横山シンカー さん プロフィール

  •  
横山シンカーさん: カープ・ドランク・ロックンロール
ハンドル名横山シンカー さん
ブログタイトルカープ・ドランク・ロックンロール
ブログURLhttps://ameblo.jp/htcsh214/
サイト紹介文鯉と音楽の放言集
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/05/14 22:37

横山シンカー さんのブログ記事

  • これで勝ったと思ったんやろ(怒)
  • 「ベンチがアホやから野球がでけへん」とは誰かの名言。カープは7回表にビッグイニング5得点で逆転。4ー7リードでウラの守り。中田廉の状態が悪い。三連打を食らっても1点差に追い詰められてもブルペンで誰も肩を作ってない。投手コーチはマウンドにも寄らない。替えるタイミングを完全に逸した。もはや思考停止のベンチ。業を煮やして選手自身でマウンドに集まる始末。元はと言えば、昨日延長でブルペン投手陣使いきったなら [続きを読む]
  • 昨日があまりにドイヒーだけに
  • 昨日の今季東京ドーム初戦。帰宅してTV見たら7点ビハインドで落胆もカープ攻撃はノーアウト1、3塁。よっしゃ!行けー松山・安部ちゃん・西川三者連続三振・・私は静かにチャンネルを替えたのでした・・・そんな怒り心頭で迎えた第2戦。「巨人2−3広島」(14日、東京ドーム)ジョンソンは安心して観られるなあ〜打たれては何かと三塁への打球が多かったですが、強い打球はもちろん、難しい打球も上手くさばいた美間が影のヒ [続きを読む]
  • ヒーローインタビューは野間でしたが・・
  • 「ヤクルト3−6広島」(3日、神宮球場)今日のヒーローインタビューは野間。ヒーロー人選は決め手を欠けただけに暫定ヒーローの模様。バツの悪さが垣間見えた。そこはさすがの野間も察したか。しかし、影のヒーローにはぜひ石原を推したい。アツのアクシデント退場まではベテランだけに想定内だったと思うが、そのあとの今村の危険球退場。(川端君、大事でないことを祈る)(今村もああ見えて繊細なところもあるので、今後のピッ [続きを読む]
  • 最強のこれから
  • 私、今日は週末の忙しさにもかかわらず仕事を無理やり片付けて帰宅。TVの前でプレイボールに間に合わせました。「広島6−3中日」(30日、マツダスタジアム)開幕戦、勝ちましたね。4年ぶりだって。ここ数年の開幕戦負けが込んでたのでひさびさの美酒にひたっております。と言うより、美酒に溺れていると言う方が正しいか。なんせ、プレイボール30分でビール3本空けちゃった。と、私の近況は置いといて。初の開幕投手祐輔。表 [続きを読む]
  • 開幕前夜恒例、今季期待の選手たち
  • 2018年開幕前夜。勝手に恒例企画は今季私が期待する選手たち。3人に絞りました。高橋 昂也美間 優槻辻 空筆頭はご多分に漏れず昂也。カープ待望の本格派左腕。ストレートの伸びは磨けば磨くほど驚異に。160キロ投げてもバットに当てられるくらいなら、140キロ台で空振りの方が痛快。特に私の期待すべくストロングポイントはなんと言ってもその19歳とは思えないほどの下半身の太さ。祐輔に匹敵する太もも。下半身の安定すなわちコ [続きを読む]
  • オープン戦と公式戦の境界とは
  • 冒頭に申し上げますが、あくまでこれは個人の感想です。2018オープン戦最終戦をテレビで観た。BS、CSの充実により、昨今オープン戦がリアルタイムで観られる現状。ただ私、開幕戦の感動が薄れるのでここ数年はオープン戦を観るのを極力控えています。と言うのも、そのオープン戦。平たく言えば練習試合。現場レベルでは戦力を見極めるためのテストみたいなもので、当の選手も最終調整とは言えど全力とまではいかないわけで。ある意 [続きを読む]
  • ウェディングドレス/おニャン子クラブ
  • 前回は「昭和プレイバック」の続編みたいなもんで。いつだったか、おニャン子クラブの曲をかけましたがそこで思い出した名曲。ウェディングドレス1,500円Amazon確か、ラストシングルだったんですよね。リリース当時私は中学生。しかし、この頃の私おニャン子クラブは卒業していて「思春期のカッコつけ」が災いか、ロックに傾倒。したがって、この曲の存在を知ることなく時は流れる・・・やがて齢30歳を過ぎてたまたまCDショップの [続きを読む]
  • なつかCM カセットテープ編
