王城恋太 さん プロフィール

  •  
王城恋太さん: 糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット
ハンドル名王城恋太 さん
ブログタイトル糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット
ブログURLhttps://ojyokoita.blog.fc2.com/
サイト紹介文理論とエビデンスを重視した糖尿病治療。糖尿病を完治させるための食事と運動の実践を紹介します。
自由文2012年2月半ばに2型糖尿病が発覚しました。(血糖値360、HbA1c9.5)
とりあえず、糖尿病を研究し傾向と対策を練り、3ヶ月ほどで薬に頼らない状態までもっていこうと目標を立てました。
今んとこ、順調です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/04/26 06:17

王城恋太 さんのブログ記事

  • 糖尿病完治 その後の話
  • ちはっす。今年で丸7年、8年目を迎える当ブログですが、その間、私を含め多数の糖尿病完治者を世に送り出してきました。先日頂いたメールです↓ ありがとうございます。12月の人間ドックでHbA1c6.5、血糖値127mgで先生から糖尿病です、一度なると治りません。と宣告されました。今までも血糖値が高いことはありましたが、糖尿病といわれるとこれからどうしよう、あの食事制限をしないといけないのかと思うと目の前が真っ暗になり [続きを読む]
  • アンチエイジング−人はどのように寝たきりになるのか?
  • ちはっす。このブログの読者層というのは、中高年のおっさんやおばはん、高齢の方々等が圧倒的に多いと言いますか、ほぼそれで埋まっていると言っても過言ではありません(笑)まぁ、ブログのテーマ上そうならざるを得ない訳で、そうすると、私もそういった方々の層が興味を持ちそうなテーマを割と書くことになるんですが、そうなれば益々おっさんやおばはんが寄ってくるという好循環(?)になります。今回も、「人はどのように寝 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。旧年中のご愛顧を感謝申し上げますとともに、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。さて、社交辞令はこれぐらいにしまして、昨年めでたく糖尿病完治できた人も、まだまだこれからの人も、みんな今年もよろしくね♪病気というのは偶然治ることもありますから、糖毒系の人達もあきらめずに頑張ってね!そう言えば、世の中には「頑張れ!」と言うと、プレッシャーに感じる人がいるので、 [続きを読む]
  • 糖尿病・生活習慣病の改善、完治、予防のための食事
  • ちはっす。宴会シーズンでお忙しい中(私が)、如何お過ごしでしょうか?血糖値を気にしながら飲む酒は、さぞかし不味いこととお察し申し上げます。例年の如く、年末年始に糖尿病を悪化させる不届き者が見受けられます。私の場合、6年前の2月に糖尿病を発症し、その年の5月には完治していましたから、年末年始の洗礼は受けることなく、現在に至っております。今年の年末も食いまくりましたわ(笑)たいていの人達は、まだ治っても [続きを読む]
  • HbA1c10.7から3ヶ月で5.4へ!糖尿病完治目前!
  • ちはっす。読者体験談コーナーです。このお方は、HbA1c10.7で糖尿病と診断され、3ヶ月で5.4の正常値まで改善し、完治目前の人です。ちょうど発症時のやり取りも残っていましたので、3か月間の軌跡を紹介しましょう。まずは、発症時のお便りです。2018/9/8王城さん、みなさんはじめまして40代で不摂生しまくりだったデブ猫です。今月採血をして調べたら血糖値252 Hba1C10.7という数字がでて糖尿病判定をいただきました。体重は114k [続きを読む]
  • 高血糖と高血圧をまとめて改善する
  • ちはっす。前回の記事では、慢性腎臓疾患のリスクは、高血圧のみの群では3.8倍、高血糖のみの群では3.9倍、高血圧と高血糖の両方の群では、7.2倍に跳ね上がるというお話を紹介しました。糖尿病と腎臓疾患 【人工透析導入原因の第1位は糖尿病性腎症】1998年以降、透析導入の原因として最も多い疾患は、糖尿病性腎症だそうです...慢性腎臓病は憎悪すれば、最終的に人工透析ということになります。透析になれば、月に30万〜50万円ぐ [続きを読む]
  • 糖尿病と腎臓疾患 【人工透析導入原因の第1位は糖尿病性腎症】
  • ちはっす。1998年以降、透析導入の原因として最も多い疾患は、糖尿病性腎症だそうです。慢性腎臓病の原因疾患上記サイトによれば、その原因となるのが慢性的な高血糖と高血圧ということです。更に、Clinical and Experimental Hypertension という学術誌に掲載された論文によれば、腎機能が正常で6年間追跡可能であった男性303名を対象とした調査を行った結果、肥満、高血糖、高血圧、脂質異常、メタボリックシンドロームのうち、 [続きを読む]
  • 高脂肪食摂取はミトコンドリアの機能障害を引き起こす
  • ちはっす。今回は、米国糖尿病学会の学会誌・Diabetesの今月号(2018年11月発行)に掲載された論文を紹介します。High-Fat Diet Causes Mitochondrial Dysfunction as a Result of Impaired ADP Sensitivityどんな内容かと言いますと、高脂肪食は、ADP感受性の障害の結果としてミトコンドリア機能障害を引き起こす、というものです。高脂肪食の摂取は、ミトコンドリアの含有量が増加するにも関わらず、インスリン抵抗性が誘導され [続きを読む]
  • 糖尿病患者の死因のトップは?
  • 癌です。糖尿病患者の死因の第1位はがん!ちはっす。糖尿病の人の死因のトップは、心血管系かと思いきや、癌だそうです。 何故糖尿病になると癌に成り易いのか?というのは、諸説いろいろありますが、詳しくは解っていません。インスリンガー!とか高血糖ガー!とか高脂血ガー!とか慢性炎症ガー!といろいろ言われています。 とは言え、「糖は癌のエサ(実際には脂肪もタンパク質も餌になります)」的な話は、癌ができてからの話 [続きを読む]
  • 痩せ型糖尿病の改善、寛解、完治の方法 【実践編その2−食事】
  • ちはっす。今回は、痩せ型糖尿病の改善、寛解、完治を目指す【食事】のお話です。糖尿病治療、特に痩せ型の場合、運動と食事はセットですから、どちらが適当でも寛解・完治など無理です。適当でも、そこそこ改善ぐらいはできますから、それで満足な人なら十分です。前回までのお話は、↓痩せ型糖尿病の改善、寛解、完治の方法 【実践編その1−運動】前回から引き続いて、痩せ型糖尿病を何とかするシリーズです。今回は、前回の【 [続きを読む]
  • 痩せ型糖尿病の改善、寛解、完治の方法 【実践編その1−運動】
  • ちはっす。前回から引き続いて、痩せ型糖尿病を何とかするシリーズです。今回は、前回の【理論編】に続き【実践編】となります。前回の記事は、↓痩せ型糖尿病の改善、寛解、完治の方法 【理論編】一般的に2型糖尿病と言うと、世間では=デブというイメージがありますが、BMI的に普通体型や痩せ型に属する人でも糖尿病を発症する場合があります...前回記事で少し触れましたが、痩せ型糖尿病というのは、食事と運動を厳格に行わな [続きを読む]
  • 痩せ型糖尿病の改善、寛解、完治の方法 【理論編】
  • ちはっす。一般的に2型糖尿病と言うと、世間では=デブというイメージがありますが、BMI的に普通体型や痩せ型に属する人でも糖尿病を発症する場合があります。特にアジア人に、このタイプが多いと言われています。今回は、痩せ型糖尿病の人の改善、寛解、完治はどのように考えれば良いのか?というお話です。痩せ型糖尿病と肥満型糖尿病の特徴とその違いそもそも、痩せ型の人と肥満型の人の違いは何かと言えば、同化の才能があるか [続きを読む]
  • 砂糖の摂り過ぎは何故身体に悪いのか?
  • ちはっす。WHOが公表する糖尿病についての提言には、砂糖と飽和脂肪酸の摂取を避け、喫煙を止め、健康的な食事をすると、書かれています。Diabetes - World Health Organizationで、この「健康的な食事」とは何か?と言うと、精製された炭水化物ではなく全粒穀物に置き換え、野菜、果物、魚、大豆食品等を多く摂る、という、結局DASH食みたいなものになっています。そろそろ高血圧も何とかしてみないか?おっさんともなると、高血 [続きを読む]
  • 加齢とともに分解・委縮して行く高齢者の身体
  • ちはっす。ヒトの身体というのは、1分・1秒ごと、常にこの瞬間に体重は減り続けている、ということを以前の記事で説明しました。ヒトはどのように太り、どのように痩せるのか?【ダイエットの初歩】今回はデブの皆さんのために、ダイエットの基礎を勉強しよう!というテーマです...更に、これに「加齢」が加わると、身体の分解・委縮が加速し、体重が一層減る傾向になって行きます。厄介なことに、加齢によって分解して行く主なパ [続きを読む]
  • ダイエット中に食欲を抑える一番の方法は何か?
  • ちはっす。前々回の記事で明らかにしました様に、我々の身体というのは、1分1秒ごとに体重が減り続けています。ヒトはどのように太り、どのように痩せるのか?【ダイエットの初歩】今回はデブの皆さんのために、ダイエットの基礎を勉強しよう!というテーマです...にもかかわらず、いつまで経っても痩せられないデブが世の中には存在します。放っておけば痩せる一方であるはずが、ブクブクと太る原因というのは「食い過ぎ」である [続きを読む]
  • すい臓における脂肪酸とケトン体の長期間の曝露はβ細胞機能を阻害する
  • ちはっす。最近の糖質制限業界は、狂信的なカルト集団と「炭水化物摂取もほどほどに抑えましょう。」という常識的なグループと、徐々に分かれつつあります。狂信的なカルト集団というのは、「ケトン体は人類最強の薬!」なんていう妄言や、「ケトン体が人類を救う!」などという寝言を垂れ流し、「脂肪は素晴らしい!ケトン体万歳!くるくるパ〜に光を!」と、光文社あたりが出版した街医者の新刊本を拠り所に、オシッコちびってい [続きを読む]
  • ヒトはどのように太り、どのように痩せるのか?【ダイエットの初歩】
  • ちはっす。今回はデブの皆さんのために、ダイエットの基礎を勉強しよう!というテーマです。糖尿病の食事・運動療法や生活習慣病予防のためのダイエットにも重要なテーマです。もちろん、一念発起して「痩せたい!」と願う若きデブの勇者の皆さんにも有用な情報であることは間違いありません。願っただけでは、痩せませんが(笑)ただ、内容的には、既に過去記事で書いてある様なことばかりなので、その点についてはご了承下さい。 [続きを読む]
  • 炭水化物を食べると何故すぐに太るのか?
  • ちはっす。今回は、炭水化物を食べると何故太るのか?という問題です。この「太る」というのは、「体重が増える」という意味です。体組成の何が増えるか?ということは問題にしません。もっとも、記事を読んで頂ければ理解できるシステムになっています。この辺の仕組みをちゃんと理解すると、低炭水化物ダイエットや糖質制限は何故体重が減るのか?ということも、瞬時に理解できるようになりますし、巷に跳梁跋扈するオカルトダイ [続きを読む]