谷口英子 さん プロフィール

  •  
谷口英子さん: 親子の笑顔を大切にしたい♪
ハンドル名谷口英子 さん
ブログタイトル親子の笑顔を大切にしたい♪
ブログURLhttps://ameblo.jp/beearth/
サイト紹介文不登校・ひきこもりのお子さんをもつ保護者の方へ、親子の信頼関係を修復できるヒントを届けます。
自由文2001年7月、「笑顔を大切にしたい♪」をテーマに、NPO法人相談室ハーモニーを設立。主な活動は、不登校・ひきこもりのお子さまをもつ保護者の方を対象としたカウンセリング、ワークショップ、講演会。
親子の絆を築き直すヒントや信頼関係を修復するマインドについて、暮らしで活かせるサポートをしています。
「子どもを想う愛情を素直に伝えられること」「子どもが願う愛情を届けられるなること」を大切にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 23:50

谷口英子 さんのブログ記事

  • この先真っ暗
  • たかし君は、高校をやめた頃、「この先、真っ暗」とよく言っていました。 あれから4年経った今だから、感じられることがあるそうです。バイトしたら、別の知らない世界が見れるかなぁ友達に会いたいおいしいものを食べたい 少しずつ欲が出てきた感じだそうです。 高校をやめた頃を振り返って、 特に何があったという事ではないけど、負のスパイラルに入っちゃったな〜と思う。 正直な気持ちだと思います。自分でも何がなんだかわか [続きを読む]
  • 疲れがとれる〜(#^.^#)
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーーー♪ 心の通う会話ができるようになると、 疲れがぬけて、ぐっすり眠れます。       by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーーー♪母「おやすみ〜」子「お疲れさまでした〜」 たったこれだけのやりとりですが、親子関係がぎくしゃくし出すと無くなります。 お互いの様子が気になりながら寝るので、深く寝れないし、スッキリ目覚めません。 起きている時間、お互いに思いやれるように [続きを読む]
  • うれしくなる会話 
  • まこと君が不登校になって家族の仲間入りしたアッキー。2歳の誕生日に、お出かけしました。帰りの車中で。 母「アッキー、楽しかった?」子「僕が楽しかったんだから、  楽しかったよな!!」母「そうだね。ママも楽しかった(笑顔)」 素敵(^^♪まこと君の感覚、とても癒されます。 まこと君の毎日の生活は、ゲーム中心ですが、今日のように出かけしたり、会話を楽しめています。 この積み重ねが、親子の絆を強くし、肝腎な話が [続きを読む]
  • がんばって登校している子をみて
  • 新学期が始まり、通学している子どもたちをみかける風景が戻ってきました。薄れていた感覚が戻ってきた方もいらっしゃることでしょう。田中さんも、そういう方のお一人です。 田中さんは、通勤途中で、雨の中、がんばって登校している中高生をみたら、ざわざわしだしました。 ご自分で、ざわざわに向き合い整理されました。 もっとも恐れていることは、嫌なことに背を向け続け、耐え抜いた後の喜びとかを感じる機会が少ないため、 [続きを読む]
  • 現実と向き合ってほしい
  • ひろし君は、高校に行き渋り、とうとう1日も、休めなくなりました。 ひろし君は、今の学校を卒業し、みなと一緒に進学したいと思っています。 ひろし君の現実は、一日も休めず、赤点もとれない状況です。休んでしまったため、勉強が遅れています。同級生は進学に向けて勉強しています。 自分だけ取り残されてしまった不安、卒業できるかどうかの不安、でも学校へ行きたくない気持ちから、お母さんに当たり散らします。 お母さんは [続きを読む]
  • 〜すべき、〜しなければいけない お母さんの気づき<327> 
  • 〜すべき〜しなければいけないことに向き合い、気づかれたことが素敵です。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆ 思いこみが多いことに気づいた。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆小さい頃、言われ続けて、何の根拠もないのに思いこんでしまったこと、 人の目が気になり、思いこんでしまったこと。 よくよく向き合ってみると、結構、勝手に思いこんでいることが多いのに気づけます。 ここに気づかれたから、次のことに気づけました [続きを読む]
  • もう大丈夫!
  • あきら君は、中学卒業後は進学せず、家で過ごしています。 毎日、ゲーム三昧ですが、そのゲームから深いことを学び取っています。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' やられた相手を恨んでいては うまくならないよ。 ゲームでも何でも、そうだと思う。 もしやられたら、自分が 何がいけなかったか、 足りなかったかを 考えるようにすると、うまくなる!・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆ [続きを読む]
  • スピード感が違う!!
