広井学習教室 さん プロフィール

  •  
広井学習教室さん: 広井学習教室の思い
ハンドル名広井学習教室 さん
ブログタイトル広井学習教室の思い
ブログURLhttp://hiroigakushukyousitu.blog.fc2.com/
サイト紹介文学力おくれ・学習不安のサポートや基礎学力の育成に力を入れている寺子屋式の個別指導の学習塾です。
自由文学習のヒントや今まで気づかなかった豆知識などを中心に記事にしていきたいと思っています。「なぜ桜はいっせいに散るのか」や「教科書の漢字の字体」などは私自身、最近ようやく知ったことです。楽しく知識が増えていったら良いなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/04/24 20:56

広井学習教室 さんのブログ記事

  • 考えていても仕方がないこと
  • もうすぐ中学3年生は、高校入試に向けた学校での三者面談です。どうかご家族と十分相談されて、学校では要点を伺ってきてください。さて、来春の入試では、かなりの学級減があります。倍率が高くなるのは、間違いないでしょう。しかし、どの学校がどの位の倍率になるかは、全くわかりません。どう考えても分からないことに時間を取られることほど無駄なことはありません。倍率が高くなるから、今まで以上に頑張ろうと覚悟を決めて [続きを読む]
  • 中学3年生へ
  • 中学3年生の皆さんへもうすぐ3者面談も始まり、落ち着かない季節を迎えます。そして、何よりこれから習う事は、復習する機会があまりないという事です。従って、今まで以上に、出来るだけ学校の授業でマスター出来る事はマスターしてしまえるよう、真剣に授業に臨まなければなりません。これからの3カ月は、受験勉強の総仕上げです。自分に甘える事のないように頑張ってください。模試の合格判定のように、80%の合格とか90 [続きを読む]
  • 字を丁寧に書く
  • 字を丁寧に書く子に、成績上位者が多いように思います。上手い、下手ではありません。丁寧に書くかどうかです。殴り書きのような文字でノートに書いている子は、不思議となかなか成績が伸びません。きっと学習に対する姿勢の問題なんだろうなと感じています。普段から、書いていることを理解しよう、マスターしようと思っていれば、文字も丁寧に書くようになっていくのではないでしょうか。長年の生徒さんを見ていての経験です。 [続きを読む]
  • すぐに家庭学習を再開せよ
  • 中学生の皆さん、テストお疲れさまでした。今日から家庭学習を再開してください。1日か2日休むつもりが、あっという間に1週間、十日となってしまいがちです。継続して学習をするかどうかで、成績上位者とそうでない人に分かれてしまいます。家庭学習を習慣にしてしまうのです。やらないと落ち着かない、というレベルまで続けてください。特に英語は何が何でも毎日学習することです。 [続きを読む]
  • 手を動かして考えなさい
  • 先日、「頭だけで考えるな」というタイトルでブログを書きました。今回も内容はほぼ同じです。何回でも言っとかなければ、なかなか生徒諸君は実行してくれません。中学2年生、3年生の一次関数や二次関数、図形の角や図形の証明の問題。教科書やワークの図やグラフを、ノートに写して考えてみてください。はい、時間はかかります。労力もかけなければなりません。それでも描いてみなければ、理解できないことが多いのです。この手 [続きを読む]
  • 50年も経ちますか、「青い影」
  • 昨晩、NHKのラジオ深夜便を聞いていたら、久しぶりにプロコルハルムの「青い影」がリクエストで流れました。ちょうど1967年の曲だそうです。私もレコードを持っているのですが、確かまだ、モノラル録音でした。ユーミンが音楽の道を志した曲としても有名ですね。しかし、今の中学生は、ユーミンを知らないと言います。さびしい感じがしますが、仕方ないのでしょうか。祝、50周年 [続きを読む]
  • 頭の中だけで考えるな!
