犬山にゃん太郎 さん プロフィール

  •  
犬山にゃん太郎さん: 冬来たりなば春遠からじ 2.0 Daily
ハンドル名犬山にゃん太郎 さん
ブログタイトル冬来たりなば春遠からじ 2.0 Daily
ブログURLhttp://nyanta2030.blog.fc2.com/
サイト紹介文気になる日常風景の”僕のツボ”をスナップ。
自由文街歩き、時に海、山、僕の「これって、いいねえ。」を撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/25 17:00

犬山にゃん太郎 さんのブログ記事

  • ◆ にゃんさん、「そうだ、福島行こう。」
  • 数カ月ぶりの福島県、駅撮りで気なっていた「ゆうゆうあぶくまライン(磐越東線)」の駅を撮りに出掛けた。「郡山」から「舞木」、「三春」駅と既に撮っているので、その先「いわき」へと駅旅、新潟を出た頃には青空出て「オレって晴れ男なんだよねえ。」だったが、新潟県を越え、福島県会津、猪苗代を越えるあたりから空は怪しくなってきた。駅旅は現地へと行って”出たとこ勝負”では、駅を探すのにナビがあっても行けない駅もあ [続きを読む]
  • ◆ 本町12にて、アートを見つける
  • 街歩き、街撮りしていると、これは「アート?」と感じるモノを見つけると、ハッとするような嬉しいような気分になる。日常自分の周りでは「アート」を感じない、見かけないものだから、たまに街をぶらつき「これは?」は嬉しい。下手なのか巧いのか 「なんじゃこりゃ?」でも、この描き方に気になり近づくと「レオナール・フジタ」の文字、僕は思わず「むむむ。」となった瞬間、ポスターの絵が飛びぬけて素晴らしく見えてきて、こ [続きを読む]
  • ◆ 祭囃子が聞こえる日
  • 各町内の神輿が古町通の下(しも)から上(かみ)へ上がり白山神社に向かった、後さっきまでの騒がしさが消えると静けさに寂しさをも感じるけれどただただ紅白幕が風で揺れる風景だけども十分僕は満足なのだが。古町通を神輿が練り歩き、ビルの谷間にもトントコトンと太鼓の音が響いてきた。どこかでも書いたけど、僕は神輿に太鼓が目の前を練り歩く光景の”モロ”祭りよりも、こうやって祭囃子がどこから聞こえてくるのが好きであ [続きを読む]
  • ◆ 2017年 祭りの日
  • 何年もお気に入りの交差点。通るたびに今日はどう撮ろうかなあ、ここ建物をバックに、こっちか、あっちからかあだったが、十字の交差点のふたつの角の建物が今はもうない。色っぽい風景を眺めていると遠くからドンドコ、ドン、ピーヒャラビー〜♪と祭囃子聞こえてきて色っぽいお姉さんたちよりも、この時は祭囃子に軍配が上がった。行ってみよう。神輿がいた〜、神輿の上の鳳凰を撮りたいとカメラを向けるも後から来た僕は後からな [続きを読む]
  • ◆ お久しぶり〜 と彼は云った。
  • お久しぶりだった。それにしても やっぱりこの光景は滑稽であり、愛嬌があり 「こんにちは。」ってな声も聞こえて来そうだった。路地咲く、名も知らない花。あちこち新潟の街をあるいているけれど、こんな光景は見ない。新潟の光景というより僕には「奈良的」だなあと今なら言える。自然なものか、造られたものか地形的には谷になっている路地。古町の路地に、これって恐竜じゃん、それもティラノザウルスじゃね?2頭で大口開け [続きを読む]
  • ◆ 猫は待ってくれた。
  • 猫発見!えてしてこういう二者が対峙した場合、近づいて行こうものなら猫はすぐに逃げる、かと言ってのんびりしていても「なんだこいつ。」とやっぱり逃げる。路地のまた路地に、陽が差し込みガクアジサイが咲いていた。なんてことはない変わらない飲み屋街の横丁風景も、時間共に店の名が変わっていた。また、昼間と夜ではやっぱり風景が違うんだよねえ。 [続きを読む]
  • ◆ 古町6の青空
  • 新潟市中央区古町6で見る青空に、僕は「いいねえ。」をする。僕の家の周りでは建物に囲まれたこのように都会的な狭い青空はない。青空は狭いけれど、しっかりと青空はいいねえ!を感じられる。僕は昔から時間はわかれさすれば良いと思っていた、なので時計にお金をかける意味が理解できなかった。正確なのは重要なのかもしれない、それ故に高いって事あるのだろうが、今のところ秒刻みに追われることはないので時計なんてだいたい [続きを読む]
  • ◆ 夏を感じる頃
