タフちゃん さん プロフィール

  •  
タフちゃんさん: 目白の風景、40年前と見比べると
ハンドル名タフちゃん さん
ブログタイトル目白の風景、40年前と見比べると
ブログURLhttp://mejiro.asablo.jp/blog/
サイト紹介文70年代を過ごした目白に40年ぶりに戻って来ました。写真を交えながら目白の今昔を綴って行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/05/07 00:36

タフちゃん さんのブログ記事

  • 目白ジオラマを動画にしてみた
  • (前回)からの続きです。目白をイメージしたジオラマの中を、「都電」と「都バス」が走る動画を撮ってみました。このジオラマ、もともとは「Bトレインショーティー」という寸足らずの車両が走ることを前提にしたレイアウトでした。そのため線路のカーブとかがきつめです。しかし今回は少し本物っぽい風景に見せるために、「Bトレ」でなく正規縮尺の8800形の都電モデルを使用しました。まず最初は鬼子母神の参道前を走る都バスと都 [続きを読む]
  • 目白ジオラマ鉄道模型:目次
  • 01.斜めってる?風景02.50年前の物欲が目覚める03.ジオラマ材料買いました04.鉄道模型レイアウト検証中05.運搬可能なタタミ一枚の鉄道模型レイアウト06.無い知恵絞って鉄道模型レイアウト07.Nゲージ鉄道模型レイアウトの設計08.鉄道模型のレイアウト設計補遺09.二次元ジオラマ目白ほぼ完成10.二次元ジオラマの縮尺は?11.バスコレ&Nゲージ12.鬼子母神堂の模型製作13.都電停留場のホームを製作14.ジオラマ収納箱の製作15.ジオラマ [続きを読む]
  • 東京10区総選挙掲示板はや!
  • 夏日の本日午後、いつもの目白で"walk & shoot"を楽しんでいたら、やたら目につく掲示板。そうなんだ、今日は衆議院選挙の公示日なんですね。そして、私の散歩コースは東京1区と10区に跨がっていることも再認識。更に、掲示板にポスターを貼り出す、各陣営のその早さにあらためて感嘆!まだ、立候補受け付け開始から6時間程度しか経っていないはずなのに、既に、こんな具合です。まず1区から。そして、物好きな私は、散歩の間の約1 [続きを読む]
  • 背景写真でジオラマ完成!
  • (前回)からの続きです。Nゲージ鉄道模型のジオラマが完成しました。製作期間は約3ヶ月。製作開始は7月12日、まずボードに線路を敷設して、どのエリアにどんな要素を作り込むかをスタディしているのが、次の写真で、これが8月3日でした。そして、8月23日には次のように地形が出来上がりました。その後、各要素を作り込むのに一ヶ月、ほぼ完成したジオラマを箱に詰めた写真が次です。ここで良いことを思いつきました。ジオラマ本体 [続きを読む]
  • 今年の中秋の名月
  • 今日は中秋の名月。先ほど撮影してみました(手持ち撮影)。すでに雲がかかり始めていたので、雲の隙間に月が顔をのぞかせた時に撮影しました。絞り・シャッタースピード・ISOは一昨年と同じ値に設定。良く撮れた時のデータをブログ等に残しておくと役に立ちます。ちなみに雲に隠れた時は、目では見えても写真ではほとんど写らずでした。露光量をLightroomで5倍に増幅して、やっと次の状態でした。明日と明後日もお天気次第で撮影 [続きを読む]
  • 江戸川公園を作る
  • (前回)からの続きです。製作中のジオラマに悩ましい箇所がありました。次の狭小敷地です。左の神田川と右の線路に囲まれた三角形の空地ですね。何か建物を建てるには、幅が狭すぎます。あれこれ思い悩んだ末にたどり着いたのが「江戸川公園」。今回の模型の空地と敷地条件が似ているのです。この写真で右手の桜並木の向こう側は神田川です。その川と、左手の崖の間の細長い敷地が江戸川公園です。約4、50年前の私のデートコース [続きを読む]
  • 鬼子母神堂の本殿を作る
  • (前回)からの続きです。先日、次の「鬼子母神堂の模型製作」を記事にしました。多くの人が、この建物がメインの建物と思って、眺めたり写真を撮ったりしています。でも、これは拝殿で、宗教上のメインの建物は、実はこの裏側なんですね。これです。鬼子母神堂の「本殿」。近寄ってよく見ると、本殿周囲に巡らされた朱色の玉垣の中央部には、神社で良く見かける鳥居があります。更に、この写真でも分かるように、本殿と鳥居の間に [続きを読む]
  • 赤い妖精ウォズニアッキ
