mayumi さん プロフィール

  •  
mayumiさん: 鍵盤奏者 千葉真由美のピアノ・チェンバロブログ
ハンドル名mayumi さん
ブログタイトル鍵盤奏者 千葉真由美のピアノ・チェンバロブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/byebyeblackbird5505/
サイト紹介文バロック音楽・古楽・チェンバロ・ピアノ・室内楽の演奏会・ライブ情報です。よろしくお願いします!!
自由文〜チェンバロでの出演情報〜
4月5日(土) ネオ・バロック空間 vol.2
      日本基督教団 天満教会
 
3月4日(火) アントキのヴィヴァルディ祭り
      灘区民ホール

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/04/29 10:47

mayumi さんのブログ記事

  • 魂の音楽
  • 暑中お見舞い申し上げます。この暑さの中、被災されておられる方々、復興の作業をされておられる方々はどんなに大変かと思います。心よりお見舞い申し上げます。そんな中ではありますが、去る7月15日、オーボエ西遊記 ゲオルグ・フィリップ・アンサンブル 大盛況のうちに無事終わりました。「人間愛に満ちた、活き活きとした演奏」「8人とは思えない壮大な音楽」「オーボエはソロの部分の素晴らしさのみならず、弦楽器との溶け合 [続きを読む]
  • 4人でもトリオ〜〜
  • 地震の次は豪雨で大変な事になって警報が発令されておりますが、皆さん、どうぞお気をつけくださいね。 今日は朝から大人のピアノレッスンの予定で、部屋も片付けて生徒さんを待っていたのですが、来られず、これは大雨で来られなかったに違いない、と思いました。でもかっちりされた方なのに連絡もないのは、もしかしたら車が水に流されたり事故なのかと心配しておりましたら、私が一日勘違いしてただけ、でしたカレンダーは日曜 [続きを読む]
  • 羊と鋼の森
  • 最近、夜中になると近くの森から小鳥の鳴き声がして眠れません。きっとホトトギスの鳴き声だと思われます。クープランの曲に「恋するうぐいす」という曲がありますが、最近では「恋する夜鳴き鶯」と訳されるそうです。夜鳴き鶯は、うぐいすではなく、小夜鳴き鳥=ナイチンゲール=ロシニョールで、鳴き声はこんな感じです。クープランの曲はリコーダーとチェンバロで演奏を聴くと、この小夜鳴き鳥の声を表現していて、明らかに日本 [続きを読む]
  • 梅雨どきコンサート
  • ついに梅雨入りしたそうですね過剰な湿気は楽器に大敵です。特にチェンバロは木の部分が多く、湿度に敏感に反応します。チェンバロに最適な湿度は50パーセント位なのです。乾燥し過ぎても不具合が起きますが、湿気ると色々と不具合が起きます。除湿機で上手くコントロールしたいと思います。さて、おそらく梅雨真っ只中のコンサートとなりますが、6/30 14:00 神戸チェンバロアンサンブル1stコンサート 〜バロック音楽で巡るヨーロ [続きを読む]
  • まさかの誤算
  • この度、グランドピアノの下に敷いていた絨毯を取り外しました。ピアノの移動機を持って無いので、今までは、コンサートの度にピアノを押しながら絨毯ごと引っ張ってグランドピアノを移動させていました。チェンバロのコンサートの時は、ピアノがテーブルに変身するのです。もちろんカバー&防水のクロス等で完璧にガードしてますが。絨毯を撤去しても、ピアノを押せばお皿も一緒に床の上を滑って動いてくれるかな、と、お皿の裏に [続きを読む]
  • 世界平和を思う
  • 昨日は、遠い遠い存在だった、駐日EU特命全権大使のご講演会と、その後のカクテルレセプションに参加する機会をいただきました最近、無責任な大人の見苦しいニュースばかりで、この世の中、人間不信に陥るような事ばかりのように感じていました。しかし、大使の講演をお聞きし、世界を平和に導くために多くの聡明で優秀な方々が陰に、日向に動いておられるということを改めて感じ、希望が持てました。私のような一個人が出来ること [続きを読む]
  • 写真いただきました
  • 5月13日 神戸文化ホールアンサンブル・オルタンシア・神戸第7回定期演奏会にチェンバロで客演させていただきました。撮影:figaro1曲目のモーツァルトのディヴェルティメントにチェンバロが入っている演奏は珍しいと思いますが、ゴールデンウィークのリハで急遽入ることになりました。スコアを見て和音をつけましたが、上手く調和していたら嬉しいです。ヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲op.3-10はロ短調で書かれて [続きを読む]
  • 会場探しています!!
