ultrasonic-labo さん プロフィール

  •  
ultrasonic-laboさん: 超音波
ハンドル名ultrasonic-labo さん
ブログタイトル超音波
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ussi12345
サイト紹介文超音波の新しい利用に関するブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9292回 / 365日(平均178.2回/週) - 参加 2012/04/29 14:07

ultrasonic-labo さんのブログ記事

  • 空気中の超音波の減衰
  • 空中超音波の基礎技術no.6空気中の超音波の減衰シミュレーションによる空気中の超音波の減衰結果を紹介します 超音波の伝搬を検討する上で最も基本的な事項が空気中の伝搬だと考えます、次が液体中になり最も難しいのが固体中ですしかし、現実はその組み合わせでありその境界における現象が大きな影響を持つ場合がたくさんあります基礎の基礎として「空気中の超音波の減衰資料」を提示します注1:気温、気圧、湿度・・すべて [続きを読む]
  • 散歩と読書(知恵)
  • 散歩と読書(知恵)散歩と読書(知恵)散歩東京都 八王子市  あさかわ付近(中央線〜八高線)読書通信の数学的理論  クロード・E.シャノン ワレン・ウィーバー ちくま学芸文庫 2009年確定性の世界 カール・R・ポパー 信山文庫 1998年知恵の樹 ウンベルト・マトゥラーナ フランシスコ・バレーラ ちくま学芸文庫 1997年日本の伝統 岡本太郎 光文社知恵の森文庫 2005年 [続きを読む]
  • キャビテーションの発生とエロージョンについて
  • キャビテーションの発生とエロージョンについて自動車エンジンの燃焼技術を参考にすると、振動子の表面の液の流れが淀むところでエロージョンが発生することが考えられます従って、適度な流れを振動子の表面に起こすことで対策は可能ですこの流れのコントロール要因に水自身の動く能力(水の律動的状態)が関係しているように考えています7層のカスケードはリズム過程群を認知している。各々の水槽は、流体の流れとなる律動だけで [続きを読む]
  • <超音波のダイナミック液循環システム>を開発
  • <超音波のダイナミック液循環システム>を開発━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)超音波システム研究所は、超音波テスターの測定解析に基づいた、治工具や流水の音響特性・振動モードを目的(化学反応促進・・)に合わせて、効果的に利用する<超音波のダイナミック液循環システム>を開発しました。<参考動画>http://youtu.be/8te0vx [続きを読む]
  • 複数の異なる周波数の振動子を同時照射する技術と制御する技術
  • 複数の異なる周波数の振動子を同時照射する技術と制御する技術キャビテーション効果と加速度効果を制御可能にした 超音波システム装置水槽内に2種類の超音波振動子を設置しています2種類の超音波振動子(28kHz 72kHz)を動作させた状態です安定した均一な超音波の効果確認できる動画です超音波出力は 28kHz 150W、 72kHz 280W の状態です水槽と液循環と超音波の複雑な関係(反射・屈折・透過・・)を  [続きを読む]
  • 超音波攪拌技術
  • 超音波攪拌技術 超音波洗浄器による攪拌技術を紹介します 特徴  1:均一でないガラス容器の利用    強いキャビテーションの効果と    定期的な音響流の変化を発生させます  2:ガラス容器の位置・固定方法    攪拌効果に関する    伝搬する超音波周波数の範囲が決まります 注意:ガラスが割れないように注意してください    超音波 42kHz 35W [続きを読む]
  • オリジナル超音波システム
  • 超音波による金属・樹脂の表面改質技術−−超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術 −−━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━超音波システム研究所は、超音波の伝搬状態に関する、計測・解析・制御技術を応用して、超音波専用水槽による表面付近の残留応力を緩和する技術を開発しました。残留応力今回開発した残留応力を緩和する技術により金属疲労・・に対する疲れ強さの改善を行 [続きを読む]
  • 超音波の相互作用
  • 超音波システム研究所は、超音波とマイクロバブルを利用した、表面改質技術を各種治工具・・・に適応させることで、超音波の相互作用を考慮した、応用技術を開発しました。超音波とマイクロバブルによる表面改質効果により 高い音圧レベルによるキャビテーション効果や 液循環による加速度効果(音響流)を制御して 効率の高い超音波の利用を可能にします。上記の具体的な技術として 各種治工具(設置台の条件・・)と超音波の [続きを読む]
  • 湯川秀樹 「創造への飛躍」
  • 長岡先生の休学湯川秀樹 「創造への飛躍」長岡先生の休学(昭和四十二年二月)より 人間の一生の中のある時期に自分の生きてゆく道がきまる。少なくとも一度は、どの道をえらぶかについての決定がなされねばならぬ。 といっても、もちろん自分で決断する機会があたえられるとは限らない。親のいうとおりにしたとか、自分で考える能力のない小さい時に道がきまってしまっていたとか、あるいは経済的な事情によって、自分の希望 [続きを読む]
  • 超音波システム研究所
  • 「超音波の非線形現象」を利用した「超音波洗浄技術」を開発超音波システム研究所は、オリジナル装置:超音波テスターにより 新しい「超音波洗浄技術」を開発しました。今回開発した技術により 複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する場合、 「超音波の非線形現象」による 超音波のダイナミックな変化をコントロールする 明確な「指標」を確認(設定)することが可能になりました。特に、 高調波に関 [続きを読む]
  • 超音波実験 Ultrasonic experiment
  • 参考(投稿動画)https://youtu.be/ZyCMpLi0ysQhttps://youtu.be/UYOzfblmNKchttps://youtu.be/AfHt90RZ1sUhttps://youtu.be/b0yCS
    59OvLEhttps://youtu.be/Ca9957f7bR0https://youtu.be/wqob1g7tYg4https://youtu.be/DsQjJr_r5Q8https://youtu.be/yStkVa4Rv9chttps://yout
    u.be/j2JurZ7V81shttps://youtu.be/UBu5uSsB3Vghttps://youtu.be/ObdpmnQbBj4https://youtu.be/er_DnK09sZohttps://youtu.be/O3mNzv-3rDYht
    tps://youtu. [続きを読む]
  • ナノレベルの攪拌・乳化・分散・粉砕技術
  • −−超音波の非線形現象を制御する技術による ナノレベルの攪拌・乳化・分散・粉砕技術−−超音波システム研究所は、「超音波の非線形現象(音響流)を制御する技術」を利用した 効果的な<乳化・分散>技術を開発しました。今回開発した技術は 具体的な対象物の構造・材質に合わせ、 効果的な超音波(キャビテーション・音響流)伝搬状態を、 間接容器・液循環・超音波の出力制御により実現します。特に、 音響流による、高 [続きを読む]