ニテャーナンダ・トウドウ さん プロフィール

  •  
ニテャーナンダ・トウドウさん: ニテャーナンダ・トウドウのブログ
ハンドル名ニテャーナンダ・トウドウ さん
ブログタイトルニテャーナンダ・トウドウのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/vedacenter-jp/
サイト紹介文瞑想マントラ、チャンティング、インド占星術、ヴェーダの知恵などを語る
自由文ヴェーダセンター: ニテャーナンダ・トウドウ主宰。瞑想を中心に、マントラ・チャンティング、ヨーガ哲学講座、カウンセリングなどを行うニテャーナンダ・トウドウのブログ。日々の想いを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2012/05/01 23:25

ニテャーナンダ・トウドウ さんのブログ記事

  • ブラフマンに根差した世界樹 
  • カトーパニシャド(カタ・ウパニシャド)にはバガヴァドギーター第15章と同じ一節があります。 画像ソース ūrdhva΄-mūlo'vāk-śākha e?so'śva΄tthas sa?nāta΄nah | tad e΄va śu?kram tad bra?hma tad e΄vām??tam u΄cyate | tasmi΄n lo?kāś śri΄tās sa?rve? ta?d u nā΄tyeti? kaśca΄na | e?tad vai tat || 1 ||「上方に根を持ち下方に枝があるこのアシュヴァッタ樹は不滅である。それこそ清浄 [続きを読む]
  • 至高の存在のヨーガ(puruṣottama yoga) 〜バガヴァドギーター 
  • バガヴァッドギーター第15章は、プルショーッタマ・ヨーガ(puruSottama yoga)、つまり「至高の存在のヨーガ」の章です。     そこには、クルシナ(kRSNa)によれば、「最も秘密の教説」が説かれています。????????????? |???????????:??????????? ????????????? |???????? ???? ??????? ????? ??? ? ??????? ||1||shrii-bhagavaan u [続きを読む]
  • インドヴェーダ祭祀
  • ヴェーダマントラの詠唱(チャンティング)の伝承はユネスコ世界無形遺産に指定されていますが、これらのマントラの詠唱が行われるのは、実際的には祭祀においてです。 この祭祀はヤジニャ(yajña)と呼ばれ、マントラを唱えながら炉に供物などを捧げます。 ここで行われているのは障害除去ガナパティ・ヤジニャです。 https://youtu.be/emAalw52Hbg 【メルマガ登録ご案内】ezweb.ne.jpアドレスへではご登録できない場合がり [続きを読む]
  • 12/8,12/12 聖典「バガヴァドギーター」講座
  • ヴェーダやヨーガの哲学が網羅されている聖典「バガヴァドギーター」講座のご案内です。 毎月2回程度行っている勉強会ですが、途中参加も問題ありません。ご都合がよろしければ是非ご参加ください。日程: 1)12月08日(土)15:45〜17:15https://www.reservestock.jp/events/3099612)12月12日(水)16:00〜17:30https://www.reservestock.jp/events/310107会場: ヴェーダセンター(目黒駅徒歩5分)会費: 1回ドロップイ [続きを読む]
  • TYP - トータルヨーガプログラム
  • 昨年より初めたTYPトータルヨーガプログラム。 200時間130回ほどの講座でヨーガをトータルに学ぶためのマンツーマン講座です。 最初に受講されたのはベテランのインド舞踊家であり、ヨーガ教師の方ですが、1年3ヵ月ほど受講されあと半年ほどで修了です。 また一番最近同コースを受講されているのは、企業研修を担当されている方です。企業研修担当時に比べ、普段はなかなか個性的なファッションを着こなしておられます! お二人と [続きを読む]
  • “アンダーザライト” ヨーガスクール
  • 代々木駅近くに、アンダーザライトというヨーガスタジオがあります。多くのヨーガインストラクターを排出しています。 ビルの2階から6階ぐらいまで多様なヨーガクラスが開かれていますが、今日はここでチャンティングのワークショップを行う機会を得ました。 90分で、基本的なマントラの知識、サンスクリットのアルファベットの発音、詠唱法などを、20数人の参加者と共にシェアすることができました。 マントラ(mantra)は真言と [続きを読む]
