おやじ さん プロフィール

  •  
おやじさん: 神の摂理の真実を追求します
ハンドル名おやじ さん
ブログタイトル神の摂理の真実を追求します
ブログURLhttps://ameblo.jp/oyajikan/
サイト紹介文「貴方が統一運動の方向性や活動の在り方に対して一度でも疑問を持たれたことがあれば是非読んでください」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/04/23 22:54

おやじ さんのブログ記事

  • 食口は統一の復帰摂理史観の殻から脱却すべきです
  • 今の中東情勢や朝鮮半島情勢における紛争や対立緊張、そして歩み寄りなど複雑極まりない各国間の動きの背景にあるものは、結局のところ、プーチンロシアと米英の対立駆け引きであることは言うまでもありません。そしてこの事をさらに突っ込んで解釈して見れば、プーチンロシアは世界覇権を目論む米英の帝国主義者どもをこのまま放置しておけば、いずれロシア社会にも魔の手が伸びる事は時間の問題であり、将来的にロシアという国 [続きを読む]
  • ”私・佐野千遥の見解が大々的に載っている日本語著書雑誌5冊!!”
  • 今の中東情勢や朝鮮半島情勢における紛争や対立緊張、そして歩み寄りなど複雑極まりない各国間の動きの背景にあるものは、結局のところ、プーチンロシアと米英の対立駆け引きであることは言うまでもありません。そしてこの事をさらに突っ込んで解釈して見れば、プーチンロシアは世界覇権を目論む米英の帝国主義者どもをこのまま放置しておけば、いずれロシア社会にも魔の手が伸びる事は時間の問題であり、将来的にロシアという国 [続きを読む]
  • ”4月27日(金)東京 第2回スミルノフ物理学講座講演会!!!!!!Dr佐野千遥”
  • 神の摂理を世に告げる預言者と言っても、その能力とレベルにおいては各々預言者によって雲泥の差がある。その中で、私が個人的にですが、恐らくこの人は本物だろうなと感じさせてくれるのが、ババ・ヴァンガです。その第一の理由は、預言の質も然ることながら、ババ・ヴァンガがこの世に誕生するに当たって、天が彼女に背負わせた過酷な運命は、御神託を世に告げる第一人者になるに相応しいバックボーン(生き様)を与えたと感じる [続きを読む]
  • ”世界情勢予測!!!Dr佐野千遥”
  • 神の摂理を世に告げる預言者と言っても、その能力とレベルにおいては各々預言者によって雲泥の差がある。その中で、私が個人的にですが、恐らくこの人は本物だろうなと感じさせてくれるのが、ババ・ヴァンガです。その第一の理由は、預言の質も然ることながら、ババ・ヴァンガがこの世に誕生するに当たって、天が彼女に背負わせた過酷な運命は、御神託を世に告げる第一人者になるに相応しいバックボーン(生き様)を与えたと感じる [続きを読む]
  • 統一太郎さんの「批判記述」を読んで尤もだと思いました。
  • 統一太郎さんがこのような悟りにも似た内容を綴るに至ったその原理観と私のそれとがかなり異なるにしても、今回の統一太郎さんが綴った表現は、私が2012年から足かけ7年間ブログを書き続けて来た結果の今現在に至る境地を実に良く表してくれている内容だと思いました。そして何よりも意義あることが、神の摂理の真実がどこにあるのかを探し求めて来た統一太郎さんと私の主張が食い違っていたとしても、この2018年という年を境に結 [続きを読む]
  • 脳卒中で倒れた妻の意味を考える
  • 3月1日に妻が職場で脳卒中によって倒れました。幸い大事には至らず、今はもう意識はしっかりしているのですが、ただ、食事を取ると気持ちが悪くなるそうで、吐いてしまい、本人としては食事を取らない方が胸のムカムカが出ず気分が爽快で調子が良いとのことです。ただカテキンは摂取しています。私は妻のこの状況を見て、もしかしたら彼女はこれから不食の人生に導かれるのかなぁ〜なんて思ったりもしています。今、不食を実践して [続きを読む]
  • 前回ブログの追記 3月23日の講演会の件
  • 以下は抜粋引用 <重大追記有り>3月23日東京 スミルノフ物理学講演会!!!!!!!!!!!!! Dr佐野千遥 2018-03-15 01:43:48テーマ:ブログ 3月23日東京AIが人類の雇用機会を奪う時代到来!AIに勝る人間独自の発見的学習能力で創出されたスミルノフ物理学生命物理学発明家集団養成講座 Dr佐野千遥 ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派数理物理学最高権威者国連NGO平和大使数理物理学Ph.D.人工知能Ph.D.          Dr佐野千 [続きを読む]
  • 興味深い講演会のお知らせ
  • 御関心ある方はお越しください。 以下は、抜粋記事 3.23 AIロボット仮想通貨FXの未来社会でも人間価値と社会正義を貫く講演会!!!DR佐野千遥 2018-03-06 08:31:00テーマ:ブログ 3月23日東京でAI、ロボット、仮想通貨を含むFX・AI 。それでも人間独自の価値を防護し、社会正義を貫く未来社会 の講演会!Dr佐野千遥 ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派数理物理学最高権威者国連NGO平和大使人工知能Ph.D. オックスフォード大学 [続きを読む]
  • 奇知外記が一押しする勝共理論の動画「マルクスの疎外論批判」について
  • サブタイトル「統一食口が、未来の理想世界創建に関わる為の条件とは、従来の古びた摂理観を捨て去り、新たな摂理観を持つためのパラダイムシフトを遂行して行くことだ。その為には、統一食口達は、今持っている古びた神の摂理の中の「共産主義」観を、まず改めなければならない。 奇知外記氏が一押しする勝共理論の動画 「共産主義」というものを統一原理の摂理観を通して知った大勢の食口達は、未だに「共産主義者=マルキスト [続きを読む]
