はらん さん プロフィール

  •  
はらんさん: baroque heart
ハンドル名はらん さん
ブログタイトルbaroque heart
ブログURLhttp://halangona.blog.fc2.com/
サイト紹介文ハトアリのエース最萌。ヤンデレ大好き。主に乙女ゲーム感想書いてるブログです。
自由文ハートの国のアリスからエースにどハマリし、語りたくってブログ始めました。
ヤンデレ男性キャラは至高。
メインは 乙女ゲームの感想や日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/05/04 17:08

はらん さんのブログ記事

  • 20171118舞台挨拶レポ②:Dance with Devils -Fortuna- シキエピローグ
  • 20171118舞台挨拶レポ②:Dance with Devils -Fortuna- シキエピローグダンデビ、シキエピローグ回の舞台挨拶レポです。お話しした内容は組み取れていると思いますが、言葉遣いなど、拾い切れていないところも多くありますので雰囲気を楽しんでいただければ。上映前の舞台挨拶のため、ネタバレには配慮いただいてます。以下、敬称も略しております。()の箇所は、その時々の状況、お客さんのレス、などになります。************** [続きを読む]
  • 20171118舞台挨拶レポ①:Dance with Devils -Fortuna- シキエピローグ
  • 20171118舞台挨拶レポ①:Dance with Devils -Fortuna- シキエピローグダンデビ、シキエピローグ回の舞台挨拶レポです。お話しした内容は組み取れていると思いますが、言葉遣いなど、拾い切れていないところも多くありますので雰囲気を楽しんでいただければ。映画の内容、およびシキエピローグに関するネタバレあります。映画の内容はTV版とここが少し違うよねという程度でエンディング等には触れていません。シキエピローグはパ [続きを読む]
  • 「Dance with Devils -Charming Book- vol.4棗坂シキ」感想、追記あり。
  • 注:ゲームと、Ever Sweetのネタバレも含みます。「なんでわたし泣きながら聴いているんだ?」これが、一番最初の感想。聴き始めて、数分もせずに耐え切れずにツイートした言葉。だって、間違いなく、そこには棗坂シキがいたから。ゲームの、いわゆるベストエンドの先の先。ベストエンドはシキが愛を証明したことから、過去の罪を許されて天使に戻って……別れて。けれどそこからまた、ちょっとした悪戯をして怒られてと、ヒトにな [続きを読む]
  • 2017年あけおめ&2016年まとめ(長文)
  • 三が日も今日で終わりですが、まずはご挨拶。2017年。明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。というか、昨年も10月にちょい更新して以降、止まってしまってましたね。メインでどハマりしてますダンデビと、身内がハマってるSB69関連で、イベントごと、物販などが多くて、土日はそれでつぶれることも多く、時間的な余裕がだいぶ減ってしまってました。積みゲーがとにかく沢山なので、今年はも少し頑 [続きを読む]
  • 「Collar×Malice」感想2
  • 各キャラ感想…は、いつもどおり攻略順です。ちなみに、以下のとおり攻略制限がありました。 初回攻略可能 →榎本、笹塚、岡崎 2周目移行攻略可能 →白石 全員攻略後に攻略可能 →柳・榎本峰雄元気な眼帯ボーイ。23歳。元機動捜査隊エリートで、まぁ頭より体が動くってタイプね。眼帯を、伊達政宗好きでカッコイイからって理由で付けてたのにびっくりしたよ。(…眼帯キャラってもっと病んでるイメージだったのでそこは少し [続きを読む]
  • 「Collar×Malice」感想1
  • 「Collar×Malice」発売:2016年8月18日プレイ期間:2016年9月1日〜9月17日久々に発売をかなり心待ちにしまして、発売後、あまり間を空けずに始めましたカラー×マリス。気になる作品ほど、事前情報を入れすぎないようにしているのは毎度ですが、惜しかったのは、この発売に合わせて休暇を取らなかったこと。読み進めるのがとても楽しくて、できればもっと集中してプレイできたら良かったなと。と、それくらいかなり素晴らしい作品 [続きを読む]
  • 「Dance with Devils」(PS VITA)感想4〜メィジ、ウリエ〜
  • ・メィジ アクマEND「浮かれちまうくらい幸せなんだ」「あなたの傍に行かせて」 ヒトEND「柔らかな毎日」「絶望さえ許されない」恋愛っぽいところまでの前振りがむちゃくちゃでした…誉めてはない、でも貶してもないもうちょっと他の持ってきようがなかったかなぁと思いつつも、でもメィジらしさは全開なので、否定するほど悪いわけでも…な微妙な心地そも、少し間が空いたとは言え、私が最萌えシキで力尽きた後でしたのですみま [続きを読む]
