dream access さん プロフィール

  •  
dream accessさん: dream accessのブログ
ハンドル名dream access さん
ブログタイトルdream accessのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sas0634
サイト紹介文近畿各地、特に京都・奈良等を中心に 風景・町並み・花を気ままに出かけ撮影してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/05/04 23:23

dream access さんのブログ記事

  • 越畑の女郎花 〜京都府・奥嵯峨〜
  • こんにちは〜(^^)/ 朝晩、秋らしい気温になってきましたが、日中はまだまだ暑いですね!お腹出して寝ると風邪ひきますよ!(自分がくしゃみ止まらず)(^^;)さて、お盆の切り花の一つ女郎花、秋の七草の1つとして、奈良時代から鑑賞されてきたオミナエシ。青い空に生える、小さな黄色い花が印象的で京都奥嵯峨越畑まで13日に行きました。しかし今年は結構早くから咲き、切り花として出荷も終わっていた模様。棚田のかなり下の方に [続きを読む]
  • 伊吹山のお花畑?と地蔵川の梅花藻
  • 8月上旬の撮影ですが、TVで醒ヶ井の地蔵川の梅花藻が見頃との事。今年は水温が高くて遅いのかな?伊吹山のお花畑も3年振り鹿の害で植物が全滅の危機からネットを張りもう何年になったでしょう!?久しぶりに上がって来ました。西側の保護地区はシモツケソウが咲いてますがネットの中だけです。やはり昔のお花畑からは程遠いですね!花より昆虫の方が沢山飛んでました。(^^;)一番初めにご挨拶してくれたのがアサギマダラ君旅の途 [続きを読む]
  • 北山友禅菊 〜左京区・久多〜
  • 京都市左京区北部の山間地・久多地域で「北山友禅菊」が満開になった。真っ青な空の下、かやぶき屋根を背景に紫色の花が咲き誇っている。地域に自生していた野生菊「チョウセンヨメナ」を改良し、地域の観光資源になるようにと、約20年前から地元住民が育てている。今年は例年より1週間ほど早く、7月下旬に満開になった。台風を乗り越え、空に向かうように咲く花を、訪れた人たちが笑顔で眺めている。見頃は来週半ばまで・・・ [続きを読む]
  • クレオメの丘 〜兵庫県・花さじき〜
  • 観測史上初めての東から西へ移動する台風、ちょっとビックリ!しましたね!豪雨被害の地域にも通過!被害地域の方々も不安だったと思いますが、これ以上2次災害のない事を祈っております。さて、先週 兵庫県の滝撮影に行った帰りに立ち寄りました。花さじきではクレオメが綺麗に咲いてました。未だ7〜8分咲き。滝は又の機会に・・! 此方の雲と明石側の雲が面白くて!入道雲が雪山の様です。暑い中 [続きを読む]
  • 暑っ! 〜藤原宮跡・花蓮〜
  • 連日の猛暑!何とも早朝から出かけても暑い〜 毎年訪れてるが、暑いのは暑いんですが、こんなに暑かったかな? 皆さん くれぐれも熱中症ご注意下さいね!日陰で( ^ω^)・・・久々にマクロを去年は蜂が沢山飛んでたんですが、今年は子バッタが・・・!熱に弱い蜂には暑すぎるのか?理科の教材(^^;)先日の豪雨被害に遭われた地域の方々にお見舞い申し上げます。地震や豪雨と立て続けで余りにも大きな被害でしたので、少しシ [続きを読む]
  • どしゃ降り  〜谷汲ゆり園〜
  • 関西も梅雨明け中々しませんね!関東地方は梅雨明けした模様ですが、良くお世話になる滋賀県米原に竜巻らしき突風!風速65m!被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。そんなお天気もスッキリしない27日岐阜県谷汲ゆり園、雨狙いで行きましたが。。。。!(@_@;) どしゃ降り!此処まで降らなくても・・・(>_            ご覧頂きありがとうございました。*´_ _))ぺこぺこお付き合い [続きを読む]
  • 雨に喜ぶ 〜京都善峯寺 紫陽花〜
  • そろそろ梅雨も明けそうな感じですね!と思ったら猛暑と湿気で昨日等は少し体がついていかない感じ!参った〜(>_6月20日雨 昼から雨も止む予報でしたので、行ってみました。京都西山の吉峯寺へ! 桜や紅葉も綺麗ですが、初夏の紫陽花も1万株が咲き乱れ参拝に来る人の目を楽しませます。       右端の〇に5!拝観の順番の札はご愛敬で・・(^^;)          天気がいいと下界が一望できるのですが、皐月から主役交 [続きを読む]
  • 実りを待つ 〜棚田風景〜
