楽器買取NO.1 さん プロフィール

  •  
楽器買取NO.1さん: 楽器買取NO.1のブログ
ハンドル名楽器買取NO.1 さん
ブログタイトル楽器買取NO.1のブログ
ブログURLhttp://www.gakkikaitori-no1.com/blog/
サイト紹介文中古楽器(ギター、電子ピアノ、エレクトーン、サックスなど)その他機材等高価買取いたします。
自由文買取方法は、出張買取、持込買取、宅配買取の3通りからお選びいただけますので、お客様の都合に合わせることができます。まずは楽器買取No.1へ査定依頼をお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/04/16 15:32

楽器買取NO.1 さんのブログ記事

  • YAMAHA(ヤマハ)のRBX4A2について【エレキベース】
  • 軽くて演奏しやすいエレキベースが欲しい。 そんな方はYAMAHA(ヤマハ)のRBX4A2をぜひお試しになってみてください。 同じくYAMAHA(ヤマハ)のRGX A2とボディ構造が同じであるRBX4A2は、重さわずか3.2kgのエレキベースです。 軽くて柔らかいファカルタを心材とし、硬いアガチスを表板と裏板にする事で、軽さと強度とを両立させています。 ブリッジも軽さを考慮して作られていますね。 [続きを読む]
  • YAMAHA(ヤマハ)のMODX8 88鍵盤について【シンセサイザー】
  • YAMAHA(ヤマハ)のシンセサイザーは多種多様なモデルが揃っていますが、中でもMODX8 88鍵盤をはじめとするMODXは高い基本性能を持っている事に加え、使い勝手の良さや豊富で質の高い音色も備えています。 どんな場面でも大活躍してくれる事間違いなしのシンセサイザーと言えますね。 YAMAHA(ヤマハ)のMODX8 88鍵盤のサウンドエンジンには、AWM2 & FM-X ハイブリッド音源が採用されています。 [続きを読む]
  • Marshall(マーシャル)のDSL5Cについて【アンプ】
  • アンプにも色々なものがございますが、ご自宅で練習される際やライブのリハーサルなどで軽く演奏したいという時におすすめのモデルの一つが、Marshall(マーシャル)のDSL5Cです。 Marshall(マーシャル)では1997年にJCM2000というシリーズを発売しました。 高い人気を得ていたLCM2000のうち、DSLを2018年モデルとして生まれ変わらせたのが今回ご紹介するDSL5Cなのです。 プリ管ECC83を3基、パワー [続きを読む]
  • KORG(コルグ)のEK-50 ENTERTAINER KEYBOARD【電子キーボード】
  • 電子キーボードをはじめとした電子楽器には、アコースティックとはまた違った魅力があります。 例えばKORG(コルグ)のEK-50 ENTERTAINER KEYBOARDは、自動伴奏機能が付いている点が大きな特徴ですね。 左手で鍵盤を一つ、もしくは和音を押せば、それだけで右手のメロディに合わせてしっかりとした伴奏が生まれます。 簡単なメロディしか演奏出来なくても、自動伴奏機能でレベルの高い伴奏付きの演奏 [続きを読む]
  • KORG(コルグ)のGrandstage 88について【電子ピアノ】
  • 電子ピアノにも様々なモデルがございますが、ステージ・ピアノとしてお使いになるのであれば、KORG(コルグ)のGrandstage 88はいかがでしょうか。 Grandstage 88はKORG(コルグ)自慢のピアノ音源を備え、またパネル・レイアウトは最高のパフォーマンスを生み出すために設計されています。 アコースティックピアノと電子楽器それぞれの良さが絶妙に融合された、個性的で美しいデザインも魅力的な電子ピアノで [続きを読む]
  • YAMAHA(ヤマハ)のYSS-82Zについて【ソプラノサックス】
  • YAMAHA(ヤマハ)のサックスの中でも、高い人気を得ているモデルと言えばYSS-62がその一つでしょう。 ジャズプレイヤーからの厚い支持を得ているYSS-62ですが、そのYSS-62のコンセプトを受け継いでいるのがYSS-82Zです。 YSS-82Z は名器と名高いYSS-62にYAMAHA(ヤマハ)の最新技術を融合させる事に加え、名の知られたアーティストの協力も仰ぎながら生み出されたソプラノサックスです。 管体とネッ [続きを読む]
  • Roland(ローランド)のTD-17KV-Sについて【電子ドラム】
  • Roland(ローランド)のVドラムは、演奏性や表現力においてアコースティックドラムと遜色なく、また効率よく楽しみながら練習出来る点が魅力の電子ドラムです。 今回ご紹介するTD-17KV-SもVドラムシリーズのうちの一つで、CY-5をハイハットに、FD-9をハイハット・コントロール・ペダルに、CY-8をクラッシュとライド・シンバルに用いた高い静粛性を備えるモデルです。 幅1300mm×奥行1100mm×高さ1200mmという [続きを読む]
  • Kemper(ケンパー)のProfiler Power Rackについて【アンプ】
  • Kemper(ケンパー)のギターアンプであるProfiler Power Rackは、他のギターアンプでは見ないようなデザインをしていますが、ただ単に変わったルックスをしているだけのアンプではありません。 一般的なギターアンプではモデリング技術が使われていますが、Kemper(ケンパー)のProfiler Power Rackはプロファイリング技術を採用しています。 Kemper(ケンパー)の独自技術であるプロファイリングは、真空管 [続きを読む]
  • YAMAHA(ヤマハ)のGC32Sについて【クラシックギター】
  • ギターにも色々な種類がありますよね。 YAMAHA(ヤマハ)でも様々なギターを取り揃えており、例えばクラシックギターではGCシリーズをはじめいくつかのシリーズを展開しています。 クラシックギターのベースはスペインで生まれたとされています。 GCシリーズでは、YAMAHA(ヤマハ)の持つ研究成果や技術と、スペインで受け継がれる製作技術を余す事なくつぎ込む事で、極限までクオリティを高めたギター [続きを読む]
  • Ana’ole(アナオレ)のAC-808 Tenor 2017について【ウクレレ】
  • ハワイと言われてイメージするものと言えば、ウクレレがその一つですよね。 ハワイにはウクレレを作る工房が数多くあり、Ana’ole(アナオレ)のウクレレも、ブランドの創立者であるGareth Yahikuとスタッフによって一つ一つ手作りで丁寧に作られています。 Ana’ole(アナオレ)は人気が高く、ハワイではウクレレを扱う全てのお店に置いてあると言っても過言ではありません。 今回はAna’ole(アナ [続きを読む]
  • DIGITECH(デジテック)のELEMENT XPについて【エフェクター】
  • ギター用のエフェクターにも色々なものがありますよね。 これからギターに挑戦しようという方にとっては、どれが良いのか全く見当もつかない、なんて事もあるのではないでしょうか。 DIGITECH(デジテック)のELEMENT XPはそんな方におすすめしたいエフェクターの一つです。 DIGITECH(デジテック)のELEMENT XPはお手頃価格ながらも多種多様なサウンドバリエーションを楽しみいただけるモデルです。 [続きを読む]