chibisacchi さん プロフィール

  •  
chibisacchiさん: 世界のどっかで移民生活
ハンドル名chibisacchi さん
ブログタイトル世界のどっかで移民生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/chibi0lilla/
サイト紹介文日本→スウェーデン→台湾と移住。各国の文化や普段気付いたことを書いています。
自由文移民として台湾にやってきました。その前は京都→東京→中国・広州→東京→北欧スウェーデンと移動。今回たどり着いた先が台湾。中国で知り合ったスウェーデン人の彼氏と今は遠距離恋愛をしています。
スウェーデンではたくさんの移民たちに囲まれながら送った生活。今度は同じアジア人ばかりの台湾へ。気になったこと・日常生活を中心に書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/04/19 05:34

chibisacchi さんのブログ記事

  • 台湾博物館
  • 新しくできた台南の博物館。ここ、太陽光パネルで博物館の名前を作ってます。周りに何もなく、時間がゆったりと流れていきます。 中の展示は台湾の歴史をまんべんなく紹介。原住民のことにも触れていますが、細かくは紹介されてはいません。どちらかというと、どういった形で外交が始まり、それに伴って台湾がどう変わってきたか、そういったところを知るにはいいと思います。当然、日本統治時代の話もあります。 たまたまそのコー [続きを読む]
  • 龍騰斷橋
  • 友人が日本へ帰国する前、お互い行ってみたいと思っていた龍騰斷橋へ。私も前から気になってたので着いていきました。 場所は苗栗、台湾現地で販売しているガイドブックに、ここは紹介されていることが多いです。そこへ行く前に勝興車駅の見学へ。1998年に廃線になってから使われてはいないんですが、復古運動で今も残されています。苗栗県の県認定古跡にもなっています。台湾鉄道の駅で一番海抜が高いところにある駅なんです。山 [続きを読む]
  • 埔里の散策
  • なんとなく思い立って埔里へ行ってみました。埔里の駅、意外ときれいで、改築したのかもしれません。 そこからバスで埔里にあるお酒の工場へ行ってみました。平日だと団体なら工場見学ができるようですね。私が行ったのは休日だったため、お土産屋さんぐらいしか開いてませんでした。窓から少し中の生産ラインを見ることができましたが、暗くてはっきりとは見えなかったんですけど簡単な看板で、何をするところかが書かれてたので [続きを読む]
  • 朝の日月潭
  • 朝早く起きて同僚たちと散歩に行ってみました。天気も素晴らしく、本当に気持ちよかったです。 近くにはセンターもあり、ここもとても静かで落ち着く場所です。 日月潭は台湾人にとっての避暑地のようなところ。都市部に比べて約2度〜5度低いんですよ。ということは冬は寒いんですよね、間違いなく。季節によっては蛍も見れるそうです。 ブログランキングに参加しています。応援 よろしくお願いします!     [続きを読む]
  • 妖怪村
  • 台湾にある妖怪村にも行ってきました。 台湾のブロガーが書いているのを読んでみると、なにやら楽しそうな感じ。そもそも妖怪っていう概念、これも日本からやってきたみたいですね。 いざ到着したらものすごい人・・・で、どんなところかなぁと見に入ると、 どことなく日本っぽい感じ。だけど微妙に違う感じ 道もちょっと狭いので、ふと違うところをみていると人にぶつかります。このテーマパーク自体、そんなに広くないので、1 [続きを読む]
  • 九族文化村
  • 社員旅行で行った日月潭。個人でも行ったことあるんですが、ガイドさんがいると違いますね。日月潭の近くには九族文化村というテーマパークがあり、原住民族の紹介と遊園地が合わさったようなところです。 テーマパークの側にはロープウェイがあり、日月潭を見ることができます。日本統治時代、日本人がこの湖を見て「日と月のが重なっているような形だ」ということから日月潭という名前がついた湖。この一帯の水がめとなっていま [続きを読む]
  • Ängelholms市内
  • Ängelholmsの駅に着きました。駅前にはバスが止まっていて、色は2色ありました。このあたりのバスはバイオガスで走っています。ガソリンを使うと環境に悪いからだとか。こういうところがスウェーデンらしいなって思いますね。 Ängelholmsにはスウェーデン南部独特の建物がいまだに残っています。通常の建物よりも低く、屋根が急で窓が大きめです。 スーパーを発見したので、入ってみました。 なんと、パン粉を発見。しかも、その [続きを読む]
