sumion さん プロフィール

  •  
sumionさん: 沖縄農業新聞
ハンドル名sumion さん
ブログタイトル沖縄農業新聞
ブログURLhttp://okinou.ti-da.net/
サイト紹介文沖縄の農業を中心にした産業に関する情報を発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/04/30 13:18

sumion さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゾウムシ被害軽減の紅イモ開発 農研機構
  • ゾウムシ被害軽減の紅イモ開発 農研機構8月31日の琉球新報に掲載されていました。従来の品種より早く収穫が出来、ゾウムシの被害が発生する前に収穫が終わる品種です。農研機構 九州沖縄農業研究センター糸満駐在の岡田吉弘上級研究員が開発しました。8月開催された沖縄農業研究会の発表会では品質も遜色ないようだったので加工用としても使えそうです。ゾウムシの増殖も抑制出来たらいいのですが、これは今後の研究結果が楽しみ [続きを読む]
  • パイン生産量が増えています。
  • パイン生産量が増えています。9月1日の琉球新報に掲載されていました。沖縄総合事務局調査の結果、平成28年度のパイン生産量が微増ではありますが増えているようです。また、28年度は加工用が少し増えているようですが、大きな流れとしては年々、美味しい生食用のパインが増えているようです。ゴールドバレル、ジュリオスター、サンドルチェなど高品質の甘いパインが普及しつつあります。反収も維持しているので、生産者の利益も向 [続きを読む]
  • シークヮーサー初出荷式
  • シークヮーサー初出荷式8月3日の琉球新報に掲載されていました。大宜味村押川で青切りシークヮーサーの初出荷式が開催されました。今年度の全体の出荷量予測は3300トンとのことだそうです。青切り果実の出荷量予測はわかりませんが、毎年こうやって青切り果実のPRを行っているので年々伸びていることだと思います。琉球新報記事琉球新報HP60名ほどの多くの関係者が参加してくれました。会場ではシークヮーサーづくしのおもてなしが [続きを読む]
  • 沖縄シークヮーサー が地域商標に認定されました。 
  • 沖縄シークヮーサーが地域商標に認定されました。 今朝の琉球新報に掲載されたのですが、「沖縄シークヮーサー」が特許庁に地域商標の登録が認められたそうです。これまでの関係者の皆様の長年の努力の結果だと思います。お疲れ様でした。このことにより、海外産、県外産のシークヮーサーとの差別化が出来き、最終的には生産農家の所得向上につながります。今後は、差別化されたシークヮーサーのさらなる品質向上を目指し、より一 [続きを読む]
  • 青切りシークヮーサーの初出荷式
  • 青切りシークヮーサーの初出荷式が開催されました。琉球新報にも掲載されていますが、8月2日に名護市勝山で北部地区シークヮーサー生産・出荷販売推進会議の主催による青切りシークヮーサーの初出荷式が開催されました。北部での用途全体の生産量は前年の約8割にとどまり、2,800トンを見込んでいるそうです。そのうち青切りの生産量がどのくらい見込んでいるのかは気になります。勝山シークヮーサー生産部会長は「価格の安定」を課 [続きを読む]
  • 平成26年の農作業死亡事故について発表がありました。
  • 平成26年の農作業死亡事故について発表がありました。4月28日の農水省のHPにおいて農作業死亡事故についての発表がありました。平成26年1月1日から12月31日までの統計が発表されています。26年は350件、25年も350件、24年も350件と同水準で推移しており、なかなか減っていません。減少率については他の産業は14.7%、交通事故は28.3%まで下がっており、農作業事故は100.5%とほとんど減少していません。(昭和46年を100としての [続きを読む]
  • 農地中間管理事業が動き出しています。
  • 大宜味村でも農地中間管理事業が動き出しています。 今回は白浜のある地域の農地所有者を集めての説明会です。 遊休農地になっているのでそこの地域で頑張っている農家さんに貸していただけないかと説明をしています。大体の地主さんは貸す方向で話が進み、次への展開が期待されます。 面積的には大きくはないのですがこの積み重ねが必要だと思いました。 [続きを読む]
  • 農地中間管理事業 今年度見込みは農地の借り受け14倍の140ヘクタールに
  • 3月1日 農地中間管理事業 今年度見込みは農地の借り受け14倍の140ヘクタールに今朝の琉球新報に掲載されていました。昨年と比較して農地の流動化は進んでいるようです。しかし気になる点があります。農業振興公社が借りる農地は140ha、公社から農家に貸す農地は40ha、その差は100ha。 この面積分は公社が預かっているのでしょうか? 農地所有者への賃貸料も支払っているのでしょうか?公社の預かっている農地が100haあり、農家 [続きを読む]
  • タンカンの季節がやってきました。
  • タンカンの季節がやってきました。先日の琉球新報に掲載されていました。年も明けたのでタンカンが出ているようです。今年の冬は暖かいのでどの程度糖度がのっているのか気になるところです。琉球新報HP奄美大島ではミカンコミバエの影響でタンカンをはじめとする果実類が出荷停止になっています。奄美のタンカン農家さんの無念さは計り知れないものがあると思います。沖縄のタンカン農家さんもタンカン産地として奄美大島のタン [続きを読む]
  • シークヮーサー講演会 in 本部町
  • シークヮーサー講演会 in 本部町12月5日土曜日に午後2時から4時まで本部町漁協ホールでシークヮーサーに関する講演会が開催されます。題して、「シークヮーサー」そのパワーを語る」〜ここまで解ったノビレチンの健康機能性〜講師は中部大学院教授の禹 済泰教授琉球大学教育学部の照屋俊明准教授が講演をされます。最近シークヮーサーに機能性に関する話題が良く新聞で掲載されていますが彼らの話を聞くいいチャンスです。同じ [続きを読む]
  • 浦添大公園文化講座「沖縄のお茶の話」開催のお知らせ
  • 浦添大公園文化講座「沖縄のお茶の話」開催のお知らせ沖縄有用植物研究会の方からの情報提供です。下記の通り浦添大公園南エントランス多目的室にて文化講座「沖縄のお茶の話」を開催致しますので、お知らせ致します。■日  時: 2015年12月5日(土)13:30〜14:30 ※参加受付は開始前に済ませて下さい。■場  所:浦添大公園内「南エントランス多目的室」 ※浦添小入口近く駐車場有り■参加対象:大人 ■ 定員:30名 (※定員 [続きを読む]
  • ご当地カレーで地域活性化
  • ご当地カレーで地域活性化今朝の琉球新報に掲載されていました。離島それぞれのご当地カレーの発表です。地域の食材を結集させて商品を作るにはレトルトカレーは最適ではないでしょうか。その地域を売り出すアイテムとして活用できそうです。琉球新報HPスマホで投稿しましたが、文字入力が大変ですね。 [続きを読む]
  • 若者の新規就農者が1.2倍に
  • 若者の新規就農者が1.2倍に今朝の琉球新法に掲載されていました。平成24年度から始まっている45才以下の若手農業者に年間150万円を5年間支給する事業の影響のようです。 若手の新規就農者にとって就農定着にとても役立っており、これをきっかけに就農する若者が増えていると思います。 今後は安定したプロの農家に育ってほしいですね。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …