Harry さん プロフィール

  •  
Harryさん: 『正義』と『平和』
ハンドル名Harry さん
ブログタイトル『正義』と『平和』
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kenichiuematsu
サイト紹介文英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/05/14 23:33

Harry さんのブログ記事

  • No.820【ルーマニア史】
  •  評価:65点/作者:ジョルジュ・カステラン/ジャンル:歴史/出版:1993年 『ルーマニア史』は、現在の東ヨーロッパのルーマニアの地域及び、ルーマニア人及び、その国家に関する、歴史解説書。 本作は、フランス大学出版局のコレクション=クセジュの一冊で、日本では、白水社が、文庫クセジュとして、翻訳書を出版している。 本書の作者、ジョルジュ・カステランは、ポワティエ大学、パリ第八大学で教えた後、パリ第三大学 [続きを読む]
  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】30.ジョセフィーヌの投獄
  •  アレクサンドルは、ジョセフィーヌの産んだ、二人の子供が、自分の子供であることに、確信が持てず、妻の不貞を疑った。 自分自身が、不貞な夫、即ち、愛人中心の生活を続け、長い間、自宅に不在であったためである。 アレクサンドルは、妻の不貞を詰る、手紙を、ラ・トゥーシュ夫人に託し、改悛の情を見せるため、修道院に入れと命じた。 ジョセフィーヌは、夫の誤解を解こうとするが、アレクサンドルは、別居して、修道院に [続きを読む]
  • 【河井継之助】25.北越戦争の始まり
  •  勝海舟は、西郷隆盛との会談によって、江戸無血開城を成功させ、黒田清隆は、後に、五稜郭の榎本武揚を降伏させることに成功した。 しかし、河井継之助は、岩村精一郎との談判に失敗し、山縣有朋は、不在であったため、長岡藩と新政府軍は、戦争に突入する。 七万五千石の長岡藩の兵員は、2,000人であるが、ガトリング砲を筆頭に、最新鋭の装備を有していた。 長岡藩を攻める、新政府軍は、長州藩の567名、支藩の長府藩の200 [続きを読む]
  • 【バンドソング】ランキングBest100<61位〜70位>
  • ◆第061位 『Yesterday & Tomorrow』 歌手:Do as Infinity/作詞:D・A・I/作曲:D・A・I/収録アルバム:BREAK OF DAWN/2000年 備考:『二千年の恋』主題歌◆第062位 『シングルベッド』 歌手:シャ乱Q/作詞:つんく/作曲:はたけ/収録アルバム:劣等感/1994年◆第063位 『Rambling man』 歌手:COMPLEX/作詞:吉川晃司/作曲:布袋寅泰/収録アルバム:COMPLEX/1989年◆第064位 『She's gone』  歌手:Steelh [続きを読む]
  • No.002【世界の歴史を変えた、マホメットの息子の死】二十二
  •  即ち、「スンナ」は、党派ではない。「党派」を意味する、「シーア」が存在するが故に、その「シーア」派に対して、「スンナ」派と呼ぶのである。 「シーア」が、存在しなければ、「スンナ」派は、存在しない、少なくとも、その名称は、必要ないのである。 本項のタイトル、「世界の歴史を変えた、マホメットの息子の死」は、仮に、マホメットの三人の息子達、カースィム、アブドゥッラーフ、イブラーヒームの何れかが、父の死 [続きを読む]
  • 【中学聖日記】2018年10月〜12月放送のドラマランキング Part3
  • ◆第003位 『中学聖日記』 評価:085点/脚本:金子ありさ/TBS/火曜22時/出演:有村架純・岡田健史/全11話 平均視聴率:6.92% 女教師と男子生徒の恋愛を描いた、禁断のラブストーリー。 LGBTが認められ、不倫が氾濫し、恋愛の障壁が、皆無に近い、現代社会において、真の意味で、「禁断」の恋愛と言えるのは、教師と生徒の恋愛のみであろう。 淫行条例によって、法的にも、「禁断」となった。 主人公の女教師、末永聖 [続きを読む]
  • No.819【スロヴェニア】
