王城恋太 さん プロフィール

  •  
王城恋太さん: 糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット
ハンドル名王城恋太 さん
ブログタイトル糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット
ブログURLhttps://ojyokoita.blog.fc2.com/
サイト紹介文理論とエビデンスを重視した糖尿病治療。糖尿病を完治させるための食事と運動の実践を紹介します。
自由文2012年2月半ばに2型糖尿病が発覚しました。(血糖値360、HbA1c9.5)
とりあえず、糖尿病を研究し傾向と対策を練り、3ヶ月ほどで薬に頼らない状態までもっていこうと目標を立てました。
今んとこ、順調です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/04/26 06:17

王城恋太 さんのブログ記事

  • 高脂肪食摂取は肥満の有無に関わらずインスリン抵抗性を高める
  • ちはっす。今回は、病院で「痩せろ!」と言われる意味について考えてみよう!という話です。ブクブクと太り、病院で「糖尿病」と診断された人は、例外なくお医者さんから「痩せろ」と言われるはずです。ほとんどの場合、言われた方は漠然と「体重を減らす」と理解しますし、指示した医師もそう思っています。しかしながら、よく考えれば、いや大して考えるまでもなく、脂肪が減っても筋肉が減っても、水分が減ろうがグリコーゲンが [続きを読む]
  • 糖尿病を治したい人が最初にやるべきたった一つの重要なこと
  • ちはっす。私が病院で糖尿病と宣告されたのは、2012年の2月半ばです。HbA1cは9.5で空腹時血糖値は360という、どこに出しても恥ずかしくない立派な糖尿親父でした。そしてその年のゴールデンウィーク明け、およそ2か月半でHbA1cは5.7、食後2時間血糖値110になります。その後更にHbA1cは下がり、現在では5.0前後で推移しています。それ以来、今日に至るまで、私は何をどれだけ食べても食後高血糖になったことがありませんし、血糖値 [続きを読む]
  • 2016年8月〜2018年4月の人気記事【トップ10】
  • 馬鹿は何故糖質制限に騙されたのか?ちはっす。私が糖尿病になったのは、2012年の2月半ばですから、糖尿病が完治してからそろそろ4年が経とうと...糖尿病改善に最も効果がある筋トレで即効改善する具体的なやり方編ちは。月曜にデッドリフトをやると、1週間仕事にならない王城です。前回ご紹介したスクワットとデッドリフトを ...糖質制限で耐糖能悪化!一念発起した親父は3ヶ月ですべてが正常に!ちはっす。困りましたねぇ。糖質 [続きを読む]
  • 中高年・高齢女性の肉食は2型糖尿病リスクが増加する
  • ちはっす。赤肉や加工肉の健康に与える悪影響というのは、以前から指摘されていることです。当ブログでも過去記事におきまして、紹介したことがあります。加工肉「発がん性ある」WHOが過剰摂取に警告飽和脂肪酸は体に悪い、30年間の調査で裏付け実際のところ、加工肉や赤肉に関する論文を探せば、まぁ、出るわ、出るわ(笑)、「発がんリスクを高める」だの、「死亡率が高まる」だの、いちいち紹介していたらキリがないほどです [続きを読む]
  • 食前のイソロイシン摂取は食後血糖値の上昇を抑制する
  • ちはっす。今回は、どちらかと言えば、痩せ型の糖尿病の人や糖尿病の罹病期間の長い人で、イマイチ血糖コントロールが上手く行かない方々向けの話です。デブで血糖コントロールが上手く行かない場合は、単に食い意地の張り過ぎかグータラということなので、「まずは痩せろ。話はそれからだ。」ということです。イソロイシンというのは、BCAA(分岐鎖アミノ酸)の一つです。で、詳しい話は、↓を参照下さい。食前のイソロイシン摂取 [続きを読む]
  • 肥満による脂肪酸代謝の亢進と慢性炎症は発がんを促進する
  • ちはっす。従来、糖尿病になったり、肥満になるとガンの発生の亢進は統計学的に示されていました。しかしながら、何故そうなるのか?という原因については、よく解っていませんでした。つい先日、北海道大学遺伝子病制御研究所の研究グループが発表した研究によりますと、どうやらそれは肥満による脂肪酸代謝の亢進と慢性炎症の2つが関連しているようです。肥満が発がんを促進する原因の一端を解明〜がん予防的治療薬の開発に期待 [続きを読む]
  • 糖尿病完治から6年が経ちました。
  • ちはっす。6年が経ったと言うか、来月で6年が経ちます。寛解と完治の違いについては、次回以降、その内詳しく述べますが、とりあえず糖代謝が正常になって以来、つまり、いつ何どき、何をどれぐらい食べても血糖値が異常を示さない(無論、空腹時血糖値も含め)という状態になってから6年が経過したということです。もちろん、モヤシやひょうたんやデブになるのは嫌なので運動は適当にやっています。とは言え、この6年の間には、交 [続きを読む]
  • 「炭水化物が命を縮める!」衝撃論文の中身とは?(笑)
  • ちはっす。毎日新聞が提供する「医療プレミア」というサイトに、衝撃的な記事が掲載されました。「炭水化物が命を縮める」 衝撃論文の中身とは炭水化物が命を縮めるらしいです(笑)そう言えば、ついこの間、「マウスの実験は人間には当てはまらない」は科学ではなく宗教という当ブログの記事において、論文の読み方を知らない阿呆やカルトというのは、こういう寝言を言い出した挙句、コホート研究や統計を持ち出して「証明された [続きを読む]
  • 糖尿病の改善から寛解までのおさらい【糖尿病治療の鉄則】
  • ちはっす。さて、シリーズ「糖尿病完治への道」の続きです。前回までの話は、こちら↓世界の最先端では既に糖尿病は治っている!糖尿病完治とは何か?糖尿病発症のプロセス完全に決着が着いている【糖質制限VSカロリー制限】今回は、糖尿病の改善から寛解までのおさらいです。今まで当ブログで語ってきたことばかりですが、簡単にポイントをおさらいします。まず、糖尿病治療の鉄則−その1デブは痩せろ。話はそれからだ。これ、最 [続きを読む]
  • 「マウスの実験は人間には当てはまらない」は科学ではなく宗教
  • ちはっす。糖質制限食によるマウスの実験で、通常食と比べ老化の進度が30%速く、平均寿命より短命だったというニュースがありました。ご飯、うどん・・・ 炭水化物減らすダイエット 60代後半で老化顕著に 糖質制限ご用心内容は元記事をご覧頂くとしまして、こういう記事やニュースがあると、糖毒馬鹿が必ず言い出すことに、マウスの実験は人間には当てはまらない!というものがあります。今回は、これについて言及したいと思 [続きを読む]
  • 糖尿病発症のプロセス
  • ちはっす。前回の続きです。見逃した方は、こちら↓世界の最先端では既に糖尿病は治っている!糖尿病完治とは何か?糖尿病発症のプロセス前回は、糖尿病発症の過程を説明する、ツインサイクルというプロセスを紹介しました。今回は、これを踏まえ、糖尿病発症のプロセスを今一度詳しく解説したいと思います。この理解なしには糖尿病の改善も、ましてや「治る」なんてことはあり得ないからです。慢性的なカロリー過剰とはどんな状態 [続きを読む]
  • 世界の最先端では既に糖尿病は治っている!糖尿病完治とは何か?
  • ちはっす。突然ですが、糖尿病の皆さんは一度は「できるなら糖尿病を完治したい。」と思ったことがあるのではないでしょうか?時々、当ブログで話題にしますが、その「糖尿病の完治」とは一体どのような状態になることでしょうか?病気や怪我というのは、何でもそうですが、患者の気持ちはすべて同じで、「元の健康な状態に戻りたい。」という、ただそれだけのことです。腕を骨折して動かないのであれば、骨がくっついて元の様に動 [続きを読む]
  • 食後高血糖にならない食事のタイミング
  • ちはっす。前々回の記事、健常者と糖尿病患者の違いは何か?の続きで、食後高血糖に成り易い痩せ型糖尿病の人、あるいは糖尿病の罹病期間が長い人等を対象に、食後高血糖を回避する方法をご紹介したいと思います。(もちろん、肥満型糖尿病の人が行っても回避できます。)最初に断っておかねばならないことは、手軽で簡単にできる魔法のような方法はありません。糖尿病治療に奇跡は起こらないのです。やったことが結果になり、やら [続きを読む]
  • 職場のいじめと暴力は2型糖尿病発症の危険因子となる
  • ちはっす。欧州糖尿病学会が発行する Diabetologia の最新号に面白い記事が掲載されていました。Workplace bullying and violence as risk factors for type 2 diabetes: a multicohort study and meta-analysisこれは、デンマーク、スウェーデン、フィンランドの40歳から65歳の男女、45,905人を調査した結果、職場でのいじめや暴力を受けた人は、2型糖尿病を発症する高い傾向があった、というものです。やはり、上司に扇子でハゲ [続きを読む]
  • 健常者と糖尿病患者の違いは何か?
  • ちはっす。今回は、健常者と糖尿病患者では何が違っているのか?という点について考え、何が悪くて、その違いをどう埋め合わせれば良いのか?という、糖尿病治療のヒントになるお話をしたいと思います。と、その前に、まずは「糖尿病」とは、どんな病気なのか?ということを正しく理解しておかないと、以降の話がチンプンカンプンになります。ほとんどのニューカマーの方々は、「糖尿病は高血糖になる病気」と理解していますが、こ [続きを読む]