hrnbhk さん プロフィール

  •  
hrnbhkさん: 身長を高くするトレーニング
ハンドル名hrnbhk さん
ブログタイトル身長を高くするトレーニング
ブログURLhttps://ameblo.jp/bluewaterd/
サイト紹介文身長を高くするトレーニング 成長期の皆さんへの回答
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/04/29 10:36

hrnbhk さんのブログ記事

  • 身トレ四段 直接指導レポート 20180826
  • 大人の背を伸ばす! 身長を高くするトレーニング 四段開発の協力者様今回は、四段(スネを伸ばす)の開発に協力いただいているお客様のレポートです。 状況は良好で、今年2月からのトレーニングで6cm前後の成長があり、月に約1cmの成長を維持しています。 残念ながらトレーニング開始前(この車と同じ身長だった)の画像が無いのですが、5月の撮影後から約3cmの成長があり、頭頂部や腰の高さ、ズボンの裾の余り具合など [続きを読む]
  • 身トレの成長目標 ベストな成長のために
  • 大人の背を伸ばす! 身トレ・身長を高くするトレーニング 初段で+2cmの理由身トレでは骨の成長目標を一つの段で2cmと設定しています。 理想としては、1か月で5mmの成長が6ヵ月続き3cmというのがベストであり、これを実現しているお客様もいらっしゃいますが、様々なマイナス要因があり、お客様の平均成長量が1.9cm前後になるので2cmを目標値として設定しました。 お客様が成長をロスする要因には、積極的にカウンセリン [続きを読む]
  • 踵たたきは危険です。 なぜ負荷方向で反応が変わるのか
  • 大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング 変化に直面した細胞が変わる生物が環境に適応して変化や進化するのは、脳で考え「こういう骨格にしよう!」と決めるのではありません。環境変化に直面した各組織の細胞が、その細胞単位で対応可能な変化を起こすのです。 そうでなければ、脳を持たない単純な生物だった我々の祖先が進化できたはずがありません。大昔からこれを繰り返してきた、その集大成が今の生物のかたちです。 [続きを読む]
  • 踵叩きは危険です なぜ叩いてはいけないのか?
  • 大人の背が伸びる!身長を高くするトレーニング未だに多いお問い合わせ踵叩きについての見解はHPに載せてあるのですが該当ページが見つけ難いのか、いつまでたっても問い合わせが続きますのでこのブログでも繰り返し警告を続けていく必要があるようです。(該当ページ :http://genshinkan.web.fc2.com/hammer.html)踵叩きの歴史身トレを2011年に発売開始した直後から、「身トレの中古・共有・海賊版」と銘打ったニセモノがオ [続きを読む]
  • 直接指導レポート 20180708
  • 大人の背を伸ばす! 身長を高くするトレーニング先日お越しいただいたお客様。なかなかご都合が合わず、三度目のお約束でようやくお目にかかることが出来ました。結果は良好で明確な骨の反応が起こり、これまでの問題点もしっかりと把握いただいてのご帰着となりました。 こちらのお客様は、武道経験者でスポーツも多数されるとのことで、やはり「多少の痛みは無視して続けていた」そうです。これが原因となり骨の反応が得られま [続きを読む]
  • 骨に負荷をかける方法について
  • 大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング 打撃系の格闘技をやっている人なら、「腹を蹴られたのに、背中側の肋骨が折れた!」という話を聞いたことがあると思います。私も経験がありますが、腹には全く痛みが無く、背後から刺されたように感じるので思わず振り返ってしまうものです。昔の人は、この現象を神秘的な力が発生したのだと考えたのですが、実際は下図のおもちゃと同じ原理であり、体内の水分子が隣の水分子に運 [続きを読む]
  • 身トレは簡単
  • 大人の骨が伸ばせる! 身長を高くするトレーニング 前回の投稿では①血尿が一定の割合で発生する②その原因は「やってはいけない事」をするからと述べました。では、身トレは注意しても失敗してしまうような難しいものなのかと言うと、それは違います。他のトレーニングを持ち込んではいけない実は、どうして「やってはいけない事」を行ってしまうかは分かっています。というのも、血尿が発生するのは①一番、発生頻度が高いのは [続きを読む]
  • 身トレで、やってはいけない事
