広井学習教室 さん プロフィール

  •  
広井学習教室さん: 広井学習教室の思い
ハンドル名広井学習教室 さん
ブログタイトル広井学習教室の思い
ブログURLhttp://hiroigakushukyousitu.blog.fc2.com/
サイト紹介文学力おくれ・学習不安のサポートや基礎学力の育成に力を入れている寺子屋式の個別指導の学習塾です。
自由文学習のヒントや今まで気づかなかった豆知識などを中心に記事にしていきたいと思っています。「なぜ桜はいっせいに散るのか」や「教科書の漢字の字体」などは私自身、最近ようやく知ったことです。楽しく知識が増えていったら良いなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/04/24 20:56

広井学習教室 さんのブログ記事

  • 中学生 原稿用紙50枚の感想文を全員に
  • 日垣 隆著 「すぐに稼げる文章術」より私が中学生のときに、修学旅行の感想文を全員が原稿用紙50枚で提出するという課題がありました。著者は1958年生まれです。驚きましたね。普通の公立の中学校の話だそうです。私はさすがに、原稿用紙50枚の記憶はありませんが、5枚や10枚程度ならば時々書いたような気がします。現在の学校では、ほとんど書く機会がありません。ところが、高校入試などではどんどん記述式の問題が [続きを読む]
  • 英語の教科書の音読
  • 当塾では、英語の教科書の音読を必ずしています。当たり前ですが、言葉ですので発音できなければ何も始まりません。英語の教科書の音読をし、英文を書写するという、一見わざわざ塾でしなくてもいいようなことを繰り返し練習しています。英語が得意と言う人で、英語の教科書が読めない人がいますか?外国人力士は皆さん日本語が上手です。サッカー選手や野球選手で日本語が上手な外国人選手を知りません。必要に迫られなければなか [続きを読む]
  • 毎日のほんの少しの差が
  • 新聞を読んでいる子が減りました。新聞を購読していないご家庭も増えました。毎日、新聞の見出しだけでもみていたらなあ〜興味のある所だけでも読んでいてくれたらなあ〜こんな些細なことの積み重ねが、大きな学力差となって表れるのです。ちなみに私事で恐縮ですが、野球の打率の出し方は新聞を読んでいるうちに自然と出来るようになりました。英語の身体のかなりの部分はプロレス中継で覚えました。最近の子供たちは、テレビもあ [続きを読む]
  • 9月半ば過ぎの定期テストの学習範囲表を夏休み前に配布する学校
  • 新津第二中学校は9月18,19日が前期末のテストです。学校はテストの範囲表を夏休み前に生徒に渡しています。学校サイドの考えは痛いほど分かります。夏休み中に十分準備しておきなさいと言うことでしょう。しかし、私はテストの範囲表を夏休み前に渡すことに反対です。どうしてもテストの範囲が気になって、夏休みのような学習時間がたっぷり取れる時に学習が小さくなってしまいがちだからです。私の所では、中学3年生は、数 [続きを読む]
  • 7歳で英検2級合格 琉球新聞より
  •  沖縄県那覇市壷川の英語教室「ファミリーイングリッシュスクールインターナショナル」に通う石田莉紗(りさ)さん(7)=オキナワインターナショナルスクール2年=が、高校卒業程度の英語力とされる実用英語技能検定2級に合格した。「ちょっと難しくて不安だったけど、合格できてうれしい」と喜んだ。すごいなあと思います。英語そのものよりも、高校卒業程度のレベルの国語力が備わっていることに驚きます。私が高校生の時、 [続きを読む]
  • 計算力を養う
  • 計算力の低下が目立ちます。よく、「計算は出来るのですが、文章題が苦手です。」と言われます。しかし、調べてみると、計算は70〜80%出来ると言った感じなんです。私からすれば、教科書レベルの計算問題は、コンスタントに100%出来るくらいの実力がなければならないと思っています。文章題で躓いても、計算力がないとやり直しがおっくうになるのです。場合によっては、式は合っているのに計算過程で間違っていたりします [続きを読む]
