谷口英子 さん プロフィール

  •  
谷口英子さん: 親子の笑顔を大切にしたい♪
ハンドル名谷口英子 さん
ブログタイトル親子の笑顔を大切にしたい♪
ブログURLhttps://ameblo.jp/beearth/
サイト紹介文不登校・ひきこもりのお子さんをもつ保護者の方へ、親子の信頼関係を修復できるヒントを届けます。
自由文2001年7月、「笑顔を大切にしたい♪」をテーマに、NPO法人相談室ハーモニーを設立。主な活動は、不登校・ひきこもりのお子さまをもつ保護者の方を対象としたカウンセリング、ワークショップ、講演会。
親子の絆を築き直すヒントや信頼関係を修復するマインドについて、暮らしで活かせるサポートをしています。
「子どもを想う愛情を素直に伝えられること」「子どもが願う愛情を届けられるなること」を大切にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 23:50

谷口英子 さんのブログ記事

  • 好きなものを用意しよう(^^♪
  • ひかる君は、学校へは行っていませんが、好きなスポーツ教室に通っています。 一日中、練習のあった日、お母さんは疲れているだろうと思い、久々にひかる君の大好きなメニューを用意しました。 帰宅途中、ひかる君からラインが入りました。 子「夕飯なに?」母「今日は久しぶりに○○だよ!」子「お〜、いいねぇ。お腹空いた!」母「早く帰っておいで。気をつけてね!」 ひかる君は、すきっ腹ですが、心は満たされて帰宅できたので [続きを読む]
  • 心をこめたら
  • 中村さんは、息子さんから度々、肩を揉んでくれと言われて、いつも長時間になり、疲れ果てていらっしゃいました。 頼まれると、「また長くなる」と半分うんざりしながらやっているとのことでした。 そこで「心をこめて」取り組んでみることにされました。 あら不思議(#^o^#)短時間で終わりました。 心をこめてマッサージをすることの大切さに気づかれました。 中村さんの手を通して、中村さんの真心が伝わるので、息子さんは [続きを読む]
  • 笑ってない 
  • ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*  本気でなんて、  ずっと笑ってないから。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*この言葉を聴いて、お母さんはショックを受けました。笑っている様子を見ていたので、そのようなことがあるとは思えなかったのです。 20年近く前のことです。お母さんに連れられてきたお嬢さんがいました。 カウンセリングが終わる頃、訊きました。 「今日は、お母さんに 言われて来たんでしょ? [続きを読む]
  • 『自己否定』を否定したら励ましたことになるの?
  • 私たちは、思い通りにならないことが続いたり、想うように行動出来ないでいると、   自分はダメだなぁ。   自分は、何にも役立たないなぁ。   自分は生きていてもしょうがない・・・   死んだ方がましなんだ。このように、どんどん自分を否定し始めます。 子どもが自己否定し始めると、親は焦ります。子どもの辛い気持ちを、  「助けたい」  「勇気づけたい」  「救いたい」と思い、  「そんなことないわよ。 [続きを読む]
  • 辛い時していたこと・・・お母さんの気づき<311> 
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  辛い時に、今までは、  正論を言ったり、  将来どうするのと  脅したりしていたかもと  気づいた。  子どものお陰で  気づくことができた。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆子どもがわかっていた方が良いと思うことを言ったり、 こうなったら困るでしょうと脅したり、 いろいろとやっていたご自分の行動が見えてきました。 すべて良かれと信じてしていた行動でした。 子どもが、不登校になり [続きを読む]
  • 講演会の感想3
  • 5月26日の講演会の感想です。 ☆・・・・・親が元に戻ると、また子どもが動けなくなること油断大敵だなぁ〜と思った。☆・・・・・ 動きだしたら、気が抜けて、元の習慣に知らず知らずに戻っていきます。 止まっていた子どもが、講演会でお伝えしたように関わることで、動きだしたのなら、そのような関わり方が、お子さんにとっては大切だったということです。 親が元に戻れば、子どもも停滞したり、止まります。 気を付けてほしい [続きを読む]
  • 講演会の感想2
  • 5月26日の講演会の感想です。 ☆・・・・・「人との出会いがあるから 子どもが変わる」のではなく、その前の「出会いを体験してみたいかな」と、子どもが思えるくらい「気力が上がる」ことが一番大切だ☆・・・・・ 上のように思っていると、出会いを求めて、外に出そうとしたりします。 その気になっていない子どもを、無理矢理出そうとする時点で、子どもとのズレが起こり、子どものと信頼関係は崩れていきます。 「出会いたい [続きを読む]
  • 講演会の感想1