  • Ängelholmsへ
  • 次の目的地はÄngelholms(エンゲルホルム)です。ここには友人のおじいさんが最後に住んでいた場所。スウェーデンは老後も自分で生活ができる場合、子どもの家族と住むのではなく、うまくデイサービスを利用、生活に支障が出てきたら老人ホームへ入所します。家族が介護する、という考えはあまりありません。ここÄngelholmsにある老人ホームにおじいさんは住んでいました。 ヨーテボリからÄngelholmsまでは電車で行きます。ヨー [続きを読む]
  • Liseberg
  • バーガーパーティの後は遊園地へ。ここは1923年に開園し、北欧で一番大きな遊園地で、Liseberg(リーセベリィ)といいます。マスコットは緑のウサギなんですよ。 この遊園地には庭のような部分もあり、そこを散歩するというのもいい運動になります。 フリーパスを購入していざ出陣!一日フリーパス、二日フリーパスなどいろいろあるので、目的にあったチケットを購入できます。 園内を歩いていくと、子どもには手首または足首に着 [続きを読む]
  • Burger party
  • 友人が私のためにバーガーを作ってくれ、友人を誘ってパーティをすることになりました。 友人の家に招かれた場合、だいたいドリンクやお菓子などを持っていきます。住んでいた当時はケーキとか作ってましたけどね。まずはスーパーでお買い物。ビールなんかは普通のスーパーでも買えますが、ワインなどのアルコールが高めのお酒は専門店だけ。(専門店についてはこちらの記事)種類もいろいろあり、ドイツ製のビールなんかもありま [続きを読む]
  • パダン(Paddan)
  • ヨーテボリの夏の風物詩、パダン。4月〜10月の間、営業してるようですけど、4月とかなんてまだまだ寒くて地元の人は乗りません。実際みんなが乗り出すのは夏がやってくる6月ぐらいから。6月ぐらいになると天気がよければ日差しが痛いほど。 私が行ったのが6月初旬だったので、乗りたいな〜と。運よく天気もよく、地元の人は半袖を着るような陽気。久しぶりのパダンで私のテンションも パダンはKungsportsplatsenの橋から出発です。 [続きを読む]
  • パンコーカ(Pankaka)
  • ヨーテボリに来て食べたかったものの中にパンコーカ(Pankaka)があります。簡単に言うと、ホットケーキですね。日本で食べるホットケーキはアメリカンタイプ。ヨーロッパで食べられているホットケーキはクレープのような薄めのものです。 ちなみに、スウェーデン版ホットケーキはこちらポイントはクリームとジャムですね。ジャムはリンゴンベリーやブルーベリーなど、北欧でよく取れるベリーをジャムにしています。お店で食べたの [続きを読む]
  • 久しぶりのヨーテボリ
  • やっとヨーテボリに到着。空港の感じとか、前よりも少し広くなったようなやっぱりVolvoの街、ヨーテボリ。荷物のターンテーブルにもVolvo、かっこいい荷物を受け取って出口へ。 友人が今か今かと待っていてくれました。以前はお互いスウェーデン語で話していたのですが、さすがに私も4年ほど話していないので、お互いどの言葉で話そうかと探り合い最初はとりあえず英語、そっからスウェーデン語、たまに中国語、みたいな感じ。一 [続きを読む]
  • 初スイス
  • 香港から出発した飛行機。すっごい疲れてたので寝れるかと思いきや、やっぱり人数もいるのでそれなりに騒がしく、ゆったりと寝れるわけでもないんです。やっぱり赤ちゃんは泣くのがお仕事なので、両親だけでなく、周りの人たちも一緒にあやしてました。ただ、気圧の変化もあったのか、なかなか泣き止まず、夜中の2時になってもだめで。周りもやはり寝れなくてイライラしちゃうし。今回トランジット後に乗った航空会社、クルーの人 [続きを読む]
  • 乗り換えは
  • 桃園空港から飛び立って約2時間。香港から乗り換えで乗る予定だった飛行機の出発時間はすでに2時間以上遅れてます・・・・。(出発が遅れた理由はこちらの記事)どうなるんだろう、こんなこと遭遇したこともないし。 香港に着陸したのと同時にアナウンスが。「これからいう飛行機に乗り継ぎの人は注意してください。ヒースロー行○○便、スイス行○○便、フランクフルト行○○便etc」「乗り継ぎの人はゲート付近に係員がいるので、 [続きを読む]
  • 乗り換えは
  • 桃園空港から飛び立って約2時間。香港から乗り換えで乗る予定だった飛行機の出発時間はすでに2時間以上遅れてます・・・・。(出発が遅れた理由はこちらの記事)どうなるんだろう、こんなこと遭遇したこともないし。 香港に着陸したのと同時にアナウンスが。「これからいう飛行機に乗り継ぎの人は注意してください。ヒースロー行○○便、スイス行○○便、フランクフルト行○○便etc」「乗り継ぎの人はゲート付近に係員がいるので、 [続きを読む]
  • 久しぶりのスウェーデン旅行
  • 6月2日から10日間、久しぶりにスウェーデンへ。去年の年末に思い立ち、チケットを購入。出発の日は定時まで仕事をして空港に向かうつもりが、なんと突然の大雨で空港へ行く道が冠水しかも空港が停電するという大ハプニングたまたま同僚が送ったLINEの写真でその状況を知り、その日から旅行だと知っていた別の同僚からも「これは早退して行ったほうがいいよ」と言われ、急いで早退して家から出発。普段なら20分で空港に着くところが [続きを読む]
  • 中平路故事館
  • 台湾では日本統治時代を懐かしむ動きがあり、全土で昔の建物を立て直したりしています。 中壢駅の側に最近立て直された建物があります。ここは昔、台湾にやってきた日本人の住居として提供され、統治時代が終わり、台湾になってからは政府が管理、公務員宿舎として使われていました。当時、山地課の王國治と教育局の廖運全、そしてその眷属がそれぞれ別々に入居していました。総面積は32.6坪、その中に玄関・縁側・座敷・押入・台 [続きを読む]
  • 紀州庵
  • 台湾にはたくさんの日本統治時代の建物が残っています。今回、偶然友人が働いているところに遊びにいって知ったという紀州庵について書きますね。紀州庵はもともとレストランだったんです。日本統治時代の1917年川端町(統治時代の町名も日本からきています)平松家によって経営されていたようです。一番最初に本店が開かれたのは1897年で、ここは支店の場所になります。経営が一番栄えたのは1928年ごろ。料亭は三階建ての「本館」 [続きを読む]
  • 四神湯
  • 台湾の人たちはスープが大好き。こちらのお弁当屋さんはもちろんのこと、養生のために普段からスープを飲みます。台湾人の友人から教えてもらったスープの中に四神湯があります。具はいわゆるモツ。スープは白く濁っていて、ほどよい塩加減。モツだけではなく、体を温める作用のある漢方薬も一緒に煮込まれています。もちろん、漢方の味がするわけではないですけどね。普段から体を冷やさないようにしている台湾の人々。日本食にも [続きを読む]
  • 草仔粿
  • 今日の朝ごはんこれは客家人の食べ物で、草仔粿(つぁーぐぃ)と言います。中に豚肉と高菜のような漬物を一緒に炒めたものが入ってます。ちょっと辛めなのがおいしいですね。台湾にはいろんな朝ごはんがあるのがいいなぁ。ブログランキングに参加しています。 応援 よろしくお願いします!       [続きを読む]
  • 切手博物館
  • 日本の郵便局にも変遷があったように、台湾にも当然変遷があったり。どの国にも郵便制度は昔からあるものの、当時は軍事用にしか使用することはできない特別なもの。今のように手軽に手紙を送れるようになったのはもっと後のことです。そんな郵便について教えてくれる切手博物館、一度覗いてみました。こういった展示物を見ると、日本と比較できますね。そう、台湾の郵便局のカラーは緑色。上のポストはポストの変遷を表しています [続きを読む]
  • 盛園 絲瓜小龍湯包
  • 台北ナビでも紹介されていたお店。台湾の小籠包はみんな知ってますよね。有名なお店だと鼎泰豐(でぃん・たい・ふぉん)。正直、地元の人よりも観光客でにぎわってる感じ。誰かが「鼎泰豐は日本人で経営が成り立ってる」なーんて言ってた人もいるぐらい。確かに日本人観光客はいつ行っても多いです。こちらのお店は中山紀念堂に近く、かつ地元の人も多いのでオススメです。お店の前にカウンターがあり、まず名前と人数を言って予約 [続きを読む]
  • 袖珍博物館
  • たまたま散歩をしていて見つけた博物館がこの袖珍博物館。なんとオフィスビルの地下にあって、看板をみていなければ気づかなかったかも。ここはミニチュアドールがたくさん飾られていて、もちろん人形だけではなく、それに付随する家や鉄道などの風景も楽しめます。私も説明書きを見るまで知らなかったんですけど、ミニチュアで使われているものは、すべて本物の素材で作られている、ということ。もちろん生きているもの以外、です [続きを読む]
  • またまた台風
  • 去年もあったけど、またもや台風がやってきたー。日本と違って、台湾の台風はやっぱり風も強いけど、なにより上陸してから出ていくまでの時間が本当に長い・・・にほんだとだいたい2時間もすれば過ぎ去っていった記憶があるのに、今回のも12時間(半日っ!)をかけて横断する予報。暴風雨にみまわれている区域もあり、すでに停電や死亡者が出ているというニュースも聞いて、そわそわと準備をしてはいるものの・・・・なぜか私の住 [続きを読む]