無名堂・新鮮太郎 さん プロフィール

  •  
無名堂・新鮮太郎さん: 幸せな合格(中学受験)
ハンドル名無名堂・新鮮太郎 さん
ブログタイトル幸せな合格(中学受験)
ブログURLhttp://shiawasenagoukaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文塾講師・最高のプロ家庭教師でもある中学受験コンシェルジュが幸せな合格の実現を考えるブログです。
自由文正当な努力って楽しいんです。でも、辛そうな子どもたちって多いんです。一人で多くの子に勉強って楽しいってことを教えてあげたいと思います。正当な努力をすれば必ず成績は上がります。困っている子のお手伝いができたら良いと思います。私にできることは微力かもしれませんが全力で取り組んでいきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/05/05 00:00

無名堂・新鮮太郎 さんのブログ記事

  • 顔晴れ!
  • こんにちは。新鮮太郎です。私自身、何回かテレビで観たので、あなたもご覧になったかもしれません。お子さんがこのビデオを観て、「自分も顔晴ろう」という気持ちになってくれたら良いと思い、ご紹介いたします。最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。いつか、お会いできる日を楽しみにしています。あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。家庭教師の生徒さんを募集中です。「中学受験・ [続きを読む]
  • 親の役割
  • こんにちは。新鮮太郎です。今日はちょっと厳しいお話をしましょう。中学受験は親子の受験とはよく言われることです。小学生は先が見えず自分を律することができませんし、勉強の仕方も知らないので、一人で受験勉強することができないからです。それだけに親御さんの関わり方次第でお子さんの中学受験の結果は大きく変わります。甘すぎてはいけません。甘すぎると、お子さんは勉強しません。授業にもまともに参加しませんし、課題 [続きを読む]
  • 子どもの時間感覚は大人とは違います。
  • こんにちは。新鮮太郎です。5年生以下は言うに及ばず、6年生であっても、この時期に至ってなお相変わらず時間感覚がないとお嘆きの家庭も多いことでしょう。本番まであと100日を切っているのに、全然焦っている様子がない、と。でも、考えてみてください。今から焦っていたら、最後までもつと思いますか?子どもの時間感覚は大人の3倍という話を聞いたことがあります。嘘か本当かはわかりませんが…。焦っていなくて当たり前です。 [続きを読む]
  • 目標を見誤らないで!
  • こんにちは。新鮮太郎です。多くの中学受験生にとって算数は一番負担が大きい教科のようです。私にとっては一番楽な教科なのですが…。算数を負担に感じるお子さんは、どうしても正解が得られるようになることを目標にしがちです。テキトーに数値を当てはめて正解が見つかれば「できた!」、そうではなくても、どんなに遠回りの方法でも、知っている方法で正解に辿り着ければ「できた!」となります。6年生であれば、今は過去問を [続きを読む]
  • トップ合格を目指せ!
  • こんにちは。新鮮太郎です。過去問演習をするときに意識するのは、合格者平均ですか?合格最低点ですか?受験者平均ですか?「合格」に意識が行っているからでしょうか、合格最低点を意識する方が多いような実感です。でも、本当に合格したかったら、トップ合格を目指してください。トップ合格を目指してがんばって、やっとギリギリ合格です。ギリギリ合格を狙っていたのでは合格は厳しいと言わざるを得ません。本番の入試では、志 [続きを読む]
  • 答案作成上の注意点(当たり前のこと)
  • こんにちは。新鮮太郎です。塾のテストの多くは解答しか要求されません。たまにある式、考え方を要求するテストでは、式、考え方に対して配点があり、解答例は示されても、式、考え方の書き方の指導がなされることはありません。その結果、6年生のこの時期になっても、未だに答案の形式すら整わないというお子さんも多いのではないでしょうか?そこで、今回は答案の書き方についての注意点をいくつか挙げてみます。1 答案の形式は [続きを読む]
  • この時期の家庭教師事情
  • こんにちは。新鮮太郎です。この時期、家庭教師センターからの連絡が増えます。6年生の追い込みと次年度の予約です。センターの担当者の話では、6年生の追い込みは、家庭教師を見つけるのはなかなか難しいようです。残り3か月は休みなしでもがんばれるという人でもいなければ、家庭教師は見つからないかもしれません。次年度の予約ももう始まっているようで、次年度の予定を尋ねられました。でも、塾の仕事もありますから、流石に [続きを読む]
  • とりあえず「消さない」「書く」から始めましょう!