  • 街のあちこちに貼られた新潟まつりのポスターは「新潟芸妓」がモデルとなっている。そしてそのポスターを見ては、僕は毎年「夏が来たなあ。」と感じるのだが、、、、でも、リアルにはとうに終わった新潟まつり、 季節はすっかり「秋」である。奈良京都の記事で押せ押せになって、今さらの夏祭りのだが、僕は今の秋よりも「これからもっと暑くなるぞ〜」のこの季節に冷たいアイスコーヒーを飲んで「夏だなあ。」と感じるのが実に好 [続きを読む]
  • ◆ 日常の緑
  • 時々、僕に「撮れ!」と云わんばかりに植物が誇示してくることがある、このヤツデも樹々の奥の方からオーラを発していた。ひょっとすれば気づかずに通りすぎてしまいそうなのだが、僕はその気配する樹々の奥へと入っていった。ヤツデ、、、、そうかあ、これって天狗のうちわじゃなかったっけ?六角堂の見える杉木立どこまでこの平らは続くんだと思う新潟平野、それ故に僕は坂だの階段のある街風景に憧れる。それはさておき、どこで [続きを読む]
  • ◆ 夏の日のそぞろ歩き
  • 親父が入院している、高齢なので耳も遠くなって、頭も少々ボケが入っているかもしれない、、、、ので。そして病院に行くと、「(仮名)鈴木さん、こんにちは!わかりますか?今日はリハビリしますよ〜」と綺麗な女性理学療法士さんは親父の顔の前まで顔を近づけて云うのを見て、「え〜。」と僕は親父が羨ましくなった。僕も「にゃん太郎さん、こんにちは!」などと顔を近づて言われたら、入院も悪くねえなあと、聞こえていても「は [続きを読む]
  • ◆ 黄色い花咲くボートに、ぼ〜として
  • ボートの内部から黄色い花が咲いていた、これだけ見てもしばらくこのボートは使われていないのだとわかる。そして何だかガラクタ置き場のようになっていた。黄色い花が咲いていた、たぶん植えたりなんかしていないだろう、当然肥料どころか水遣りもしてないはず、それでも花は咲いるのに、自分の所の、観葉植物は枯れるのか不思議に思えてくるのだった。 [続きを読む]
  • ◆ 荒井浜の午後
  • 海鳥が飛ぶ、カモメかウミネコかどっちか判別できず。海には海鳥が似合う。たぶん漁船を引き揚げるための滑車だと思うのだが、もう錆びて使われなくなった錆びた歯車は、バックの防潮堤の表面の点々が弾丸の痕跡のような効果で戦争シーンに出てくる空に向かってダダダダーン!!と撃つ高射砲にも見えた。 [続きを読む]
  • ◆ 荒井浜
  • お気に入りの胎内市荒井浜へ行った。撮り始めて「???」と、なんか変だなあとよく眺めてみるといくつか並んでいる番小屋のひとつがなくなっていた。そっくり片づけられたように空き地になっていて、またひとつ僕のお気に入りが減ったなあと思った。奈良・京都から帰り、写真については抜け殻状態になった、「奈良では刺激的な光景をたくさん撮ったし別に今週末撮らなくてもいいか。」な気分でどことなく気乗りはしなかったが、で [続きを読む]
  • ◆ 大和大路通から京都駅へ
  • 大和大路通の飲み屋横丁の入り口にはタグの落書きがあった、景観条例のうるさい京都でもあるんだと、感心共にこんな光景を見ると生活感があって”京都といえども我が新潟とこのあたりは変わりないんだな”と僕は妙にホッとした。ここに来るといつも気なる「壱銭洋食」店、今度来る時にいつも思っているのだけど、この時は食べるのは決まっていたので今年もパス。YouTubeとか、ブログ、Google street viewとかでも知っているのだけ [続きを読む]
  • ◆ 祇園南、路地歩き
  • 京都祇園南 西花見小路西花見小路どこかでも書いたけれど、こんな光景をどこかで見た事がある。それは京都をイメージした真似たようなお店とか、一部だけ似た路地の光景だたりするのだが、それはやっぱり「京都の真似」、「京都風」てのがある。西花見小路しかし、これ紛れもなく「京都真似」、「京都風」とかではない「元祖京都」、本物の「京都」だよなあと前の光景をちょっと不思議な気分で見ていた。祇園中路 正面突き当りは [続きを読む]
  • ◆ 京都祇園を急ぎ早やのそぞろ歩き
  • 祇園花見小路祇園に到着して”急ぎ早やのそぞろ歩き”っていうのがあるのか、わからないけれど、祇園をともかく ここ あそこ と暗くなる前に早足でめぐった。日が暮れると祇園花見小路は、人通りと看板の灯り、提灯などにも灯りがともり祭礼の日のような光景だった。以前、朝の7時頃に祇園のこのあたりを歩いた事がある。それまでは京都祇園では誰かしら朝から店の前を掃き掃除、ひいては水まきでもしているイメージがあったの [続きを読む]
  • ◆ 京都四条通鴨川あたり