  • 小石川後楽園 多様な風景
  • 小石川後楽園の回遊式庭園は、複雑に入り組んだ道があり、さまざまな自然や建物を楽しめます。 これは四つ足の動物に見えるのは私だけでしょうか。 【メルマガ登録ご案内】ezweb.ne.jpアドレスへではご登録できない場合がりますのでご了承ください。ご入力いただいた後、すぐに本人確認メールが届きますので、記載されているURLを していただくと、ご登録が完了いたします。 携帯アドレスの場合、ブロック [続きを読む]
  • 小石川後楽園
  • 紅葉をみようと外出しました。 行った先は、後楽園で、日本三名園のひとつです。東京ドームに隣接していて、残念ながら園内からもドームの屋根が見えてしまいます。 しかし回遊式の庭園は、その自然の配置が美しく、また柔らかい波動で、心もくつろぎ喜びます。 1629年(寛永6年)に水戸藩主の徳川頼房(とくがわ よりふさ)により起工され、その後、焼失、その子、光圀(みつくに)が明の臣朱舜水(しゅしゅんすい)の意見を取り入れ [続きを読む]
  • 亡き父の贈り物 一本のレモンの木
  • 人の背丈の三倍ほどに育った一本のレモンの木が人知れず立っている いつだれに苗木が植えられたのだろうかとてもたくさんのレモンが枝もたわわに実っている 薄緑の皮のつやつやした表面におおわれたみるからに唾が出そうな面々が上から下、左から右、木全体に広がっている なかには黄色く食べごろになったものもある きっといつもの蒸し野菜のドレッシングにまぜて使うと美味しいいのだろう オリーブオイルに、味噌、胡椒、大 [続きを読む]
  • インドにおける児童売買
  • どの国にも明るい面と暗い面があるでしょう。インドにおいてもどうです。 インド出身のディレクターが、売りとばされる少年少女とその家族を追跡した、「児童売買の闇を追う」という番組があります。児童売買や実質的に奴隷として働く子供や人々の実体を取材したドキュメンタリーです。 親自身も教育を受けておらず、生活苦のため自分の子を手放す人たちがいます。売られた子どもたちは、わずかな食事しか与えられず、過酷な労働 [続きを読む]
  • 三つのグナ(トリグナ)の特質(続き)
  • 三つのグナという考え方は、アーユルヴェーダの三つのドーシャ(トリドーシャ)が生理的角度から見るのに対して、人間の心理を分かりやすく区分してくれます。 プラクリティ(自然の根源場)においては、三つのグナは完全なバランスのなかに存在しています。そのため非具象です。それらが相互作用して様々な生命や物質が展開します。 ちょうど、色の三原色のRGBカラーモデルでは、レッド(赤)、G(グリーン)、B(ブルー)が一 [続きを読む]
  • 生命の三要素<サットヴァ、ラジャス、タマス>
  • 伝統的なサーンキャ哲学の考え方では、三つのグナと呼ばれる要素が生命の根本的な要素と言います。それらの働きにより、知性や自我や心、さらには肉体や物質が生まれます。 三つとは、サットヴァ(sattva)、ラジャス(raja)、タマス(tamas)です。この三つがすべての生命や物質の根本的なエネルギーだといいます。 画像ソース ギータ―の14章ではそれらグナの特質が説かれています。 ???????????? ?????? [続きを読む]
  • アーサナ個人レッスン
  • ヨーガのアーサナ(ポーズ)の個人レッスンを行いました。 毎月2回コンスタントに通っていらっしゃっています。徐々に体が柔軟にまた安定した形になってきました。 筋肉のしなやかさ、強さと、そしてバランス感覚。身体のバランス感覚は精神的なバランス感覚を養うことにもつながります。 しなやかさや強さは、生活の中で疲れにくい体を養います。 毎日欠かさず瞑想の前にヨーガを行いましょう! トリコーナーサナ(三角のポー [続きを読む]
  • 幸福学・ネガポジ反転学®
  • 今日は、”慶應SDMヒューマンラボ公開講座 「幸福学・ネガポジ反転学®体験ワークショップ」”に参加しました。 幸福学研究者の前野隆司教授の「幸せの四因子」、慶應SDM修士、慶應SDM研究員エド・はるみさんの「ネガ ポジ反転学®」の講演とワークショップです。 幸福は誰ものテーマであり、目指すところです。お二人の分かりやすいお話には共感できることがたくさんありました。声や体を使ったネガポジ反転ワークショップもあり [続きを読む]
  • ヨーガの論理的背景、サーンキャ哲学(sānkhya)
