仙台駄菓子本舗 熊谷屋 さん プロフィール

  •  
仙台駄菓子本舗 熊谷屋さん: 仙台人が仙台を好きになるブログ
ハンドル名仙台駄菓子本舗 熊谷屋 さん
ブログタイトル仙台人が仙台を好きになるブログ
ブログURLhttp://kumagai-ya.co.jp/blog
サイト紹介文仙台の魅力ついて発信していきます。 (和菓子屋さんのブログです)
自由文熊谷屋ブログ 仙台駄菓子屋のお店です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/05/11 13:14

仙台駄菓子本舗 熊谷屋 さんのブログ記事

  • 明治神宮の銘菓奉献式に出席してきました
  • 滅多に行かない東京に2週連続日帰りで行ってまいりました。先週は研修でしたが、今回は明治神宮の全国銘菓奉献式に宮城県は竹駒神社の全国銘菓奉献会の代表数名と参加させていただきました。竹駒神社全国銘菓奉献会の会長している白松会長は、明治神宮菓道敬神会の会長もなされていますご縁と、また今年の春の奉献祭に明治神宮の宮司様御一行が宮城まで来ていただいたこともあり、こちらからも数名で出向いて参加させていただきま [続きを読む]
  • 自分づくり教育アワード
  • 第3回仙台自分づくり教育アワードが8月10日エレクトロンホールで行われ、功労者の事業所への表彰を受けに行ってきました。お盆の非常に忙しい中、また天候の不安定な中向かうと、急激な土砂降りになり、すぐ近くなのにもかかわらず車に乗って向かうも、今度は駐車場がどこも満車で入れず、結局会場から離れたところに車を駐める羽目になってしまいました。来賓の中には郡仙台市長を始め各関係者が並び、その中に仙台青年会議所の理 [続きを読む]
  • 竹駒神社名誉宮司と竹駒神社宮司の就任披露祝賀会
  • 岩沼の竹駒神社で竹駒神社名誉宮司と竹駒神社宮司の就任披露祝賀会が7月20日境内脇の竹駒崇敬会館で行われました。これまで20年間、竹駒神社の宮司をやって来られた千葉元宮司が名誉宮司に、そして今まで権宮司だった村田氏が新たに宮司になり、お二人の就任を祝い祝賀会が開かれました。会場の中に入ると大勢の人たちでぎっしりで、名簿を見ると約240人もの方が参列していたようです。千葉名誉宮司、村田宮司が以前奉職していた明 [続きを読む]
  • 跡付丁公園が消滅した時
  • 平成30年6月9日10日の土日に、春日神社のお祭りがありました。私が以前「跡付丁公園」に関して書いたブログの内容を境内で展示してくださるというので見に行ってみました。(洗濯ばさみでとめてある)春日神社のお祭りは市内でも小さいながらも賑やかな祭りだと思います。私が小学生の頃はよく友達と遊びに行って型抜きをしたものです。今でも近所の子供達でいっぱいで、町内でやる祭りにしては出店も多くある。昔ほどではないが今 [続きを読む]
  • 登米は宮城か岩手かどっち
  • 先日県北に行くことがあったので、予てから行ってみたかった登米に寄りました。まずは名物油麩丼の店に行って、味噌ラーメンをいただきました。(笑)そして何より行ってみたかった有名な教育資料館「登米高等尋常小学校」にむかいました。建物の中には昔の写真や昔の道具などが展示されていて、また、昔の授業風景が再現されてたり、校長室には校長先生が座っていたりと当時の風景が思い浮かびます。その後は、少し車で移動して旧 [続きを読む]
  • 半子町の藤
  • 子平町の千田家にある藤で、昔伊達政宗公が朝鮮出兵の際に持ち帰った藤だそうです。それを伊達家に仕えていた千田家の先祖がいただいて植えたのが今あるものだそうです。身分の詳しいことはあまり語られていないのでおそらく足軽か何かだと思うけど、千田家の先祖以外にも他の人も何人かもらったのだろうと思う。千田家が特別な身分や業績があったわけではないようなので。それで今まで残っているのがここだけなんだろうなと。小雨 [続きを読む]
  • 仙台の西四番丁はどこにある
  • 北四番丁 東二番丁 はあるけれど西と南は?熊谷屋は北四番丁通りから青葉神社方面へ少し入ったところにある。地下鉄北四番丁駅は北四番丁通りと東二番丁通りの延長(勾当台通り)との交差点にある。多少無理矢理な話の入り方だが、まず北四番丁の「丁」は侍屋敷が並ぶ通りを指し、北鍛冶町などの町は商人などの住む通りを指します。東二番丁も然りで、東に行くにしたがい三番丁、四番丁…と付けられ、北も一番丁、二番丁…とある。 [続きを読む]
  • 仙台の地名 同心町
  • 宮城県菓子工業組合兼仙台菓子組合の事務局は青葉区上杉にある同心ビルの2階にあります。この同心ビルという建物の名前ってよく見るとなんか変ですね。同じ心?実はこの辺は江戸時代、同心町という名前でした。もちろんこの地名には由来があります。同心とは町奉行の配下にあった同心衆、つまり現在のおまわりさん的な役割を果たしていた人たちが住んでいた町だったのでこの名がつきました。同心衆は幕府の庶務や見回りなどの警備 [続きを読む]
  • へくり沢ウォーキングマップ
  • 以前もブログに書きましたが、仙台市の八幡町界隈を昔流れていたへくり沢(蟹子沢ともいう)があります。現在は暗渠となているそのへくり沢をもっと地元の人に知ってもらおうと、この度柏木市民センター主導で案内板を作成設置しました。柏木市民センターでは、これまでへくり沢について4回にわたる講習会から始まり、その後講習会参加者の中から声掛けした有志でへくり沢地形模型の製作、さらに昭和15年ごろのへくり沢が脇を流れ [続きを読む]
  • 銀杏町の桜
  • 宮城野区の楽天球場の近く医療センター裏、民家の庭にある桜。とても立派な桜の木で毎年春になるとたくさんの花を咲かせ昔から地元の人たちに愛されてきました。以前から道路拡張計画でこの大きな桜の木が計画道路上にあることで伐採が懸念されていました。私も気になって時々見に行ったりしていました。先日たまたま通りがかったら、まだ桜の木はありましたが民家が無くなっていました。下の写真はまだ民家があった頃で桜が満開で [続きを読む]
  • 熊谷屋のくるみゆべしが「特別審査優秀賞」をいただきました
  • 第58回全国推奨観光土産品審査会で”くるみゆべし”が入賞し、「特別審査優秀賞」をいただきました。「全国推奨観光土産品審査会」は日本の文化である全国各地の優れた日本のお土産品を推奨し、国の内外に知らしめるとともに今後の観光土産品の育成、発掘・振興を図ること及び食品については観光土産品の安心・安全の基準を遵守し、信頼性の向上と健全な生活に資することを目的に毎年実施するコンテストです。(全国観光土産品連盟 [続きを読む]
  • ティーナ・カリーナおおきにツアーに参加してきました
  • ティーナ・カリーナさん(以下ティーナカちゃん)の「デビュー5周年記念ライブ宮城・大阪里帰り おおきにツアー」が1月にありまして、最終日の1月22日に参戦しました。その日は夕方から寒波が入り込み雪が降ってきまきした。出掛ける頃にはかなりの雪で道路も大渋滞でした。当初車で移動する予定でしたが、店を閉めて出発してからぜんぜん進まず、結局北四番丁駅の近くのコインパーキングに駐めて地下鉄で移動しました。なんとか無 [続きを読む]
  • 青葉神社の新嘗祭と蕎麦振る舞い
  • 青葉神社の新嘗祭と蕎麦振る舞い収穫祭でもある新嘗祭が秋も深まる11月23日に、青葉神社で行われました。境内ではそば愛好家の「宮城手打ちそば研究会」によるそば打ちが行われ、伊達政宗公生誕450年を祝い新蕎麦が奉納されました。その後蕎麦は生誕にちなみ450食、お参りに来た方々に振る舞われました。その日の天気は曇りでしたが、昨日までの寒さは無く過ごしやすい気温で良かったです。蕎麦振る舞いの列は長蛇になりましたが、 [続きを読む]
  • 小学生のかわいい弟子入り体験
  • 毎年この時期に受け入れている地元木町通小学校の5年生の弟子入り体験。10月と11月の2回にわたり行われ、今回は後半の部です。例年ですといつも4〜5名の児童が来るのですが今年は男の子1名女の子2名の計3名でした。中には10月に木町通市民センターで行われてたお菓子作りの講座に参加してくれてた子もいました。少ないながらも、逆に楽しい3人だったで、こちらも大いに楽しみながら教えることができました。今回作ったのはクリスマ [続きを読む]
  • 資福寺の紫陽花が見頃です-2017
  • 先日、北山の資福寺に行ってきました。ちょうど紫陽花が咲きほこり、それを見に来る人がたくさんいました。 この時期は毎年ちょうど木蓮も咲いていまして、この木蓮の花はとても大きく人の顔くらいあります。仙台市の保存樹木です。 今回の目的は紫陽花ももちろんですが、お抹茶をいただきに来ました。この時期、書院で抹茶とお茶菓子を提供しています。縁側に通され板の間に腰を下ろし、池の奥の緑の竹林を眺めながら一服。お茶 [続きを読む]
  • 幻の沢? へくり沢 説明看板設置事業
  • 柏木市民センターではこれまで「へくり沢」についての講義を数回にわたり開いたり、地形模型やジオラマ模型を作製したりしてきました。その後は一般市民を公募して、今度はこれまでの受講メンバーがへくり沢を案内する事業を数回行いました。4年計画の事業を終え、今後の「へくり沢」の活用について具体的に地域の団体とさらに連携して「へくり沢」を広く知らしめるために市民センターと今までの受講者加えてコミュニティーセンタ [続きを読む]