  • 「Dance with Devils」(PS VITA)感想3〜ローエン、シキ〜
  • ・ローエン アクマEND「お傍にこれからも」「もうかつての彼女はいない」 ヒトEND「躾もワタクシの役目です」「憂いを帯びた」犬ですわんわんですポメラニアンですケルベロスです、ローエンです全体的にズルいよ、動物だから!!だってぽめぽめしてるんだもの仕方ないじゃないってなものです全体の役割としては、真相を知るものとしての登場主人公がどんな存在であるかも知っていて、手に入れるために近寄ったはずなのに、気付いた [続きを読む]
  • 「Dance with Devils」(PS VITA)感想2〜レム、リンド〜
  • ・レム アクマEND「告げる想いは永遠に」「苦しみさえない世界へ」 ヒトEND「君と共に過ごす日々」「誰が忘れたとしても私は覚えてる」アニメ、ミュージカルとメインヒーローであったレムさん序盤から中盤は、主人公に寄せる想いよりも使命が上回ってて揺さぶりをかける悪い笑顔がステキでした☆あとは戦闘スタイルの時の笑顔も不敵で素敵。生き生きとしているので、やはり女性はニガテなのでしょうね。そんなレムさんが、魔力の [続きを読む]
  • 「Dance with Devils」(PS VITA)感想1〜全体〜
  • 「Dance with Devils」メーカーリンク:http://rejetweb.jp/dwd/?f=top発売:2016年3月24日プレイ期間:2016年3月24日〜4月18日ただいま、Dance with devilsもといダンデビにずっぽりハマっております…自分でも予想外なくらいにこう、どっぷりと元々は、2015年10月から開始のTVアニメで、最初からRejetでゲームにする予定で、アニメ先行で始まった作品でしたタイトルも悪魔が題材で、Rejet作品なら、私の好みの傾向と合っていそう [続きを読む]
  • 「SWEET CLOWN 〜午前三時のオカシな道化師〜」感想2
  • 個別感想はざっくり、攻略順で。・古橋旺一郎 「過去に囚われ続け自分を見失った青年」メインヒーローっぽかったのと、最初のルート選択肢で一番上にきてたのでと古橋さんから攻略開始。メイン…ヒーローでしたね。いきなりこれはど真相ではないかというお話しでした。といっても、スイートクラウンに関する真相。まさかの不老不死で強い再生能力を持っているって人でしたので、もっとグロってくれても良かったのよ。惜しい人でし [続きを読む]
  • 「SWEET CLOWN 〜午前三時のオカシな道化師〜」感想1
  • 「SWEET CLOWN 〜午前三時のオカシな道化師〜」メーカーリンクhttp://www.takuyo.co.jp/products/sweetclown/index.html発売:2015年7月16日プレイ期間:2016年2月18日〜3月17日・全体お話しの始まりは、主人公が午前3時のお茶会に招かれてから。森の中の妖しいお城に、女性は主人公ただ一人。他に招かれたのは色々とクセのありそうな5人の男性。そのお茶会で主人公は、「願いを叶える悪魔スイートクラウン」の後継者に選ばれ、さ [続きを読む]
  • ブログ改装中です&近況
  • おそらく、年契約の何かが期限を迎えてしまったのでしょうね。ロゼゲーのop流してるプラグインバナーがとうとう消えてしまって…地味にショックなのですが、ずっとpc版のテンプレート重いなあとは思っていたので、これを機に改装をしようかと。自分で付けたバナーはな、正直外したくないけれど、行き先のロゼサイトがあるわけでもなし。この辺も含めて決着を付けないと。近況はそうですね。ダンデビ…もといDance with Devilsにど [続きを読む]
  • ハトミュDVD発売記念イベント 感想
  • ミュージカル ハートの国のアリス The Best RevivalDVD発売記念イベント2016年8月11日(木・祝)午前・午後 ニッショーホールキャスト松本妃代(アリス)、吉岡佑(ブラッド)、磯貝龍虎(エリオット)、林野健志(ゴーランド)、小西成弥(ボリス)、成松慶彦(ユリウス)、??俊吾(ナイトメア)午前のみ:櫻井圭登(ダム)映像出演:秋元龍太朗(ペーター)、碕理人(エース)夢を、最期の夢の残滓を観に行ってきました。午前、午後、両方参加券を入手 [続きを読む]
  • 「大正×対称アリス」(PC版) 感想3
  • ほぼ真相の3巻ヒロインとアリスの関係性以外の謎はほぼ解けるけど…「白雪」いちばんキレイな白雪は、いちばん醜く辛い過去担当そりゃ拒食になるよ…そして本人もこれは夢だとほぼ理解しているのがまたあれだけれどそれでもこれはまだ彼のための物語バッドエンド担当の魔法使いが雑になってきてる「魔法使い」雑になってきた魔法使い白雪までで、全員の記憶がきれいに繋がるからね魔法使いはそれ以外の要素の人私が若いころに「24 [続きを読む]
