犬山にゃん太郎 さん プロフィール

  •  
犬山にゃん太郎さん: 冬来たりなば春遠からじ 2.0 Daily
ハンドル名犬山にゃん太郎 さん
ブログタイトル冬来たりなば春遠からじ 2.0 Daily
ブログURLhttp://nyanta2030.blog.fc2.com/
サイト紹介文気になる日常風景の”僕のツボ”をスナップ。
自由文街歩き、時に海、山、僕の「これって、いいねえ。」を撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/25 17:00

犬山にゃん太郎 さんのブログ記事

  • ◇ 夏、ある日の夕焼け
  • 川沿いの道路を走って家に帰る途中、それは太陽が沈んで茜色に色づいていく光景を見ながらの運転だった。運転しながら「綺麗だなあ。」と車を停めて眺めては撮る。また車を走らせて「撮るなら今だろう。」とまた車を停める、そんなことを何度も繰り返し帰宅へは中々進まなかった。手前に流れる阿賀野川、向こう岸の先に見えるのは新潟市中央区のビル影、その向こうが佐渡島の山々。新潟は平野でありその向こうが海、なのでどこまで [続きを読む]
  • ◇ 喜多方寸景
  • 何で英語なんだと、「神は復活する。」、「罪を悔いよ。」とか日本のあちこちで見る「キリスト看板」の日本語表示ならわかるのだが、日本で何故に英語啓示?英語だと意味よりもタダの洒落た柱、風景のポイントにしか僕は見えないのだが。街を歩いていて、何でこんな場所に花が?と思う事がある、誰にも見られず、目に入った所で直ぐに忘れられるような場所に咲く花。「キリスト看板」の啓示よりも、僕には見た人にはそれは何か意味 [続きを読む]
  • ◇ 喜多方拾景 五号倉庫のある風景
  • 会津喜多方清酒会社の倉庫よく見たら「五号」。ってことは5番目、そんな建物が5棟あるのか、ひょっとしたら6号、7号、8号とまだまだあるのかと、僕はほとんど日本酒は飲まないゆえに、日本酒はそれほどなのかと、でも建物が古そうなので「かつて」なのかと、色褪せた青い扉の「五号」の文字に僕は悩んだ。この時、午後4時を過ぎても34℃だった、その隣のガイコツはなんだか涼しそうだった。それにしても天気予報では気温が [続きを読む]
  • ◇ 蔵の町 喜多方
  • 陽が長い夏場とは言え、到着する頃にはもう喜多方のあちこちの裏路地は影が多くなっていた。元々空を見上げながら、「どうかなあ?」と、光量的には苦しいかもだが(喜多方に)行くだけ行ってみよう、何か撮れたら儲けものだった。覚悟はしていたものの、「やっぱりなあ。」と思いながら喜多方の裏路地をのんびり歩行けるのは、影は多くてもまだまだ空は明るくそしてまだまだ暑い、途中の湧き水場で、ひしゃくに1杯、2杯とゴクゴ [続きを読む]
  • ◇ Negishi Station
  • JR只見線根岸駅、それは会津盆地にありホームから磐梯山を含めて周囲の山々が360度見渡せ、”電車待ちも楽しいかも”。僕の「駅撮り」のきっかけになった駅がいくつかある。駅は駅だけど、ここのように無人駅だと構内に入れる、入れば色々と観察も出来る、時に「なんじゃここは!」と発見もあったりする、外観だけ見ていた駅に改めて「駅にも色々があるんだあ。」とそれまで駅はただの駅でしかなったのが”違うんだ。”と気づか [続きを読む]
  • ◇ 朱い色のお寺にて
  • カメラが変わった、桜の季節、季節が変わった、身内に不幸があった、何でもないけれど行く、とかで何かあってもなくてもと何度も訪れている胎内市乙宝寺、何度行ったか数え切れない、だけど僕は基本的に神社仏閣の鉄筋って「なんかなあ。」なのである。それでも何度も行くってのは、これって”縁”なのかもしれない。木造建築で小さい規模なら良いけれど、そこそこ大きさの神社仏閣となると全部となると今は大きい木は保存樹木とな [続きを読む]
  • ◇ 荒井浜で、僕は未来を思って ”ぞくり” とした。
  • ここは海水浴場ではないので海水浴客はいないのだが、浜辺にひとり男性が、わかりにくいのだが甲羅干しをしている。「おとこひとり、オレの浜」って感じだった。今の季節は毎度のこと砂浜を歩くたび歩きずらく「やれやれ」感がある、スニーカー、サンダルでも歩いているうちに砂も入ってくる。冬場なら長靴を履けば砂だって、草の上だって、時に雪の浜辺も「なんのその。」なのだが。PCデータ整理して、やっぱり出てきた荒井浜風景 [続きを読む]
  • ◇ Monochrome: At Port オヤジは風景に ぽーと した。