  • こんにちは。新鮮太郎です。低学年の授業での1コマです。「間違えたのは消さないで 次に書きなさい。」「え〜、 消さないと書けないよ。」「間違えたのは そのままにして、 次に書けばいいんだよ。」「書けないよ〜。」間違えたときは、いちいち消しゴムで消さないで、新たに書きましょう。ノートは勉強の道具です。ノートの上で思考を展開する練習をしましょう。間違えたときは自分の思考過程、計算のどこに誤りがあるのかを [続きを読む]
  • 4、5年生のサポート(次年度を見据えて)
  • こんにちは。新鮮太郎です。まもなく11月です。入試本番まで100日を切ったこの時期、関係者の意識は6年生ばかりに向きがちです。でも、この時期が大事なのは他の学年でも同じです。5年生は1年の3/4が過ぎて算数に対する苦手意識が固まってくる時期です。4年生は5年生を前に算数を得点源にするために理想的な環境づくりをする時期です。算数はサバイバルゲームです。5年生のこの時期は、残念ながら、すでにレースから脱落しかかって [続きを読む]
  • 「私小説」(市川拓司)
  • こんにちは。新鮮太郎です。このブログでは、ときどき受験ネタから脱線して、私が好きな本、みなさんにも読んでいただきたいと勝手に応援する本をご紹介しています。今回ご紹介するのは市川拓司先生の「私小説」です。 あとがきには、「『世にも奇妙な恋愛小説家の日常』を徹底して描いた選択的発達者のファンタスティックな私小説」とあります。市川先生の本を読むと、いつも心穏やかになれます。人と違っても大丈夫なんだと安 [続きを読む]
  • 心を穏やかにすることが成功を助けます(プラス思考の勧め)
  • こんにちは。新鮮太郎です。中学受験は親子の受験とはよく言われることです。とは言っても、実際に勉強するのはお子さんです。親御さんとしては、疲れたり、ストレスが溜まったりする場面もあるでしょう。つい愚痴をこぼしてしまう場面もあるでしょう。愚痴を言って疲れ、ストレスを消せればよいのですが、実際はその逆です。愚痴をこぼせばそれに応じた現象が引き寄せられます。常に意識を良い方向に向けましょう。でも、言うは易 [続きを読む]
  • 合ってりゃあ良いってもんじゃないよ!(過去問演習)
  • こんにちは。新鮮太郎です。過去問演習の調子はいかがですか?順調に点数が伸びてきて合格圏内に入ってきたお子さんもいれば、なかなか点数が伸びず悩んでいるお子さんもいるでしょう。いずれにしても今はまだ勉強の時期です。過去問は点数が取れれば良いというものではありません。どの学校でも同じですが、とりわけ答えだけしか要求されない学校の場合、答えが合っているかどうかばかりに目が行きがちです。でも、大事なのは、そ [続きを読む]
  • 待つことも必要です
  • こんにちは。新鮮太郎です。どうしても違和感のある言葉があります。やらせる。わからせる。できるようにする。どれも塾関係者がよく言うことですが、これってどうなんでしょう?勉強ってやらせるものですか?やらされ感満載では身につくものも身に付きません。わかる、できるって本人の頭の中の話ですよね?わかる、できるようになるまで一緒に走り続けるというのならわかります。わからせるって「わかった」って言わせる、できる [続きを読む]
  • また今年も…(家庭教師のお話)
  • こんにちは。新鮮太郎です。今年もまた複数の家庭教師先の親御さんから算数以外の教科の指導を依頼されました。もうこの時期の恒例行事のようです。そこで今回は家庭教師のお話です。家庭教師は塾の先生以上に相性が大切です。相性が良い先生に出会えたら、お子さんの勉強に向き合う姿勢も変わるかもしれません。相性の良い先生はお子さんごとに違います。世間の評判は関係ありません。勿論、相性は1回の体験授業ではわからないか [続きを読む]
  • 頑張っちゃダメです!
  • こんにちは。新鮮太郎です。必死に頑張っちゃダメです!頑固を引っ張ると必ず死にます。眠くてもやらなきゃいけないからって頑張る姿は健気ですが、眠いときは眠ってください。頑張っても何も身につかないだけでなく、体調も崩してしまいます。2、3回読んでもわからないときは、聞いてください。聞いてもわからないときは、無理せず「わからない」って言ってください。わかるかどうかは感覚的なものです。理解は頑張って得るもので [続きを読む]
  • うちの子はどこまで伸びますか?
  • こんにちは。新鮮太郎です。先生、うちの子ってどのくらいまで伸びますか?こんな質問をされることがあります。この質問は、人はそれぞれ持って生まれた能力があり、中学入試でも限界があるという考えが前提にあるようです。自信をもって言います!人が持って生まれた能力には、差はありません!人によって凸凹はあるかもしれませんが、能力に差はないはずです。問題はそれをどう引き出すかです。ただ、小学生とは言っても、既に10 [続きを読む]
  • えっ!湿布って痛いところに貼っちゃダメなの?