  • 青葉まつり2017
  • 平成29年5月20日21日と今年も盛大に青葉まつりが開催されました。特に今年は伊達政宗生誕450年という記念の年です。天気も青葉まつりのために晴れたような天気でとても暑かったです。大太鼓を先頭に神輿渡御は青葉神社から出発して青葉神社通り二日町国分町と練り歩きます。稚児行列もみなとてもかわいいですね。その先一番町四丁目商店街を通り藤崎でおおまちアーケードに入ります。後半は東二番丁通りから定禅寺通りを歩きます。 [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その1
  • 全国菓子博覧会というものが4年に一度開催され今年は三重県は伊勢市で開催されました。今回の会場の中には伊勢舞台というところで各県のPRができるということなので、私は宮城県菓子工業組合の代表の一人としてお手伝いに行って来ました。2泊3日で行って来ましたのでその様子や伊勢での観光を報告します。1日目は夜に名古屋に着き一泊し、翌日電車で伊勢市駅まで移動しました。名古屋から伊勢に向かう車窓からの風景の印象は古い [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その2
  • 5月6日は曇りのち雨の予報でしたが、すごくいい天気でした。伊勢市駅から菓子博覧会の会場である三重県営サンアリーナまでタクシーで移動。遠いと聞いていましたが渋滞もなく10分ちょっとで着きました。ちなみに五十鈴川駅よりシャトルバスが出ています。会場に着いたら人の多さに驚きました。昨日はもっとすごかったそうです。伊勢舞台の会場は敷地の一番奥です。 九重本舗玉澤さんの近江社長が代表してPRをいたしました。その [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その3
  • 最終日は朝9時にホテルを出てタクシーで内宮へ向かいました。内宮までの電車はなく車でしか行けません。20分程かかると聞いていたのですが渋滞もなく10分程で到着。内宮では足の悪い人用に電動の車椅子を無料で貸し出してもらえます。内宮は外宮よりも入り口から遠いので全て回るのに2時間くらいかかるそうですが、我々は1時間くらいで参拝をして来ました。こちらは右側通行です。火除橋を渡った先の五十鈴川の水で清めます [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その4
  • 内宮を参拝したあとは「おかげ横丁」へ行かなければ。宇治橋を渡って入り口に戻り、右側へ進むと「おはらい町」がある。おはらい町を進み真ん中くらいで曲がるとおかげ横丁になります。おはらい町の入り口にはもう人がいっぱいです。ゴールデンウィーク中のせいかものすごい人でした。ここは古めかしい建物が並び、お土産屋や飲食店、屋台などがひしめき合っていています。 観光地なのにやたら真珠屋さんがあるなぁと思ったら、 [続きを読む]
  • 小学生の弟子入り体験
  • 木町通小学校、2回目の弟子入り体験です。1回目は仙台駄菓子造りで、今回は生菓子を作りました。季節的にクリスマスをモチーフにした形です。色をぼかしたり、あんこを包んだり一生懸命そして丁寧に作業をしていました。 ゆっくりやればそんなに難しいものではないんです。いや教え方がうますぎるのか(笑)ただきれいに同じ形を早く作るのが難しいのです。できたものはサンタクロース、トナカイ、柊、クリスマスツリー。どの子 [続きを読む]
  • 「雪月花」小学生たちが日本の心学びました
  • 一般社団法人泉青年会議所主催で『「雪月花」〜伝統的な日本文化を体験しよう〜』と題し小学生4〜6年生を対象とした事業が11月23日の祝日に行われました。場所は泉社会福祉センターで子供たちは俳句と茶道、そして和菓子作りを通じて日本文化と四季を体験しました。 菓子作りは調理室を使い、全48名を3グループに分け16名ずつ入れ替わりで30分くらいの時間で体験しました。 30分という時間が初めてだったのでどのくらいのことがで [続きを読む]
  • 明治時代の煉瓦造の下水道が今なお生きている
  • 仙台出身の伊坂幸太郎監督のゴールデンスランバーの中でも堺雅人演じる青柳雅春が逃走する際に使用したのでも仙台の街中の地下を通る地下下水道。その中でも明治33年に造られたレンガ造りの下水道で勾当台公園あたりから定禅寺通りの下をまっすぐ通って広瀬川に流れる部分の一部が公開されました。新聞でも7月ごろの記事に公開予定の内容が載っていて楽しみにしていました。市政だよりで一般公開の公募が始まると早速申し込みをし [続きを読む]