かれるのですよね−。 この日のティータイムは、そんなお気に入りのカップで加賀の名店「吉はし」さんの特別な干 [続きを読む]
  • ピンクの薔薇に囲まれてのティータイム
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    美しい薔薇のお花に彩られ・・・マスタークラス、無事スタートしています。今回は南ドイツ・ミュンヘン近郊をテーマにお話しをさせて頂いています。 12世紀からバイエルンを手中に収めてきたヴィテルスバッハ家の作り上げた数々の宮殿。今回の旅を通して、バロックスタイルの室内装飾の素晴らしさを改めて実感している私・・・皆さまの共感とても嬉しいです。ミュンヘンに行きたい [続きを読む]
  • クリンジの花の切手
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    南インドで見てきたクリンジの花。帰国後に、再度情報をあれこれ調べていたら・・・クリンジの切手が発行されていたことが分かり、ビックリ〜。発行年は、2006年。クリンジの花は12年に1度しか咲かないので12年前発行に納得でしたよー。早速お取り寄せ。 そして週末届いた切手シート。思い出が蘇る、そっくり!!!!なお花でしたよ−。感激 クリンジという言葉は、神様に対する [続きを読む]
  • 秋の外部レッスンとプロクラスの募集
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    3連休中は、ご遠方の生徒様も多く・・・土日と連続でレッスンに参加されていた方もいて、皆さまの熱い紅茶愛に私たちもワクワクした日々でした 早いもので9月ももう後半戦。秋は、イベントもたくさん。月末のジャパンティーフェスティバルでは、セミナー枠として参加が決定しています。「インド三大銘茶の魅力」「歴史で紐解くティーカップのデザイン」、産地系と文化系、それぞ [続きを読む]
  • ババリア窯のピンクのティーセット
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    今日からスタートするマスタークラスでは・・・ドイツのババリア窯の作品を使っていただくことにしました。7月にお嫁入りしたティーセット。ババリア=バイエルン州。まさにこの講座にピッタリ〜・・・とデビューを待っていてもらいました コロンとしたフォルムのこちらのティーセットはもうすぐ100年の月日を経る19世紀初頭の作品。飲み口がとても薄く・・・繊細な作品です。ピン [続きを読む]
  • マイセン磁器に囲まれて・・・
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    ドイツ・オーストリアの講座に合わせて、どんなインテリアにしようかな〜と、たまえ先生とあれこれ相談してきましたが・・・最終的には、私の好きなドイツ、オーストリアの作品!!!で空間を埋め尽くすことに。 久しぶりに純粋な「好き」の空間。インドモードも新鮮でしたが、やっぱり西洋陶磁器が好き?と改めて、自分のお部屋にときめいていますよ−。 ダイニングのキャビネッ [続きを読む]
  • ときめく薔薇図鑑
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    素敵な本が届きました。「ときめく薔薇図鑑」♪6月にマツコの知らない世界でもご紹介された、薔薇の研究家元木はるみ先生の新刊です。ときめく・・・の言葉通り。ページを捲る度に美しい薔薇のお写真にキュンキュン。 シェイクスピアに由来するその名も「シェイクスピア」や「ダーク・レディー」「デズデモーナ」戯曲を捲る傍らにこんな薔薇を活けられたら・・・最高ですよね。実 [続きを読む]
  • 英国菓子の宝庫 日本橋三越の英国展
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    日本橋三越本店の英国展も後半戦がスタート♪ モーニングクレセントさんのブースでは、大好きなステイシー先生のバノフィーパイ、たまえ先生にご馳走してもらっちゃいました。  お茶はステイシー先生お勧めの「英国人らしく」ミルクティーをセレクトしていただきましたよ。器もバーレイで可愛い。目の前に先生がいてくれるので。お菓子の説明なども伺いながらの楽しいティータイ [続きを読む]
  • ドイツでのティータイム
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    来週からスタートすするドイツの講座に合わせて。現在皆さまにお見せするお写真の整理に勤しんでいます。今回は、バイエルンの名家ヴィッテルスバッハ家の歴代の邸宅を軸に・・・ミュンヘン近郊の旅をご紹介してしきます。 美しい邸宅の数々・・・。神聖ローマ皇帝も輩出したこともあるヴィッテルスバッハ家ならではの贅沢な城の数々。皆さま好みのスポットがあればいいなと思いま [続きを読む]
  • 帰国して お茶は自宅が1番
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    ドイツ、インドは長く自宅を開けていたのですが、お茶はやっぱり自宅が1番〜 私は予定がないとついついだらけてしまって、後で後悔するタイプなので・・・インドから帰国した日には、毎月楽しみにしているシェフディナーの設定をしておきました。 帰国したらディナーの楽しみがある為、インドでも、お腹だけは痛くならないように!と、腹7分目で、微調整。もちろん睡眠などの管理 [続きを読む]
  • 日本橋三越英国展 今日から後半戦スタート!