  •  評価:65点/作者:ジョルジュ・カステラン/ジャンル:歴史/出版:2000年  『スロヴェニア』は、1992年に国連に加盟し、旧ユーゴスラヴィア人民連邦共和国からの独立を国際的に承認された、東欧の国の一つ、スロヴェニア共和国のスロヴェニア人に関する、歴史解説書。 本作は、フランス大学出版局のコレクション=クセジュの一冊で、日本では、白水社が、文庫クセジュとして、翻訳書を出版している。 「訳者あとがき」によ [続きを読む]
  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】29.アレクサンドル・ド・ボーアルネ
  •  ボーアルネ家と、ラ・パジュリ家の縁談をまとめたのは、ジョセフィーヌの叔母であり、父のジョセフ・ガスパールの妹、デジレ・ルノダン夫人であった。 彼女は、ボーアルネが、マルティニーク島の総督時代に、その愛人となっていた。 その後、デジレは、ルノダンと名目上の結婚後をしたが、ボーアルネとの愛人関係を続けていたのである。 ボーアルネ夫人は、既に、死去していたために、マルティニーク島の総督任期終了後、ボー [続きを読む]
  • 【河井継之助】24.奥羽越列藩同盟
  •  継之助は、岩村と対面した際、「あなた方が、真の官軍ならば、恭順しても良いが、討幕と会津討伐の正当な理由は何か、旧幕府や、会津を討伐すると言いながら、本当は私的な制裁や権力奪取が目的だろう」と岩村を問い詰め、岩村が、激怒したとの説もある。 確かに、継之助の態度には、日頃、尊大なところはあったが、さすがに、長岡藩の運命を賭けた、談判において、そのような態度を取ったとは思えない。 しかし、正論によって [続きを読む]
  • 【バンドソング】ランキングBest100<51位〜60位>
  • ◆第051位 『I for you』 歌手:LUNA SEA/作詞:LUNA SEA/作曲:LUNA SEA/収録アルバム:SHINE/1998年 備考:『神様、もう一度だけ・・・』主題歌◆第052位 『つよがり』  歌手:Mr.Children/作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿/収録アルバム:Q/2000年◆第053位 『LOVE PHANTOM』 歌手:B'z/作詞:稲葉浩志/作曲:松本孝弘/収録アルバム:LOOSE/1994年◆第054位 『Youthfullday』 歌手:Mr.Children/作詞:桜井 [続きを読む]
  • No.002【世界の歴史を変えた、マホメットの息子の死】二十一
  •  ムンダサルは、868年に生まれたと言われているが、実は、その実在さえ、疑われている。 「シーア」のイマームは、代々、アッバース朝のカリフによって、毒殺された。 そのため、ムンダサルの誕生は、「シーア」の迫害を避けるため、秘密にされたと言われる。 「シーア」の文献に現れる、ムハンマド・ムンダサルは、父のハサン・アスカリーの葬儀の際の伝承である。 葬儀の礼拝が始まろうとし、ムンタザルの叔父、ジャアファ [続きを読む]
  • 2018年10月〜12月放送のドラマランキング Part0
  •  2018年の第4クールのドラマが全て終了した。 筆者は、今クール、12本のドラマを視聴したので、ランキング及び、感想を述べたい。 今クールは、ジャンルとしては、サスペンスドラマが1本のみと、非常に少なく、社会派ドラマが6本、恋愛ドラマが4本、学園ドラマが1本であった。 今クールは、テレビ朝日の『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』を筆頭に、15.74%、TBSの『下町ロケット』が、13.61%、『大恋愛〜僕を忘れる君と [続きを読む]
  • No.625【クロアチア】
  •  評価:70点/作者:ジョルジュ・カステラン/ジャンル:歴史/出版:2000年 『クロアチア』は、1992年に国連に加盟し、旧ユーゴスラヴィア人民連邦共和国からの独立を国際的に承認された、東欧の国の一つ、クロアチア共和国のクロアチア人に関する、歴史解説書。 本作は、フランス大学出版局のコレクション=クセジュの一冊で、日本では、白水社が、文庫クセジュとして、翻訳書を出版している。 日本人の多くが、クロアチアの [続きを読む]
  • 【河井継之助】23.小千谷談判