  • もう各地田植えは終わったと思いますが、先日は大阪の千早下赤坂の棚田も田植えは終わってました。比較的遅い田植えの地域ですが、昨年の台風の爪痕が少し残ってる様です。紫陽花は満開とは行きませんでしたが、棚田百選に選ばれてますが      高齢化の波が押し寄せ休耕田が目立ち、この後の日本の原風景が残せるか心配です。             此方は、5月に行った、兵庫県香美町のうえ山の棚田地すべり地をうまく [続きを読む]
  • 舞洲ゆり園 〜大阪府大阪市〜
  • 大阪北部震災でお亡くなりなられた方、被災された方々にお見舞い申し上げます。そういう私の所も大阪で そんなに大した事にはなってませんでしたが、地震時、丁度エレベーターに乗っていて、一瞬ヒャッ!としました。閉じ込められなくて良かった!(>_昨日、今日も余震は続いてますが、気を引き締めてます。さて地震の前の17日お天気も快晴で長い事訪れてない大阪の舞洲ゆり園に訪れました。  もう終わりに近いのか、何年か前と [続きを読む]
  • 足ノ郷峠 コアジサイ 〜奈良県川上村武木〜
  • 13日、お天気も良く快晴 滝巡りへ向かう最中、川上村で山頂付近によく見るとガスらしきものが・・! コアジサイは雨でも降らないと行かないと決めていましたが、もしかして!?ダメもとで登ってきました。道中はスッキリした風景でしたが、峠に差し掛かるとなんと、霧で真っ白!慌てて車を停め撮影準備、昨年は沢山のカメラマンで霧待ちしてましたが、平日で快晴だった為か、僅か3人程で貸し切り状態!でした。コアジサイもそろそ [続きを読む]
  • 花菖蒲 〜山田池公園〜
  • 近所の山田池公園雨上がりの晴れ間に立ち寄ってきました。雨上がりで蒸し暑い時間でしたが、平日の昼からでも沢山の人で賑わってました。            お兄さん暑い中ご苦労様です。ご苦労様と思いながらユニークな麦わらがきになって。。(^^;)水連も多と少しで沢山咲きだすかな?紫陽花もこの位の色が好み                            6月7日撮影 見頃ご覧頂きありがとうございました。* [続きを読む]
  • 静寂・龍王ヶ渕  〜奈良県・宇陀市〜
  • 梅雨入りした関西もジメジメと嫌なお天気ですね!6月2日お天気も良く快晴、静寂の言葉がピッタリの奈良 龍王が渕大和富士「額井岳」の山腹、標高530mの山中に頂から流れる小川の水や湧水を自然に貯めた神秘的な池です。実際はウシガエルがボーボー ドローンがブィ〜ン!(≧▽≦)キャッキャッ!結構うるさかったです!もっと早朝だと良かったかもね!綺麗な水鏡でした。帰りに寄った馬見丘陵公園です。ハイ!ポーズ真剣に構図を [続きを読む]
  • 大台ケ原・新緑と千壽の滝 〜奈良県 上北山村〜下北山村
  • 久々の更新になります。5月上旬腰を痛めやっとコルセットも外せる様になり、少し筋力をつける為 大台ケ原へ約9.0km弱のコースです。5月27日だったので石楠花のトンネルを期待して向かいましたが、今年はすでに終わってました。その代わりにアケボノツツジ等の山ツツジが綺麗に咲いてました。        久々に大蛇?へ 此処からの風景が美しい!        天気も良くロッククライミングされてる人も!       [続きを読む]
  • 山吹 〜京都・松尾大社〜
  • 19日 久しぶりに訪れましたが、山吹は満開でした。毎度の定番写真ですが黄色に緑と川面に映る景色は綺麗です。          お酒の神様だけあって全国の酒樽が並びます。京都盆地は1000年もの昔から盆地そのものが水がめで地下には豊かな上質の水が溜まってます。なので、美味しい豆腐・湯葉等上質の食べ物が多いですね!        茶道が趣味の豊臣秀吉が上質な水がある洛中に           建てた聚楽第! [続きを読む]
  • 新緑と石楠花
  • 18日朝は雨、ぶらっと奈良の室生まで昼頃には雨も上がる予報でしたが、中々止まず 先ずは室生湖をぐるっとまわりました。霧雨状態で、完全な鏡面ではありませんでしたが新緑が綺麗山桜も少しのこってます。雨も止んで昼食後、室生寺に石楠花もそろそろ満開です。今日は夏日、初夏なのに真夏日の気温に・・熱中症の対策って・・・オイオイご覧頂きありがとうございました。*´_ _))ぺこぺこお付き合い頂き、何時も有難うございます [続きを読む]
  • 京北の桜
  • 今年も京北を散策!京都市内の桜も終りを告げる頃、京北の桜が見頃を迎えます。今年はやはり早く、仁和寺の御室桜も早く散り始めで少し心配でしたが京北100選に載る桜を見てきました。道中、先ず迎えてくれるのが・・・三尾に通じる周山街道 国道162号線、京都市内から丹波、福井県小浜市へと続く道路で昔から大原の鯖街道に並んで、日本海の産物を京都の洛中にまで運んだ道です。道路沿いの辺り一面真っ直ぐに伸びた北山杉の [続きを読む]
  • 明宝・善兵衛桜 〜岐阜県・郡上市〜
  • 今日は奈良まで出向きましたが、諸木野の桜はまだまだ見れる感じ!少しビックリ!根尾の薄墨桜を後に、まだまだ時間が有るので、郡上八幡まで日本一美しい山城とも言われるお城を見なくちゃ!内助の功で有名な山之内一豊の妻千代が郡上八幡2代・4代当主の娘で・・・有名な馬と黄金の話の一幕でしょう!天守には入りませんでしたが、沢山の桜が有りました。どうしてももう1本見たい桜が有ったので直ぐに移動、明宝の善兵衛桜例年だ [続きを読む]
  • 根尾谷の淡墨桜 〜岐阜県・本巣市〜
  • 4月4日 岐阜県まで何か所か回ってきました。先ずは三春の滝桜・山高神代桜と並ぶ日本三代巨桜の根尾谷の淡墨桜、淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色に因んでいます。樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、樹齢は1500余年と推定され、継体天皇お手植えという伝えもあります。大阪から早朝だと3時間程で着きますが、観光バスが入る9時頃迄には到着 [続きを読む]
  • 今井谷・八講桜 〜奈良県・桜井市〜
  • まぁ〜早かった今年の桜、順番には楽しめなかったですね!昨日からの風と雨で未だ希望の場所も駄目かな!明日ドライブがてら一応出かけよう!前回の長谷寺の帰りに立ち寄りました、談山神社へ行く多武峯街道(県道37号線)から少し逸れた桜井市今井谷の満願寺西側(今は町の集会所)の斜面に立つ枝垂桜。樹齢は約300年といわれ、樹高約25m、幹回りは約4m藤原鎌足公を祀る八講祭の際に植えられたという伝説から、八講桜と名付けられ [続きを読む]
  • 奈良の桜 〜花の御寺・長谷寺〜
  • 4月1日、奈良県桜井市初瀬の長谷寺へ例年だと4月中旬迄は楽しめるのですが、咲いたのも早くて、昨日の雨と風で5日現在そろそろ散り始めてるようです。境内に約1000本の桜は見頃でしたが、日曜日というのに人がとても少なくてビックリ!各地満開だったので、分散したのかな?ご覧頂きありがとうございました。*´_ _))ぺこぺこお付き合い頂き、何時も有難うございます。日本ブログ村記事ランキングに参加しております。    励 [続きを読む]
  • 根来寺の桜
  • 3月28日泉南市から近いので根来寺まで足を伸ばしました、この辺りは関西でも早く咲くので、もう散り始め葉桜になってると思いますが、戦国時代の面影を残すお寺で7000本の桜が咲くと見事です。平日でも駐車場が並んでます。       戦国時代豊臣秀吉に攻められ鉄砲の球の跡が残る大塔根来寺を後に粉河寺に向かいました、途中の桃の産地で桃畑が沢山有り桜との共演が見れます。ご覧頂きありがとうございました。*´_ _))ぺこ [続きを読む]
  • 奈良の桜を・・・
  •    町中が桜色 昨日1日だけでしたが、久しぶりに鼻水が・・・!?   ソメイヨシノも散りだす木も・・今年は早いですね〜(@_@;)   25日西吉野へ・・賀名生の皇居前の枝垂れ桜・・・梅と一緒に・・・!                  川岸の里               25日栃原の枝垂れ桜あと少し       25日は杣之内町の桜は未だでしたが、28日は一気に満開青空が続き、暖かいお天気で一気に咲きだし [続きを読む]
  • 若樫の百滝桜と往生院の薄墨桜 〜大阪にも1本桜〜
  • 近畿2府4県 大阪以外有名な1本桜は多くありますが、我が大阪はソメイヨシノの咲くポイントは多くありますが、1本桜は少し目立ったものは無いと思います。そんな中、大阪の南部、和泉市と泉南市に樹齢100年程ですが、1本桜が有ります。余り広くは知られてないと思いますが立派に咲いていました。先ずは、若樫の百滝桜和泉市若樫町の旧国道170号に面した松尾川上流の小谷にかかる坂見橋のたもとの谷側斜面に立っている。 谷上に居を [続きを読む]
  • 京都 地蔵禅院のじだれ桜
  • 少し満開にははやかったかな?8分咲き位と思いますが、久しぶりに丸山公園のしだれ桜の兄弟木、地蔵禅院の枝垂れ桜を見に訪れましたが、下の菜の花は有りませんでした。一時は花付きも悪い時期が有り、心配されましたが、こんな所でしょう!                        3月25日撮影 現在は満開!     携帯写真ですが、丸山公園の枝垂れ桜ライトアップ 29日現在           井手の里を一望! [続きを読む]
  • 京都 大石桜と岩屋寺の桜 
  • 夏日に近い今日この頃、桜も一気に開花する所が多くなってきました。急ピッチで紹介させてくださいね!(^^)/赤穂浪士大石内蔵助は討入り前に京都、山科の地に住んでいたのは有名ですが、その隠棲地として知られるのが、山科区西野山桜ノ馬場町にある岩屋寺です。大石神社より約50Ⅿ程先右手の山科盆地が見渡せる高台にあります。大石良雄は討ち入りが成功した後に邸宅、田畑等のすべてを岩屋寺に寄進しました。寺域には大石良雄の [続きを読む]