pocky さん プロフィール

  •  
pockyさん: 感動!ふるさと北海道
ハンドル名pocky さん
ブログタイトル感動!ふるさと北海道
ブログURLhttp://lip-hokkaido.com
サイト紹介文北海道の特産品や温泉、キャンプ場、バイクツーリングなどが満載。
自由文広い大地、豊かな自然!北海道には全国に自慢できるものがいっぱいです。北海道大好きな道産子ライダーが、北海道の情報を好き勝手に紹介します。
バイクツーリングの思い出も書き残しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/05/04 21:27

pocky さんのブログ記事

  • 2017年8月グレイ一色の道東ツーリング#2 - Pockyのバイクライフ
  • 2017年8月14日 午前3時、テントの中で天気予報を確認。 昨日までの予報では14日からの根室・釧路地方のは曇りの予報だった。 ところが、今朝になると全滅に変わっている。 15日、16日もダメだ! 曇り程度だったら、色々行きたい場所もあったのだが・・・・。 先に希望があるなら良いが、これでは今日一日ここでテントの中でじっとしていてもしょうがない。 「もういい!帰ろう!」 5日間フルにツーリングを楽しむつもり [続きを読む]
  • 2017年8月グレイ一色の道東ツーリング#1 - Pockyのバイクライフ
  • 2017年8月13日 午前4時、出発の朝 夏休みは8月11日から17日までと結構長期に取っていたが、台風のお陰で最初の2日間を無駄にしてしまった。 自宅付近は今日も朝から雨が降っているが、予報では道東方面は曇り、明日からは回復するとの事。 雨の暗闇の街を通りぬける。 「今日はどこで雨が止むだろうか?」そう思いながらひたすら走る。 いつもの通り白老ICから鵡川ICまで高速道路を走る。 白老も雨、苫 [続きを読む]
  • さるふつ公園キャンプ場 - 北海道のキャンプ場情報
  • 日本の最北端、宗谷岬からオホーツク海を約31キロ南下、国道238号線沿いの道の駅「さるふつ公園」の施設内にあるキャンプ場。 キャンプサイトと広場の区別がつかない真っ平らな草地がテントサイトになっており、野外ステージの横にトイレと水場があるだけで、場内には何も設備されていない。 キャンプ場の隣がすぐ牧場になっており、目の前で放牧されている乳牛が見られる。 車両の乗り入れは可能で、キャンピングカー [続きを読む]
  • 2017年7月宗谷ツーリング3日目(最終) - Pockyのバイクライフ
  • 2017年7月19日 早朝から荷物をまとめ、6時30分に出発。 クッチャロ湖から帰るルートには、国道275号線を中頓別、音威子府、美深、名寄を通るルートもあるが、そこは過去に走っている。 運が良ければ道々106から利尻島が見えるかもしれないし、それに、初山別のキャンプ場も見て見たかったので、今回は道々84号線でオホーツク海から日本海へ横に横断するルートを選択。 浜頓別を出るとすぐに山間を通るさびしい道にな [続きを読む]
  • 2017年7月宗谷ツーリング2日目 - Pockyのバイクライフ
  • 7月18日 明けて7月18日、今日も最北端の地はスッキリしない曇り空 撤収して移動する前に、今回の目標の場所のひとつに行って見ることにした。 育みの里見晴らし台(利礼の丘) 2012年8月のツーリングの時、荷物満載状態のZZR-1100で転倒の恐怖に耐えながら深い砂利の坂道を必死で登りたどり着いた場所だ。 今回、バイクはVersysだし荷物も積まない身軽な状態だ。前回よりははるかに安全かつ軽快に丘ま [続きを読む]
  • 2017年7月宗谷ツーリング1日目 - Pockyのバイクライフ
  • 2017年7月17日 2年ぶりに道北(宗谷)方面に向け出発。 2年前の9月、出発の時の空もやはりこんな感じで青空が出ていた。 予報では、今回も北に進むにつて天気は良くないようだが、明日は青空が期待できそうだ。 道の駅三笠で朝食&休憩をしていると、自衛隊の走行車両が数量駐車場に入ってきた。 雨がデフォルト 道の駅「田園の里うりゅう」で休憩 この辺も少し雨が降ったようで地面は濡れていた。 が、向か [続きを読む]
  • 俄虫温泉旅館(がむしおんせん) - 北海道の温泉情報