  • 【平成が終わる】現実味を帯びてきてこう思う。「ああ、またひとつ昭和が遠くなる」てなわけで、昭和プレイバック企画。「カセットテープ」がテーマ。カセットテープ全盛の頃は80年代、アタシ思春期ど真ん中。音楽に触れ合うイコール大人に近づいた気がして。その証明書が「カセットテープ」だったのかなあ。レコードを集める財力もない13歳が、オーディオラックとは程遠い小さな箱に少しずつカセットテープが増えていく様を悦に入 [続きを読む]
  • Flowers/REPLICA
  • カープドラ1ルーキー中村奨成が卒業式に。【広島】中村奨成、卒業式で特別表彰「恥じないようにしっかりとやっていきたい」全国各地本日が卒業式というところも多かったみたいで。私も20年以上前の今日、卒業式だったんよね。さあ!そんな卒業生の皆さんに贈りましょう。Flowers/REPLICA花2,500円Amazonアルバム9曲目に収録タンポポが飛んでくように優しい群れから離れていつか花になれきっとどこかでホントこの曲好きでにほんブ [続きを読む]
  • 追悼 パット・トーピー
  • MR.BIGというバンド名は今になってみるとずいぶん大風呂敷というかネーミングセンス的には受け付けない類いの名前ですが、私10代の頃どっぷりハマってまして。早弾きギタリストの友人にそそのかされてコピーバンドもしてました。ベースで。(あの超絶テクニックはごまかしながら)そんなこんなで約四半世紀。そして、遅れてこの訃報に触れました。追悼 パット・トーピー私が洋楽のバンドで初めてライブに行ったのは18の頃、MR.BIG [続きを読む]
  • 平昌オリンピック感動をありがとう
  • カープネタご無沙汰の理由のひとつ。ピョンチャン冬季五輪に釘付けの横山でした。本日をもって17日間の熱戦は終幕。名場面を挙げればキリがないですが、私が思う今大会いちばんのハイライトはスピードスケート女子500メートル小平奈緒とイ・サンファの抱擁。小平選手もさることながら、イ・サンファ選手の器量に敬服。強烈であったであろう母国の重圧は計り知れず。それでもホームを背に受け入れたあの抱擁は二人の友情の深さが成 [続きを読む]
  • とうとうビジター席まで侵食
  • 伏線は何年か前にベイスターズ戦で一度ありましたね。あの頃も結構引きましたが、とうとうやっちまったか。ビジターパフォーマンス 分割のお知らせ観戦マナーを守れない一部のカープファンが原因というのが何とも情けない話ではあるが、だからといってビジターの席をというのは違う気がする。ビジター席がガラガラだからみっともないって?だったらカープファンを入れときゃ手っ取り早い。ビジターファンをもてなす工夫を放棄した [続きを読む]
  • 2018年カープが築く新時代
  • 松の内が明けつつある今頃、遅まきながら新年のご挨拶とさせていただきます。カープ・ドランク・ロックンロール今年もよろしくお願い申し上げます。さて、今季2018年のカープはどうなる?日本シリーズ制覇が至上目標ならば、リーグ3連覇が大前提。昨年セントラル王者という称号は2連覇という意味でもおのおの自信にはなったでしょうが、あのCSファイナル対ベイスターズに惨敗の前にはもはや錯覚でしかない。あの敗戦はその一年が [続きを読む]
  • 2017年も最後のご挨拶となりました。
  • 今、まさに紅白歌合戦を見ながらこれを書いてます。まあ〜斬新な演出。まともな進行が見たい〜ちょっと今年はウッチャン推しが過ぎたなあ。野狐禅聴いていた頃三十の私よ、信じられないかもしれんけど、竹原ピストルが紅白のステージ立ってたんだぜ。エレファントカシマシ聴いていた頃十四の私よ、信じられないかもしれんけど、宮本浩次が紅白のステージ立ってたんだぜ。ある意味カオスな紅白歌合戦。というのは置いといて、今年は [続きを読む]
  • タクローさんの事情
  • ちょっと前の記事で最近読んだのですが、石井琢朗元コーチの夫人が寄せた手記妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」タクローさんの退団に関しては家庭の事情が一番とは分かっていても、ある部分では釈然としない部分も。それがこの記事で納得。タクローさん本人が言いにくいことも、一番近い存在の奥様が語ることでこの記事の信憑性を上げていると思います。私もちょっとヤケになって以前に感情的なこ [続きを読む]
  • ゴメン広輔、誤解してた。
  • 私は今まで田中広輔はポップフライや三振が多く、パンチ力はあるので1番打者よりも6、7番くらいが妥当ではないかとかねてから思ってました。しかし、素人の目は節穴で。今季最高出塁率のタイトルを獲得してさらには、この記事を見て思った。広島田中3人目の最多打席で最高出塁率/データ連載ゴメン広輔、誤解してた。インコースを攻められることが多いので出塁率が反映されるデッドボールが多いのは分かってましたが、リードオ [続きを読む]
