源太 さん プロフィール

  •  
源太さん: 源太の株バトル
ハンドル名源太 さん
ブログタイトル源太の株バトル
ブログURLhttps://ameblo.jp/gentanokabubatoru/
サイト紹介文大岩川源太が新しく始めた「源太の株バトル」先読み個別銘柄株情報を発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供697回 / 365日(平均13.4回/週) - 参加 2012/05/08 14:09

源太 さんのブログ記事

  • 今日は良かったけどね。
  • 下がっていたDNAチップやソウルが戻り、石よりも堅い上値だった多摩川HDが多摩川の水位のように上がりだし、日経平均も大幅な上げは22000円ももうすぐといった格好。申し分ない月の20日過ぎの物色の傾向。ただ、これが連続か今日だけのものか。こうした部分で非常に大きく変わってくるのですが、幅をとるべきか回転で流すべきか非常に難しいです。意外に大型が鈍い市場は、最後に来た馬力物が再び評価してもらえるのかですよね。 [続きを読む]
  • 選挙考
  • 今回の選挙で海外は旧共産圏は警戒をしています。そして、欧米は歓迎。この勝ちで次の自民総裁は東京オリンピックまで行ってしまうんでしょう。そこで国内政党の責任問題ですが、小池さんが海外に行っていることに希望に転じた民進から一斉不満。後押しや援護が足りなかったなど言っています。良く言いますよね。だから、元都知事の石原さんが「枝野は男だ」というように、紆余曲折あれども彼が立党したことから今回の選挙でゆが [続きを読む]
  • 自民党圧勝!
  • 自民党の作戦勝ちというか、野党のブレがでかかったというかとにかく圧勝。止まりそうで止まらない市場は日本選挙なんか「終わった話」として推移して来そう。そりゃ、圧勝の祝儀や安堵感はあります。この市場は良いとこ取りで見ていますから、基本的に下がるとしても調整程度で一回目の押しは「待ってましたの買い」が入るタイプ。ただ、自分は良く話すのですが、今は悪い物は見えていないのですが、あれだけ騒いだ北朝鮮問題は [続きを読む]
  • 燦キャピタルIR無料講演会について
  • 燦キャピタルマネージメント無料IRセミナーが来週26日八重洲のTKPであります。始まりは18:00ぐらいから私がしゃべり始めます。 いや、事務局に聞いたら人がいつもよりも集まっていないみたいで、勿体ないと思うので。自分の話は低いレベルですが、過去の低位株でIRを行った時に、黒字化した時の要因や中身を聞いて、大化けに至った株式は多い物。 バイオマスに絡む案件とM&A事業。代表の前田健司氏が、どのような構想描いている [続きを読む]
  • 投票には行きましょうね。
  • 基本的に月曜日は投票結果からという考えもあるし、その結果がどうなるのかは私もよくは判りません。いや、何もないだろうと思って上がってるならば、何もなかったら材料出尽くしになるかもとか考えないでもないです。ただ、朝書いたように個人投資家はビビっても、外人なんかは何とも思ってなく下がって勝負は指数という考え方は変わらなかったというところですよね。そうした動きは個別株にも出始め、前場は粛々と処分していま [続きを読む]
  • あかんたれ。
  • NYだけが底堅いのじゃなく日本だって相当強いものです。ですが、朝書いたように個人投資家は弱気だから自分の持ち物は調整があったら怖いんですよね。従って、この場面では手持ちは週末の売りもあるんですが、換金気味の前場。指数は外資などが関係ないとみて買いに来たというところでしょうか。朝から強かったですから。ヤクルトとかが。そういう部分は日本人は石川製作買うように何か不安が欲しいもので、外人は結局政権交代は [続きを読む]
  • 上げの恩恵受けてたら堪えますが…。
  • やっと、止まってくれそうな市場はここからもう一丁下がるのは難しい状況。だから、売っている方は「下がり始める」と思うかもしれないですが、買う方は昨日など換金大分しているから「どこで買うか」がテーマであるし、何を買うのがテーマであったりします。いや、結局は企業収益相場になっていなかったという部分を修復できる押目ならなかなか強いところなんです。 そこに選挙という部分でこれが克服されたら、全体論に変わりや [続きを読む]
  • 祝!連騰。
  • 今日も強かった市場は個人投資家が個別株で気力失って、「売らない強気」にならなくなっています。尚且つ、「いつかは下がるんだ」という気持ちの元から、「早く逃げたい」という流れになっていますよね。だた我々は通常ここまで強けりゃ少々業績が悪くも「いつかは上がる」なんて過去は思ったんですが、叩きや小細工に慣れた今の投資家は「手持ちは上がらない」という判断になっていきます。まあ、こうやっているうちに新しい流 [続きを読む]
  • タイミング
  • 軽い骨折でもなかなか痛いもので、何もしていない時に痛く感じてしまうものです。そんな時にtvで「10月は骨折が多い」という特集。もう遅いわ。株式市場で「売っておけば良かった」と思うことがこのシリーズは非常に多いです。ですから、先に注意なのですが、用心で売った物は全く下がらないし、不十分だからと持っていたらだらだら下がって買値割り込んでしまいました。そりゃ判断ミスだし才能の無さでしょうが、この駆け引き [続きを読む]
  • 資金化
  • 下がると思いきや下がらないから売っている人はイライラ。意味が判らないでしょう。ですが、実際買っている方はインデックスならばともかく、個別株はムラがありすぎるからこっちがよくなってもこっちは悪いという風になります。特に新興市場は下げ過ぎが上がるんですが、翌日は不明なものが多く、かといって売るには低い位置になってしまっています。そういう流れを考えたら一般株の出遅れは非常に多く、指数で感じる過熱感は非 [続きを読む]
  • 苦労する相場。
  • いや、本当に下がりそうで下がらないんですが、売っている人にとって見たら「さすがにこの連騰は」という気ですが、強気の方としたら一日ぐらい休んだってという気なんですよね。だから、昼ぐらいは皆が下がること想定して売りっぽくなりますが、実際下がって来たら、明日はどうだろうかと下がった中で買うもの探してきてますよね。だから、確りしていたら皆がそこに行くんですよ。そうした流れが大分あるんですが、それでも指数 [続きを読む]
  • 医者に行ってきました。
  • 出て行った隙に自分の手持ちが急騰なんて都合が良い様な事は無いのでして、一つは良いが一つは悪いという感じ。つまり、この市場はここにきて少し警戒色もあるが、出遅れも多く、そうした中で個人投資家は「儲かりそうな気がするが上がったら買いたくない」みたいな雰囲気があるんです。そうした感覚は日経平均の5分足なんかに現れているのでして、下がり始めたら急に皆が投げたりします。でも、中身がいいからまた買われたりね。 [続きを読む]
  • 強いと解説されてもねぇ・・。
  • どうも個別と全体の指数の感性が違うのですが、ザラバに多くの銘柄が出て来て動くケースが多いですね。ですが、その多くが短命で続くものは初めから位置が高くて乗り難いという風な形になるんです。そういう相場だからここは舵取りが難しくて、こういう時はある種の今に乗らない心の強さが大事なんです。そういう投資は辛抱が要るし、気分的にも良くは無いです。華やかな物が動く中地味な物に行くので。でも、皆さんの多くはこの [続きを読む]
  • はっきりさせておく。
  • 引っ越したから言ってるのじゃないですが、めんどくさいというか判らなくなったタイプは処分しておいた方が良いです。私は今年は益金がそこそこ積みあがっているから損だしのクロスをかけて行きます。ここは高値水準の日経平均ですが、個別株に取っては下がっているものも多く、過熱感どころか冷え切っている部分があります。従って、ここから調整ならば高い買いは投げざるを得ないし、上がるなら売らなくていいように書いたんか [続きを読む]
  • 変わらなきゃ
  • 市場は非常に難しくなってきたんですが、それは上がってくる過程で儲かった買い方と売って損をした売り方が一巡して、買いあがるには位置が高い、ここまで耐えたがもう一丁上がったらいかんので売れない。そういった位置だと思ってほしいんです。そんな中、豊和工業とかの防衛関連は上がるし、串カツ屋は上がっているです。何がしたいのかわかりにくい市場は「企業が好業績」なんかではない、単なる、力比べに見えます。 要するに [続きを読む]
  • 統一感が無い
  • 指数の割に個別株の上がる幅は短いから売りそびれた意識が非常に強いですね。ですから、下げた時の投げが「騙されたぁ!」的になっているから、元の値にすぐ戻ります。いや、それ以上に売る株も多いです。水準から持つのが怖い、でも、「良い材料だな」なんてのがこの市場にはあるのでして、そうした考え方は投げすぎたら買うが、買われたら全体の水準から逃げたい強気になって行きます。 そうしたなんか持ち合いに近い状況になっ [続きを読む]
  • ばらばら。