  • 本日、東レパンパシフィックテニスのシングルス準決勝を観戦してきました。応援するのは、第三シードのキャロライン・ウォズニアッキ (デンマーク)。昨日、強敵ドミニカ・チブルコバ (SVK)に辛くも逆転勝利をおさめ、本日のセミファイナルに駒を進めてきたのでした。相手は第一シードのガルビネ・ムグルザ (ESP)。この写真でも分かるように、試合前練習から真剣勝負の気配です。実は、苦戦を予想していたものの、終わってみれば6-2 [続きを読む]
  • 高戸橋の鉄橋と面影橋を作る
  • (前回)からの続きです。私のジオラマ鉄道模型の「川」は神田川をイメージしています。だから、以前に桜並木を作りましたし、今回は更に、高戸橋の鉄橋も作ってみました。まず実物。ここは撮り鉄スポットの一つ、高戸橋です。緑色の鉄橋が見えますね。そして、鉄橋側面をみると次のようです。端部を見ると、要は巨大なH鋼であることが分かります。早速、手元の紙切れに製作図を書きました。かなりいい加減。ついでに都電停留所近 [続きを読む]
  • いろんな柵を作る
  • (前回)からの続きです。自分なりのジオラマ鉄道模型を作るためには、自作せねばならない要素がたくさん出てきます。そんな中でも「こんなもの」と思いつつ作ったのが「柵」まずは、おとめ山公園で良く見かける「ロープ柵」。見晴台へ登る階段や、みんなの原っぱへ登る階段にもありますね。次の材料で作れそうです。ヒノキの細角材と極細針金(0.3mm径)です。木片に針金を適当に巻き付けました。この後、着色して、見晴台からの [続きを読む]
  • 四阿と手水舎を作る
  • (前回)からの続きです。ジオラマ模型の小物作りに勤しんでいます。本日は、おとめ山公園の四阿(あずまや)です。あまり人が近づかない見晴台近くに次のように建っています。弁天池にもありました。これを模型にして置いてみたのが次の写真です。材料はボール紙と木片だけです。瓦屋根は、「鬼子母神堂」を作った時の残り。この写真で中央が完成した一体、その周りにあるのが組み立て前のパーツです。次のようにベースの上に架構 [続きを読む]
  • ジオラマの植木屋さん(3)
  • <神田川の桜>(前回)からの続きです。ジオラマで神田川の桜並木を表現してみることにしました。まずは実物を観察。これはビックカメラ本社南の小道沿いの桜です。他の場所でもほぼ同じですが、桜の樹の高さはビルの3階分くらいで約10m、並木の間隔も約10mくらいでしょう。そして特徴としては、葉っぱの密集度が低く、間が透け気味なところです。また、葉っぱ自体も緑色は薄めですね。そんな事から、葉を表現する材料としては、 [続きを読む]
  • ジオラマの植木屋さん(2)
  • <おとめ山公園・弁天池のメタセコイア>(前回)からの続きです。おとめ山公園でシンボルツリーと言えば、このメタセコイアが一番手かも知れません。弁天池の中之島に屹立しています。近づいて確認すると次のようになっています。遠方の四阿の前に二本立っています。下の方の枝は、ほぼ水平に伸びるのですね。この感じを既製の樹木キットで表現するのは難しそうなので、次の「トゥリーク」なる芯材をLEMON画翠で買いました。12cm [続きを読む]
  • ジオラマの植木屋さん(1)
  • <おとめ山公園のスダジイ>(前回)からの続きです。骸骨が盆踊りに興じているようなこの写真は、ジオラマに配置する樹木を製作している途中の様子です。やはり、ジオラマをそれらしく見せるためには樹木は必須らしい。それで次の樹木キットを買いました。これを全部作れば大小合わせて50本の広葉樹が作れます。プラスチック製の幹・枝をひねって最初の写真のように仕立ててから、その枝に、次の写真の「葉っぱの塊」を適当に乗せ [続きを読む]
  • ジオラマ収納箱の製作
  • (前回)からの続きです。ジオラマ鉄道模型の収納箱を作りました。ジオラマ製作が佳境を迎え、緑地表現のための「フォーリッジ」や「シナリーパウダー」、また、線路表現のための「バラスト」などを使い始めると、どうしても、その一部がこぼれて床を汚しがちです。女房から苦情が出ることは間違いありません。何とか、そんなトラブルの種を蒔くことなしに、ジオラマを持ち運ぶことができると良いですよね。それで、ジオラマがすっ [続きを読む]
  • 都電停留場のホームを製作
  • (前回)からの続きです。現在製作中のジオラマ鉄道模型に配置するために、都電のホームを作りました。一般のJRや私鉄の駅の模型を作らならば、各種市販されている既製品のホームが便利ですが、それですと、都電用として流用するにはちょっと大きすぎます。都電のホームは、幅2.5mx長さ12mくらいしかありません。普通の電車の駅に比べると随分と小さいでしょう?それで、やむを得ず自作したのが最初の写真です。次の写真のように「 [続きを読む]
  • 鬼子母神堂の模型製作
