無名堂・新鮮太郎 さん プロフィール

  •  
無名堂・新鮮太郎さん: 幸せな合格(中学受験)
ハンドル名無名堂・新鮮太郎 さん
ブログタイトル幸せな合格(中学受験)
ブログURLhttp://shiawasenagoukaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文塾講師・最高のプロ家庭教師でもある中学受験コンシェルジュが幸せな合格の実現を考えるブログです。
自由文正当な努力って楽しいんです。でも、辛そうな子どもたちって多いんです。一人で多くの子に勉強って楽しいってことを教えてあげたいと思います。正当な努力をすれば必ず成績は上がります。困っている子のお手伝いができたら良いと思います。私にできることは微力かもしれませんが全力で取り組んでいきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/05/05 00:00

無名堂・新鮮太郎 さんのブログ記事

  • 「じゃあ」は止めようよ…
  • 「じゃあ」は止めましょうよ…こんにちは。新鮮太郎です。「先生、できた」「見せてごらん 残念、もう一回」「じゃあ、これは?」「『じゃあ』って何?」「『こっちはどう?』ってこと」「候補が2つあるってこと? 算数は、こうだったらこうなって、 こうなるから、答えはこれって 論理的に決まるから 答えは1つしかないはずでしょ?」「でも、こっちならこうで、 こっちならこうって考えたら、 候補が2つになるんだよ」「 [続きを読む]
  • できる問題をぽろぽろ間違えるんですけど…(目標と目的)
  • こんにちは。新鮮太郎です。正答率の低い問題は正解できるのに、正答率の高い問題をいくつも間違えるから点数が伸びない。こんな悩みはありませんか?勿論、家に帰ってやり直してみると、当然のように正解できます。だから、わかっていないわけではありません。また、1点の重みもわかっています。だから、くどくど注意してしまいます。でも、これではいくらがんばってもミスは減りません。わかっていることをくどくど言われるほど [続きを読む]
  • 「割合」のポイント
  • こんにちは。新鮮太郎です。割合は受験算数の中で最も重要な単元の1つです。夏休みを前に、割合に不安を抱えるご家庭が多いようなので、今回は割合のお話を少々。割合で勉強するのは、① 三用法② 相当算(第三用法)③ 売買損益算④ 濃度ですが、①の三用法がしっかり理解できていれば、あとは簡単です。割合って何ですか?割合とは2つのものを比べるときに、一方(A)がもう一方(B)の何倍かを表したものです。Aを比べる量 [続きを読む]
  • 「十分な睡眠と運動がわが子を伸ばす!」
  • こんにちは。新鮮太郎です。無料公開シンポジウムのお知らせです。主催 森上教育研究所 わが子が伸びる親の「技」研究会テーマ 「十分な睡眠と運動がわが子を伸ばす!」日時 7月29日(日)10:00〜12:00場所 神田女学園中学校高等学校講堂申込先 スキル研究所WEBサイト oya-skill.com詳細はWEBサイトでご確認ください。最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。いつか、お会いできる日を楽しみに [続きを読む]
  • 初めての志望校登録
  • こんにちは。新鮮太郎です。各塾で5年生の志望校登録が始まっているようですね。初めての志望校登録。1つ2つの憧れ校はあっても、すぐにすべての欄が埋まるご家庭はあまり多くはないのかもしれません。今回は、憧れ校のほかは、名前を知っている有名校をいくつか書いておくのも良いでしょう。でも、志望校は6年生になる前に決めてくださいね。とりあえず、学校を見に行きましょう。学校説明会は当然として、文化祭、体育祭だけでな [続きを読む]
  • やりゃあいいってもんじゃないよ!(いつ、何をやるかも大切)
  • こんにちは。新鮮太郎です。お子さん、朝勉、顔晴っていますか?夜遅い時間は、いくら頭が冴えているような気がしても、頭の回転は悪くなりますから、早寝早起きの方が良いですね。朝は、計算や漢字をやっているお子さんが多いようですが、大事なのはやり方です。よく言われることですが、人間は寝ている間に、脳の中で情報の整理をしています。だから、眠る直前には、思考力を要する勉強ではなく、漢字や理科、社会の知識を覚える [続きを読む]
  • 「僕は。」
  • こんにちは。新鮮太郎です。今日もまた「半分、青い。」ネタです。涼次(間宮祥太朗さん)が忘れた手帳にあった詩「僕は。」は素敵でしたね。(写真はNHK番組HPからお借りしました。感謝)脚本の北川悦吏子先生が書かれたもので、元々は、2003年のGLAYのHIGH COMMUNICATIONツアーライブで、「ゆるぎない者達」の演奏の前に小泉今日子さんが朗読したものを、今回、北川先生がマイナーチェンジされたものだそうです。涙が出るほど感 [続きを読む]
  • 成長するチャンス
  • こんにちは。新鮮太郎です。西日本豪雨の被災者の方々にはお見舞い申し上げます。壁があるときはそれを乗り越えて成長するチャンス聴覚障害の短距離ランナー佐々木琢磨さんの言葉です。(写真はサントリーHPからお借りしました。感謝)パラリンピックには聴覚障害のカテゴリーがないそうで、(知らなかった…)佐々木さんは、2020年の東京オリンピックを目指しています。聴覚障害者にとって、スタートのピストルの音を聞いて反応す [続きを読む]
  • 期待しすぎていませんか?