  • 神戸チェンバロアンサンブルの撮影をしていただいたのは4月のことでした。他にも色々撮っていただいたので、今後のコンサートで使っていきたいと思っています。神戸チェンバロアンサンブルでは2ndコンサートの会場を探しています。もしおススメの会場がございましたらご一報くださったら嬉しいです と同時に、演奏依頼も受け付けています!! https://www.mayumiklavier.com/contact/ チェンバロはピアノと違って、毎回持ち運び [続きを読む]
  • 明日のご予定は?
  • 明日は神戸文化ホールで本番です。アンサンブル・オルタンシア・神戸の定期演奏会にゲスト出演させていただきます。写真はゴールデンウィーク終盤に行われたリハーサルの模様です。この日はスピネットでしたが、明日はチェンバロで、モーツァルトのディヴェルティメント、バッハの管弦楽組曲第5番、ヴィヴァルディの4つのヴァイオリンの為の協奏曲に出演させていただきます。またまた雨??の予報が出ていますが、私は晴れ女なので [続きを読む]
  • 芸文行って来ました
  • 5月だというのに寒いですね。昨日は久しぶりにコンサート聴きに行って来ました。直前に予約したのでS席なのに良い席取れず、舞台真横から聴いたのが残念でしたが、素敵な演奏会でした。個人的にはコレッリのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ、マレとフォルクレのガンバの曲が良かったです。バッハのトリオ・ソナタBWV539は、オルガンの左手、右手、ペダルの三声を、2つのヴァイオリンと通奏低音で演奏していました。初めて聴 [続きを読む]
  • 大盛況のうちに終わりました!
  • 木田雅子 ヘンデルヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会 2018年 5月4日 LeafHall出演 Vn木田雅子 Vc上塚憲一 Cem千葉真由美おかげさまで満員御礼、盛況のうちに終えることが出来ました。ご来聴本当にありがとうございました‼?拍手鳴りやまず、アンコールを2曲用意しておけば良かったな、と悔やまれます。共演のお二人には大変お世話になり、リハーサルも本番も楽しい時間を過ごせたことに感謝しかありません。前々日のホールオーナ [続きを読む]
  • ツタンカーメンですみません
  • 今年は2018年。生誕333年の3巨匠といえば、J.S.バッハ、G.F.ヘンデル、D.スカルラッティです。先日のヒルトンプラザウエスト ラグジュアリーコンサートは、1685年生まれのこの3人にまつわるお話を挟みながらソロで2ステージ演奏させていただきました。沢山のお客様にお集まりいただきありがとうございました。明後日はヘンデルのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会です。おかげさまでチケット完売となりましたが、頑張りたいと思いま [続きを読む]
  • アナログな切り貼り
  • 昨日もヘンデル ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会のリハーサルを行いました。 バロックの通奏低音は、その昔、チェンバロ(ハープシコード)は音が小さいので、左手で奏でるバスの音を補足するために、ヴィオラ・ガンバなどの低音楽器と一緒に演奏するようになったのが始まりと言われています。 旋律を奏でるヴァイオリンと、低音を奏でるチェンバロの左手とチェロ、この2つの間を満たすように、チェンバロの右手は和音を弾く [続きを読む]
  • 本番収録CD楽しみ・SerenoのVivaldi 四季全曲
  • ソワレでしたが、朝からチェンバロを搬入して調律、ゲネ、調律、本番と、長丁場でしたが、出演者の皆さんやスタッフの皆さんに助けられ、楽しく本番を終えることができました。ご来場の皆様、共演者、関係者の皆様、ありがとうございました。当日の録音がセレーノミュージックから発売されるそうです。惜しくも会場に来られなかった方はCDを楽しみにしていてくださいね 以下、お寄せいただいた感想を一部掲載させていただきます。 [続きを読む]
  • アフタヌーンラグジュアリーコンサートのお知らせ
  • 久しぶりのブログ更新となりました。間際になりましたが、コンサートのお知らせです。THE HILTON PLAZA WEST アフタヌーン ラグジュアリー コンサート 4月20日(金曜日) (1) 14:05〜 (2) 15:05〜チェンバロ:千葉真由美バロック音楽「生誕333年の3巨匠の名曲を集めて」 写真は、前回のラグジュアリーコンサートの際に、今は亡き友人が病院の帰りに立ち寄ってくれて写してくれたものです。 闘病生活を続けているとは思えな [続きを読む]
  • 春の 弦楽器愛好家のための楽器持ち寄りワークショップ