  • やはりこのパターンが最も信憑性がある。
  • 近い未来に日月神示の預言通り、日本が世界に先駆けて、持続可能な循環社会を築いて行くことになると思うが、その決定的な呼び水となるのが、第三次世界大戦が勃発した時だろう。つまり、アメリカと密約を交わす中共が、そのドサクサに紛れて、日本に人工地震を仕掛け、日本が大惨事に見舞われる。そして中国軍が日本の国土に侵攻してくる。それを日本の自衛隊が迎え撃つ。こういう情況になれば、日本の国土はかなり広い範囲で甚大 [続きを読む]
  • 櫻井正上さん、それでも彼を支持しますか?
  • 彼とは顕進氏のことです。櫻井さんもこの動画に目を通されているとは思いますが、 この動画の中で顕進氏は、韓国経済の問題点を縁故資本主義にあると強調していますが、櫻井さんは、この顕進氏の主張を正解だと思いますか?つまり、韓国の政治家、官僚、企業が結託して、市場競争を通さないで政治的決定をすることによって、常習的に利益を独占する企業が、韓国社会に蔓延っているために、資本主義の根幹となる市場による効率的 [続きを読む]
  • fm Venusのブログを読んで
  • 「ロシア革命の真実「ロシア革命」は「ユダヤ革命」だった」を読ませてもらいました。  ここに書かれている内容が、駐日ソ連大使館に勤務していた元ソ連外交官(アレキサンドル・イワノフ氏)による証言であり、ロシア革命とは労働者階級の革命ではなく、真実はロシア人とユダヤ人の民族闘争だったというのです。ということですが、確かに結論から見れば、ロシア革命とは、ロシア人とユダヤ人による民族闘争の側面はありますが、 [続きを読む]
  • 信仰者こそ、徹底したリアリストであるべきだと私は思います。
  • このブログタイトル名は、反家庭連合・親顕進派のあるブロガーさんが綴った見解を抜粋引用したものです。この方のブログ全体の内容はともかく、この断片的部分だけ、あまりにも端的に的を突いた惚れ惚れする様な表現でしたので、そっくりそのまま私のブログタイトル名にさせてもらいました。 この「信仰者こそ、徹底したリアリストであるべきだと私は思います。」というこの部分だけの見解は、真実のなにものでもない。なぜなら神 [続きを読む]
  • 日本人に向けたと思われる「魔笛」の中の意味不明な台詞を紹介
  • はじめに、歌劇「魔笛」の主人公(タミーノ)が王子であるように、文さんの御言にも、王子絡みでこんなものがあった。ファミリー 04年2月 P18 第10、16の記事から抜粋>「解放的な王子・王女」「そのように、思いのままに朝食を食べ、昼食を食べ、夕食を食べ、好きなように歩き回りながら、“私ができることをやろう” と、活気に満ちた『解放の王子』ではないということを知っているので、今まで悲しみと苦痛の道を行き暗闇の [続きを読む]
  • 顕進氏もせめて最低限ニックと同じような視点を持っていたら・・・
  • 私はニック・ハノーアーという人物の語っている内容がすべて良いと言っているのではありません。あくまでも一部です。顕進氏がグローバリストリーダーの一人であるならば、せめて最低限度は、既存経済社会の実情に対して、この位の気づきと視点を彼は持つべきだと私は言いたいのです。最低限度ですよ。それとも顕進氏はこんな事位は解っているが、彼のスポンサーであるヘリテージ財団の持つ理念が「企業の自由」を謳っているから、 [続きを読む]
  • 顕進氏の世界平和運動に携わる方々に
  • サブタイトル理想世界創建の為の最後の摂理的観点理想世界の社会形態が、利潤を追求しない農的な地域独立型循環経済生活共同体であるならば、そのゴールに辿り着く過程でどうしても通過しなければならない世界的混沌期における対立軸とは、マクロ的概念としての国家を越えた処にある個人レベルでの「支配者階級vs被支配者階級」である。ですから、当然、被支配者階級にあたる世界の市民が国境を越えて連帯することになります。   [続きを読む]
  • ”スミルノフ医学!Dr佐野千遥”
  • サブタイトル理想世界創建の為の最後の摂理的観点理想世界の社会形態が、利潤を追求しない農的な地域独立型循環経済生活共同体であるならば、そのゴールに辿り着く過程でどうしても通過しなければならない世界的混沌期における対立軸とは、マクロ的概念としての国家を越えた処にある個人レベルでの「支配者階級vs被支配者階級」である。ですから、当然、被支配者階級にあたる世界の市民が国境を越えて連帯することになります。   [続きを読む]
  • 先駆者様
  • 先駆者さんのコメント抜粋>1. 「アメリカ」を一つの個体としてみますか?アメリカの歴史も都合よく書き換えられているし、他の国と同様今も偏った教育がなされているのは事実です。果たして実際におやじ様のとなえるアメリカのような、一人の個体のようであり不変でシンプルな一面性の分かりやすい存在なのでしょうか?一人の人間でさえ長所短所を持って存在しているのに。 おやじの回答神の摂理とは、まず、マクロ的次元に立って [続きを読む]
  • 先駆者さま  続きです
  • >おやじ様は、歴史が塗り替えられたと主張して公正な見方を提示するつもりで、結局のところまた反対側の極論に引導する結果になっています。。問題提起しながらも、全く同じタガにはまってしまっている印象をうけてしまうんですが…先駆者さんのコメントの意味は、私がブログで痛烈に批判した統一の復帰摂理史に書かれたアメリカ史観に関してです。彼曰く、私のアメリカ史に対する批判があまりにも極論過ぎて、問題提議しながらも [続きを読む]