あおみゆ さん プロフィール

  •  
あおみゆさん: 従業員が生き生きと働ける環境を考えるブログ
ハンドル名あおみゆ さん
ブログタイトル従業員が生き生きと働ける環境を考えるブログ
ブログURLhttp://bluemiyumiyu.hatenablog.com/
サイト紹介文約17年間勤めた会社を辞める理由と、まつわる原因を分解していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 143日(平均3.8回/週) - 参加 2012/04/26 10:41

あおみゆ さんのブログ記事

  • Project -Vol.4:軸を決めるための、選択肢の絞り混み。
  • 以下の記事の続編です。bluemiyumiyu.hatenablog.comシステムを刷新していくにあたり、打つ手は山ほどあります。選択肢も山ほどあります。自分の感覚を、世間一般の感覚にまで引き上げるため、今日は、D哉さんと一緒に終日、以下の展示会で情報収集をしてきました。www.japan-it.jp実際に見ると、創造力が増幅されます。知恵熱が出そうなくらい、インプットしてきました。近々、どの選択肢で作業を進めていくか、本格的な選定 [続きを読む]
  • 備忘録:これからの組織に必要なこと(宮内義彦氏の言葉から)
  • 最近、人材育成に関する内容に触れていなかったのですが、システムを刷新していこうとする中、以下のようなことを、日々感じています。今は組織の一人ひとりが知恵を出し合い、常に変化する世の中に柔軟に対応しなければ受け入れられない時代になりました。もはや、規格商品や規格人材では通用しない世の中です。そのような中で、会社は社員個々の考え方や資質をしっかり把握し、能力をつなぎ合わせて新しい価値を生み出していくこ [続きを読む]
  • 体調不良で、病院に通う日々
  • 先日、以下に息子の体調不良について記載しました。bluemiyumiyu.hatenablog.comこの三連休に、娘の調子が悪くなりました。今朝は、主人が高熱を出しました。今日は、高熱の主人を病院に連れてきました。体調が良くなった息子に、娘の世話をお願いしています。有休がなくなることを覚悟しながらも、欠勤は避けたいと、時間有休なる都合の良いありがたい制度を活用し、今日は、可能な限り仕事をしてきました。私が発症するの [続きを読む]
  • 備忘録:デジタルイノベーションを起こすには(内山悟志氏の記事)
  • 私が直面している課題を、明示してくださった記事です。diamond.jp避けては通れない「IT戦略」について、経営者や管理職の皆さまは、日々、どのようにお考えでしょうか。現在、この点について、私が所属する会社では、ほぼ全面的に私に期待が寄せられ、笑うしかない日々が続いています。笑い飛ばさないと、やってられないのです。しかし、着々とProjectを進めています。内山様の様々な記事は、熟読させて頂きます。非常に [続きを読む]
  • 母親失格事例?
  • 先日、息子の自然治癒力に期待し、軽症だったこともあって診察を受けずに過ごしました。詳細は、以下の記事です。bluemiyumiyu.hatenablog.com今日は息子の誕生日で、主人と私が父親と母親になった記念日です。その記念日に、標題タイトルで記事を書くのは少々情けないのですが、今日は、母親としての反省点を記録しておきます。今回、以下の推移で息子(平熱36.3℃)の体調が変化していきました。本人の自覚症状と体温が頼 [続きを読む]
  • 健全な働き方とは?
  • 先日、以下の「社畜ミュージアム」という動画を知りました。かなり話題になっていますね。こちらは、経済産業省所管の「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」が作成したものだそうです。youtu.beちなみに私は、こちらの動画について、以下の記事で知りました。記事に対するコメントを拝見しまして、この動画や記事について賛否両論あり、世の中、本当に色々な考えの方がいるのだなーと、改めて感じました。business.nikkeibp.co. [続きを読む]
  • しばらく、涙がとまりませんでした。
  • またまた、元部下の退職情報が入りました。今回は、退職する本人が「今日が最終出社日となります」と言って、私のデスクにやってきました。それまで、彼女が退職することを、誰からも聞かされていませんでした。彼女は、私が部長時代に採用した、3カ国語を操るバイリンガルです。あらゆるコミュニケーションが必要となるこの時代に、言葉を自在に操るスキルは貴重で、それに加えて働くことに対する意欲が高かった彼女は、熱心に [続きを読む]
  • 部下にどこまで仕事を任せるか。
  • 人材育成と、業務遂行の狭間で、部下にどこまで仕事を任せるかは、皆さま、日々悩まれる部分かと思います。私は、上位管理職の方々の想い・戦略と、部下自身の想い・キャリアを考慮してチームのプランを立てるとき、沢山のアイデアが浮かびます。ただ、今のチームにおいて、1つだけ不足している情報が、「チームのメンバーがどのくらいの力量を持っているのか?」という点です。これは、本人からのヒアリングだけでは不十分で [続きを読む]
  • Project-Vol.3:いよいよ本格始動!
