ひらたま@でんぷん さん プロフィール

  •  
ひらたま@でんぷんさん: ひらたまと本とテレビ
ハンドル名ひらたま@でんぷん さん
ブログタイトルひらたまと本とテレビ
ブログURLhttp://dennpunn.blog.fc2.com/
サイト紹介文ひらたまの好きな本やテレビの感想を書きます。「八丁堀の七人」と「子連れ狼」が好き♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/04/19 20:33

ひらたま@でんぷん さんのブログ記事

  • ごごラジ!高橋久美子さんの思い出
  • 高橋久美子さん!卒業、さみしいです。旅を住みかとす。いつも楽しく、笑いながら聞いていました!出不精だし、仕事柄旅が出来ないこともありますが、お話を聞いて旅をした気持ちになっていました。HPの写真でお顔はわかっているはずなのに、なぜか高橋さんの顔が佐藤栞里さん(笑ってコラえての司会)に入れ代わっていて、再三、話の主人公は佐藤栞里さんが、飛行機に遅れそうになったり、ベンチでひっくりこけたりしていました。 [続きを読む]
  • らじおの女9「投稿」の女
  • らじおの女その9 「投稿」の女私は携帯ラジオをこよなく愛する女。らじおの女だ。中でもいちばん好きな番組は午後のまりやーじゅから続く番組。「ごごラジ!」である。ごごラジ!4月からは、日替りテーマになった。月 ラジオ愛火 ご当地情報水 くらしの情報交換木 趣味・マニアの道金 音楽4/23(月)のゲストは、サービスカード高柳こと放送作家の高柳進哉さん。ラジオ投稿採用の極意の話が聞けるとあって興味津々!!実は私 [続きを読む]
  • らじおの女8 「かんさい土曜ほっとタイム」の女
  • らじおの女 その8「かんさい土曜ほっとタイム」の女私は携帯ラジオをこよなく愛する女。らじおの女だ。またNHK 第1の話に戻る。土曜日昼の1時からは「かんさい土曜ほっとタイム」ゲストコーナーには朝ドラの俳優さんがでることもあり、ドラマの裏話、俳優への道のりなど、1時間たっぷり話を聞くことができて楽しい!(浪岡一喜さんや和田正人さん風間俊介さんは話から人柄を想像できて好きになってしまった!)3時からはぼやき川 [続きを読む]
  • らじおの女7「ラジオマンジャック」の女
  • らじおの女 その7「ラジオマンジャック」の女私は携帯ラジオを愛する女。ラジオが大好きならじおの女だ。NHK は第1だけでなくFM にも衝撃的な番組がある。しかし、残念なことに私の携帯ラジオではどんなにアンテナを伸ばそうが、FMの NHK は入らない。でもこの番組の時間(土曜日の午後4時〜6時)は作業場で仕事中。なのでNHK FM がちゃんと入る据え置きラジオで聞くのである。しかし、この番組、仕事のお供になるのかどうか、と [続きを読む]
  • らじおの女6 「想像と言葉」の女
  • らじおの女その6「想像と言葉」の女私は、携帯ラジオをこよなく愛する女。ラジオはあくまで仕事のおとも。と、思ってきた私であったが衝撃の番組と出会うことになった。それは ひらめけ!ゲーム「想像と言葉」連想ゲームだ。米光一成さんが考案したゲームですっぴん!やごごラジ!の中で放送されていた。この連想ゲーム。仕事しながら運転しながらではダメなのだ!面白さが半減するのだ!ラジオに集中しなくてはならない!一緒に [続きを読む]
  • らじおの女5 「ラジオ文芸館」の女
  • らじおの女その5「ラジオ文芸館」の女「ラジオ文芸館」短編小説朗読番組。この番組に気がついたのは高校野球がきっかけだった。朝から野球中継を楽しみにしていて聞いていた土曜日。8時5分から始まった。NHKのアナウンサーによる朗読。元々短編小説は好き。「こんな良い番組があるなんて知らなかった!」それから土曜日朝はラジオ文芸館。気に入った朗読は本を借りて文章でも楽しんだ。しかし、この番組。この4月から深夜に放送時 [続きを読む]
  • らじおの女4「高校野球の女」
  • らじおの女 その4「高校野球の女」私は携帯ラジオをこよなく愛する女。らじおの女だ。春と夏はラジオがなくてはならない。そう、高校野球中継を聞くためだ。携帯ラジオ、そして、作業場では据え置きラジオが鳴りっぱなしである。そして、良い場面になると台所のテレビの前に走るのだ。皆は知っているだろうか?テレビがデジタル化されたが、テレビの電波の伝わり方は遅くなったことを!テレビではピッチャーはまだ投げてないにも [続きを読む]
  • らじおの女その3「すっぴん!」の女
  • らじおの女その3「すっぴん!」の女私は携帯ラジオをこよなく愛するらじおの女。朝の仕事がピークの時間。8時。その番組は始まる。「すっぴん!」日替わりパーソナリティーとともに番組を進行するのは、アンカーは藤井彩子アナウンサー。アンカー。カッコ良い響きである。「藤井彩子です。」でも、「アナウンサーの藤井彩子です」でも、ない。「……と、アンカーの藤井彩子です」番組を作る全ての人びとのバトンを受け取る。その意 [続きを読む]