  • 岩船漁港へと流れる石川、その上に掛かる岩船港大橋の欄干が緩いカーブをなしていた。それは港の風景をゆったりとした気持ち見せようとしているようなカーブだった(実際は単なる地形からなのだろうが)。橋の上から、たそがるサギが見えた。その向こうの建物にカモメがたくさん舞っていた。どうやら漁船が着いたらしかった。カモメを撮るのにのんびりした風景から早足で進んだ。着いてみると、カモメはひと仕事終えたように建物の [続きを読む]
  • ◇ 坂の上の雲
  • ここまで来たら、あそこへ行ってみるかと砂丘の僕の定番の場所へと坂道を登ると、赤いロゴの Footwork のコンテナも、”オレを撮ってえ。”と視線をくれた、同じような構図を数枚撮ると、お目当ての坂の上へ。砂丘のタバコ畑を撮った時に、ある稲荷神社前に車を停めた、タバコ畑を撮り終えるとずっと気になっていた、その稲荷神社に行ってみた。そこは神社なのだが、ときどき見掛ける自分の敷地内に鎮座する個人的なお稲荷さんの [続きを読む]
  • ◇ タバコ畑で途中下車
  • タバコ管理作業車から眺め、当日は日曜日の午後、ひと仕事終わっているのか、無人の作業車がタバコ畑の隅っこに停めてあった。遠くから作業している所、近くでこうやって停めてあるのを見ても、正直この機械をどう使うのかわからない。胎内市の浜辺の砂丘畑は、タバコが多い、いつも国道113号線を車で走らせていると砂丘の緑に目が行くのだが、いつもその先の目的地村上方面へと急ぐので、車から眺めいるだけ。しかし、タバコを [続きを読む]
  • ◇ Monochrome: At Beach オヤジたそがれる
  • とりあえずは、海水浴場だけど、端っこのため釣り人もポツリ。だいたいここまで来るには秘密の迷路のような所を走ってくる。なので、みんなずっと向こうの瀬波温泉建物並ぶ海岸に。暑さで頭の反応がにぶくなり、そして動作もスローになっているのだろうか、休日何をした訳でもないのに時間だけがあっという間に過ぎていく、ともかく土日と、PCデータ整理削除作業、150GBは削除したらかなりPCの動作が戻った、しかしこの作業 [続きを読む]
  • ◇ 海水浴場の端っこにて
  • 目的地に到着、先客がいた。三面川側に向け投げ釣りしていた、誰もいないし男だし、釣り人は上半身裸になっていた。近づきあいさつ代わりに「釣れますか?」と聞く前に、バケツの中が空だった、その瞬間僕は彼になんて声をかけたら思いつつ足は進む、ついには僕は無言で素通りし堤防の先端を目指した。クロックスのサンダルを履いて浜辺を歩く。砂浜は歩きずらいので濡れた波打ち際だと砂がしまって歩きやすい、足が濡れるのを覚悟 [続きを読む]
  • ◇ 川と海のぶつかる場所
  • 「いいねえ、いいねえ。」と恐る恐ると近づきその時を待った。三面川河口堤防のミニミニ灯台の横から、ここなら安全と水しぶきを狙っていたが、自然界は人間が考えるほど簡単にはできてはいない。僕は、そして、、、水しぶきがカメラにもかかった。ここ数日PCが重くなった、特にネットが遅く、ページが開くまで5秒待ち、固まったように動かなず動くのを待つ、待っては同じ繰り返し、これも暑さのせいかと思ってはいたが、それにし [続きを読む]
  • ◇ 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お見舞い申し上げます今年は暑く長い夏 ”暑中お見舞い”というより、”残暑見舞い”の方がぴったりなくらい、まだまだ8月になったばかり、暑さが続くと思われますのでみなさま 無理せず ご自愛くださいませ。我がPCもそのせいか、動きがスローになり、キーボードも変換が遅く、小生の打つ方が断然早い、打ったつもりでいると、後でとんでもない文字変換になっていりして ( ̄▽ ̄;)!!ガーンかなりデータを捨てましたが、まさ [続きを読む]
  • ◇ 漁港、夏の光
  • これは青森県泊漁協の漁船、新潟県内のあちこち行っているけれど県内の漁船はこのクラスの大きさよりも、ひとまわり、ふたまわり小さい。なので、この大きさ漁船を見ると青森は新潟県よりも漁業県なんだとわかるのだが。ちなみに関係ないが、神奈川県三崎魚港でマグロ漁船を見た時は、さすがに「でか〜!」と驚きとなんとなくカッコよさ感じた。以前どこかでも書いたが、漁師は大雑把なのようで几帳面である、そうでないと効率、漁 [続きを読む]
  • ◇ オジサンは頭を横に振った
