龍村啓 さん プロフィール

  •  
龍村啓さん: 枯れたブルースを聴きながら
ハンドル名龍村啓 さん
ブログタイトル枯れたブルースを聴きながら
ブログURLhttps://ameblo.jp/tady1011/
サイト紹介文新宿の地下ファイトクラブを舞台としたハードボイルド小説です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/05/15 08:47

龍村啓 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 慶応三年の水練侍
  • 来る12月7日に㈱朝日新聞出版社から弊著が発売になります。慶応三年の水練侍、略してケイスイ侍。江戸時代のスポ根もの、時代スポーツ小説という新しいジャンルに挑戦した意欲作です。水が嫌いな砲術師範が水泳エリートに対抗せざるを得ない状況になり、忍者の力を借りる、といったなんとも荒唐無稽な内容です。一読するとあり得ないような設定ですが、時代考証はかなりきっちりやった積りなので、一概に「あり得ない」とは言い切 [続きを読む]
  • 再びキャラクターについて
  • 「キャラが立っていない」などと物知り顔のコメントを見受けることがある。けれども、この「キャラが立つ」とはどういうことなのだろう。この件については、正直、私自身もよく分からなかった。でも、いまはある程度はっきりと言える。ニュースでは、何か事件を起こした人の感想を近所の人に聞くというケースがある。その答えは「あの人が、と驚いた」というコメントが多い。これがキャラが立っていない状態。ニュースで「いかに [続きを読む]
  • 受賞・続報
  • 9月6日の朝日新聞紙にて、受賞が正式に発表されました。 興味がある方は、下記のリンクを してください。 今回はたくさんの方々のおかげで受賞できたと思っています。 ありがとうございました。 朝日時代小説大賞 ↓ よろしかったら、 お願いします。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 受賞
  • まだ正式発表になっていないので、賞の名はまだ公開できないのだけれど、とある小説大賞を受賞した。ブログもゲン担ぎのために桜のバックをずっと使用して来た。その甲斐があったのかどうかわからないが、めでたく受賞できた。やっとスタートラインに立てたような気がする。これから一年。今までにもまして精進していかなければならないと気を引き締めているところだ。今後も叱咤激励のほど、よろしくお願い申し上げます。↓ よ [続きを読む]
  • 時代考証とデスマッチ
  • 浅田次郎氏は、当節で第一の名文家だと思う。その浅田氏の言葉は厳しい。「尊き母国語の司祭たる小説家は、その記す一句一行に責任を負わねばならぬ」最初、この文を読んだときは引用であって、この部分しかなかったので、語の選び方だとか、語句の使用方法について述べているのだと思っていた。そう読んでも、実に味わい深く、厳しい言葉だ。だが、この文は続く。「全きものをめざすのであれば、時として史実にそむくこともあり [続きを読む]
  • 日本語の作文技術(本多勝一著)〜小説の観点から
  • 本多勝一の「日本語の作文技術」は息の長いベストセラーである。レジェンドに近い扱いを受け、喧伝される部分が勝っている気がしないでもない。それでも、役に立つアドバイスは多い。ただ、助詞の使い方だとか、句読点の打ち方といった文章上の技術は、本来は本人が書きこんで行く中で修得すべきものだ。何度も失敗を重ねながら、気づいていくものなのである。数学の公式を覚え、実際の計算をするほうが効率的であるが、文章を書 [続きを読む]
  • 坂口喜咲氏のブログ
  • HAPPY BIRTHDAYというバンドがあった。「あった」と過去形なのは、いまは解散してしまったからだ。独特のボーカルスタイルを初めて聞いたときには、キワモノっぽく思ったのだが、聴きこんでくると、不器用なくらい自分たちの感情だとか、音楽性に対して真摯に向き合っていたバンドだと思うようになった。作詞、作曲を手掛けるボーカル担当のきいちゃん、こと坂口喜咲氏のブログを読むと、痛いくらい、その感情が伝わってくる。小 [続きを読む]
  • キャラクターについて
  • 親の敷いたレール、という言葉がある。ネガティブな意味で使われる場合が多い。子供の意思だとか、考えがなく、人生を歩かされている感じがするからだ。小説において、作者は主人公にとって親である。だからといって勝手に主人公を動かすと「親の敷いたレール」を歩かせているような感じになる。もっとひどくなると、大根役者がセリフを口にしているかのような小説になる。そうならないためには、主人公の人格を尊重することだ。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …