くるまに泊まろう〜 さん プロフィール

  •  
くるまに泊まろう〜さん: kmワールドへようこそ
ハンドル名くるまに泊まろう〜 さん
ブログタイトルkmワールドへようこそ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ahmyczam8410/
サイト紹介文クラッシックなキャンピングカーですが最新設備で快適化してます。ガーデニング・ミニカーもご期待ください
自由文キャンピングカーの快適化を詳細な写真でもって改造内容をご説明します。チョット気になる作業等がありましたら、お気軽にコメント下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/04/16 01:10

くるまに泊まろう〜 さんのブログ記事

  • 涼をもとめて蒜山高原白樺の丘 高原の避暑地
  • 連日の酷暑なので涼をもとめて蒜山高原 白樺の丘までやって来ました。白樺の丘はスイトンのオブジェが迎えてくれます。駐車場の北側に白樺の林があります。白樺の丘レストランで名物蒜山ヤキソバを食べました。標高は500m程度なので平地より多少過ごし易いかなという程度です。↓ヤフオク販売中です写真約90枚掲載 デリカアネックスWith キャンピングカー Annex キャンパー ベバスト付 走行約45000km 超コンパクト ディーゼルタ [続きを読む]
  • GWモッコウバラが満開 手抜きのガーデニング 黄色い枝垂れ 
  • 庭にモッコウバラが咲くと毎年GWを実感します。あたり一面に微かな甘い香りを放っています。植えてから15年以上経過したので根元は直径10センチ近くのモッコウバラの大木になりました。カイズカに覆い被さって咲いているのでカイズカも迷惑そうです。予告まもなく欧州タイプエントランス錠と補修用ベンチレーターカバーをヤフオクへ出品致します。↓ヤフオクへのリンクですキャンピングカー部品等のヤフオク出品一覧です↓車 [続きを読む]
  • 庭のサクランボが真っ赤に色付きました 初夏のガーデニング
  • 毎年GWのシーズンが近づくと庭に植えているサクランボが真っ赤に色付いてきてます。1年ごとに実が沢山ついて豊作です。実が赤くなった頃を見はからって鳥も食べに来ます↓ヤフオクへのリンクですキャンピングカー部品等のヤフオク出品一覧です↓車中泊キャンピングカー用品はこちらで見れます kmワールドHPはここを 皆様の楽しいアウトドアライフスタイルが季節のうつろいの中に…ポチッとして頂けますと幸いで [続きを読む]
  • 道の駅 神話の里 白うさぎにて車中泊 オートキャンパー
  • 道の駅 神話の里 白うさぎから東へ歩いて2分ぐらいの所にローソンがあるので便利です。天候が良くないために車中泊のクルマは少ないです。すぐ北側を国道9号が通っていますが車中泊する際はそれ程はうるさくは感じません。道の駅 神話の里 白うさぎの東側の駐車場で車中泊です。リヤハッチを開けてしばしブレイクです。リヤハッチの後方には何もないので気にはなりません。マナーではグレーゾーンかもしれません。道の駅 神 [続きを読む]
  • 出石で皿そば(兵庫県豊岡市) 車中泊で行く オートキャンパー
  • 姫路から播但道を北上し約2時間で但馬の小京都とも呼ばれる城下町が出石です。30年ぐらい前に訪れたことがあるのですが、当時よりかなり観光化されたような雰囲気に変貌しています。保存地区には3カ所の大きな駐車場があります。その中でも中心にある大手前駐車場に駐車しました。1回400円です。料金所の軒出は小さいのでハイルーフでもOKです。駐車場の受付けの人に尋ねたところ夜間は駐車場の受付は無人となるとのことで [続きを読む]
  • まだまだ元気な夏の花 朝顔 ノウゼンカズラ
  • 気候は確実に爽やかな秋に向かっています。花盛りのピークは過ぎたとはいえ庭の夏の花はまだまだ元気よく次々に咲き続けています。11月には剪定予定です。宿根なのでとてもタフです。ノウゼンカズラは蟻が集まるのが難点です。朝は青色に近いのですが午後になるとこのような紫色に変化します。↓車中泊キャンピングカー用品はこちらで見れます kmワールドHPはここを 皆様の楽しいアウトドアライフスタイルが季節 [続きを読む]
  • 氷ノ山キャンプ場 オートキャンパー 車中泊
  • 標高は約900mぐらいなので日が陰れば爽やかです。8月も下旬なので楽観的に予約なしで突撃しました。キャンプ利用者はふもとにある『若桜ゆはら温泉 ふれあいの湯』に通常料金400円の半額で入湯出来ます。体験評価★★★★   アクセス道路★★★★★ 標高★★★★★ 環境★★★★★ 設備★★★★★ クルマ乗り入れ(個別サイト)★★      クルマ乗り入れ(フリーサイト)★★★★   メンテナンス★★★★  [続きを読む]