  • こんにちは。新鮮太郎です。どのお子さんにも無限の可能性があります。ですから、親御さんがお子さんに期待するのはわかります。でも、過度の期待は考えものです。うちの子はこんなもんじゃない。もっとできるはず。どうしてこんなミスするの?こんな言葉が口を出るようになったら危険信号です。親御さんの期待は、お子さんの負担になっている危険性があります。親御さんの前では素直な良い子で、勉強も真面目に可哀そうなくらい一 [続きを読む]
  • やり方をたたき込む?
  • こんにちは。新鮮太郎です。解き方を覚える勉強は、必要な労力の割には得られる成果は多くはありません。勿論、勉強の過程で、結果的に解き方を覚えてしまうというのは良いのです。でも、できるまで繰り返し練習してできるようにしていくというのは、解き方を覚えようとしていることに他なりません。そもそも考えられる出題のパターンを網羅することは困難です。仮にそれができても、問題に相対したときに、それがどのパターンなの [続きを読む]
  • ポジティ部に来たれ!
  • こんにちは。新鮮太郎です。S塾の組み分けテストが終わってネガティブ発言の嵐ですね。塾のテストの間違いは宝物ですよ。定着していない知識や、間違えやすい問題が発見できます。入試本番までにその部分を修正していけば良いのです。テストは本番さえできればオッケー牧場!ネガティ部は退部して、ポジティ部に入部し直しましょう!ただ、できなかった問題は(コピーして)ファイリングするなどして、手当てすることは忘れないで [続きを読む]
  • 宿題について
  • こんにちは。新鮮太郎です。宿題とは、次の授業までにやるべき課題です。提出が求められるかどうか、チェックされるかどうかは、関係ありません。授業を終えて、できるようにしておくべき内容です。先生は、次の授業では、それができるようになっていることを前提に授業を進めます。できるようになっていればオッケー牧場。提出なんかは本来必要ありませんし、できるようになっていれば、回数や量なんかは関係ありません。でも、先 [続きを読む]
  • 言いたいことを正確に伝える力(先回りしない!)
  • こんにちは。新鮮太郎です。今回も、「半分、青い。」ネタです。律、結婚しちゃいましたね。律が鈴愛と結婚しなかった理由を、律は、自分が鈴愛に振られたからだと表現しました。あの駅での1シーンですよね。(写真はNHK番組HPからお借りしました。感謝)律   鈴愛、結婚しよう。鈴愛  (今は)ムリだ。ダメだよ、鈴愛!「今は」を省略したら伝わらないって!まあ、脚本の北川先生によれば、「半分、青い。」はトレンディドラ [続きを読む]
  • 守りに入っちゃダメだ!(日本・ポーランド戦に思う)
  • こんにちは。新鮮太郎です。昨夜のサッカー、日本・ポーランド戦、色々な意見があるようですね。私はサッカーに関しては素人ですから、あまり言えませんが、テストでは守りに入ってはいけません。例えば、例年合格ラインが65%だからと言って、65%を確保できたという確信があっても決して気を緩めてはいけません。もしかしたら、その年の合格ラインは75%になるかもしれません。入試は原則として相対評価です。1点でも多く貪欲に [続きを読む]
  • 志望校は早く決めた方が良いけど…
  • こんにちは。新鮮太郎です。何事でも目標がないとなかなか上達できません。「己に勝つ」とか「昨日の自分を超える」っていう目標はカッコいいんですが、ちょっとぼんやりしていてなかなか顔晴れませんね。目標は具体的な方が顔晴れます。目標は小さなものから大きなものへ段階をつけて設定しましょう。例えば、テストの正答率●%以上の問題を全部クリアする。 ↓偏差値●以上を達成する。 ↓●●中学に合格する。 ↓己に勝つ! [続きを読む]
  • 面積図を使いこなせるようにしよう!
  • こんにちは。新鮮太郎です。最近、面積図が使えないお子さんが増えているような気がします。面積図は、つるかめ算、平均算などでよく使われます。面積図が使えなくとも問題が解けるのであれば問題ないのかもしれませんが、武器は多いに越したことはありません。面積図は、つるかめ算が誰にでも無理なく解けるように先人が考えてくれた方法だと聞いたことがあります。ただ、「つるかめ算はこう解きなさい」と面積図を教えるだけでは [続きを読む]
  • 自分の分だけ顔晴ろう!
