ultrasonic-labo さん プロフィール

  •  
ultrasonic-laboさん: 超音波
ハンドル名ultrasonic-labo さん
ブログタイトル超音波
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ussi12345
サイト紹介文超音波の新しい利用に関するブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6737回 / 365日(平均129.2回/週) - 参加 2012/04/29 14:07

ultrasonic-labo さんのブログ記事

  • <数学者 ザリスキーの生涯>
  • <数学者 ザリスキーの生涯><数学者 ザリスキーの生涯> より「効果的に数学をするには、強力で厳密な技法だけでなく、 直感的で融通性のある用語、すなわち直感と分析の双方に供し得る 一連の専門用語を整備することが必要である」 マンフォード談単行本: 223ページ 出版社: シュプリンガー・フェアラーク東京 (1996/12) C. パリク (著), Carol Prikh (原著), 広中 平祐 (監訳), 正木 玲子 (翻訳), 矢野 環 (翻訳)新しい [続きを読む]
  • 流れ・波・渦・・の観察 (東京都 八王子市 ゆどのがわ)
  • 流れ・波・渦・・の観察 (東京都 八王子市 ゆどのがわ)川の流れを観察していますTo observe the flow of the river超音波利用に関して 流れの観察経験(注)により 音響流を直感的に とらえられるようになります注:くりかえし 超音波と 流体の変化(流れ、渦、波・・)を 観察して   イメージを修正しながら 音響流に関する論理モデルを考え続けます1年ぐらい経過してくると ぼんやりと、洗浄物に対する 音響流 [続きを読む]
  • オリジナル超音波システムの開発技術
  • オリジナル超音波システムの開発技術━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━超音波システム研究所は、超音波振動子(圧電素子)とオープンソースハードウェアの発振回路(JAPANINO 等)やファンクションジェネレータ・・・を利用した、超音波発振制御技術による、超音波システムを製作する技術を開発しました。新しい超音波の応用技術です。部品構成に合わせた、超音波発振制御による送受信 [続きを読む]
  • マンデルブロ集合,ジュリア集合,アトラクタの流域
  • マンデルブロ集合,ジュリア集合,アトラクタの流域超音波洗浄のような複雑で混沌とした世界が、「カオス‐フラクタル理論」で見えてくることがありますので「カオス‐フラクタル理論」の代表的な集合を参考に提示します                           << マンデルブロ集合の説明 >>複素力学系を作るための複素関数f(z)が適当なパラメータを持つとする.(パラメータは1個だけとする)  f(z)=z2 [続きを読む]
  • 樹脂と超音波
  • 樹脂と超音波新しいプラスチックの特性は 超音波やマイクロバブルの組み合わせにより 様々な応用が実現しています 企業秘密になるため公開されていませんが 樹脂と超音波と加工・化学反応による成果は非常に多い状況ですhttps://youtu.be/Pasjp7MuRMchttps://youtu.be/Uq4fgMq2AQM [続きを読む]
  • 水槽の超音波診断に関する写真を紹介します
  • 水槽の超音波診断に関する写真を紹介します弾性体の超音波伝搬に関する現象は大変複雑です単純に資料を読んで把握するだけでは有効な結果を出すことは難しいと思いますしたがって、実験と論理的な学習を積み重ねる必要があると考えています超音波システム研究所ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/通信の数学的理論  http://ultrasonic-labo.com/?p=1350音色と超音波   http://ultrasonic-labo.com/?p=1082 [続きを読む]
  • 超音波システム研究所 ultrasonic-labo no.315
  • 超音波システム研究所 ultrasonic-labo no.315超音波による表面改質技術超音波の伝搬状態に関する、計測・解析・制御技術を応用して、超音波専用水槽による表面付近の残留応力を緩和する技術を開発しました。今回開発した残留応力を緩和する技術により 金属疲労・・に対する疲れ強さの改善を行うことが可能になりました。 特に、超音波の伝搬状態を 対象物のガイド波(表面弾性波・・)を考慮した設定により、 効果的 [続きを読む]
  • 超音波実験 Ultrasonic experiment
  • http://youtu.be/uo9cpHkSVaEhttp://youtu.be/z7JqiMAfn5chttp://youtu.be/6XzzyQeo5KEhttp://youtu.be/DzmCi__Bboshttp://youtu.be/E2xl4d
    2vhDMhttp://youtu.be/rzJ-l7XpA7Mhttp://youtu.be/SM68XOQXp2Mhttp://youtu.be/_nokbem0AlAhttp://youtu.be/xgc3ivmLfEchttp://youtu.be/1
    FDyiJwyxZshttp://youtu.be/8sqXAVahMbwhttp://youtu.be/laUOh_EHdNkhttp://youtu.be/5IV2Ivw8C08http://youtu.be/Qum-Prd3CBo [続きを読む]
  • 脱気マイクロバブル発生液循環システム no.13
  • 脱気マイクロバブル発生液循環システム no.13脱気マイクロバブル発生液循環システム no.13超音波を効率よく利用するための 「液循環装置」です目的に合わせた 液循環制御により 超音波の状態をコントロールできます***********************超音波システム研究所ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/液循環  http://ultrasonic-labo.com/?p=1271最適化  http://ultrasonic-lab [続きを読む]
  • 超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
  • 超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術定在波の測定・解析・制御技術を応用して、超音波伝播現象における「音響流」を測定・制御する技術を開発しました。今回、この技術をさらに発展させて、 対象物の状態(形状・材質・表面・・)による 「音響流」を目的(洗浄、攪拌、反応、改質、・・)に合わせて  制御して利用する方法を開発しました今回開発した技術は、 複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用す [続きを読む]
  • 水面の模様と超音波の状態
  • 瞬間的な超音波の影響による水面の模様(変化)は目視できませんしかし、大きな変化として目視可能な水面の模様は超音波の状態を検討・確認する「ヒント」になります写真の<模様が乱れた感じ>のほうが強くて均一な度合いが高い状態です常にすべてというわけではありませんがなにもいれていない水槽の超音波模様は細かくてきれいなほど弱くて不均一です実際、この左右の写真の違いは音圧で2倍以上になりますこういった実験と確認 [続きを読む]
  • 磁性・磁気と超音波の応用技術を開発 No.2
  • 超音波システム研究所は、 *超音波振動(表面弾性波)の測定解析技術 *流体に関する「ダイナミック制御」技術上記の技術を「磁気・磁性」と組み合わせることで  超音波の非線形現象を制御する技術を開発しました。これまでの技術の組み合わせですが ノウハウとして詳細はコンサルティング対応します特に、液中の超音波伝搬に関して超音波の測定解析システム(超音波テスター)により明確な非線形現象の変化を検出しています [続きを読む]