  • 成長確認の最高齢は60代男性!身長を高くするトレーニング動画では理解できない前回、「身トレは手順書である」と、あらためて解説しましたのは、丸太の使用方法を動画で配信したところ、「なんで、そんなことを?」と声に出てしまうほど全く違うトレーニングをするお客様が多くなってきたからです。フォームが多少違うなどというものではありません。丸太を壁に立て掛けたり、逆さまで使用したり、デコボコの地面でバランスボ [続きを読む]
  • 身トレの形式、手順
  • 成長確認の最高齢は60代男性!身長を高くするトレーニング手順の機能社会人の方、特に生産や品質管理の仕事をされている方は、労働者にとって「手順」が非常に重要である事をご存知だと思います。同じ作業をしているにも関わらず、手順が前後するだけで効率が落ちたり、今まで起きなかったミスが発生するという経験を何度もされているはずです。私も工場勤務していた時に、ISO9001を取得するための作業手順書作成で散々苦労しま [続きを読む]
  • 無限の有限化
  • 大人の骨も伸びる! 身長を高くするトレーニング 雨が続き、丸太製作ができないため久しぶりにブログ更新ができます。画像は丸太を切るためのテーブル。妻に見せたら「なんで平らにしないんだ?!」と聞かれましたが、この凸凹がいいのです。仕入れる丸太は重くて、形もいびつ。これを一人で持ち上げるので、バランスをとって脚に掛けるなんてやってられません。ましてや「半割」の工程では下の脚まで切り下げてしまう可能性が高 [続きを読む]
  • 直接指導レポート 03/11
  • 成長確認の最高齢は60代男性!身長を高くするトレーニングここのところ丸太を使用した直接指導が増えてきています。丸太を使用すると立木では骨が反応しなかったお客様でも、簡単に反応しますので「運動のし易さ」がとても重要なのだと痛感しております。本日も、立木では反応が出なかったお客様でしたが、丸太に替えてみると、あっさりと「あ!来た」となりました。「空手は外でやるのが一番!」だから「身トレも外の方が良い [続きを読む]
  • 神話のウソを見抜くために(HP更新に寄せて その4)
  • 成長確認の最高齢は60代男性!身長を高くするトレーニング他にもある条件無視、適用範囲無視「○○神話」というのは、論理の適用範囲を無視し「どんな条件でも同じ結果になる」という勘違いから生まれていくものですが、こういった条件無視の論理は、こと身長の話には多くあるようです。 例えば 男は25歳まで伸びる 成長ホルモン投与で大人の背が伸びるバスケット、バレーで背が伸びる  などです。論理を見抜くには神話や迷信 [続きを読む]
  • 「親の身長より高くなる」はウソ (HP更新に寄せて その3) 
  • 成長確認の最高齢は60代男性! 身長を高くするトレーニング「親の身長より高くなる」はウソ親の身長から子供の身長が分かる「身長予測」という計算式がありますが、これも同様に「食糧難→飽食」の時代背景を考慮しないまま平均身長が伸びたデータを元にして、「親より高くなる」と結論していますから、「論理の適用範囲」から外れていることが分かります。大型x大型=小型化!事実的には、人間でも動物でも大型個体同士のカッ [続きを読む]
  • 食生活・神話 (HP更新に寄せて その2)
  • 大人の骨が伸ばせる! 身長を高くするトレーニング 食生活・神話 「ここ数十年で日本人の平均身長は大きく伸びた、それは食生活の変化に原因がある」 という考えは、間違いではありません。しかし、この論理も歴史に照らし合わせて考察しなければ、「神話(=根拠のない出鱈目)」となり全く役に立ちません。論理には適用可能な範囲・条件というものがあります。この範囲を逸脱して「絶対的・真理的」なものとして扱うと誤った答 [続きを読む]
  • HP更新 背が伸びる食品はあるのか?に寄せて
  • 大人の骨が伸ばせる! 身長を高くするトレーニング細胞はナノテク・レベルで活動現在最高の分解能(倍率)を持つ電子顕微鏡は東大の開発したSTEMで、40.5pm(ピコ・メートル=1兆分の1メートル)の分解能を持ちます。(簡単に言えば40.5pmの隙間が見えたという事です) https://www.jeol.co.jp/news/detail/news_entry_file/file/news_20170831_u-tokyo.pdf最先端の技術で、ようやく原子の一粒が見分けられるようになったところ [続きを読む]
  • 背が伸びる方法の見分け方 その4
  • 50代でも背が伸びる! 身長を高くするトレーニングこれまでの「背が伸びる方法」の見分け方のポイントポイント1 骨密度が増えない方法では成長しない。ポイント2 三ヶ月以下で伸び始めることはない。ポイント3 運動なしでは成長できない。 今回は、ポイント4 軟骨を増やすという方法では成長できない。大人の軟骨は増殖しない巷には様々な「これで軟骨が増える」という説がありますが、大人の軟骨細胞はほとんど増殖しま [続きを読む]
  • 背が伸びる方法の見分け方 その3