  • 5月26日の講演会を聴いていただいたお母様の感想です。 ☆・・・・・「一貫性をもち、受け止める」大切さを実感しました。”これでいいや””今はこれしかできない”ではなく、今の私の関わり方は、「これでいいのだ!!」と思い、受け止めることが大切と感じた。☆・・・・・ よくも悪くも、一貫した関わりは、子どもに安心感をもたらします。 日替わりランチのように、気分次第で関わると、子どもは親の顔色をうかがいます。 一 [続きを読む]
  • 元の習慣に戻る
  • ハーモニーのカウンセリングの特徴は大きく二つあります。 1.自分の否定的な感情に  問いかけ整理して、  自分の内なる想いを明らかにする。 2.子どもの良いところ、  好きなこと、夢を  思いだしたり見守ることで、  子どもへの肯定感を取り戻す。 ハーモニーと出会うまで、この二つのことは、習慣になっていない方がほとんどです。 1は、カウンセリングのたびに取り組み、自分で出来るようになることを目指します [続きを読む]
  • 笑顔はしあわせ〜お母さんの気づき<310>  
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  子どもの笑顔は、何も言わなくても、  こちらまでしあわせになるなぁ。   わたしもいつまでも笑顔でいられるよう  心の想いを大切にしよう。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆素敵♪ 大人は、子どもの笑顔にたくさんのしあわせをもらいます。その一瞬、一瞬に感謝したい(^^)♪ 表情は心の窓です。気になることがあったら、すぐに出ます。読みとるのは相手です。 いつもス [続きを読む]
  • 受け止める<兄弟編> 
  • まみちゃんは、中学生。お兄ちゃんは不登校で家にいます。 お母さんは、まみちゃんまで不登校になったら困ると思い、カウンセリングを始めるまで、まみちゃんには、「〜しなさい」を繰り返し言っていました。 この状況を続けていくと、まみちゃんも、お兄ちゃんも停滞します。 お兄ちゃん同様に、まみちゃんのことを受け止める生活を心がけるようになった頃のことです。 ある日、塾に行く前に、まみちゃんは言い出しました。子「や [続きを読む]
  • 心の内は見抜かれている
  • たかし君は、高校3年生。高校1年の最後、不登校になりましたが、ぎりぎり3年生まで進級しました。 進級したものの学校は休み続けています。お母さんは、昨年の経験をたかし君が学習していないことにイライラしています。そんな時に、たかし君に言われました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  お母さんの顔は圧力かけている・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' まこと君は、高校を [続きを読む]
  • 思いやれるやりとり 
  • 大型店舗でお買い物をしている時でした。今日は、それぞれ見たいところに自由行動。少したって、息子さんから電話が入りました。 子「ママ、今、どの辺にいるの?」母「お店入って、  一番右側の通路のところよ。」子「僕は、一番奥にいるから、  来てくれないかな?」 このやりとりを振り返り1年前を思い出されました。 息子さんから少しでも離れると、子「どうして離れるんだよ!   こっち来て!」とキレてました。それに [続きを読む]
  • ゲームへの取り組み
  • 不登校・ひきこもっていると、ゲーム三昧になりがちです。 何もしていないと不安で押しつぶされそうになり、辛い現実から逃れるため、苦しい状況を忘れるため、取り残され感や孤独感、どこからも認められない無能感を感じないため、ゲームという仮想現実で過ごすようになります。 気力が萎えているときは、他にやることがないからゲームをしている子どもも、気力が高まってくると、ゲームを主体的に取り組む子どもも出てきます。 [続きを読む]
  • 不安や不満はあっていい。
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーーー♪  不満や不安はあるものです。  隠す必要はありません。  あると認めれば、いいだけです。  完璧な人はいません。       by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーーー♪自分は完璧だ、あるいは完璧でありたいと思っていると、自分の中にある不満や不安を隠します。 相手が隠していると、認めさせようとして責めたくなります。 自分の中に不満や不安があると認めると、相手の [続きを読む]
  • 子への想い・・・お母さんの気づき<309> 
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  子どもの楽しみに焦点を当て、  興味を持つ事で、  親子の会話が広がる。  私の考えを押しつけず、  見守るということが  どういう事なのか・・・  何となくわかってきた。  すべてに”私の子への想い”  が土台になるんだなぁ。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆すばらしい気づきです。 否定的な感情が沸いてきたら、そのことに向きあい整理し、自分の中の大切な想いを明ら [続きを読む]
  • 仕事でも実感「受けとめるってすごい!」