  • 以下の記事の続編です。bluemiyumiyu.hatenablog.comシステム地図を分析し、改良が急務となっているシステムの内部の状況把握を開始しました。年始に、これまでの関係者にヒアリングを行い、年始の2週目はずっと、全容の把握に努めました。結果、わからないことだらけであることが、わかりました。・・・驚きました。ここまでとは。そして、昨日も記事にしたのですが、それらの集大成であったはずの会議が散々な会議でして [続きを読む]
  • 想いはカタチにしないと伝わらない。〜散々な会議に参加して〜
  • 先週の金曜に、10ヶ月ぶりに東京本社に出張しました。朝4時起きで家族への万全の準備を整え、お世話になるファミサポさん2人への依頼事項を整理し、主人に残りの朝の用意を託して、家族の中で一番最初に家を出ました。金曜は、長男を英語教室と体操教室に通わせており、息子にも、2人のファミサポさんへの連絡事項も山盛りでした。結果、天候も問題なかったので移動もスムーズでしたし、出張の目的である会議以外は、全て問題なく [続きを読む]
  • またも、リストラニュース
  • 私は、医療に関わる仕事をしており、業界情報は色々と気になるのですが、製薬業界でも再びゴングがなったようですね。私自身、新卒時代は大手外資系メーカーでMRをしていたので、この手の記事は、自分のことのように感じます。diamond.jpまた、以前に以下の記事を記載しました。あちこちで、こういった状況が起こっていくでしょうね。bluemiyumiyu.hatenablog.com自分の身の置き方にも危機感を感じる中、時代の流れに合わせて、 [続きを読む]
  • 人材育成に関する記事
  • 以下の記事を拝見しまして、日本の教育に対する価値観ってこんなものかと、改めて理解しました。私が所属する会社に足らないのではなくて、日本全体、「人財」と言いながら、数字を追う企業ばかりということでしょうか。business.nikkeibp.co.jpこちらの記事の終わりの方で、以下の記載がありました。「うちの会社では『この人をどう育てるか。そのために、どういった経験を積んでもらうか』といった観点の育成型のローテー [続きを読む]
  • 我が道をいく「ヒト」たち。
  • 人間、色々な「ヒト」がいることを、日々痛感しますが、新たにコミュニケーションを密にとるメンバーと接する中で、感じたことがあります。「人間、みんな自己中心的である」ということです。これは、「他人への配慮がない」とか、「周りのことを考えていない」とか、そのような意味ではありません。要は、「自分が知っている(経験した)範囲の中でしか、言動を起こすことができない」ということです。とても当たり前のこと [続きを読む]
  • 備忘録:グループ会社会長の年頭挨拶に感動
  • 私が所属している会社名について、公にすることは控えておりますが、グループ会社の会長は○○賞を受賞されたりと、その道では名が知られている方です。昨日、その会長からのメッセージが、A4で3枚のボリュームの内容でグループ会社全社員に配信されました。読みながら、「どこまでお見通しなのだろう」と、身が震える感じを覚えました。なぜなら、私が普段感じていること・本ブログでも書き連ねているような内容に対する、会長 [続きを読む]
  • 会社の経費、上手く使っていますか?