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    遅ればせながら、前期最終日になんとか滑り込みで英国展に行ってきました〜 予約をしていたダルメインのアフタヌーンティー♪ ダルメインの館はお庭もとても素敵だそうで、たまえ先生の憧れのカントリーハウス・・・と。今回は、マーマレードをテーマにしたフードの構成、とても個性的でした。ダンさんが丁寧に卓ごとに回って下さり、メニューの説明を〜。こう言うサービス嬉しい [続きを読む]
  • 充実したインドでの1週間
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    インドではティーオークションセンターや研究所なども訪問してきました。街のバザールの喧噪や、山岳鉄道も含め・・・南インドをたっぷりと満喫♪した1週間。帰国してまだ1週間・・・なのが信じられないくらい、すでに懐かしい風景です。 今回は紅茶好き20名のツアーでしたので・・・茶畑を見た時のみんなの興奮度もすごいすごい。好きな物に対してこんなに熱くなれる情熱にた [続きを読む]
  • ルストハイム城 マイセン磁器博物館
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    ミュンヘン郊外のシュライスハイムの3つ目のお城、ルストハイム城は広大な庭園の端っこに・・・愛らしく佇んでいました。小さな外観からは想像できないくらい・・・実はこの中は、とても充実したマイセン磁器の博物館になっています。 お城の中がバロック絵画の美術館だとしたら・・・こちらは、バロック時代の磁器博物館。18世紀・・・絶対王政全盛期の王侯貴族が贅をこらして作 [続きを読む]
  • 英国総督 最後の家
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    インドのレッスンの後のティータイム。クロスがインドレッスン仕様なので、カップはどうしましょう〜・・・と悩みます。柄物のクロスは可愛らしいですが、いざカップを合わせることを考えるとなかなか難しいんですよね。 鳥好きのメンバーがいたので、鳥柄のカップも交えて〜 悩みつつも下のセレクションとなりました。みんなでお茶をすると華やかですね♪ たまえ先生とは、イン [続きを読む]
  • 日本橋三越 英国展
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    日本橋三越での英国展スタートしています。卒業生の真弓ちゃん率いるベリーズティールームさんは、浜田山のティールームを、この秋移転!!!サロンを建築してくれたコッツワールドプロデュースの素敵な新店舗が現在施工中のなか・・・連続出展。素晴らしい活躍ですよね 私の方は、ドイツ、インドから帰国後、さすがに、仕事が山積みで家に缶詰状態なのですが・・・私の代わりにお教室 [続きを読む]
  • 南インド式のハイティー
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    インドから帰国!そして水曜日からインド講座 現地で得た感動をすぐにお伝えする場所があるって有り難い〜!!!!たまえ先生ノリノリでレッスンしてくれていますよ−。ティータイムのテーマは、南インド式ハイティー?!私たちがインドで体験した南インド式のハイティーに倣い・・・甘い、辛い、インドフードでのティータイムを楽しんでいただいていますよ− お茶はもちろんマサ [続きを読む]
  • シュライスハイム城
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    ミュンヘン郊外のシュライスハイム城。大好きなスポットです。シュライスハイムには3つのお城があります。1つ目は古い城という意味のアルテス・シュロス。2つ目は、新しい城ノイエス・シュロス。アルテス・シュロスはバイエルン国立博物館の別館になっています。ノイエス・シュロスは、マックス・エマヌエル選帝侯のベルサイユと称えられる美しいバロックの城。城の内部はバロック [続きを読む]
  • エリザベート&ルードヴィヒⅡ世 聖地巡礼
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    エリザベートこと、シシィと、バイエルン王ルードヴィヒⅡ世の関係は先日のブログで紹介しましたが・・・ミュンヘン近郊には、そんな2人にまつわる聖地巡礼スポットがたんまりあるんですよー。 今回、時刻表を組むのが大好きな夫が、あれこれ工夫してくれて・・・1日で、主要なスポットをぐるっと回ってみました 色々な方のブログや旅記録を参考にさせて頂いたのですが、車ではな [続きを読む]
  • ニルギリの茶園訪問
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    本日はインドから。クーヌールの産地では、サロンでもいつもお世話になっているチャムラジ、そしてグレンダールの茶園にお邪魔してきました。お茶摘みも見学させてもらいましたよ〜♪ 美しい緑の中で・・・手摘みで行われている茶摘み風景。ニルギリはハサミ摘みの茶園も増えているので、こうして手摘みのシーンを見せていただけるのは貴重です。 工場見学後、私たちが訪れるまで残 [続きを読む]
  • 10月後半のレッスン ヌーボー&デコ、プロクラス!
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    本日17時より、10月後半のご予約を開始します。10月25日、26日に予定しているプロフェッショナルクラスの予約も同時に承ります。10月後半も楽しく学んでいきましょう。 プロフェッショナルクラスに関しては、こちらを参照して頂ければ幸いです。 10月後半のマスタークラスは「アール・ヌーボー&アールデコ」です。バロック、ロココ、ネオクラシカル、ロココ・リヴァイバル、ゴシ [続きを読む]
  • ヴァルハラ宮殿 ドイツにギリシャが!
  • ★SNSもどうぞフォーローして下さい★    インド、ドイツとめまぐるしいですが・・・今日の話題はドイツより。 ネオクラシカル様式の建物・・・ドイツで有名なものはどこかしら〜なんて調べていた時に、発見して目が点になった建物がありました。それがドイツ南部の街レーゲンスブルクの郊外に建つヴァルハラ神殿。ルードヴィッヒⅡ世の祖父に当たるルードヴィヒⅠ世の建築した建物です。 イタリアが大好きで、ラファエロの名 [続きを読む]