  • 大人の背が伸びる 身長を高くするトレーニング 未知のホルモンのほうが多い数多くのホルモンを発見し、ホルモン・ハンターの異名を持つ、国立循環器病研究センターの寒川賢治研究所々長は、全ての細胞がホルモンを分泌している可能性を指摘し、未知のホルモンが未だ多数存在する可能性を述べています。ホルモンは神経の前身生命体が単細胞から始まり多細胞へと進化した段階で、同じ生命体の中に居ながら細胞単体では個別に違う生 [続きを読む]
  • 背が伸びる方法の見分け方 その2
  • 大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング私のところには身トレ以外の背を伸ばす方法についても多くの質問をいただきますので、過去記事、「その他の背を伸ばす方法」をHPに転載中ですが、それが完了するまで「あの方法は背が伸びるの?」という疑問をお持ちの方に、簡単な見分け方をお伝えしておこうと思います。 (HP板はこちらから→ 身長を伸ばす方法・背を伸ばす方法)前回は、「ポイント1  骨密度が増えない [続きを読む]
  • 背が伸びる方法の見分け方
  • 大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニングこのブログに掲載していた身トレ以外の「その他の背を伸ばす方法」も大分過去の記事となってしまい、一時減っていた「その他の背を伸ばす方法」に関連するお問い合わせが多くなってきましたので、HPへと転載中です。完了までには時間がかかりそうですので、「あの方法は背が伸びるの?」という疑問をお持ちの方に、簡単な見分け方をお伝えしておこうと思います。骨量(骨密度)が [続きを読む]
  • フォームは変わってしまうもの その3
  • 背を伸ばす方法! 身長を高くするトレーニング丸太の制作を始めたので、大分時間が空いてしまいましたが、「フォームは変わってしまうもの」つづきになります。前回は①小脳が「無難な選択」をするので、②スキーの様に特殊な(重力に対し斜めに立つ)状況では小脳の判断は適切な運動からかけ離れてしまい③これは同時に意識が下す命令ともかけ離れることになるという状況を解説しました。このような状況は色々なスポーツの初心者 [続きを読む]
  • 身トレ 丸太
  • 成長期が過ぎても伸びる! 身長を高くするトレーニング 身トレ屋内実施用の丸太ですが、お待たせしている皆様、申し訳ありません。 茨城県は雨が続き、作業が進んでいない状況です。 昨日、一昨日と晴れ間が見え、少しは作業が出来たのですが、カマボコの平面を出すのには乾燥期間が必要なのでもう暫くお待たせする事になります。 本当は天然乾燥で、雨に打たれ濡れ、風に吹かれて乾き、を繰り返すのが良いのですが、また長雨と [続きを読む]
  • フォームは変わってしまうもの その2
  • 背を伸ばす方法! 身長を高くするトレーニング前回は、一度覚えた運動フォームが変化してしまう原因に、①意識して動かす部分と②無意識がコントロールする部分があり③繰り返しのうちに二つのズレが生じてくるから。と解説しました。今回はこのズレが生じる構造を解説していきます。無意識のベースは安全「無意識」は基本的に安全第一で身体をコントロールしています。以前にも書きましたが、「先天性無痛無汗症」という障害を持 [続きを読む]
  • フォームは変わってしまうもの、定期的なカウンセリングを!
  • 大人の成長が可能になった! 身長を高くするトレーニング なぜフォームが崩れる?身トレに限らず、運動のフォームというものは意図せず変わって、崩れてしまうものです。なぜ変わってしまうのか?というと、「人間がイメージできるのは3つだから(参照:身トレはキーワードが重要です)」という限界に起因します。3つしかイメージできないので、大事なところ以外は自動操縦なのです。「歩く」 という自動操縦このことは、「なが [続きを読む]
  • 直接指導レポート 10月1日
  • 背を伸ばす方法! 身長を高くするトレーニング本日、直接指導にお越しいただいたのは、女性のお客様。ご購入前の「お試しトレーニング」ということで、1時間弱のトレーニングでした。 恒例の記念撮影。 奥に見えるのは、お母様。隣でマネしながらやっていらしたのですが、骨の反応はありませんでした。  実は身トレはお一人ずつの運動特性に合わせてアドバイスしないと上手くいかないのです。空手の型と同じで、「形」と「キー [続きを読む]
  • 身トレと、筋トレとの併用 その6
  • 身長を伸ばす方法! 身長を高くするトレーニング長い連載になってきましたので、ここまでをまとめてみます。①身トレで骨が肥大すると、そこに附着する腱の接着面積が増える②腱の附着面積が増えれば、腱の断面積も増え、腱が太くなる③腱に連なる筋肉の接続部も太くなる④この「骨太(的)」な構造は、筋トレだけでは得難い、筋出力のピーク幅が広いトルクフル(フラットトルク)な出力である⑤ピーク幅が広い筋特性は、 [続きを読む]