  • 「大正×対称アリス」(PC版) 感想2
  • 攻略順に、ざっくり感想&あとから真相知ってびっくりポイントとかまずは1巻からこの辺りはまぁまだ乙女ゲー「シンデレラ」いきなりの婚約者買い物依存症で、ああカウンセリング恋愛ねって思ったら後々違うと判明…いや、言葉の意味でいうなら本当にカウンセリング恋愛でもあるびっくり。婚約者ってのも、言葉だけでなくある意味本当のことキャラ人気的には不遇だけれど、それって一番「人間」ができているから…かしら「赤ずきん [続きを読む]
  • 「大正×対称アリス」(PC版) 感想1
  • ・「大正×対称アリス」(PC版) 感想PS VITA版は2016/6/2発売予定…ではなく済みですが、こちらは2015年に発売されたPC版での感想です元々はAGF2014にてパンフレット配布していたので興味を持った作品ハトアリもそうですけど、アリスねたは鉄板ですので。攻略対象は7人で全4巻、すべておとぎ話のヒロイン名の男性たちシンデレラ&赤ずきんかぐや&グレーテル白雪&魔法使いそして、アリスいつもの通り、気になるゲームはあまり前情 [続きを読む]
  • 「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」感想
  • 「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」感想発売日:2015/7/30プレイ期間:2015/10/15〜2016/1/13プレイしてからだいぶ時間経っていますが、ここは私の忘備録なのでということで感想を…発売前は、スワロウテイルのコラボケーキやら、缶バッジ販売なんかもあったりして、ですねそれなりに楽しみはしておりました楽しみにしておりましたし、実際にプレイして、面白かった…のは確かですけれど今一歩及ばずと思ってしまっていたりもして、何 [続きを読む]
  • 「ミュージカル Dance with Devils」感想
  • 「ミュージカル Dance with Devils」感想公演期間:2016/3/3〜3/13もう2ヶ月以上前なのでかなり今更ですがゲーム感想の前に、順序としてデビミュの事は語っておかなくてはとの思いでまずその前に、ダンデビにハマり始めた経緯からですね・・・ダンデビことDance with DevilsのTV放映は、2015年10月〜12月当初はミュージカルアニメということどころか、悪魔が出てくるのかな程度で内容なんて全く知らず、今度出すゲームをアニメ先行でや [続きを読む]
  • 「ハートの国のアリス〜The Best Revival〜」感想
  • 「ハートの国のアリス〜The Best Revival〜」感想公演期間:2016/1/16〜1/24前回の公演の時は、エースENDの回を一回だけ見に行きましたその頃は、2.5次ミュージカルも初めてでしたし、そもそも短い期間の劇を観に行くってのも初めてでで、その時に知ったのが、こういう、1〜2週間の期間でやる舞台ってものは、生き物なんだってことその回ごとのアドリブとかもあるし、回数を重ねることで、セリフ回しや動きが円滑になったりとか色 [続きを読む]
  • 短文近況。
  • 私家版最萌キャラを更新しました。http://halangona.blog.fc2.com/blog-entry-172.htmlアニメからドハマリしてました、Dance with Devilsですねついに去る3/24に発売されまして、2日休暇を取って2/3程攻略進めました。で、一番期待してました、棗坂シキくんがですね、予想以上に素晴らしくって…少し前に日之世くんにはまったこともあり、これはー、更新しないとなと思い立ち。見返すと…3年ほどそのまんまになってましたよついで [続きを読む]
  • 「I Doll U」感想2
  • 「I Doll U」各キャラ感想・御神ルカ コミュ障アイドル てゆか、女性怖いよアイドルでしたね。 なので、男装姿で親しくなってからバレるしか攻略方法のない人ですよと 女性怖いが克服できれば、 小鳥とお話しできるなど、若干天然が過ぎるものの、完璧アイドルなんで 恋人になってからがちょっと引け目を感じてしまっていかんかったです ・黒夢ツバサ 中2病アイドル 先にうっすらネタバレ見て知ってしまっていたのですが [続きを読む]
  • 「I Doll U」感想1
  • ・「I Doll U」感想 主人公は中身はフツーの女の子ですが、 遁走した兄に成り代わり、 男装して男性アイドルグループのリーダーとなるというストーリー そのメンバーがあれこれ問題児ばかりということで、 私はあまりアイドルものは好まない方なのですが、 問題ばっかりってのに魅かれてー 特に炎上アイドルってなんぞ…と、ですね なので、ゲーム形式としては、基本がノベルゲームながら、 途中に何曲か音ゲーを挟んだり [続きを読む]