  • こんにちは。新鮮太郎です。うっ、うでっ、腕が痛い…。病院に行って飲み薬と湿布をもらって来ました。飲み薬を指示されたように飲んで、痛いところに湿布を貼りました。でも、なかなかよくならない。再び病院へ…。これこれこうなんですが…。湿布、腕に貼っても意味ないですよ。えっ?痛みは神経から来てますから、首周りに貼らないと…。痛みは神経の炎症から来ている。痛みを抑えるためには、炎症を抑えなければならない。炎症 [続きを読む]
  • 算数の授業は楽しいですか?
  • こんにちは。新鮮太郎です。「体調が悪いので、具合が悪そうだったら、連絡ください。」親御さんからよく受ける連絡です。先日も親御さんから同様の連絡がありました。お子さんには、具合が悪くなったらすぐ言うように伝えました。でも、授業を始めると終始笑顔。確かに、ちょっと鼻声ではありましたが…。そう言えば、「疲れた」と言ってお休みしたお友だちを「ずるい」と言っていたお子さんもいましたが、そのお子さんも授業中は [続きを読む]
  • 「?ふがいない自分?と生きる」
  • こんにちは。新鮮太郎です。 受験生ではなく親御さんに読んでいただきたい本です。NHK Eテレ「こころの時代〜宗教・人生〜」で放送された渡辺和子先生の回の内容を書籍化したものです。渡辺先生の本は何冊か読ませていただいています。今回の内容は、ほとんどが過去の著書と重なります。同じ本を繰り返し読むのも良いのですが、同じ内容を別の本で読むことも、気付きが増えて良いものです。いくら大切なことでも常に意識しなが [続きを読む]
  • 迷っている暇なんかありませんよ!
  • こんにちは。新鮮太郎です。9月も半ばを過ぎました。過去問演習は上手くいっていますか?もしかすると、未だに志望校がはっきりせず、まだ手探りの状態というご家庭はありませんか?志望校が曖昧だと過去問演習も上手くいきません。悪くすると十分な過去問対策をしないままに本番に突入ということも考えられます。志望校決定が遅れれば遅れるほど合格は遠退きます。早期に志望校を決定してそれに向けて全力を尽くしたって合格を勝 [続きを読む]
  • 合ってりゃいいってもんじゃないよ!(どうやって解いたかが大切です)
  • こんにちは。新鮮太郎です。何事も、大切なことは何かを考えて行動することが大事です。ポイントを外すと期待した効果はなかなか得られません。算数の普段の勉強では、正解にたどり着けたかどうかとともに、どのようにして正解にたどり着いたかも大切です。一見面倒臭そうな問題でも、ちょっと視点を変えるだけで意外と簡単に正解にたどり着けるという問題は多いものです。〇か×かだけに注目するのではなく、できるだけ早い時期か [続きを読む]
  • 単位換算はここから
  • こんにちは。新鮮太郎です。被災された方にはお見舞いを申し上げます。大変だとは思いますが、こんなときこそ笑顔で顔晴りましょう。絶対大丈夫です。さて、単位換算が弱点というお子さんは意外と多いようです。1つ1つの単位換算をバラバラに覚えようとすると嫌になります。覚えるべきものは決まっています。それぞれを覚える前に(SI)基本単位の前につける(SI)接頭辞を覚えておきましょう。×1000はk(キロ)×100はh(ヘクト)×10はd [続きを読む]
  • 勉強のきっかけはどこにでも(台風は進路の東側の方が危ないのはなぜ?)
  • こんにちは。新鮮太郎です。強い台風が接近中です。進路上にいらっしゃる方はご注意ください。東京は進路の右(東)側になります。進路の右側の風が強くなるのはなぜですか?お子さんに聞いてみてください。台風については理科で勉強しますが、進路の右側で風が強くなるのは、算数にも関係しますよね。イメージは流水算です。日常生活の中にも勉強のきっかけはあります。お子さんが「どうして?」と聞いてきたら、勉強のチャンスです [続きを読む]
  • 死んじゃだめだ!(命の意味を考えよう!)
  • こんにちは。新鮮太郎です。明日は9月1日。この日は、子どもの自殺の特異日です。現在は、自治体ごと、学校ごとに、始業式の日が異なり、既に2学期がスタートしている学校もあるとはいえ、備えをするに越したことはありません。中学受験生の中にも、塾は好きだけど、学校はちょっと…、というお子さんもいます。お子さんの様子に違和感を感じたら、すぐに行動してください。何もなくても「良かった」で済みますが、逆の場合は取り [続きを読む]