  • 「活字」にたくさん触れ、「文章」を書いてみる。
  • 夏休みもお盆が過ぎれば後半戦です。どうしても夏休みにやってもらいたいのは「活字」にたくさん触れることです。読書も良いでしょう。新聞を隅々まで読むのも良いでしょう。歴史や国語の教科書を読み直しても良いでしょう。そして、自分で文章を書いてみてください。最初は、うまく書けないかもしれません。いや、手が出ないかもしれません。手が出なければ、読んだ文章を書写することから始めましょう。今の学校教育では、作文や [続きを読む]
  • まさに「仕事算」 
  • 我が家のささやかな庭の、植木の手入れに、植木屋さんがおいで下さいました。例年は3人で4時間ほどで終わるのですが、今回はお2人でいらっしゃいました。昼食をはさんだ分、長くかかりましたが、仕事をしていた時間は概ね6時間ほど。まさに、仕事算そのものでしたね。3人×4時間=2人×6時間猛暑の中、お疲れ様でした。今年は、大雪の影響で、立木の枝が折れたりしている所が多くて、仕事が遅れて申し訳ありませんとのことでした [続きを読む]
  • 英語の長文読解
  • 多くの生徒さんが苦戦する「英語の長文読解」です。攻略方法先ずは、慣れること。新研究などの基本文法と基本問題をやってから、長文問題に取り掛かって下さい。その際、キーワードとなる英単語の意味が分からないと、厳しいです。上手く出来れば、そのまま進めばよいのですが、うまくいかなかった場合。解答を使っても構いませんから、長文を書写し、日本語の意味を付けて下さい。とにかく、問題に当たらなければ、出来るようには [続きを読む]
  • 受験勉強とは特別な勉強をするわけではない
  • 定期テストが終わったので、受験勉強をしますが、どうしたらよいですか。生徒さんから質問をされました。私は、新潟高校や新潟南高校レベルの高校以外は、特別な受験勉強はほとんどないと思っています。今まで習ったことを、いつでも出来るように、丁寧に復習することだと思います。簡単な問題でも、急に出題されると結構出来ないものです。英語ならば、既出の英単語や英文法をマスターしてしまうことです。数学ならば、先ず計算分 [続きを読む]
  • 学習をあきらめさせない
  • 私の塾には、学習で苦労している子もいます。他塾では、「あまり相手にされませんでした」と言う子も珍しくありません。私の信念は「学習をあきらめさせない」です。どんなに遅れていても、真面目に学習に取り組む子なら受け入れています。前の学年や、中学生でも小学校の学習に戻ってでも学習を続けています。その学習が積み重なっていくと、ある時、グッと伸びる時があります。中学校の定期テストでは、100点以上得点を伸ばす [続きを読む]
  • 新しい道徳  北野武
  • なんでもそうだが、習い始めてから本格的にそれを楽しめるようになるまでには、それなりの時間と労力がかかる。ビートたけしさん、全くその通りと思いました。学習でも、それなりの成果が出るまでには時間がかかります。成果が出る前にあきらめないことです。さらに、学習が楽しくなるにはもっと時間がかかるでしょう。一歩ずつ、毎日学習に取り組んでいきましょう。 [続きを読む]
  • 「重箱読み」と「湯桶読み」
  • 中学3年生の国語「重箱読み」と「湯桶読み」普段、音読みなのか訓読みなのか意識しないでいるから難しいです。そもそも、小学校以来の習っている漢字が身に付いていない場合にはもっと厳しいです。一に国語、二に国語、三四がなくて、五に算数と言われている、数学者の藤原正彦先生の言葉を思い返しています。これを機会に、国語力育成に、さらに取り組んでいきましょう。 [続きを読む]
  • 400字詰め原稿用紙50枚の課題