  • 「石川」という川に沿って車を走らせていると、この堤防ぶつかる。こんな昼間とか、場所を知っている人ならこんな看板は必要ないだろうが、暗くなってから夜釣りとなると、初めて人は思わず堤防に気づかす車で突っ込むのかもしれない、1回や2回ではこんな看板は立たないだろう。もじゃもじゃ左は「石川」という川が流れてくるので、湾内は真水と海水の混ざる吃水でもあり、釣り場としては釣れそうに思うのだが、僕は過去にシーバ [続きを読む]
  • ◇ 日曜日、午後の港で「海の男」
  • 岩船漁港に久しぶりに立ち寄った。たまたまなのか、岩船漁港には青森県登録ナンバー「AM」が何隻も並行し停泊中だった。日曜曜日の午後、子のお天気だし甲板に干された洗濯物で、「本日は休業日」ということ伝わってきた。その1隻の漁船の脇に新潟ナンバーの車が停まると、車から男の人が降りて漁船に入っていくと楽しげな会話が聞こえてきた。海に携わるものとして県とは関係ないのかもしれないのかもなあと、「そうか海の男かあ [続きを読む]
  • ◇ 沼垂通り辺り
  • 道路向こうの路地撮影、その脇では「こうしたらどうでしょう。」などと声が聞こえてきそうな風景があった。沼垂通りも10年前からしたらかなり風景がかなり変わった、昔は良い路地があったんだけど。暑さの中で「若いっていいなあ。」とコカ・コーラの「コークの世界だよなあ。」と感じながら、「おまえら、いつかはコーラよりビールになり、そして腹も出てくるだぜ、その腹も腹黒くなるんぜえ。」と若さに嫉妬した僕は心で小さく [続きを読む]
  • ◇ ストック整理 彌彦神社
  • 彌彦神社一の鳥居前、何てことのない風景なのだが、人、車を入れないようにするには、しばらく待たされた。でも、どういう訳か撮りたかった光景なので、オヤジはただただ不自然なくらいの立って待った。彌彦神社の廻廊、前の日から彌彦神社へ行ったら、この「廻廊を撮るぞ。」だったが、でも現場に到着すると、「はて、どう撮れば?」だった。緑を撮りに行った訳はないのだが、思わずうっとりした緑のモミジ風景だった。ここにも緑 [続きを読む]
  • ◇ 夏のにいがた俯瞰
  • 「信号あり」、地元の人間としては当たり前なんだけ、慣れないとついつい信号に気づかず進行していくのかも。メディアシップからの万代俯瞰、左に見えるレインボータワーは長い事休業中だったが、取壊しが決定、将来この風景から残念だが消える。もっとも向こう有料だし、今ではそれより高い位置から新潟俯瞰、それも無料で時間も自由にいられるのでは、対抗ならない。万代島とボトナム通り、高いビルの見える万代島辺りは新潟市の [続きを読む]
  • ◇ 萬代橋を渡る
  • 夏である、こんな風景を撮るのは”オレだけだろう”と思って近づくと、先客が一人いた、やっぱオジサンである。僕は、夏になると萬代橋のたもとから東の空に浮ぶ積乱雲の風景が好きである。時に「あれは天空の城ラピュタでは?」と雲の形が変わっていくのをアニメの世界の話なのに気にしながら眺めることがある。地上からでなく、高い所から積乱雲を見てみるかと「メディアシップ」の展望階を見上げる。さっき歩いていた時との時間 [続きを読む]
  • ◇ 風鈴の夏 
  • この時、全く風鈴の下の短冊に、願い事が書いてあるなんてわからなかった。風鈴は揺れる、僕も揺れる、などと喜んでいたのだが、それにしてもこの日想定外な人出にびっくり。さすがに末社のある本殿の裏はいないだろうと思ったが、「今日は正月か?」と感じるくらい、白山神社本殿の裏の末社までの人がいた、いつもは並ぶ事もないのに、この日末社でも並ぶのを見て、行列の嫌いな僕は”正月でもないのに〜”と参拝中止で初めての経 [続きを読む]
  • ◇ 風鈴ふうりん、りん、りん、りん
  • 白山神社へ境内に入ると、「あれ、なんでこんなに人がいるんだろう?」と、いつもの風景とは違って参拝者の姿が多かった。そして、境内の中へと歩いて行くと、たくさんの風鈴がぶら下がっている光景があった、「なるほど、これかあ。」。隅っこで風鈴を販売してしているを見て、「買って帰るのか。」と思ったが、すぐにそれは違うのだと気がついた。それは絵馬ならぬ、風鈴の奉納だった、風鈴の短冊に願い事を書くらしかった、僕は [続きを読む]
  • ◇ 夏は来たりて笛を吹く
  • 昼下がり歩いていると、太陽のメラメラ日差しは効いてくる。その時市役所前バス停のアーケードの日陰がありがたく、ここで一休みと思ったが、ベンチは空きがあったが、暑さゆえにか隣に座っただけで蒸し暑く感じるようで、座席がひとつ置いて座るのもバス利用者でもないのに、勝手に座っては暑苦しさにお断りの雰囲気にスルーした、あくまでも暑さゆえの視観。なので日陰ではなく、誰もいないが日差しガンガンだけのベンチに腰を掛 [続きを読む]