  • 紅白歌合戦2017
  • 今年もやってまいりました紅白歌合戦。本日は曲目曲順発表。▽Hey! Say! JUMP(初)「Come On A My House」▽Little Glee Monster(初)「好きだ。〜夢を歌おうver.〜」▽山内惠介(3)「愛が信じられないなら〜貴公子たちの舞踏会〜」▽Eーgirls(5)「Love ☆ Queen」▽SHISHAMO(初)「明日も〜紅白2017ver.〜」▽三山ひろし(3)「男の流儀〜けん玉世界記録への道〜」▽AI(3)×渡辺直美「キラキラ」▽竹原ピスト [続きを読む]
  • 御意見無用(いいじゃないか)/ モップス
  • モップス二夜連続です。♪いいじゃないか〜いいじゃないか〜音頭調のおなじみのフレーズを盛り込んだ曲ですが、私が一番心震えたのはこの曲のイントロ。まぁ〜皆さん聞いてくださいイントロがエグいこれ1971年制作の音源なんですね。別テイクの英語ヴァージョンもカッコいいんですが、英語詞にメロディーの乗りがいまいち。日本語の方がしっくりハマってます。そもそも「日本語ロック」というカテゴリーを確立したのははっぴいえん [続きを読む]
  • 永久運動/モップス
  • モップスとは70年代に活動していたロックバンドで、ヴォーカルはひと昔前ではお茶の間でおなじみ役者として名を馳せた鈴木ヒロミツ(1946〜2007)60歳は今の時世早世だと思う。実に悔やまれる。できることならもう一度モップスの再結成を見たかった。とはいえ私も幼少時代、鈴木ヒロミツ氏はその三枚目のとっつきやすいキャラクターからタレントさんだと思ってましたが。さて、私の「はじめてのモップス」は、たどりついたらいつも雨 [続きを読む]
  • 似て非なるものシリーズ 鈴木誠也編
  • 怪我の功名となるべく、磐石の4番として来季は大暴れを期待。鈴木誠也そっくりとまではいかないですが、質感が似てる。俳優 鈴木亮平鈴木姓というのは本当に偶然なのか。遠い親戚とかじゃないの?でも、私の中で誠也が一番似てるのは世を忍ぶ仮の早大生(当時)悪魔に親戚がいたとは。(ある意味、誠也は悪魔みたいなもんか)閣下のこんな声が聞こえてきそうで。諸君、カープ女子ならぬカープ悪魔を自負する吾輩だけにこれは大歓迎で [続きを読む]
  • 似て非なるものシリーズ 阪神タイガース三連発
  • 今季タイガース戦を観るにタイガースのピッチャーが「あの人に似てるよなあ〜」てなわけでバックスクリーン三連発もとい、似て非なるものシリーズ三連発。しょの1おなかの大きいセットアッパーちょっとマテオクリスタル・ケイ柔和な笑顔の感じが似てるような。しょの2去就が気になるんですそうなんですメンデスこれは似とるウーピー・ゴールドバーグしょの3お目目がカワイイ「♪あなたとドリス・デイ」ジャネット・ジャクソン助 [続きを読む]
  • 花嫁/はしだのりひことクライマックス
  • 追悼 はしだのりひこフォークルも北山さんだけになっちゃったなあ(涙)はしださんはメジャー版フォークルで加入。そのデビュー盤。紀元弐千年2,057円Amazon収録曲「何のために」は名曲。私がはしだのりひこのサウンドワークで一番好きな曲は、花嫁/はしだのりひことクライマックス作詞: 北山修 作曲: 端田宣彦・坂庭省悟 編曲: 青木望楽曲もさることながら、そのヴォーカル。私のヴォーカリスト持論は低音の魅力。ヴォーカル藤沢ミ [続きを読む]
  • MVP選考の怪
  • 2017年MVPが発表。パシフィック 【デニス・サファテ】セントラル 【丸 佳浩】NPBアワードの会場に現れた両氏。元チームメイトということもあり、舞台袖で談笑の内容が気になる。丸の隣にサファテ。カープ時代のヒーローインタビューを思い出させる2ショット。TV中継見ててちょっと泣きそうになった。そしてMVPの投票記者内訳。【セ・リーグ】ーーーーーーー1位  2位  3位  総投票数 点数丸佳浩(広)  196  46   [続きを読む]
  • ロマンティックをありがとう
  • 突然の訃報に驚いてます。声優鶴ひろみさん突然死、「全くもって元気でした」鶴ひろみさん、声に違わず綺麗な方だったんですね。初めてお顔を拝見したのがこういうかたちとは悲しすぎる。代表作と言えばやっぱりブルマ、ドキンちゃんですね。私が子供の頃、初めてそのお声に接したのはたぶんキン肉マンの「ナツコさん」いちばん好きなキャラクターは、鮎川まどか。原作も読んでましたが、アニメ化されても全く違和感のない声でした [続きを読む]