  • 2018年、ようやく初投稿です。年末年始はこども園の餅つき大会にはじまり、帰省して正月は義母の代わりを務め、帰宅後は息子の冬休みの宿題のやり直しに付き合いました。長い休みを頂きましたが、例年とは違う年明けで、新年早々、少し疲れ気味です。昨日は初出社でしたが、月半ばに出張を控え、初日から打ち合わせ三昧でした。これまでとは違う畑(部署)の歴史を紐解きながら、これからの道をどう作ってくか、常に検討していま [続きを読む]
  • 支えてもらって、会社のコミュニティを維持できる現状
  • 私が所属する会社は、今日が最終出社日でした。私の出身地、鹿児島県の血筋なのか、お酒がある場では、盛り上げ役に徹してしまいがちなので、最近は、お酒がある機会を避けがちだったのですが、2年ぶりに会社の納会に参加しました。参加できるのは、こども園にお迎えに行ってくださるファミサポAさんと、学童からファミサポAさん宅に送迎してくださるファミサポBさんのサポートがあってこそです。お二方には、感謝の気持ちしか [続きを読む]
  • 男性の育児休暇取得について
  • 私は毎日、複数のメルマガを受信して、気になる記事を流し読みしています。日経DUALも、1人目を妊娠してから読み始めたと思うのですが、有料会員制度を利用するまでの価値は感じておらず、無料で見れる分だけ、気になる記事を読ませていただいています。先日、以下の記事に出会いました。dual.nikkei.co.jp無料部分しか読んでいないので、有料部分でどんな記事が記載されているのか存じませんが、無料で拝見できる部分に、以 [続きを読む]
  • 管理職の皆さん、自分の責任を果たしていますか?
  • 本当に、今までとは違う畑を耕し始めると、知らない世界がたくさん見えてきます。コストセンターに異動して1年経ち、業務改善を図ろうとするところで、既に出会った壁を列挙します。部下への指導放棄・部下放置部下の監督責任放棄関連部署との連携放棄職務越権仲良しチーム閉口、無関心責任転嫁職務放棄もう、呆れてものも言えません。ふたを開けると、こういう人たち、沢山いるんですね。全て管理職の方の言動から出てきたキ [続きを読む]
  • 皆さんの周りに、仕事ができない「ヒト」はいますか?
  • 今日は朝から、仕事ができない「ヒト」が創ってきた歴史(業務)を確認していました。経緯を辿るために、色々な方向からアプローチするのですが、結果、原因を「仕事ができない「ヒト」」のせいにする「ヒト」が多くいることが分かってきました。しかも、それは、その上司の立場に立つ「ヒト」の主観です。確かに、ある仕事が得意な「ヒト」と苦手な「ヒト」には分けても良いと思うのですが、仕事ができる「ヒト」とできない「 [続きを読む]
  • ITと人材育成
  • ITが、今となっては無くてはならないものであることは、誰もが理解されているところかと思いますが、自分の身の回りにITを取り入れようとするとき、拒絶反応や苦手意識が前面に出てくる方がいます。かくいう私も、ITというと苦手意識があり、わかっているのは15年の経験にもとづくデータベースに関する知識のみで、その周辺におく必要があるIT知識については、得意な方に教えてもらいながら、物事を進めています。誰もが、便利 [続きを読む]
  • Project-Vol.2:業務を洗い出して、業務改善の道を探る
  • 以下の記事の続編です。bluemiyumiyu.hatenablog.comkick-off後は、まず、全てのデータに纏わるタスクの洗い出しから始めました。すると、出てくるものですね。こんなにあるの?というくらい、無駄に派生しているのではないかと思われる業務が見つかりました。そして、チームメンバーが出した結果なので、社内にはまだまだ埋もれているはずです。ちなみに、「何でこのタスクを実施しているの?」と聞くと、「○○さんに、こう [続きを読む]
  • 師走に、ITパスポートと学力診断結果と溶連菌
  • 優先順位が低くなったことを言い訳にして、ブログの更新を怠ってしまいました。自分の弱さを痛感します。そして、ただでさえ忙しい12月。もう20日ですね。がむしゃらに仕事をしていたのですが、今週の月曜の朝方は、娘の様子が変わりました。元気に朝ご飯を食べ始めたかと思いきや、パタリと食事をストップ。そして、バタンと横になる。熱を測ると37度。「風邪かな。ご飯食べられていないし、今日はこども園は休ませるしかない [続きを読む]
  • 皆さんの周りに「仕事人間」はいませんか?
  • 「仕事人間」を辞書でひくと、以下のように記載されています。仕事が生きがいという人。仕事一途で他に趣味などもない人。会社人間。最近、改めて部下を持ち、大きなProjectを牽引することになって気付いたのですが、「仕事人間」はあまり良くないです。私は、基本的には「仕事人間」の傾向があるようです。若い頃は、朝早くから夜遅くまで仕事をしていた。部長時代は、子どもを寝かしつけてから夜中にもほぼ毎日仕事をしてい [続きを読む]