  • らじおの女 その2「ごごラジ!」の女
  • らじおの女 その2「ごごラジ!」の女私は携帯ラジオをこよなく愛するらじおの女。特にNHK ラジオ第1「ごごラジ!」のファンである。ごごラジ!は午後のまりやーじゅからの後継番組である。月曜から金曜の午後の1時から4時までの番組である。午後からのラジオでごごラジ!って全くもって安易なネーミングである。らじるの男と全く同感だ。午後まり時代から続いていた日替わりのパーソナリティも、今期からは神門光太朗アナウンサ [続きを読む]
  • らじおの女
  • NHKラジオ第1で「らじるの男」という「らじる★らじるの宣伝番組」があります。それを真似て書いてみました。らじおの女 その1私はラジオを聞くのが大好きなラジオの女。らじるらじるだって??ふぅーん、いんたーねっとでラジオを聞くなんて洒落たことは出来ない、中年女だ。 愛しているのは、携帯ラジオだ。ポケットの中に入れて、仕事中や家事の間に聞いている。携帯ラジオ女だ。しかし、この携帯ラジオ。困ることがひとつあ [続きを読む]
  • NHK ラジオ ごごラジ!の思い出
  • パーソナリティの風見しんごさんと、去年生電話のコーナーでおしゃべりしました。話題は「○○にかけてます!」。私はスーパーの安売りにかけてます。と、おしゃべりしました。その後のレポート(笑)も投稿したのですが、それは没。卒業されるしんごちゃんが気になっているかもしれないので(ないない)ブログにアップしときます。5時スーパー土俵入り。ということでしたが、5時15分プレーボールです。(あれ?いきなり野球?(笑)) [続きを読む]
  • NHK ラジオ ごごラジ!の思い出
  • 火曜日パーソナリティの杜けあきさん。卒業!さみしいなあ。投稿したら昨日も読まれました。思いが届いて良かったなあ。杜けあきさんとは、生電話のコーナーでおしゃべりしたんです!バラの話をしたので、御近所から電話かかってきたのです。「ラジオに出てたのは、あなた?」って。杜けあきさんの火曜日は投稿の採用率も高くて、大好きな湊かなえさんに本の感想メールが読まれたことも嬉しかったなあ。最終回の杜けあきさんの歌が [続きを読む]
  • 5秒ひざ裏のばしですべて解決
  • 私の主治医でヨガの先生の川村明先生の本が出ました!体操は簡単です。解説がわかりやすいです。最近、体調悪いこともあり、さぼってばかり。ようは、やらなくちゃ意味がありません!!!もう一度見直してがんばります。ちなみに私は65ページに載っています。(なお取材当時は平常値でしたが、最近は高めです。)先生に高めの申告はしてますが、ストレッチ後は下がるので、なんとかお許しをいただいて薬は飲んでいません。あとブリ [続きを読む]
  • 今年の年賀状
  • 私の主治医でヨガの先生の川村明先生の本が出ました!体操は簡単です。解説がわかりやすいです。最近、体調悪いこともあり、さぼってばかり。ようは、やらなくちゃ意味がありません!!!もう一度見直してがんばります。ちなみに私は65ページに載っています。(なお取材当時は平常値でしたが、最近は高めです。)先生に高めの申告はしてますが、ストレッチ後は下がるので、なんとかお許しをいただいて薬は飲んでいません。あとブリ [続きを読む]
  • 広島カープ優勝おめでとう!
  • 広島カープ連覇雑感4月開幕戦、阪神との打ち合いもジョンソン投手で落とす。福留選手の一発。今シーズンも死闘の予感。(そのとおりだった)雨の寒い日、ジョンソン投手は体調を崩しその後長期離脱。しかし、その後は安部選手のサヨナラから開幕10連勝。首位をキープ。5月阪神に大逆転を許す。これ以降、「9点差はセーフティーリードではない。が夫婦の合い言葉(笑)に。阪神に首位を明け渡すもまた一位。6月交流戦。勝ち星は12とソ [続きを読む]
  • 中井監督の選手時代
  • 天理に負けたとき。愛甲投手の横浜が優勝。川戸投手が大活躍だった。中井監督は、どれでしょう。中井監督もかなりかっこ良かったけど(現在面影が……)私は後に広島入りした中国路の掛布こと原伸次さんの、大ファン。友だちにとられて、この雑誌しか手元にないのが残念。 [続きを読む]
  • 読む、読まない(ボツねた)
  • 本の映像化がありますよね。みてから読むか、読んでからみるか。どちら派ですか?私は、読んでからみることが多いです。読んだことのある原作の映画ドラマなどは、かならずみます!そして、また読み直します(笑)先に映画をみたとしても、原作を読みます。自分の想像と映画の描き方はどうなってるのか?思い通りに描かれてるのか?それ以上なのか?それとも、違ってるのか?と、わくわくします。配役、脚本、演出などなど。そうきた [続きを読む]