nofuukenjin さん プロフィール

  •  
nofuukenjinさん: 野風呟人の日記
ハンドル名nofuukenjin さん
ブログタイトル野風呟人の日記
ブログURLhttp://nofuukenjin.blog.fc2.com/
サイト紹介文ふと呟く自由な言葉を写真とともに日記を書いてます。HP野風呟人で趣味の蒐集や木彫などの創作活動を発表
自由文野風呟人(のふうけんじん)は、自然の野を渡る風を五感に感じ、ふと呟く自由な言葉を愛し、楽しむ閑人です。趣味で蒐集したカエルっ子のグッズや創作活動の木彫りと我が家のペットや旅行の写真などを『野風呟人のホームページ』で発表しています。これまでの今月のエッセーをブログ『野風呟人の日記』で、フォトエッセーとして更新しました。何かを感じていただければ、最高です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/04/25 10:36

nofuukenjin さんのブログ記事

  • この様が老いるということか
  • この日記も、早くも3か月の空白ができてしまった。最早、日記とは言えないなぁ。これまで、「これは、書こう」と思ったことはあるのだが、いつの間にやら、「まぁ、いいか」と先送りしてしまって、挙句は忘れて、時はドンドン経って行く始末。根気がないのは、歳の性にしたくはないのだが、ほんと年々駄目になっていくね。先月に仲間の一人が他界した。今日みでは71歳は若いと言われるご時世である。残念でならない。ふっと、あと [続きを読む]
  • いい歳こいて、青臭いが
  • 午後から墓参りをした。墓花を松から槇と色花に立て替え、新年の家内安全をご先祖様に祈る。正月も中日の今日は、門のしめ縄も外した。正月気分も今日までで、明日からは普段の生活に気を戻してこの1年を過ごすことになる。時代は変わり、門松を立てる家も見かけなくなったが、1軒それを発見した時、自分の歳を感じた。自家用車に昔はしめ縄をつけていたものだが、最近は全く見られない。失われたわが国の文化を憂う。某テレビ局の [続きを読む]
  • 雪降る朝に思うこと
  • この冬、初の積雪である。と言っても大して積もっていない。畑や屋根が白色の絵の具で疎らに塗り手繰られたに過ぎない程度である。雪自体も、かき氷のようなシャーベック状といった代物で、本格的な積雪ではないのだ。それでも、滅多と見ることがない美しい風景が、そこにあった。雪景色を愛でる思いが起こるという範疇での積雪だから良いのである。雪が降ると、いつも思うことなのだが、北陸地方の豪雪とその暮らし振りには、到底 [続きを読む]
  • 初詣の習慣を持たず…戎詣
  • 七草粥も過ぎ、今日は戎詣で午後から近くの神社に参拝した。明け方からの小雨も止み、雲の間から日が差す午後3時。ほんのり温いと思ったが、折からの強い寒風で、それは一瞬のうちに消し飛んだ。戎寒波という冷え込みに、手袋を嵌めている手も縮かむ中、急ぎ足で妻と歩く。按にこの寒空に、境内の参拝客は疎らである。ゆっくりと参ることができたのはよかった。商売人でもない私ではあるが、毎年、詣でて新端の歳の感慨を意識する [続きを読む]
  • 新春地車鏡開き
  •  毎年恒例の地元若者たちが、主になって開く新春地車鏡開きに参加してきた。町会長や外郭団体の会長他、顔見知りの方々と年始の挨拶を交わす。 催しは、鳴り物の地車祝い太鼓で始まり、お神酒で乾杯。用意された豚汁とぜんざいを頂き、暖を取るなか、紅白の餅撒きが始まった。 撒かれた餅には番号が振られてあり、賞品5品が当たる仕掛けになっているのだ。 40インチテレビ、ビデオカメラ、掃除ロボット、加湿器など豪華賞品 [続きを読む]
  • 今年こそは
  • 瞬く間に日が過ぎて、年も変わって早3日。昨年を振り返れば、気力の衰えを思い知るこのブログの状況である。今年は72歳の年男である。何か良いことを期待するというよりも、今は気力を取り戻して、今年こそはブログの更新を滞ることの無いようにしようと思っている。長樂未央という言葉がある。楽しみは長く永く尽きることがないの意であるが、唯一の楽しみとなるようにしたい。4日からの仕事にもがんばるぞー! [続きを読む]
  • 月日は速く…
  •  速、早や11月に入って1週間が過ぎてしまった。このブログも2ヶ月半に渡って遠のいてしまった訳だが、振り返れば、更新する事も出来た日もあったのだが、その都度、先送りしてしまった。逆に言えば、それだけストレスを溜めることなく、平和であったと言える。 日々仕事に暮れ、地域で老人クラブの副会長(会計を兼務)を務める中、9月に創立50周年記念&敬老の祝い食事会と10月の秋祭りの準備にと、行事に追われた2ヶ月であった [続きを読む]
  • 男の最後の厄年
  •  ここんところの毎日の猛暑にバテ気味です。何かが違うのです。去年の今頃はまだ、朝起きても身体が重いと感じることはなかったのだが…。それ以上に気力が萎えがちで、何をするにも億劫に。先送りの結果が、またまたブログの停滞状態に。8月も早や盆も過ぎて、後10日ばかりとなった。 今、更新記事を書きながら、1か月前、何を書いたのか思い出せない。これはヤバイね。で、あらためて自分の歳を考えてみた。 運勢暦という本に [続きを読む]
  • 年寄りの一言
  • 昨日と今日、地元の夏祭りがあった。この暑さの中、若い衆が2トンからある山車を担ぎ、練り歩くその勇壮な姿?を期待していたのだが、あんに反して、なかなか動き出さないで、その場に据えられていた。片側の担ぎ手が山車を持ち上げると、一方の担ぎ手はなかなか上がり切れないでいる。その様子を見ていた見物客の中のお年寄りが言った。『わしの若い頃は、4,5人で担ぎ上げたもんだ』と。私は、『そんなことはない』と私もまた昔を [続きを読む]
  • エッ⁉ 厄年って…?