  • 親の取り組むスピードと、子どもの取り組む速さが違うと、ただ違うだけなのですが、このままで大丈夫だろうかと不安でたまらなくなります。 さっさとやればいいのに! こんなに時間がかかって社会で受け入れられるだろうか? 色々な妄想が始まります。 この時に、「私とは違うんだから」と無理やり言い聞かせるのではなく、自分の中の何が不安なのかを出していきます。出し尽すと、大切な想いが見えてきます。 不安の奥には、大切 [続きを読む]
  • 和むなぁ。
  • たかし君は、不登校です。登校しようと思いますが、中々、思うように体が動きません。 何とかしなければと思う毎日ですが、そのままをお母さんに受けとめてもらえるようになってから、日常生活では、リラックスして過ごせるようになりました。 ある日、弟と体を動かすゲームをしていたときの会話です。 兄「あ〜、そこそこ、ダメだよ!」弟「うん・・・」兄「あっ、ごめんごめん。  そこむずかしいから、ついイライラしちゃった [続きを読む]
  • 行事に行きたくない(-_-;)
  • 不登校の子に兄弟姉妹がいると、学校行事は気が重くなります。特に秋の行事の多い時には、こういったご相談が増えます。 行くか行かないかではなく、どんなことが気になっているのかを、まずは整理します。 こういう問題が起きている時、かなり混乱していらっしゃるので、ご自分でも何が問題かがわからなくなっていらっしゃいます。 色々と伺っているうちに、やっとご自身の心の不安が観えてきました。不安に向き合っていきます。 [続きを読む]
  • 囚われると見えなくなる
  • 私たちは囚われてしまうと、囚われていることばかりが、見えてきます。 しかも大切なことを見落とし、囚われていることだけが事実だと思いがちです。 そのことをわかって、子どもを見ていると、 子どもの良さ、すばらしさ、がんばっているところ、工夫しているところ、取り組んでいることなどが、見えてきます。 子どもの良さをよく見るように心がけていると、子どもは、親のまなざしや声かけから、力を得て、勇気が湧いてきて、力 [続きを読む]
  • 不安・不満との付き合い方 お母さんの気づきの言葉<326> 
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  私の不安・不満は嫌みとなり、  子どもに届いてしまう。  不安・不満を整理しておくと、  私が本当に伝えたい事が、  ちゃんと子どもに伝わるし、  ちゃんと子どもから、  返事が返ってくるから、  安心できるようになった。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆不安・不満のまま声をかければ、その気持ちが伝わります。 不安や不満は、思い通りになってないことを知らせるシグナルな [続きを読む]
  • ゲームは悩ましい
  • たかし君は、オンラインゲームを楽しんでいます。以前は、一晩中、楽しんでいましたが、今は、11時になると切り上げて寝ています。 最近、一緒に楽しんでいた仲間が、違うゲームを楽しむようになり、やりたいゲームができず、元気のない毎日が続いています。 お母さんは、元気のないたかし君をみて心配です。 以前、夜通しやっていた頃は、いつまでゲームをしているの!と苛立っていましたが、 今、ゲームができず元気のないたかし [続きを読む]
  • ゲームでキレた後  
  • ひろし君は、戦いのゲームに夢中です。あまりにも負けが続くと、ゲームのコントローラーを投げます。そんな日に言ってきたことです。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' このゲームは本当に、 クソゲーでゴミゲーということは わかっているんだ。 コントローラーをぶん投げちゃったし。 でも自分が調子よい武器を使ったら、 面白いように勝ち続けてさ、 こんなに良い気分になれる ゲームでもあるんだ [続きを読む]
  • 願っていることが届いていますように
  • 親は、「子どもを大切に思っている」自分の気持ちが届くようにと願います。 子どもから、「何で覚えていないんだ!」「全く真剣に聴いてなかっただろ!」「どれだけいい加減なんだ!」と言われていると、ますます、届くようにと思います。 子どもの立場になって考えてみます。 なぜ、上記のことを言うのでしょう?なぜ、このようなことが起きるのでしょう? 子どもの言っていることを、真摯に受けとめていたら、言われるでしょうか [続きを読む]
  • 出来立てが食べたい(*^^*)
  • けんちゃんは元気な不登校。ある日のことです。 子「お腹すいたぁ!」 母「パンがあるよ〜」 子「オムライス食べたい!」 母「お昼もオムライスじゃん。」 子「ね〜、お昼のお弁当はぬるかった。  ママの作った出来立ての  オムライスが食べたい!」 母「まぁ、そうなの!!  じゃあ、出来立てのママの  おいしいオムライス作るよ。」 一瞬戸惑ったママでしたが、受けとめました。 子「うん、よろしく!」 これまでママは [続きを読む]
