谷口英子 さん プロフィール

  •  
谷口英子さん: 親子の笑顔を大切にしたい♪
ハンドル名谷口英子 さん
ブログタイトル親子の笑顔を大切にしたい♪
ブログURLhttps://ameblo.jp/beearth/
サイト紹介文不登校・ひきこもりのお子さんをもつ保護者の方へ、親子の信頼関係を修復できるヒントを届けます。
自由文2001年7月、「笑顔を大切にしたい♪」をテーマに、NPO法人相談室ハーモニーを設立。主な活動は、不登校・ひきこもりのお子さまをもつ保護者の方を対象としたカウンセリング、ワークショップ、講演会。
親子の絆を築き直すヒントや信頼関係を修復するマインドについて、暮らしで活かせるサポートをしています。
「子どもを想う愛情を素直に伝えられること」「子どもが願う愛情を届けられるなること」を大切にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 23:50

谷口英子 さんのブログ記事

  • 違いが面白い!
  • ♪ーーーーーーーーーーー♪ 違いを間違いと思うと、 人の目が気になります。 違いが面白いと思えると、 興味深く人と関われます。      by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーー♪ 人との違いを間違いと思うと、おかしいと思われているのではないか、と人の目を気にして緊張します。 あるいは、人を責めたくなり、ストレスを抱えます。 人との違いを、ただ違うと受けとめられると、気楽に人と関われるようになります。 [続きを読む]
  • 感情を味わいつくしたい〜♪
  • 感情は、自分の内に在る大切な想いを知らせるシグナルです。 感情を抑え込むと、想いを明らかにするチャンスを失うだけではありません。 自分の心からのメッセージを無視することになります。 心は粗末にされたくないので、常に見出してほしいとシグナルを送り続けます。 それでも押し込めていると、強い感情、たとえば“怒り”に変わり、ある日突然強く自分を突き動かします。 暴走するので、想いとは違うものを相手に伝えてしま [続きを読む]
  • 向き合い整理するって言われても
  • 子どものことが心配でたまらない、これからのことを考えると不安だらけ、そのような毎日を過ごしていて、心配や不安に向き合うと言われても、それどころではない! そう思います。 向き合うのが辛くなったら、 美味しいものを食べたり、美しいと感じるものを見たり、癒される時間を大切にし、 気力を上げてから、自分の心と向き合います。 どんなに良い事でも、気力が萎えていたら出来ないのです。 自分の心を良い状態にもっていき [続きを読む]
  • 楽しい会話
  • ももちゃんは、中学生。1年生から不登校です。今は、ママと楽しい毎日を過ごしています。 今日は、公園で屋台が出てます。大好きな唐揚げがあります。昨日、疲れてしまったママは、食べたくても買いに行く気になれません。 母「買いに行って〜!」子「ね〜!   私は不登校中のひきこもり娘なのよ。  こんな繊細な私が行けると思う?!」 思わずママは笑ってしまいました。1年前にはあり得ない会話でした。 ダイエット中でもあ [続きを読む]
  • すごい!〜お母さんの気づき<316> 
  • まこと君は中月2年生になってほどなく、不登校になりました。ご両親は色々な手を尽くしましたが、結果的に、まこと君を追い込んでしまいました。 カウンセリングがスタートしてから、親御さんは、まこと君を「受けとめる」を意識して過ごしました。 無事、希望の高校に合格し、まこと君のペースで通学が始まりました。 少し慣れたころ、親子で少し遠くまでお出かけしました。 お父さんがしたいこと、お母さんがしたいこと、まこと [続きを読む]
  • 何時に出かけるの?