  • 先日の鍵の紛失から、気分が上がらない私である。この時期、天候の不順もあってか、持病の右足の膝関節が痛みが続いていることも、元気が出ない要因である。体力が落ちて来たという自覚もあり、先行き今の仕事が続けられるのか?とちょっぴり心配になっている。そんな私を気遣い、妻がある場所で聞いて来た話では、今年、私は前厄だというのだ。という事は、来年は本厄で再来年は後厄と暫くは運気が悪くなるという事だ。何でも男の [続きを読む]
  • これ?って、ヤバくない
  • 今日は休みで、家のパソコンで遊んでいると、携帯電話が鳴った。電話先は仕事先の室長からであった。「今、有料老人ホームから電話があり、ご利用者様の洗濯物からキーケースが出て来たので、誰か鍵を紛失して、困っていませんか?と聞かれ、聞いていないと答えた後、他の二人いる女性スタッフに電話で聞くと、私の名が出てきたので掛けている」と言う。すぐに私は、「間違いなく、わたしのものです」と返事すると、室長は「では先 [続きを読む]
  • 負の連鎖
  •  キーケースを遺失した事で、次々と負の連鎖がはじまった。それは、息子から借りたマイカーのキーの合鍵を作ったことからはじまった。合鍵を作る際に、店の人から「これはマザーキーではないから、出来ても合わないかも知れません。最悪、キーが抜けなくなるが、よろしいですか?」と言われたのに、セッカチな性格から「取り合えず作って下さい」と購入した。これが負の連鎖1。 案にして、キーは回らずじまいで抜くこととなった [続きを読む]
  • 遺失物登録
  • 「あれ?! キーがない!」午前中の仕事を終え、駐車場のマイカーの前で「どうして?」とカバンの中を手探る。「ない、無い」。歩いて5分の仕事場に戻り、ロッカーと仕事場、道中を往復して探すも見つからない。一先ず、電車で帰宅してスペアキーを持って、また電車に乗って、マイカーを動かすことにした。そして、最寄りの警察署に遺失物の届けを出した。車のキー以外に家の鍵も同キーケースに付けていたので、登録して見ることに [続きを読む]
  • 3ヶ月ぶり
  • 何もかもがほったらかし状態で、あっという間に3カ月が過ぎた。これまで更新する機会はあったのだが、「まあ、次で良いか」と先延ばしで今に至った。さぼっていた分で、いざ更新しようと「管理画面」を開こうとすると、「パスワードが違います」と言われて、「あれ、なんだたっけ?」同じパスワードを使っているとヤバいというので、あれこれ変更した記憶はあるのだが、どれがどれやら管理が甘かったので、ここに至るまで時間がか [続きを読む]
  • 年度替わりで、会計は大変
  • 老人クラブの会計を引き受けて、はじめての会計報告と予算作りで、毎日夜遅くまでパソコンの前で過ごした。上層部の市老人クラブ連合会に活動補助金申請書作りは大変で、「お役所の書類ってなんでこうもややこしいのだ」と愚痴と溜息が出る。自分の知らなさ過ぎを棚に上げてなんだが。決められた書類様式に書き込む作業は、大変なので、PCにその書類様式をエクセルでデジタル化して、計算を関数で入力し、複数の書類にリンクさせ [続きを読む]
  • 私のリハビリ
  • 早や2月に入って一週間が過ぎた。またまた、書き込みが滞る始末である。特に書き込むことがないと言うわけではないのだが、その場その場で先送りしてしまう。老化の性にはしたくはないが、やはりめんどくさくなっている感は拭えない。ここ一週間は風邪を引いて、身体が重くて切れがない状態で、何をする気も起らなかった。今年の寒さは身に応える。60代と70代との違いを感じている昨今、老いるという事をつくづく実感させられ [続きを読む]
  • 二人っきりの外食
  • 今年は、子供達がコンサートに出掛けて行ったので、妻と二人っきりの戎詣である。祝日の9日とあって戎詣での人がたくさん出ていた。例年通り、近くの戎神社に詣でたのだが、今年は特に冷えた。戎冷えと言う言葉があるが、正に今年はぴったりでした。毎年購入する福笹は一回り大きくなって、500円値上がっていて、3,000円のモノがない。よく見ると、ほかも××,500円となっていた。切りの良い、××,000円は一つとして見当たらなか [続きを読む]
  • カエルの館を更新