  • 四条河原町の交差点日も暮れだして、時間に焦っていると、先斗町も四条通から入っても「ここら」で引き返した。この季節はこの風景、何度か見てはいても、いつも見るばかり、いつかはと思うだが、食べて飲んでいる暇があったら、夜の京都を探索したいのでしばらく京都で暮らし、朝、昼、晩の京都の風景も見慣れたらやっと川床料理なのかも、あくまでも食うよりも撮るを選ぶ僕であった。夕日は山へと沈んでいく、新潟の僕からすると [続きを読む]
  • ◆ 夕刻、京都四条あたりを歩く
  • 時刻は、6時半、まあ夕方としたら明るいけれど、写真を撮って歩くにやっぱり厳しかった。しかし、四条通あたりって僕が訪れる時間帯は大体夕刻から夜になる、やっぱり郊外を昼間まわってやれやれと街帰ってくるパターンなのかも。そんな夕刻に京都の街を歩くと観光と云うよりは、「オレは京都に住んでるぜ〜」ってな気分になる、錦小路で晩のおかずでも買えば、尚更なんだけど、せいぜい食事をするくらい。久しぶりに錦小路を通る [続きを読む]
  • ◆ 電車ショートトリップ
  • 近鉄奈良駅で、発車時間3分前で切符を買った、果たして間に合うのか?と駅構内を走り、エスカレーターをドドドドドドと駆けおり、「これか?、これなんだな?」と奈良発特急電車を確認、指定席に合わせて車両に乗る暇などなく、ともかく電車を確認すると目の前のドアから飛び乗った。なので、座席について「へえ〜、やれやれ。」だった、そして急に待て待て、これに乗ったら撮らねばと急に想い出し、大極殿はギリギリ間に合ったが [続きを読む]
  • ◆ 永の奈良編も「奈良町」で終わり
  • 奈良市高畑(たかばたけ)高畑の路地奈良市公納堂町「あれえ?ここだよなあ。」と何度見て銭湯がなかった。以前来た時には奈良町の路地に銭湯、入口には営業中がわりの暖簾がさがっていたのだが、ない、違うのだろうか何度も「このあたりでは?」とキョロキョロした。(銭湯は)この隣り当たりあったのようなと眺め「オレは間違っていないはず。」と、そしてその奈良町の変化に「オレってそんな奈良に来てなかったのか。」と永のご [続きを読む]
  • ◆ 鹿も人間もふり返るふたたびの奈良
  • 一頭の鹿がいた、こっそりと近づいたのに、「だれ〜?」と振り返り返った。どこに居ようと鹿の勝手だけれど、ドカリと店先に陣取って座っているのはやっぱり奈良の風景だった。日本の奈良で、日本古来建物なのに、一瞬でも遭遇した観光客がみんな外国人っていうのは、おかしな感じだった。ここにも鹿、小学校の頃親父の関西の社員旅行のお土産で、奈良のペナントをもらった、それには奈良公園の文字と鹿があしらってあった、その頃 [続きを読む]
  • ◆ 東大寺二月堂から
  • 東大寺大仏殿から鐘楼、二月堂への表参道のお土産屋さん。そのまま石段の坂を登って行ったら二月堂もすぐなんだけど、「あそこを通らないと。」と”裏参道”をめざし引き返した。真っ直ぐ行けばすぐなのに、何とかいう階段を降りて、また石段を登っての二月堂だった。東大寺鐘楼別名「奈良太郎」、国宝ではあるけど鐘には手が届かないので鐘楼の柱スリスリ、、、一瞬にして修学旅行生で埋まった。修学旅行生、一般観光客もそこそこ [続きを読む]
  • ◆ ふたたびの東大寺
  • 雨風で風化して傷んだ東大寺公慶堂の瓦塀、どこにでもありそうだけど我が新潟ではありそうで見た事がない。「奈良だなあ。」と感じた光景。東大寺焼門、いつもは正面南大門からなのだけど、今回は東大寺を裏口から(転害門からまわるつもりだったのが、ここに出た)。でも東大寺をここから攻めていけば満々と水で満たされら正倉院大池(大仏池)のはずが、僕は水のないこの光景に「えーーーー。」と、撮る予定だったはず光景がなく [続きを読む]
  • ◆ 春日大社から高畑の路地へ
  • 参道の石灯籠を見るたびに、「オレもいつか寄進して」と思う、京都伏見稲荷の千本鳥居を見てもやっぱり「名前を入れて鳥居を寄進したい。」と思っているのだがいまだ、寄進できずにいる、これは大願成就してお礼に寄進よりも、大願成就の前倒しで、寄進してしまった方が良いのかもと思うである。この度でタブレット撮影している人を何人か見た、僕的には携帯で撮影している光景よりもタブレット撮影している光景に違和感を感じるの [続きを読む]
  • ◆ 奈良を歩く
  • 奈良、三条通にあるお寺「淨教寺」、どことなく蘇鉄なのか南国的な境内の光景はあまり見たことがない。チープトリックに思えた外国人のグループ、三条通を歩いてと果物店で、リンゴ2個買っていた、正直どうするのだろう?と思って見ていたら歩きながら”がぶり”とやった。日本の文化じゃないなあと、果物店でリンゴ2個、そして即歩きながらがぶりだもの。中学生の奈良修学旅行のグループの自由行動のようだった、男子は前を進み [続きを読む]