  • 一次関数や二次関数の問題なんですが、頭の中だけで考えないことです。大体の図で構いませんから、直線や放物線を書いて考えてみてください。イメージが出来上がると、思いの外、簡単に問題が解けたりするものです。また、凡ミスも激減します。これから図形の証明にも進んで行きますが、この分野も図形を描いてみることが重要な分野です。繰り返しますが、頭の中だけで考えるのではなく、図を書いてみて、イメージを作ってから問題 [続きを読む]
  • 家庭での学習時間
  • 家庭学習を何時間くらいしているでしょうか?中学2〜3年生ならば、毎日、2時間くらいは必要でしょう。また、行事や体調などによっては机に向かえない日もあるはずですから、休日などはもっと学習時間を稼いでおきたいところです。ある中学2年生に、家庭学習をどれくらいしていますかと尋ねたところ、「宿題がなければやりません。」と、悪びれる様子もなく答えられ驚きました。その子は中の上〜上の下といった成績を学校のテス [続きを読む]
  • 割る数が2ケタの割り算  小学4年生
  • 割る数が2ケタの割り算の筆算で苦労していませんか?どうしても試行錯誤が必要なこの割り算をスムーズに出来るかどうかが重要になります。もし、なかなか上手くいかないようなら、今までの学習を見なおさなければならないかもしれません。2ケタで割る割り算をひとまず棚上げして、2ケタ×2ケタや3ケタ×2ケタの掛け算がしっかり出来るかどうか確認してください。それも怪しいようなら、次々と前へ戻っての練習が必要になりま [続きを読む]
  • 音読は語学の基本
  • 小学生の時に、宿題で、国語の教科書の音読がありませんでしたか?この国語の教科書の音読をしっかりやっていたかどうかが、後々まで学力差の大きな原因となっているような気がします。漢字が苦手な子に聞くと、国語の教科書の音読をあまりやっていないのです。漢字が読めない→漢字が書けない→国語の実力がつかない→どの教科も文章題が苦手になる→さらに、中学生になると、音読の習慣がない子は、英語の教科書の音読もしない傾 [続きを読む]
  • 学習苦からの解放
  • 風邪などで発熱した場合、お医者さんは解熱剤を出してくれることが多いですよね。根本治療にはあまり関係ないそうですが、身体が楽になり、回復力が増す効果などがあるそうです。学習でも同じようなことが言えるように思います。特に英語なんかがそういう傾向があります。「学校の授業についていけずに苦痛です」と訴える生徒さんにたびたび出あってきました。アルファベットはもはや模様にしか見えないとまで訴えた生徒さんもいま [続きを読む]
  • あまりにも酷い知識不足
  • 昨今の公立高校入試では、理科や社会でも記述式の問題が増えています。従って、それに向けた練習をしたと思っています。しかし、実態は、知識不足が顕著で、対策どころではない生徒たちが多いです。例えば、江戸時代。徳川吉宗や松平定信を答えられないようでは、どうにも享保の改革や寛政の改革を文章で説明できる訳もありません。少なくとも、教科書に載っている人物や事柄は覚えていなければなりません。内容は曖昧でも、太線の [続きを読む]
  • 中3 教科書が理解できない  読売新聞より
  • 読売新聞に興味深い記事がありました。新聞や教科書などを読み取る基礎的な読解力を身に付けられないまま中学を卒業する生徒が25%にのぼることが、国立情報学研究所(東京都)・新井紀子教授らの研究チームの初調査で明らかになった。 社会生活を送るのに最低限必要な読解力の不足が懸念される状況だ。 調査は2016年4月〜17年7月、全国の小6〜社会人を対象に、独自の読解力テストを実施。公立・私立中高生2万100 [続きを読む]
  • やらなければならないことをシッカリやる
  • 学校の定期テストが終わりました。みなさんご苦労様でした。しかし、本当に大切なのはこれからです。テストはもう過去の物と心得て、日常学習にしっかりと取り組んでください。成績上位者は、おそらくもうすでに粛々と家庭学習に取り組んでいることと思います。テスト終了後、一週間、十日と家庭学習から遠ざかっているようでは、お話になりません。毎日毎日、本当にルーティンとして学習を積み重ねなくてはなりません。さぼらせま [続きを読む]
  • テストで平均点以上を目指す
  • ひとりひとり目標があることでしょう。平均点以上を目標にしている生徒さんも少なからずいます。ただ、気をつけてもらいたいのは、平均点が70点位の学校の定期テストでは、平均点を取っても順位は真ん中にはならないということです。点数の分布にもよりますが、経験上、平均点の子の順位は、上から60〜70%位になることが多いです。つまり、真ん中より下になるということです。もう少し目標を上げて、順位で真ん中以上になる [続きを読む]
  • 学校のワークは最良
  • 各教科に概ね1冊ずつワークが学校から配られていますよね。このワークをしっかりやっておけば基礎学力については十分だと思います。残念なのは、学校以外の人には販売してくれないことです。暗黙のルールがあるようです。さて、前期末テストが近づいて来ているのに、このワークをさっぱりやっていない子が結構いることです。非常に良いものですから、是非、反復練習していただきたいです。当塾は学校のワークの持ち込みOKですし、 [続きを読む]