  • (前回)からの続きです。鬼子母神堂の模型(とりあえず拝殿のみ)が完成しました。Nゲージサイズ(150分の一)のモデルです。これを作ることになった理由を述べます。現在進行中のジオラマ鉄道模型製作にあたって、そのメイン建物として、お寺の御堂を置くことにしました。もちろん、雑司ヶ谷の「鬼子母神堂」をイメージしているわけです。何しろ、国の「有形重要文化財」に指定されているお堂ですからね。しかし、お寺って、屋根 [続きを読む]
  • バスコレ&Nゲージ
  • 先日の鎌倉旅行の途中、江ノ島駅にこんなものがありました。ジオラマですね。「江ノ電」の昔の車両もいましたよ。これを見て、私もこんなジオラマを普通に作ってみることにしました。とりあえず、手持ちのレールが少しばかり余っているので、それらを繋ぎ合わせれば畳一枚分の鉄道模型レイアウトになりそうでした。そして次の写真が、製作進行中のまさに現在の様子。90x60cmのパネルに線路を敷設し、試運転をしています。情景アイ [続きを読む]
  • フ゜リモシ゛ュニア分解_裏蓋とヒ゜ントフート゛
  • (前回)に引き続き、今回は裏蓋とヒ゜ントフート゛の分解手順をメモします。外す部品は次の写真の赤枠内のものです。裏蓋まわりは難しいことはありませんでした。フィルム番号覗き窓の化粧カバースライドカバー押さえバネなどを外してアルコールで消毒。赤窓のプラスチック板も掃除しました。裏蓋の内側も、次のように圧板と板バネを外して掃除。次はピントフードですが、次の写真に見えているビス(両側で4本)を取れば、外れま [続きを読む]
  • フ゜リモシ゛ュニア分解_繰出ノブ側
  • (前回)に引き続き、今回はピント調節用の繰出ノブ側について分解手順をメモします。外す部品は次の写真の赤枠内のものです。こちら側のプレートを外すには、普通に取り付けネジを外せば良いと思いがちですが、それだけではダメで、一つ大きな難題が待ち構えていました。それは、次の写真、繰出ノブ内のフィルム感度表記盤の押えリングです。この押えリングには赤矢印の二箇所に「すり割り溝」が掘ってあります。これが何とも精密 [続きを読む]
  • フ゜リモシ゛ュニア分解_クランク側
  • (前回)からの続きです。メカニック観察と分解練習のためにバラバラにしているプリモジュニア、今回はクランク側について分解手順をメモします。外す部品は次の写真の赤枠内のものです。まず、レンズボード等を取り外す前の状態から始めて、クランク取付部のピンを抜き取りクランクを外すと、取付部の両側に二つのダボ穴があり、次のようにダボが頭を覗かせます。ダボの下にはコイルばねが潜んでいますので注意。写真左下の金具( [続きを読む]
  • プリモジュニアレンズ清掃編
  • (前回)からの続きです。古いカメラを分解し、レンズを前後から眺めてみると、たいていの場合、傷やクモリやカビが発見されます。今回分解したプリモジュニアも次のように難ありでしたので、以下の手順にてレンズの清掃を行いました。左ビューレンズ、右テイクレンズの乗ったレンズボードを外します。テイクレンズの前玉表面にアバタのような傷(多分カビ跡)が見えます。ビューレンズについては前玉の押さえリングを外してから、 [続きを読む]
  • 50年前の鎌倉大仏
  • (前回)からの続きです。前回紹介した「江ノ島稚児ケ淵」の50数年前の写真、それが見つかったのは次のアルバムでした。私の小学校の卒業記念アルバムです。実は私は子供の頃の写真は全部捨てたつもりでした。多分、思い出写真なんかはどんどん捨てちゃう方がカッコいい、というちょっと見当違いな考えを持っていたのだと思います。だから実際に、私の幼少年期の写真はあまり残っていません。ところが私の知らないところで、母が一 [続きを読む]
  • 50年前の江の島稚児ケ淵
  • (前回)からの続きです。先日宿泊した鎌倉プリンスホテルの目の前は七里ヶ浜。到着した日の夕方、堤防の上から浜越しに「江の島」が見えました。「五十年ぶりに江の島に行くのも良いかも」と急遽旅程を変更。翌日江ノ電に乗って行きました。次の弁天橋はすんなり渡りましたが、島内の階段はそれなりに登りがいがありました。事前調査も何もしてなかったので、屋外エスカレーターがあることを知ったのは、半分ほど登った後でした。 [続きを読む]
  • 昔の段葛と鎌倉近代美術館
  • この写真は1973年の鎌倉若宮大路の「段葛」です。2015年に当ブログで取り上げたことがありますが、その頃は、段葛が修理中で次のように閉ざされていたため、同じ場所の最新の様子を撮影することは出来ませんでした。それで段葛の新旧比較は、段葛修復後の宿題となりました。先日、鎌倉に行く機会があり、やっとその時の宿題を済ませました。これは段葛が始まる二の鳥居の写真です。両脇の道路から一段高くなった段葛が、修復され新 [続きを読む]