  • 久しく更新していなかったホームページを更新した。昨年10月に壱岐/対馬旅行に出掛けた際に購入したカエルっ子をアップ。蒐集しているカエルっ子も189アイテムとなった。(「カエルの館」へは>こちらから)旅先の土産店でカエルっ子を集め出して随分となる。最近では新しいものをなかなか見つけづらくなってきている。流行のフクロウや猫モノが多くなって、蛙モノが少し減退しているように感じる。アニメブームでキャラクターもの [続きを読む]
  • 寝ぼけ
  • 年末年始は晴天で穏やかで良い年明けでした。私と妻以外は、皆それぞれちぐはぐな出勤で仕事に出て、我が家的には年末年始のお休みはなかったことになる。上の娘と息子は逓信関係の仕事で、下の娘は食品の製造会社に勤めているからだ。で、私はのんびりと過ごして、3日に愛犬コロクの散髪(写真)につれて出た。2時間半の後、お店からバンダナしてもらって、幼犬からちょっぴり子犬に大変身。コロクはカッコよくなっていたよ。今日4 [続きを読む]
  • あけおめです
  • 明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年は、書き込みが滞る日が多々あったなぁ〜。自分の中でマンネリ化したブログに不満があって、行き詰ってしまったのだ。今年は初心に帰って、思ったことを書き込むことに、しようと思っている。70歳の年代に入りました。新たに今年から町内の墓地委員を仰せつかった。体力は若干落ちてはいるが、人の世話ができるということは、ありがたいことだ。老人クラブの [続きを読む]
  • 年賀状を出す
  • 今年も残り少なくなった。12月の頭から年賀状作りを始めて、今日ポストに投函した。毎年幾つかのデザインを考えて出しているが、今年は5つになった。宛名先の友人や仕事関係と、親戚筋とそれぞれに振分ける。振り分けて行く時、その人その人との思い出が蘇ってくる。元気だろうか? 今何をしているのだろう…?そんな想いも同時に湧いてくる。喪中欠礼の葉書が届いても、本人ではない時は、安堵します。70歳を過ぎると、そんな想 [続きを読む]
  • 親バカ親父をしています
  • おすわりができました。「コロク」「ロクちゃん」と呼ぶと飛んできます。兎に角甘えん坊で、すぐに膝の上に乗ってきます。逝って間のない2代目リョウマは甘え下手であったことを思い出す。暫くは、愛犬が2匹もいるような錯覚で暮らすと思います。いや、初代ベンケイも同じように思い出されて、3匹です。同じ犬種だからなおさらか。我が家の小さい6番目の家族は、とにかく可愛いです。 [続きを読む]
  • 長〜い3分間
  • 地元市老連の紅白歌合戦に出場した。所属の老人クラブの会長の勧めで初めて参加したのですが、8時半過ぎに家を出て受付へ。私の出番は72人中の54番目で、午後からなのだが、10:00からの開会式に、出場者全員がステージに上がらなければならなかったのです。到着したのが9:00。会場の市民ホールの玄関前は既に観客が大勢集まっていました。会場は9:30と言うのにです。開会式が終わった後、客席で36人の出演者の歌 [続きを読む]
  • 三代目は「小六」に…
  • 3日前から我が家に再び子犬の鳴き声が響く。先の愛犬リョウマ君にはまだ思いが残る中、亡くなったことで、何か物忘れをしたような日常から、救われる。彼の人懐こい仕草に、笑いと癒しが楽しい。先代ベンケイ、二代目リョウマと我が家の愛犬名は、凝り過ぎか? 変なの?と言われてきたので、今回三代目の名付けに迷いがあって、なかなか決まらない。今日、小六(コロク)と言う名にした。ちなみに5人家族の私達の小さな6番目の家族 [続きを読む]
  • ほしい、あと1点が…
  • 4日遅れで、家族が私の70才の誕生日を祝ってくれました。みんなの仕事が休みの日という事で、今日になったのだが、ケーキは既に誕生日に頂いていたので、今イチ盛り上がらなかった。そして、昼間に校区の「敬老の祝い」に出席して、外出したこともあり、毎年、誕生日には外食して祝うのが我が家の恒例なのだが、今回は家で夕食を豪華に、すき焼きですましたことも盛り上がりに欠けたのかも。食後、家内が『カラオケに行きます? [続きを読む]