  • 高瀬舟 森鴎外
  • 新津第二中学校の前期末試験の中3国語ですが今年も、森鴎外の「高瀬舟」が出題されます。私が今読んで、ようやく面白いなと感じる内容です。中学生だったら、内容がよくわからなかったかもしれません。古文とまではいきませんが、現代の文章とはだいぶかけ離れていて大変読みづらいと思います。学校の国語の先生は、どれだけ丁寧に学習してるのかを試すつもりなのではないでしょうか。新潟県の公立高校の入試では、この時代の文豪 [続きを読む]
  • 勇気を持って基本へ戻る
  • 夏休みという時間に余裕のあるこの時期、いろいろな応用題に挑戦してもらっています。例えば、連立方程式の文章題。ところが、式はたてられても計算が合わない(出来ていない)子がいます。ほんのたまになら仕方ないのですが、時々怪しかったりすれば、迷わず連立方程式の計算の練習に戻ってもらっています。せっかく文章題の練習に精を出していたのに、計算に戻るなんていやだと思うのです。しかし、計算がしっかり出来ないことに [続きを読む]
  • 極小個人塾の強み
  • 昨日、生徒さんのご家族からお昼頃にお電話を頂き、今日予定がなくなったので塾へ行ってもよろしいでしょうかと言われました。幸い空席がありましたので、どうぞいらしてください、と申し上げました。当塾みたいな個人塾ならではのフットワークの良さだなと自己満足に浸った次第です。どうぞ、私に出来ることでしたら、お引き受けしますので、仰ってください。もちろん、計画通り、授業に出席するのが一番いいんです。しかし、この [続きを読む]
  • 五泉高校や加茂高校を受験する方へ
  • 当塾では、ここ数年、毎年、五泉高校や加茂高校へ進学する生徒さんがいます。その方たちで、他塾から移られてきた方に多いのですが、何もかも完璧にやらなければならないと指導されているのか分かりませんが、手を広げすぎてかえって学習がはかどらないことがあります。これくらいのレベルの高校は、結構難しいのですが、統一模試で言えば、正答率50%以上の問題がしっかり取れれば、合格しています。言いかえれば、正答率が10 [続きを読む]
  • 保護者面談
  • 私の塾は、面談は原則として三者面談です。保護者の方から要望があれば、その都度実施しています。また、お会いしていない期間が長い方には、当方から面談のご案内を差し上げます。この面談なのですが、1時間を超えることはざらで、時には2時間近くに及んでしまいます。話が堂々巡りになったら終了しますし、建設的な話し合いでない時も終わりにさせていただいています。ありがたいことに、保護者様には気持ちよくご参加いただい [続きを読む]
  • 夏休み中に覚えてしまおう
  • 今年ももうすぐ夏休みですね。我が塾では、夏休み中に「不規則動詞の活用」を覚えてもらえるように練習しています。中学2年生と3年生は覚悟しておいてください。特に、中学3年生は最後のチャンスと思っていてください。英語の教科書の一番後ろに載っているあの表です。読むのも大変ですが、書くのはもっと大変です。もちろん、覚えてしまうのはさらに努力を要します。でも、どうしても必要なんです。不規則動詞以外は規則動詞で [続きを読む]
  • 短期間で驚くほど学力差が生まれる「中学英語」
  • 私の雑感です。多くの生徒さんが、中学生になって本格的に英語の学習を始めるわけですが、たった半年か一年で、こんなにも学力差が付くものなのかと驚嘆するくらい、力の差ができます。語学ですので、毎日の家庭学習の習慣が確立されていない人は「アッ」という間に遅れてしまいます。いったん遅れてしまうと、その遅れを取り戻すのは至難の技になります。なぜなら、学校の授業は進んで行くし、そもそも家庭学習の習慣がないのです [続きを読む]
  • 理解して使ってください  魔法の「3.6」
  • 今年も、秒速を時速に換算する問題で中学生が苦労しています。毎年のことなのですが、なんでこんなにも苦労するのでしょう。秒速20mを時速kmに換算するのにものすごく苦労しているのを見て   思わず、「3.6を掛ければ出るよ」 秒速を分速にするのに×60、分速を時速にするのに×60、mをkmに換算するのに÷1000 つまり20×60×60÷1000⇒20×(60×60÷1000)⇒20×3.6⇒時速72k [続きを読む]
  • 中学1年生は英語の正念場
  • 中学1年生の英語は、中学入学後の半年間が正念場です。1.Be動詞の選択2.Be動詞と一般動詞の文の違い3.名詞の複数形4.三人称単数現在のS  など中学2年生や3年生でも、英語の成績が上位の人たち以外は、上記の理解、練習不足で苦戦を強いられています。初めてのテストが終わってホッとしているでしょうが、ここが勝負どころです。また、英語のテストの点数が、90点に届かなかった人は要注意です。毎日、英語の教科書 [続きを読む]