  • カウンセリングが始まると、「受けとめる」ことを意識する毎日が始まります。田中さんも同じでした。お子さんとの間では「受けとめる」すごさを実感されていました。 ある日、職場で、あるお客様に対する申し送り事項に、「話をすると時間が長くかかるばかり・・・」とありました。 そこで田中さんは「よし! 同じ時間をかけるなら、 受けとめてみよう!」と思い立ちました。 すると、そのお客様は、田中さんが伝えたいことをす [続きを読む]
  • 学校に行かないことは後悔してない
  • ひかる君は、出席日数が足りず、高校を中退すると決めて、落ち着いた頃に話してくれたことです。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  部活はやめないでおけばよかった。  継続することに意味があったな。  学校に行かなくなったことは 後悔してないけど、毎日、 友達と話せないことが残念だ。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' この頃は、お気に入りのお店に行ったり、そ [続きを読む]
  • 受け止めるためには・・・
  • 受け止めることが大事だとわかるようになると、なんとしてでも「受け止めよう」と思うようになります。 その結果、自分が受け止めやすいところはよいのですが、受けとめにくいところは、受け止めなくてはいけないと、自分の思っている気持ちや考えを押し込めて、受け止めたつもりになります。 受け止めるときに大切なことは、相手の状況をしっかり観ることです。話しかけてきたら、話をしっかり聴くことです。 しっかり聴いていた [続きを読む]
  • 気遣いがうれしい(^^♪ 
  • まこと君は、高校を中退しました。1年前は決断できず休学にしましたが、この春は退学という決断をしました。 そのころのお母さんとのやりとりです。 子「みたいドラマとかある?  ないなら、俺は、この番組見たいんだけど。」母「ないよ。みたい番組みるといいよ。」子「ありがとう。」 お母さんを気遣う一言がすばらしい!この一言が在るお陰で、親子の関係は風通しが良くなり、お互いに心地よくなっています。 他にもあります [続きを読む]
  • ほめること、受け止めること・・・お母さんの気づき<308> 
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  ここまで出来たらほめよう!と、  自分の中のハードルに届いてほしい  と思ってきたことに気づいた。  自分の価値観を押しつけて、  子どものありのままを受け止めていない。  子どもは、わたしの希望に届くように  がんばらなくてはならないし、  それが子どものストレスになり、  やがて動けなくなる原因だったのだ。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆お子 [続きを読む]
  • 重い荷物はおろしたい  
  • とおる君は、中学2年生から不登校になり、今は3年生です。 お母さんが声をかけると、「うるさい、だまれ!」と、拒絶していました。お母さんがカウンセリングを受け始め、お母さんの想いが伝わる声かけに変えていくうちに、強い拒絶はなくなりました。 今日も思い切って、お母さんは話しかけました。「暑くなってきたから、お布団を変える?」とおる君は、無視しました。 そのあと、台所にきたとおる君に、「何か食べる?」と訊き [続きを読む]
  • 笑顔はわたしから(^^)♪
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪  わたしが笑顔になると、  それをみた人が笑顔になる。  その笑顔をみて、さらに笑顔になれる。  しあわせの循環が始まります。          by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪自分の気分がよければ、自然と笑顔が増えていきます。それを観るのは、周りの人です。観た人は、和んで自然と笑顔になります。それを観たわたしや周りの人は、笑顔になり [続きを読む]
  • ありがとうございました。
  • 26日は、講演会でした。色々なご事情がある中、お時間を作り、お越しいただきましたことに感謝申し上げます。 参加いただきました皆様にとって、希望がもてる時間、笑顔を取り戻せる時間になりますようにと願い、講演会を準備し、お話させていただきました。 親子関係も、お子さんの状態も、皆違います。その中で、共通して大切なことをお伝えいたしました。*不登校の子どもたちが、どのように考えているのか?*子どもたちの心が [続きを読む]
  • ゲームのやめどきがわかった・・・子どもからのメッセージ
  • たかし君は、高校を中退後、生活が安定した頃に話してくれたことです。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  ゲームをとことんやったので、  やめどきがわかった。  課金のあるゲームをしない。  大学で始めていたら、すごいことになってた。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'やめどきがわかったので、遅くても午前1時には寝るようになりました。 朝から起きるようになったの [続きを読む]