  • 道南檜山町厚沢部町の山間、周囲を田園に囲まれた静かな温泉旅館 俄虫の地名は「カムイシ(クマが多い)」というアイヌ語に由来されていると言われ、旅館の玄関にも大きなヒグマのはく製が置かれていた。 これと言った特徴は感じる旅館ではないが、料金も良心的で温かく出迎えてくれる。 毎月26日(風呂の日)には日帰り入浴料が割引になる。 男性用内風呂 タイル張りの浴室に浴槽は2つ、 [続きを読む]
  • 2017年7月開陽丸見物に江差ツーリング - Pockyのバイクライフ
  • 2017年7月8日 天気が良いので、道南方面に日帰りツーリング 長万部の直線道路 今回は八雲町から雲石峠を越えて日本海に出て、そこから海沿いを南下して江差町に行き、これまで一度も見た事がない開陽丸博物館の見物がメイン。 雲石峠の頂上にて 雲石峠を越えて日本海に出て、追分ソーランライン(国道227号)を南下する。 一応晴れていはいるが、内浦湾側よりは雲が多いな 道の駅江差で休憩 いつ見てもひょう [続きを読む]
  • 2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.3 - Pockyのバイクライフ
  • 2017年7月2日 上士幌 昨夜は7・8台のバイクと3組の家族がテントを張っていた。 関西弁のハーレーのライダーはここの利用が初めてらしく、受付やら何やらあれこれ訊ねてきた。 朝食は最近良く作る鍋焼きうどん。 簡易のアルミ鍋にうどん、スープ、麩、かき揚げ、乾燥ねぎがセットになっているやつだ。 これに、昨夜の残り物の長ネギと生玉子は1個、2個では販売していないため、コンビニで買った味付けゆでたまごを [続きを読む]
  • 2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.2 - Pockyのバイクライフ
  • 襟裳岬風の館 風の館では風速25メートルの強風を体験できるのが一番人気らしい。 でも、自分は子供の頃からそれ以上の強風を何度も経験しているので、わざわざ入館料300円を払ってまで体感する気にはならなかった。 館のガラスには相変わらず萌えキャラが描かれていた。 えりも岬を離れると次第に晴れだし、百人浜の手前まで来るとすっかり青空が広がった。 これも前回来た時と同じだ。 どうも自分は襟裳岬には歓 [続きを読む]
  • 2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.1 - Pockyのバイクライフ
  • 2017年7月1日 2009年に初めて襟裳岬までツーリングをしたが、岬の突端の天気はいま一つだった。 「2009年最南端ツーリング」なんて、タイトルを付けたが、実は襟裳岬は北海道の最南端ではない(笑) 最南端は松前町近くの白神岬だ。 歌にあるように、これと言ったものは「何もない」襟裳岬ではあるが、まだ一度も晴天の襟裳岬を眺めた事がないので、再挑戦することにした。 白老から鵡川まで高速道路を利用しよう。 とこ [続きを読む]
  • 2017年6月またもや!富良野・美瑛 - Pockyのバイクライフ
  • 2017年6月17日 午前5時、出発 今回も富良野・美瑛方面のツーリングになってしまった! 自分でも「またかよ!」って位の気分なのだが、当初予定していた十勝方面は天候不良のため断念。 せっかくの休日、家にじっとしていてもつまらな過ぎるので、唯一晴れが期待できる富良野・美瑛に向かう。 5月に行った時も、パットせず、突然気温が下がったりもしたし、晴れれば景色もキレイな頃なので「ま、いいか」とそんな気分。 [続きを読む]
  • ご当地ステッカー - Pockyのバイクライフ
  • バイク乗りの知り合いが作っているご当地ステッカーを本人からプレゼントされた。 室蘭市を通っている国道36号線と37号線をデザインしたもの。 確か400円くらいのはず。 室蘭市中島町にあるランドUSAさん、地球岬にある売店「おみやげのシナダ」さん、バイクショップの「プラザクボ」さんで販売しているそうだ。 せっかく頂いたので、どこに貼ろうか迷ったが、結局トップケースに・・・。 [続きを読む]
  • 2017年初キャンプツーリング - Pockyのバイクライフ
  • 2017年5月、GWが過ぎ去った後、今年初のキャンプツーリング 当初の予定は道南方面に行く予定だったのだが、生憎そっちは天気が悪いようなので予定を変更し、天気が良さそうな富良野方面に妥協した。 そちらに行けば一箇所だけ寄ってみたいところもあったので、まあ良しとする事にした。 いつものように、鵡川町「道の駅四季の館」で休憩 四季の館は温泉ホテルで、4月から1月3日まで朝風呂をやっている。 駐車場にはい [続きを読む]