  • 高校を辞めたことで
  • ゆうき君は、高校1年の時に、悩みに悩んで、高校をやめました。 お母さんが、「すごい決断をしたのね。」と言った後の会話です。 子「高校を続けるのは無理だった。  けど、やめたからこその  今の自分があると思っているんだ。  考え方も変わってきたし。」 母「わたしは、ゆうきのことがきっかけで、  自分の固定観念でみていた世界が、  少し固定観念を外して見れるように  なって、自分自身、楽になってきたし、  [続きを読む]
  • 勉強がわからなくなったら行けなくなる〜『心の整理』
  • ひかる君は、高校1年生。中学2年生から不登校でした。 中学3年生の秋頃から、高校への進学を決めて、家庭教師をお願いして勉強に取り組み、入試を経て、4月から高校に通っています。 入学式は行けず、その後、気持ちを切り替え、休み休み登校しています。 中間試験も無事、全教科、受けることができました。 時折、欠席していることが、お母さんには不安でたまりません。 授業が分からなくなり行けなくなるのではないだろうか? こ [続きを読む]
  • 最終目標
  • 自分の最終目標について話してくれました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' 大学受験ではなく、 自分を好きになることだ とわかった。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'中学に入学してから、だんだん学校に行けなくなり、高校1年で中退しました。 意を決して、高校認定試験にチャレンジするつもりですが、体が思うように動きません。 やっと行った塾で、先生と話しているときに [続きを読む]
  • 聴けない(-_-;)
  • 話を聴いているときに、気になることがあると、その事が気になりだして話を聴けなくなります。 そのような時には、「今、このことが気になっているな」と自分を受けとめます。 自分を受け止めると、状況が見えるようになり、話を聴く体制に戻れます。 会話が終わったら、気になってしかたなかったことと向き合います。 気がかりなことは、自分の中に潜んでいる大切な想いを明らかにするチャンスです。 気がかりなことに囚われてし [続きを読む]
  • 問いかけ・声かけの大切さ
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーー♪ これまでに一度も問いかけた ことのないことを訊ねると、 子どもは戸惑い答えられません。 しかし内容は頭に残ります。 心には、大切にしてもらえてる 感覚が残ります。       by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーー♪三者面談などの前には、お子さんに訊ねてもらっています。 *先生に聞きたいことある?*先生に伝えたいことある? 訊ねておけば、一緒に行けないときは、 [続きを読む]
  • 声は感情を伝える
  • 加藤さんは、息子さんと出かけるまえに、ペットの予防接種に行きました。 すぐに終わると思っていたら、ものすごく混んでいて、がっかりして帰宅しました。 がっかりした気持ちを切り替えないまま・・・ 母「ただいま〜」子「お帰り、どうした?」 加藤さんは理由を話しました。 子「その長かった人は、おばさん?」母「違うの、若いお姉さん。  あれこれ相談していたみたい。」子「なんで、そんなに長いんだろうねぇ。」 話し終 [続きを読む]
  • 辛い、苦しい気持ち
  • 誰にもわかってもらえない辛さ孤立してしまった辛さとても苦しいものです。 そのような状況が続くと、動けなくなり、止まりだします。 そこで多くの親御さんは、子どもを受けとめることが大事だと気づかれます。 親が自分のことをわかろうとしてくれていると思えると、子どもは、少しずつ心を開きだします。 過去の辛いことを言い始める子もいます。 今更どうにも変えようがない過去ですから、聴いていると、苦しくなることもあり [続きを読む]
  • 受け止めたつもり
  • 子どもを受け止めようとするあまり、自分の不安を受け止め損ねている時に、起きがちなことが、受けとめたつもりです。 「またキレるのではないかしら?」という不安から、 「行きたくなくって無理しているのかしら。」「付き合いたくないから不機嫌になってるのかしら。」「困っていることでもあるのかしら。」「体調が悪いのかしら。」などなど、自分の中で様々な妄想が始まります。 子どもの様子や気持ちにおかまいなく、妄想は [続きを読む]