  • 上がるものもありますが、同じ業種でも違うし、業績相場入りといわれながらも食品なんてのはPERから考えたら高いものが多いし、トヨタとか見てたら為替も関係ないような動き。かと思ったら決算がずれただけで中身見ないで売りになる株があったり、先取りして上がらない株式があったりなんです。そういう相場が今は多いということなんです。第三波動に似せた単純な需給相場的に見えてしまい、味気無ささえ浮かんできてしまいます。 [続きを読む]
  • 事務所移転
  • 引っ越しは無事終わりましたが、いろいろ問題が起きます。まず、とれとれラジオが録音できなくなりました。原因は判っていますから復旧はするんですが、これからビデオに移行しようと思うの迷うところです。他にはライブ画面が変わったり。そうそう、PCの電源コードが1本無くなりました。こうしてる間にも株式は週末完璧に抜け出してきました。バブル前にも会社が引っ越ししたらそこから株式が急伸して行ったことがあるんです。新 [続きを読む]
  • 踏ん張り方
  • 天井っぽいチャートの日経平均は十字足。個別株も反発するものはありますが、人気物は少し値を消す展開が見えました。まあ、ここまで安倍さんアシストの相場は良くやりましたし、一応は新値で休んでもおかしくは無いでしょう。ただ、下がっていた株式や休んでいた株式はここから頑張ってもらわなきゃならないし、そこが上がらないようでは投資家としたら辛い部分もあります。なんちゅうか不当に下がるものも多かったですらね。基 [続きを読む]
  • 安倍さん有利な流れ
  • 北朝鮮懸念をTVなんかで言い始めていますし、いよいよかの雰囲気。豊和工業とか高いですよね。ですが、なんか今度は皆がそういう気になっていないのか、落ち着いています。それどころか株式は久々の「取るとは思えない」水準の高値取り。う〜ん、なんだか安倍さんの良いように回ってきていますが、そう思うのは自分だけですかね。とにかく事実は市場は強いのであり、今日はその範囲が広がって下がっていたものへも向かってきまし [続きを読む]
  • 変わり目
  • 昨日の物色で一巡感が出たら良いのですが、なかなか一巡しない売られている物。しかし、石川製作がこの相場のヒーローと言われていましたが、これが止まりました。そして、IPOも少し動き方が変でしたよね。押し目買いが一回は成功しても後に続かない感じ。だから、危険性感じた売り買いが多いのです。それに少し弱い動きがあれば空売りなんかを直ぐする流れは、基本的には弱気が多いし、警戒していると言って良いでしょう。ただ、 [続きを読む]
  • 良くないねぇ
  • 自分の持ち株が下がりはじめて慌ててて売る相談とかが多いです。良くないですね。良く話すように株は上がればだんだん少なくなるのが普通でして、止まってしまうと一気に売りが出ます。だから、機械的に売る部分も必要なんです。易い位置ならば持っても良いですが指数が指数だから、慎重にすべきで、全部が全部動くとは限らないという感じになります。だから、昨日ラジオで話ししたようにこのまま一気に上るならば安い株も上がっ [続きを読む]
  • 強いものと弱いもの
  • 資金が強いものへと行くから市場が非常に雑ですよね。ですが、小型株の徐々の値上げがきついから投資家はあやかりたいと思ってらっしゃいます。ですから、どうしてもそこから今は抜け出せないし、弱い物で地味に行くには日経平均の水準が高いから待ってられないんですよね。だから、ここで下がったものは売るし、強いものへと魅力が集まっています。ただ、注意が必要なのは中には材料が甘いと単発になり始めたことで、株価の位置 [続きを読む]
  • 不利な物
  • 今日をうまく乗り切ったらうまく行く市場。つまり、自信のないこの市場を持ち株が安心する動きをすることで非常に気持ちが楽になるが、逆位下がったら意気消沈してしまうちう事。昨日は大方が反発したがここの見方は非常に微妙で一部持っていまい物は上がったが、前からあるものは1割から2割り下がって3%も上がっていない状態。下げが止まっただけの感じ。一方で日経平均はチャート見ても怖い動きで休んでもおかしくはない状況。 [続きを読む]
  • もう一丁!
  • 大分いい感じなんですが、もう一丁欲しいという感じ。ここまではあるの範囲内の戻りは朝型は伸び悩んできたし、後場から買われたものはスピード感に乏しかったりします。そりゃ中にはシステム情報のように朝からずっと強いものはあるし、シライや栄電機のような賑やかなものもあります。ですが総体的に皆の気分として。そういう時に乗れないソフトバンクやトヨタ、そーせいなんてのはおしゃれに来たりするんです。だから、強いと [続きを読む]