タム さん プロフィール

  •  
タムさん: ばっかり、空。 -runway 02-
ハンドル名タム さん
ブログタイトルばっかり、空。 -runway 02-
ブログURLhttp://rjnt.blog.fc2.com/
サイト紹介文富山空港ベースで旅客機と風景の写真を撮影しています。
自由文富山は四季折々の景色がキレイです。空港周辺のロケーションも良く、ヒコーキと風景の撮影を楽しめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/04/25 16:42

タム さんのブログ記事

  • 尖山には、UFOの基地がある(らしい)。
  • シングルスピードの自転車が好きだ。前にも後にも変速機構が無い、単焦点レンズのような自転車。しかも、意外と走れてしまう。しかし例えば、左隅に写っている電車の位置からこの撮影ポイントを見上げてみると、その標高差からか「シングルスピードに乗って行ってみよう!」と云う気にならない。気持ちで負けてしまうのだ。これじゃせっかくの自転車が勿体無いじゃないか。早いものでこの11月で所有歴が丸々11年になる、僕のSurly [続きを読む]
  • 写真は道草。
  • 晴れた休日はチャリンコに乗るのが楽しみ。僕のチャリンコ熱は、だいたい12年周期で高まる。人生初は中学生のとき、両親に買ってもらった初めてのドロップハンドル車で自転車の楽しさにハマったが高校入学と共にフェードアウト、部活が忙し過ぎて自由時間など全く無かったから。クルマに乗るようになったのに何故かまた自転車に乗りたくなった20代前半、結局クルマの方にハマり過ぎてしまい、せっかく買ったチャリンコは会社の先輩 [続きを読む]
  • とても無理。
  • 超長い玉なんて持っていないし、爆速且つ正確無比なAFを備えるカメラでもない。「だから撮れない」だなんて、それは違うと思う。でも、ひとつだけわかったことがある。僕にはもうイーグルを追うことなどとても無理、眺めているだけの方が見逃しが少なくって、ずっと楽しい。2018年9月 [続きを読む]
  • 見的必撮、な人々。
  • ヒコーキを追って、同じ方向・同じ角度・同じ速さで獲物を捉え続ける人々。失礼を承知で申し上げると、曲技飛行撮影現場の滑稽な風景。普段は被写体を追ってカメラを振る撮影スタイルではない僕だが、この状況ではその中の一人。2018年9月 [続きを読む]
  • 夏休みの肖像。
  • 健ちゃん。その人はここに居る。富山競輪場の入り口、白山踏切の側に店を構え50年。競輪場に来る客を相手に営業してきた。今でも変わらぬ人気を誇る富山の屋台ラーメン店「駅前ひげ」。健ちゃんはその次に屋台ラーメン店を始めたそうだ。富山では4番目の、屋台ラーメン店だったんだとか。齢86、最後の屋台ラーメンのトラックは健ちゃんが佇む傍でお不動様となり、競輪場前の店も6年前に辞めた。今でもこうして店の前に佇み、かつて [続きを読む]
  • 夏休みの逆転スリーラン。
  • ココからは打上花火が絡むハズ、だった。しかし尺玉は上半分しか見えず、しかもそのタイミングでポートラムは在線しておらず…。でも手ブラじゃ帰れない。そんな裏話がある本作は、今年の『ポートラムフォトコンテスト』に入選しました。お陰様で3年連続入選を達成、2019年のカレンダーに採用されます。3枚の応募枠の中では万人ウケを狙った『滑り止め』的な一枚だったのですが、選んでいただきましたことを素直に喜んでいます、あ [続きを読む]
  • 再会のとき。
  • 久しぶりに空港近くに出向いてみると、景色が大きく変わっていてビックリ。むかし皆んなで並んで、焼けない空を見つめながら28mmだの35mmだのと離陸を待っていた田圃は、某大手アパート経営会社により絶賛工事中。撮れるうちに撮っておく、は鉄則。お馴染みの光景がまたひとつ、思い出になった。そして、久しぶりにB787にも会えた。貴重なチャンスで失敗したくないから、以前撮ったことがある場所だから、と云う消極論であり。梅雨 [続きを読む]
  • 夕陽、アプローチ。
  • NH319と、夕陽の絡みが楽しめる季節。昼のうちに他機が作ってくれた雲の情景を背に、B3が往く。ヒコーキに対する写欲低下が原因なのだが、300番台の便名には未だ馴染めない。例えばたまたま見かけたクルマのナンバープレートが800番台、特に885・888・887(この順序で書いちゃうところが憎い)だったりすると、背筋がピーンと伸びた後に武者震いしちゃう。あとは824なんてのもね、ジーン…って来る。まぁジジィが話を盛り気味に武勇 [続きを読む]
  • ミスターPRIDEが居る(かも知れない)、ラーメン店。
  • 今年4月下旬、富山駅前に再開発複合ビル『パティオさくら』がオープンした。その中でも一等角地にあるのが麺バル・プライド、ミスターPRIDE 小路 晃さんのお店。窓際の特等席で、『濃厚魚介豚骨ラーメン』をいただく。ルックス、ネーミング、味、其れ等の全てが見事に一致した、裏切りの無い一杯。市内軌道線/電鉄富山駅エスタ前〜富山駅2018年6月 [続きを読む]
  • イケメン店主が居る、やきとり屋。
  • 富山でいちばん規模の大きな祭り、山王祭。今年は週末と重なり、多くの人で賑わった。普段はこのテの店で食べ物を購入することは無いのだが、屋台とセントラムの車体色がベストマッチする場面を撮りたく、イケメン店主につくねを焼いてもらった。(店主の快諾を得て撮影しています。)市内軌道線/グランドプラザ前〜中町2018年6月 [続きを読む]