  • 声をかけるときからの続きです。 田中さんは、息子さんが、友達と出かけると言いながら、寝ていたので、「何時に出かけるの?」と声をかけました。 息子さんから、「何の考えもなく、 おれが寝ているわけがないだろう。」と言われ、ハッとしました。 母「寝てるのに起こしちゃった。」子「そうだよ!起こされるのが  一番イヤなんだよ。」母「そうだったね。ごめんね。」 ここのところ、息子さんにすべてを任せていたのに、今日 [続きを読む]
  • 声をかけるとき
  • 自分がみえないときに、やりがちな声かけです。 自分の中の不安を振り払いたくて声をかけると、相手は心配してくれている、気遣ってくれている、思いやってもらっている、と受け取るよりも、 心配をかけてしまっているのか、何が気にいらないのか、と受け取ってしまいます。 親が子どものことが不安でたまらずに声をかけると、子どもは答えようがないので、「別に」「わからない」「うざい」「うるさい」「・・・」となります。 [続きを読む]
  • 自分が見えないということ
  • 自分のことだからわかっている!と思いたいのはわかるのですが、結構、わからない、みえないものです。 自分のことを見えてないことは、自分が口にする言葉からわかります。 ご相談の中で、よく出てくるフレーズ。 受けとめていくしかない。見放したりしない。 どこか力が入っています。 このような場合、自分の心にひっかかっていることを見つけます。 Q.何がひっかかっているの?A.できないってわかっていることを要求してく [続きを読む]
  • 家族のよいところを見ると
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーー♪ 一番近くにいる家族の良い所を いつも見られるようになると、 心が落ち着き穏やかになり、 家が居心地よくなります。          by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーー♪ こんなところがうっとうしい!何でこうなの、いやだわ!みてるだけでイライラしてくる! 家にいながら、一緒にいる家族をこのように感じていると、常に心はストレスだらけになります。 人は自分も含めて [続きを読む]
  • どうして?と思ったら・・・お母さんの気づき<315>
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆ 子どもがいつもと 違う行動をしていると、 「どうして?」と思うが、 そこに次に行くチャンス が見える。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  とても素敵な気づきです。 否定的な感情と向き合い整理し続けてきたから、気づけたことです。 次にチャンスがあるとわかれば、ど〜んと受け止められます。 ポチッとしていただけると親子の笑顔が広がります♪  ↓↓↓にほんブログ村    [続きを読む]
  • 変化は望んだところからではない
  • 子どもは、気力が上がってくると、変化を始めます。 学齢期なら、復学を、ニートなら、バイトか就職をと親が望みがちですが、 子どもはできるところから取組始めます。 親は子どもの出来ている所を、常に意識して見ていきます。 不安はありますが、出来ている所をみていると、安心して見守れるようになります。 不安で押しつぶされそうな時は、不安を整理すればいいだけです。 お母さんが安心して、子どもを見守っていると、子ども [続きを読む]
  • 哲学者だ(#^.^#)
  • まゆみちゃんは、中学2年生。毎日、家で過ごしています。 お母さんが、どんなまゆみちゃんでも受けとめよう、話を聴こうと心がけるようになったら、色々なことを話してくれるようになりました。 ある日、自分はいつもドラマみたいなことが一杯起こると、話し始めました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'クジで大当たりしたり、提出した作品を表彰されたり、テレビに出たり・・・担任にいじめられたり、友 [続きを読む]
  • 笑顔の広がる会話
  • 日常の何気ない会話に、私たちの心はうれしくなり、思いやる気持ちが自然とわいてきます。 思わず笑顔になれる会話を紹介します(#^.^#) 子「昨晩のカレーはなかなかおいしかったよ!」と空っぽのお皿を、持ってきました。母「そう言ってもらえるとうれしいわ。ありがとう。」 子「お腹空き過ぎてやばい!」母「何、食べたい?」子「パスタ、1.5人前で!」母「了解、急いで作るわ。」出来上がったら、自室に持っていき食べました。 [続きを読む]
  • 先入観と思いこみはやっかいだ!
  • 中村さんの息子さんは、炭水化物ばかり食べています。 健康面が特に気になる日々を過ごしていらっしゃいました。 「魚は食べないだろうなぁ」という先入観に気づかれた中村さんは、元気よく笑顔で言いました。 母「このお魚、とってもおいしいの!! どうぞ。」 子「何これ? 西京焼き?」 母「違うの。醤油とみりんでつけ込んでみたの。  おいしいよ!」 一口食べた息子さんからは、 子「この魚、めっちゃうまい!  ご飯、 [続きを読む]
  • 信じてあげればよかった・・・お母さんの気づき<314>
  • お子さんが、自分で考え動きだしたのをみて気づかれたことです。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆どんな状況であっても、子どもを信じることができれば、子どもは安心できて、元気に動けることを知った。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆このことに気づかれて、「もっと早くから信じてあげればよかった」と思われました。 気づけばわかるのですが、気づくまで、自分の価値観に囚われて行動し続けます。 気づいたら始めればよいだけです [続きを読む]
  • 認めてもらえることのすばらしさ