  • こんにちは。新鮮太郎です。昨日に続いて「半分、青い。」ネタです。裕子ちゃん(清野菜名さん)が秋風先生(豊川悦司さん)のところからお嫁に行きましたね。とってもきれいでした。(写真はNHK番組HPからお借りしました。感謝)裕子ちゃんが鈴愛に贈った言葉も良かったですね。裕子  君、がんばれよ。鈴愛  ん?裕子  漫画。    私の分までとは言わない。    私の人生は私のもの、    鈴愛の人生は鈴愛のもの [続きを読む]
  • 逃げちゃダメだ!諦めちゃダメだ!
  • こんにちは。新鮮太郎です。今日も「半分、青い。」ネタです。アイディも出なくなり、連載も打ち切られた裕子ちゃん(清野菜名さん)。漫画家を止めて、別の道を選ぼうとします。結婚しようとする相手にお金を出してもらってインテリアの専門学校へ行くと言います。(写真はReal Soundからお借りしました。感謝)鈴愛  漫画はどうするの?裕子  もう私疲れちゃった。鈴愛  えっ?裕子  漫画ってさあ、0から作るじゃない? [続きを読む]
  • 質問の仕方
  • こんにちは。新鮮太郎です。お子さんが勉強していてわからない問題にぶつかったとき、お宅ではどうしていますか?質問教室で何十分も待たされるという塾もあるようですが、塾の先生に質問に来るお子さんの割合は、意外と多くはありません。質問に来るお子さんは決まっています。ご自宅で解決できるのであればそれがベストです。何より機動力が違います。塾に行って質問するとなると、どうしてもタイムラグができます。疑問点は熟成 [続きを読む]
  • 明日やろうはバカヤロウ!今度やろうもバカヤロウ!
  • こんにちは。新鮮太郎です。今日できることは、必ず今日やってください。今日できないことでも、今日やるべきことは今日やってください。えっ?できないことは無理?完璧にできなくてもザッとでもいいから今日やってください。人間は基本的になまけものです。私だけ?今日やらないことは明日もやりません。今度やろうって言って今度が来たためしはありません。目標を達成しようと思ったら、やるべきことを勤勉にやり続けることです [続きを読む]
  • 人類史上最高の発明は期限!(日頃の備え)
  • はい、こんにちは。新鮮太郎です。今朝の大阪の地震、大変でしたね。被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。東日本大震災のときは、私のいたところは震度5強でした。緊急地震速報が流れると今でも恐怖で固まってしまい動けなくなってしまいます。つい忘れがちですが、日頃の備えが大切だと感じました。勉強も日頃の備えが大切です。人類史上最高の発明は期限だと言った人がいます。人間は期限がなければ動けません。宿題がで [続きを読む]
  • 「斎藤一人 俺の人生 すべてが成功する絶対法則」(斎藤一人)
  • はい、こんにちは。新鮮太郎です。大好きな斎藤一人さんの新刊が出ました。 いつもながら学びの多い本ですが、今回は、その中から2点ほど参考になるお話を。1つは「我慢はだめだけど挑戦はいいよ」っていうお話。そして、もう1つは「上手くいかないのは成長するために必要だから」っていうお話です。まずは1つ目のお話。前回、禁句のお話をしましたが、言葉は習慣です。そして、習慣を変えるのは大変です。つい口から出てしまい [続きを読む]
  • 禁句
  • はい、こんにちは。新鮮太郎です。どうしてわからないの?どうして覚えられないの?どうしてこんな簡単なことができないの?お子さんの勉強を見るとき、言わないでほしい言葉です。そんな質問されたって、お子さんは答えられるわけがありません。傷つくだけです。そんなことは、自分に立場を置き換えればすぐにわかることです。お子さんも理解しようとしています。理解しようとしても理解できないのかもしれませんし、理解したつも [続きを読む]
  • ライバルはいますか?
  • はい、こんにちは。新鮮太郎です。今回も「半分、青い。」ネタです。秋風塾の3人の仲間のうち、裕子(清野菜名さん)がデビューを決めました。一緒に喜ぶ鈴愛(永野芽郁さん)。(写真はNHK番組HPからお借りしました。感謝)鈴愛  先越されたとは思っとる。    だけど、嫉妬してうらやんでばかりいたら    人生半分になるわな。裕子  どういうこと?鈴愛  友達に良いことがあったら喜びたい。    そうしたら人生 [続きを読む]
  • テストの結果は何を見ていますか?
  • こんにちは。新鮮太郎です。テスト後の感触(自己採点)がイマイチのとき、平均点が高くならないことを期待する親御さんが少なくないような気がします。確かにテストの結果は絶対評価ですが、成績は相対評価です。お子さんの点数が芳しくなくても、平均点が高くなければ、結果的に成績は上がります。でも、そんな成績では合格は担保できません。テストの結果は偏差値、順位ではなく、もっと別の観点から見た方が良いですね。取るべ [続きを読む]