  • 日垣隆さんの「すぐに稼げる文章術」という幻冬舎新書より私が中学生のときに、修学旅行の感想文を全員が原稿用紙50枚で提出するという課題がありました。当時までは公立中学校の全員に50枚の感想文を書かせることが成立し得ました。。。私と同年代の著者です。私も学校でかなり作文だの読書感想文だのを書かされたことを覚えていますが、さすがに原稿用紙50枚の記憶はありません。問題は50枚はさておき、そもそも作文や読 [続きを読む]
  • 因数分解
  • 中学3年生は現在「因数分解」を学習中です。手順を踏めば確実に出来るようになります。しかし、49=7×7とか64=8×8が瞬時に出てこない子が少なからずいます。小学生の時に九九の問題練習が足りなかったのでしょう。こういう基本的な項目は後々いろいろな影響を及ぼします。もし、因数分解が上手く出来なければ、二次方程式で苦労するでしょう。二次方程式が上手く出来なければ、二次関数が。。。そんなことにならないよ [続きを読む]
  • 解説中心ですか、演習中心ですか
  • 時折お問い合わせの際に聞かれるのですが「そちらの塾は、解説中心ですか、演習中心ですか」と。お答えしようがないんですよね。「生徒さんにとって最もよく理解し、身に付くように指導しています」くらいしか言えません。例えば、逆上がりが出来ない子に、教室で逆上がりのやり方をどれだけ説明すればできるようになりますか。それより、鉄棒につかまらせて、実際にやらせてみた方が早くできるようになると思いませんか。例えが運 [続きを読む]
  • 模試(志望校判定テスト)
  • 模試をどうとらえていますか。模試の結果に一喜一憂していませんか。模試は自分の力を、答案にどのくらい表すことが出来るかの訓練です。模試を受けても学力そのものは付きません。模試の志望校判定に神経質になりすぎていませんか。模試はかなりの誤差を含んだ、大まかな志望校判定の目安です。しかし、模試を受けないデメリットは計り知れません。練習をしないで、公式試合に出るようなものです。模試を正しく理解して、日々の学 [続きを読む]
  • 修学旅行の作文
  • 中学3年生の皆さん、修学旅行お帰りなさい。さて、学校で修学旅行の作文を書くのかどうか聞いたところ、新聞みたいなのを班でまとめるということらしいです。問題は「班でまとめる」と言うところです。良い面もあるのですが、たいていは班の中のリーダー(概ね学力上位者)に従って作ることになるので、文章を書くのがあまり得意でない子は、ほとんど自分で文章を書かないで終わってしまいがちです。一昔前までは、学校で全員に作 [続きを読む]
  • 計算力は宝  しっかりとマスターしてしまおう
  • 概ねどの学年もこの時期は、計算分野の学習です。計算力は練習すれば必ず目に見えて向上します。さて、中学生でも結構いるのですが、2/2を0とか1の2乗を2にする子が。これって、やはり練習不足だったのだろうなと思います。マスターすべき時にマスターしきれなかったんですね。でも、心がけ次第で大丈夫です。再び出てきた所でマスターし直すんです。ただし、最後のチャンスと肝に命じてしっかりとマスターしきって下さい。 [続きを読む]
  • 新聞を読まない子
  • 新聞を読んでいない子供たちが増えました。新聞自体を購読されていないご家庭も増えました。それぞれのご家庭のライフスタイルなので、私がどうこう言う問題ではないかもしれませんが、新聞の情報量に匹敵するものを何で補っているのでしょうか。うちの子は国語が不得意、あるいは英語が出来ない、数学の文章題が苦手という保護者の皆様はどのように国語力を育成されているのか教えて頂きたいものです。是非、将来の大学入試や就職 [続きを読む]
  • 音読は語学の基本
  • いよいよ新学期が始まりました。ここでどうしても実践していただきたいのは、国語や英語の教科書の音読です。語学は音読が基本です。いくら黙読しても、音読しなければ分からないことが多くあります。黙読では、分かったつもりで読み進めていることが結構あります。新聞なんか音読はしませんが、音読すれば、おそらく何か所かは、私も読めない漢字があることでしょう。語学は音読すること。そして毎日家庭学習をすること。以上の2 [続きを読む]