sumion さん プロフィール

  •  
sumionさん: 沖縄農業新聞
ハンドル名sumion さん
ブログタイトル沖縄農業新聞
ブログURLhttp://okinou.ti-da.net/
サイト紹介文沖縄の農業を中心にした産業に関する情報を発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/04/30 13:18

sumion さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 7年連続 最高賞受賞 ITQI 勝山シークヮーサー
  • 7年連続 最高賞受賞 ITQI 勝山シークヮーサー7月24日の琉球新報に掲載されていました。名護市勝山の勝山シークヮーサージュース「果汁100%、500ml」が、ベルギーにある国際味覚審査機構による審査で7年連続で最高賞の「三ツ星」を受賞しました。7年連続三ツ星を獲得すると得られる「ダイヤモンド賞」も受賞した。とのことです。7年連続の最高賞受賞とは会社の取り組みだけでなく、地域や農家等の周りの方々の協力がない [続きを読む]
  • 画期的な取り組みだと思います。
  • 7月19日の琉球新報に掲載されていました。画期的な取り組みだと思います。読谷村の「地産地笑推進室」の設置の記事です。村の職員とJAの職員が同じ部屋に配置され、農家さんの相談などに1ヵ所で対応しサービス向上を図るとのことです。このような農業振興に対して取り組む体制が出来たのはすごいことだと思います。 農家さんもあっちこっち行かなくても便利だし、村もJAも業務がより進むことも多いかと思います。今後は人事の交 [続きを読む]
  • 第80回「立花塾」開催のご案内
  • 第80回立花塾の開催をお知らせします。第80回「立花塾」開催のご案内第一部 「沖縄の紅茶の話」  後藤健志(県農業研究センター)「沖縄の赤土は紅茶作りに適している」という話を聞いたことがありますか?国内外から高い評価を得ている沖縄産紅茶の話を県農業研究センター名護支所の後藤さんから〈沖縄での茶栽培や茶品種と紅茶品質特性など〉をお聞きする機会ができました。紅茶の試飲もあります! 知人・友人お誘いの上、皆さん [続きを読む]
  • 第79回 立花塾開催のお知らせ
  • 第79回 立花塾開催のお知らせ第一部 「食べられる有用の植物たち」 仲田実・比嘉正一企画 沖縄に育ち食べられる植物たちを天ぷら・サラダはじめいろいろな調理方法を紹介し、実際に試食する会として開催します。調理や仕上げは会員同士で行い、意見交換をします。新年会を兼ねますので、一品持ち込みも大歓迎です!*会の始まる前には、会場準備や素材の仕込みを行いますので、腕に覚えのある方はご協力をお願いします。<開催 [続きを読む]
  • ゾウムシ被害軽減の紅イモ開発 農研機構
  • ゾウムシ被害軽減の紅イモ開発 農研機構8月31日の琉球新報に掲載されていました。従来の品種より早く収穫が出来、ゾウムシの被害が発生する前に収穫が終わる品種です。農研機構 九州沖縄農業研究センター糸満駐在の岡田吉弘上級研究員が開発しました。8月開催された沖縄農業研究会の発表会では品質も遜色ないようだったので加工用としても使えそうです。ゾウムシの増殖も抑制出来たらいいのですが、これは今後の研究結果が楽しみ [続きを読む]
  • パイン生産量が増えています。
  • パイン生産量が増えています。9月1日の琉球新報に掲載されていました。沖縄総合事務局調査の結果、平成28年度のパイン生産量が微増ではありますが増えているようです。また、28年度は加工用が少し増えているようですが、大きな流れとしては年々、美味しい生食用のパインが増えているようです。ゴールドバレル、ジュリオスター、サンドルチェなど高品質の甘いパインが普及しつつあります。反収も維持しているので、生産者の利益も向 [続きを読む]
  • シークヮーサー初出荷式
  • シークヮーサー初出荷式8月3日の琉球新報に掲載されていました。大宜味村押川で青切りシークヮーサーの初出荷式が開催されました。今年度の全体の出荷量予測は3300トンとのことだそうです。青切り果実の出荷量予測はわかりませんが、毎年こうやって青切り果実のPRを行っているので年々伸びていることだと思います。琉球新報記事琉球新報HP60名ほどの多くの関係者が参加してくれました。会場ではシークヮーサーづくしのおもてなしが [続きを読む]
  • 沖縄シークヮーサー が地域商標に認定されました。 
  • 沖縄シークヮーサーが地域商標に認定されました。 今朝の琉球新報に掲載されたのですが、「沖縄シークヮーサー」が特許庁に地域商標の登録が認められたそうです。これまでの関係者の皆様の長年の努力の結果だと思います。お疲れ様でした。このことにより、海外産、県外産のシークヮーサーとの差別化が出来き、最終的には生産農家の所得向上につながります。今後は、差別化されたシークヮーサーのさらなる品質向上を目指し、より一 [続きを読む]
  • 青切りシークヮーサーの初出荷式
  • 青切りシークヮーサーの初出荷式が開催されました。琉球新報にも掲載されていますが、8月2日に名護市勝山で北部地区シークヮーサー生産・出荷販売推進会議の主催による青切りシークヮーサーの初出荷式が開催されました。北部での用途全体の生産量は前年の約8割にとどまり、2,800トンを見込んでいるそうです。そのうち青切りの生産量がどのくらい見込んでいるのかは気になります。勝山シークヮーサー生産部会長は「価格の安定」を課 [続きを読む]
  • 過去の記事 …