  • 弦楽器愛好家のための楽器持ち寄りワークショップチェンバロと一緒に弾いてみよう??ヴィヴァルディの春、パッヘルベルのカノンなど、バロックの有名曲を合奏しませんか?チェンバロは千葉真由美、弦楽器のサポーターは、セレーノチェンバーオーケストラでソロとコンマスをされるバイオリニストの横山亜美さんです。全パートを演奏して多重録音している彼女、きっと楽しく、かつ丁寧なアドバイスもして貰えると思います。初心者、 [続きを読む]
  • La Primavera 
  • La Primavera  Sandro Botticelli  春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら祝っている。小川のせせらぎ、風が優しく撫でる。春を告げる雷が轟音を立て黒い雲が空を覆う、そして嵐は去り小鳥は素晴らしい声で歌う。 今まさにそんな季節ですが、上記は、Vivaldi 協奏曲第1番ホ長調 RV 269「春」(La Primavera) に書かれているソネット ですが今まさにそんな季節ですね。 ヴィヴァルディ 四季全曲「春」「夏」「秋」「 [続きを読む]
  • 絵画と音楽
  • 昨日は神戸空港からの帰り道、六甲アイランドにある小磯記念美術館に立ち寄りました。マンスリーコンサート〜絵と音の共演〜が2時からあるということで、近くの公園を散策して時間をつぶしてから、興味深く拝聴しました。小磯良平作品にはチェンバロやリュートが描かれている作品もあり、親近感を覚えました。 [続きを読む]
  • アルバム
  • 千葉真由美チェンバロリサイタル 全2回公演の第2回は、第1回を上回るお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。リサイタルが終わってから、沢山の感想をお寄せいただきました。一番嬉しかったのは、とても落ち込んでいた方が私の演奏を聴いて癒された、と涙を流しておられたという内容でした。大げさかもしれませんが、誰かの精神的な支えになれたのなら、こんな光栄なことはありません。〜癒しの音色、音楽の喜びを [続きを読む]
  • 春のリニューアル
  • 春は新しいスタートを切る季節ですが、始めようと思ったその時がいつでも始め時いくつになっても、新しいことに挑戦することって大切ですよね。このたびホームページをリニューアルしたので、その中のレッスンのページのご紹介をさせていただきます  チェンバロを始めてみませんか?バロックの名曲や、あなたがピアノで弾いているバッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト ...etc.をチェンバロで弾いてみませんか? 日頃の練習は [続きを読む]
  • ご来場ありがとうございました
  • 3月3日の千葉真由美チェンバロリサイタル 沢山のお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。11月と今回で、バッハの12の組曲を全曲演奏 終えることが出来ました。前回と同じ楽器でしたが、天然素材のプレクトラムに変えて、全く違う楽器のような響きに生まれ変わりました。肩の故障と楽器の不具合、前日まで色々と苦しんだ甲斐があったと思います。本番当日の調律師の阿部さんの調整は本当に素晴らしい神技でした。ス [続きを読む]
  • 困った時がチャンスです〜
  • 年明けからのクイル総入れ替え大作戦を展開してきましたが、毎日出ない音があちこちに発生し、私は楽器職人のようにプレクトラムを毎日削る日々を続けて来ました。かなり熟練してしまいました。それ以外に、最近では鍵盤が下がったまま戻って来ない現象が起こり、昨日やっと調整していただけました。身体にしても、楽器にしても、当たり前に動くことの有り難さに、不具合が起きてみて初めて気付きました。おかげさまで、身体の関節 [続きを読む]
  • 京都三条のFM 久しぶりの河原町
  • ?FM79.7 ラジオカフェの芸術を楽しもう!の収録に京都三条まで行って来ました。3月3日のチェンバロリサイタルの告知、チェンバロの魅力、今後の活動などを語らせていただきました?? 放送は明後日17日午後2時〜、再放送は午後9時からです。色々曲も流れますのでお聞きくださいね。神原正明さん、皆様お世話になりました‼?http://radiocafe.jpスタジオはこんな感じです曲を流している間に打ち合わせ全く編集無しということで、 [続きを読む]
  • トンネルを抜けるとそこは晴れだった
  • 神戸文学館 チェンバロの調べ 千葉真由美新春コンサート今朝は雪が10センチ位積もっていて銀世界、ぼたん雪がどんどん降ってきて、六甲山越えて神戸まで無事に辿り付けるかどうかとても不安でした ところが新神戸トンネルを抜けると普通に青空で驚きました。神戸も少し雪がちらついていたそうですが、山の北と南は別世界でした。おかげさまでなんとか無事に予定時刻に到着できてよかったです。ヴォーリズ設計の神戸文学館は天井 [続きを読む]