  • ♪ーーーーーーーーー♪自分の意見を受け止めてもらい、認めてもらえると、大きな視野で物事を考えられるようになります。 by 谷口 英子♪ーーーーーーーーー♪ 親からみて未熟だと思う、子どもの考えであっても、その時点での最善だと受け止め認めると、子どもは自信がもてるようになり、さらに考えていきます。 その繰り返しで、視野が広がり、深く洞察する力を持ちます。 未熟だと切り捨てず、未熟だと否定せず、まずは、 [続きを読む]
  • 親の気持ちがわかる
  • まこと君は、中退後はいらいらしていました。犬が騒ぐと、怒っていました。 それが今では、「おまえたち、可愛すぎる」と言いながら、犬達をかまっています。 続いて「親の気持ちがわかる気がする。」と言ってきました。 お母さんはビックリして「どんな親の気持ち?」と訊きました。 存在そのものだけで、すべてかわいい。とにかく、自分の犬はかわいい あんなに犬が吠えると「うるさい」と言って、ドアを閉めていたのが信じられ [続きを読む]
  • 「心から」を大切に
  • 講演の最後でも、「心から」が大切とお伝えしています。 言葉は、伝えている人の心と共に伝わっていきます。 「ありがとう」と書いただけでは、どのように伝えているのかわかりませんが、声に出して伝えると、 言えばいいと思って伝えているのか、感謝の気持ちを伝えているのか、 よ〜くわかります。 あるお母さんは、息子さんからの声かけで、そのことに気づかれました。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆心からの言葉がけは、相手を元 [続きを読む]
  • 「SOS」を言えるようにしよう
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆子どもが自信をもち、出来るところまで丁寧に手助けすれば、子自身が判断し、自らその続きを進めていく。その為にも彼からSOSのサインを伝えやすいよう、わたしはいつでも聴く耳を持っていよう!☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆ある日、お子さんがペットの小屋の掃除を手伝ってほしいと言ってきました。 お母さんは気持ちよく「いいよ!」と応え、一緒に掃除をしました。 ある程度片づいてきたら、 [続きを読む]
  • 電車は緊張する
  • 田中さんの息子さんは、中学生。気力があがってきて、フリースクールに通うことになりました。 母「楽しんでね」子「電車、一人で乗るの好きじゃないんだ。  いつか一人で行かなきゃならない日が来るんだけどさ。」母「何で好きじゃないの?」子「出口がたくさんあるから。」母「あ〜、そうだよね! 出口、  一つじゃないもんね。迷っちゃうよね。」 朝からほのぼのする会話です。 今までの田中さんは、「大丈夫、できるよ。 [続きを読む]
  • 自分で選ぶということ
  • 田中さんが、息子さんの服選びを通して気づかれたことが素敵です。 息子さんは、自分で選んだ洋服は、とても大切にしています。田中さんの好みとは違うのですが、息子さん自身が選んだ服は、息子さんに似合っています。そこで気づかれました。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  息子は、今の自分に合う洋服を選んでいる。  人生の選択も、そういうものなんだろう。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆ [続きを読む]
  • 子どもへのまなざし
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーー♪  批判や比較は役に立たない。  子どもと向き合うときは、  好奇心が必要。     by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーー♪ ひきこもっている子ども、ニートの子どもに対して、ついつい「だからだめなんじゃないか」と批判したり、「みなはこうなのに」と比較して、観てしまいがちな親御さんもいらっしゃいます。 批判や比較がもたらすのは、子ども自身がもつ自己否定 [続きを読む]
  • いい匂い(^^♪  
  • たかし君は、中学時代は不登校でした。高校受験にチャレンジし、今は希望の高校に通っています。 スタートは順調ではありませんでした。入学式から3日間、休みました。 入学式の日、お母さんは悲しくて辛くて、涙が溢れてしかたない1日となりました。 カウンセリングで、無理なことは言わないのですが、この日は、 家に帰ったら、どんなことがあっても、自分の想いを胸に笑顔で! と、お願いしました。 登校し始めても、2日登校し [続きを読む]
  • 不登校になったことを後悔してない
  • 高校1年で中退した後、落ち着いた頃に話してくれたことです。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'学校に行ってたら、やりたいことがみつかってない。行かなかったから、パソコンのやりたいことがみつかった。パソコンにのめりこんでから、不登校になった。不登校になったから、やりたいことが見つかった。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' その後続けて、 「あのまま学校に行ってた [続きを読む]
  • 昼間は起きてるものでしょ!!〜『心の整理』
  • 自分でやってよ!!からの続きです。 「なぜ受け止められなかったのかしら?」と考えていると、どうしても原因を探してしまいます。 原因探しをするのではなく、自分の心に問いかけていきます。 Q.子どもを受け止めるよりも、 自分を優先にしたかったのは、 なぜでしょう?A.私は毎朝、5時半に起きているのに という気持ちがあったと思います。 活動時間がずれているんです。 Q.ほかに、気になっていることはありますか?A [続きを読む]