  •  岩村精一郎は、土佐藩士及び、元陸援隊士の肩書のみで、新政府軍の軍監に就任したが、その地位に相応しい、能力を有していたとは言い難い。 長州人は、岩村を、長州の方言で、軽率で無思慮を意味する、「キョロマ」と呼んでいた。 北越戦争の最中、山縣有朋が、小千谷の新政府軍本営に着いた際、岩村は、贅沢な朝食を地元の娘に給仕させており、山縣は、激怒し、土足のまま、膳を蹴り上げたと言われる。 後に岩村は、1874年( [続きを読む]
  • 【バンドソング】ランキングBest100<41位〜50位>
  • ◆第041位 『Ash Like Snow』  歌手:the brilliant green/作詞:川瀬智子/作曲:奥田俊作 収録アルバム:complete single collection '97-'08/2008年 備考:『機動戦士ガンダム00』主題歌◆第042位 『Hallelujah』  歌手:Mr.Children/作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿/収録アルバム:Q/2000年◆第043位 『ボレロ』 歌手:Mr.Children/作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿/収録アルバム:BOLERO/1997年◆第044位 『 [続きを読む]
  • No.002【世界の歴史を変えた、マホメットの息子の死】二十
  •  マアムーンは、マルヴ留まることができず、818年には、アリー・リダーを伴い、西へと向かった。 しかし、アリー・リダーは、トゥースにおいて、急死してしまう。 マアムーンが、毒殺したとの説がある。 マアムーンは、バグダードに入り、辛うじて、叛乱を鎮圧した。 第九代イマームの座に就いたのは、アリー・リダーの死去の時に、わずか、8歳であった、ムハンマド・タキーである。 タキーは、マアムーンの庇護の許、バグダ [続きを読む]
  • H.037【おんな城主 直虎】十三
  •  その功績によって、万千代は、元服を許され、家康に、「直政」の名を与えられる。 井伊の通字、父の直親の「直」と、小野政次の「政」であった。 万千代は、井伊の魂を継いだのである。 家康が、小野政次の功績を、忘れていなかったことに、感動を覚えた。 浜松市は、長い間、地元のPRのために、「徳川家康」の大河ドラマ化の運動をしていた。 しかし、家康は、遠江国侵攻後、長年、浜松城を居城としているが、三河国、即ち [続きを読む]
  • H.037【おんな城主 直虎】十二
  •  本作では、織田・徳川の連合軍と、武田軍との決戦、有名な「長篠の戦」において、織田信長が、武田の騎馬隊への防ぎとして、立てた柵の材木を、井伊谷が、提供するとの展開は、絶妙だった。 更に、大量の木を伐採したため、山崩れが発生し、未来のために、新たに植林を行うなど、現在の環境問題、経済至上主義に通じる、テーマを物語に見事に組み込んでいる。 本作の織田信長は、徳川家康を「弟」と呼び、表面上は、同盟者とし [続きを読む]
  • No.818【ラングドックの歴史】
  •  評価:65点/作者:E・ル・ロワ・ラデュリ/ジャンル:歴史/出版:1994年 『ラングドックの歴史』は、フランス南部のラングドック地方に関する、歴史解説書。 ラグドック地方は、「あとがき」によれば、日本の九州と沖縄を合わせた程度の面積である。 本書は、フランス大学出版局の文庫クセジュの一冊で、白水社による、日本語訳である。 フランスの歴史解説書には、ラングドック地方の名は、稀に、登場することがあるが、 [続きを読む]
  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】27.タリアン夫人
  •  ル・トゥルヌールは、テルミドールのクーデターが、発生するまでは、隠れて生活し、共和暦三年憲法の実施のための委員会に参加した。 1795年7月、総裁政府の総裁に就任し、当選した、総裁のリストで、首位に載ったため、総裁政府の首班となった。 総裁の最後の一人、エティエンヌ=フランソワ=ルイ=オノレ・ル・トゥルヌールは、1751年、ノルマンディーのグランヴィルで生まれ、軍人になった。革 命勃発後の1791年以降には [続きを読む]