  • ヨーガの論理的背景には、サーンキャ哲学があります。 サーンキャとは、「知識、数え上げること」を意味します。数論(すろん)と漢訳されます。開祖はカピラ(kapila)です。サーンキャは、ヨーガ学派の論理的基礎であり、ヴェーダーンタ学派にも大きく影響しました。 サーンキャでは、私たちの生命原理を形而上学的な二つの原理として説く二元論です。精神(意識)原理であるプルシャと物質原理であるプラクルティ(原質、自性 [続きを読む]
  • 富と知恵の神ラクラシミー・ガナパティー
  • ラーマムールティ師によるラクシミー・ガナパティへの祈りのプージャーが行われました。プージャーとはヴェーダの供儀です。 ラクシミー・ガナパティは、ヒンズーの神で、ガナパティの32の形態のうち12番目とされています。 ガナパティはガネーシャとも呼ばれます。仏教においては聖歓喜天です。色が白く、肌のつやがよく、8本の手を持ちます。左の一番下の手では、恩恵を与えるヴァラダ・ムドラー(※)の手印を示しています [続きを読む]
  • 苦悩の原因 バガヴァド・ギーター
  • バガヴァド・ギーターでは、感覚が苦しみの原因と説きます。 物質的な対象が知覚(経験)され続けると、徐々に愛着を感じます。それを手に入れようと思いまが、失敗すると失望を感じます。 失望は怒りに変わります。 怒りから迷いが生まれます。 迷いから記憶の混乱が生まれ、心が動揺します。 心が動揺すると、理性が崩壊し、正しい道から外れます。 したがって、対象から感覚を離し、内面の平安と至福を体験することを重要視し [続きを読む]
  • ヴェーダプラカーシャ・トウドウ 公式メルマガ
  • いつもこのブログを見ていただき誠にありがとうございます。 メルマガのご案内をさせていただきます。 これまでもときどき「メルマ」や「まぐまぐ」などのサイトで購読いただいていた皆様には、時々当方のメルマガを配信させていただいていました。 本日からは、あらたに以下のサイト「ヴェーダプラカーシャ・トウドウ 公式メルマガ」よりご登録いただいた皆様に配信させていただきます。 ヴェーダやヨーガにご関心のある方はご登 [続きを読む]
  • ヨーガ哲学(yoga darshana) 
  • ヨーガ哲学はヨーガの教えの真髄です。 よくヨガと発音されていますが、正しくはヨーガです。 開祖はパタンジャリ(Patañjali)で、「ヨーガ・スートラ」が経典です。日本に入ってきたときは、瑜伽(ゆが)と音写されました。 また、仏教では、意味は「相応」(そうおう)と訳されました。相応とは「心と、心の働きとが互いに結びついていること」を意味します。 ヨーガスートラには、仏教から影響を受けた部分、逆に仏教に影響 [続きを読む]
  • 生命の3つの支柱 アーユルヴェーダ
  • アーユルヴェーダでは、食べ物(āhāra)、眠り(nidrā)、性行為(abrahmacharya)は、生命の3つの支柱(tri-stambha)であり、これらの均衡状態が生命を保つと言います。なかでも食べ物は、最も重要です。肉体組織(dhātu)を作り、心の活力を生み出すものだからです。 食べ物は、「滋養があり、軽い、温かい、きれいな、新鮮で喜びを与える」ものであるべきと」説かれています。規則正しい食事は、規則正しい食欲、消化、 [続きを読む]
  • 瞑想 - 呼吸に注意を向ける
  • ラージャヨーガ・イントロダクション講座では、準備運動と呼吸に注意を向ける瞑想を体験していただいています。 心の活動と呼吸は密接に関係しています。呼吸は酸素を吸収し、二酸化炭素を排出する生理的活動です。酸素化と換気能力は肉体の健康にとって大切な要素です。 何より、生きるためエネルギーを生み出す重要な差う生理的活動です。呼吸には腹式、胸式、鎖骨式の三つとヨーガ式の完全呼吸法もあります。ヨーガでは主に鼻 [続きを読む]
  • 10歳のバースデー・プージャー
  • 今日10歳の女の子の誕生日のお祝いのためのプージャーを自宅にお伺いし行いました。すくすくと健康で輝かしい未来であるようにガネーシャ、ラクシミー、ムルテュンジャヤへの祈りを捧げました。 12歳まで毎年プージャーを行うのがネパールでの習わしだそうです。子供の発するサットヴァなエネルギーは素晴らしいものです。子宝と言いますが、ご家族にとっても日本にとっても宝物ですね。 [続きを読む]
  • 食べ合わせ - アーユルヴェーダ
  • アーユルヴェーダでは、食べ物の組み合わせや量の間違い、反対の性質のものを食べるなどの食習慣は有害であり、さまざまな障害がもたらされることを説いています。 ヴィルッダーハーラ(不一致食)と呼ばれます。これは、ヴィルッダ+アーハーラの複合語です。 ヴィルッダには、「一貫性がない、禁止、反対の、不安定な、嫌や、禁止、嫌な、悪い」などの意味があります。アーハーラは「食べ物」です。 例えば、「魚+牛乳、加熱され [続きを読む]