トド さん プロフィール

  •  
トドさん: トドのスケッチブック
ハンドル名トド さん
ブログタイトルトドのスケッチブック
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yoshi71065
サイト紹介文水彩画をupしています。主に日本の風景画で現場でスケッチしたものです。私のアーカイブとして。
自由文水彩画スケッチを描いています。題材は何でも描きますが、光と影を求めての風景画が多いです。その場の空気まで表現できればいいでね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/05/16 19:44

トド さんのブログ記事

  • 大学キャンパスにて
  • 大学キャンパスにて(東京都・国立市)  In the campus of Hitotsubasi University (Tokyo Pref.)  2018年2月一橋大学、兼松講堂です。日曜水彩会の例会にて。さすがに2月は晴れていても寒い。1本の白い梅の花が満開でした。(絵ではわからないかな?)2月の日曜日、寒さ以外は静かで落ち着いて描けました。防寒対策はして行きましたが、日陰に入ると手が悴んで感覚が鈍る程でした・・・が頑張りました! [続きを読む]
  • 小石川植物園(東大研究博物館)
  • 小石川植物園(東大研究博物館)(東京都文京区)    Koisikawa Botanical Garden (Tokyo Pref.) 2018年2月旧東京医学校の建物。 冬枯れの植物園の中にあってやはりここが目立ちます。庭園が整備されているのですが、つい庭園の樹木に目が行ってしまうので木々はあっさりと描きました。  日曜水彩会の例会で。皆さんから遠景のビルがいいと評価してもらえました。 赤い建物との対比を考えていたので嬉しかっ [続きを読む]
  • 仙波東照宮
  • 仙波東照宮(埼玉県・川越市)    Toshogu shrine in Kawagoe city (Saitama Pref.)    2018年1月日曜水彩会の今年の1回目です。喜多院でのスケッチ会でしたが、私は隣の仙波東照宮にしました。徳川家康公を久能山から日光へ改葬する際に天海僧正がここで法要を執り行った場所です。そのため三大東照宮の1つとも言われています。(他にも三大・・・はあるようです。)公開されることは少なく、大きくはないですが本殿は [続きを読む]
  • 八咫神社
  • 八咫神社(埼玉県・川越市)       YATA-Shrine (Saitama Pref.)       2018年1月今年の初スケッチです。川越市山田の入間川の土手沿いにある八咫神社。年が明けて寒い日が多かったですが、この日はいい日でした。社伝によると奈良時代に再興とありかなり古い神社で、入間川の氾濫を鎮めるために信仰されてきたとのこと。社殿の裏側がすぐに入間川になっていてなるほどとうなずけます。ずっと地域の人たちに [続きを読む]
  • ススキの河原
  • ススキの河原(埼玉県・川越市)The river covered many pampas grasses (Saitama pref.) 2017年12月川越・水上公園そばの入間川のススキの群生です。このあたりの河原にはたくさんのススキがあり、この時期は白い穂がきれいです。晩秋の風景ですが、以前スケッチに行った時の写真から描きました。今年も押し詰まりましたが、日曜水彩会をはじめ多くの場所で描かせてもらいました。はやいもので、スケッチを始めてもう5年 [続きを読む]
  • 日曜水彩会水彩画展の作品
  • 日曜水彩会水彩画展の作品(やまぶきの里)         題名 やまぶきの里昨日まで行われていた第3回日曜水彩会水彩画展の作品のうちで一番気に入っているものをアップしました。 一人3点ですが、一人ひとりの個性が光り46点見応えがあったと思います。私は、この山吹の花の絵(季節外れですが)が気に入っています。いつも3〜4時間でスケッチ会が終わるのですが、これはその時間内 [続きを読む]
  • 中美展の作品(雨の詩)
  • 中美展の作品(雨の詩)                雨の詩 (F50)       会友賞、世界堂賞先日、東京都美術館で行われていた第69回中美展の作品です。雨の夕方、川越の蔵にライトが灯る頃、影が濡れた路面に写って風情がありました。蔵が黒く重くなければという観念を捨てて、軽い色合いで描きました。2点展示していただき、下が受賞作品です。油彩など強い色彩の絵の中に入って繊細な水彩の色も認めていただ [続きを読む]
  • (旧)下里分校
  • (旧)下里分校(埼玉県・小川町)   The old primary school's building (Saitama Prif.)   2017年11月6,7年前に廃校になった山里の小学校の分校です。天気がよく男性が一人で屋根の樋の落ち葉を落としていました。保存するのも大変でしょうが何とか残すようにと努力していました。 校庭では刈りとった稲の脱穀を子供たちと一緒に地域の方々が大勢で行っていて「収穫祭」だそうです。 たまたま私たち日曜水彩会 [続きを読む]
  • 銀杏の影
  • 銀杏の影(東京都・立川市)    The shadow of gingko trees (Tokyo Pref.)     2017年11月日曜水彩会の例会で、昭和記念公園の銀杏です。晴天で久しぶりの外描きです。ちょうど紅葉の最盛期で木々はきれいに輝いていました。銀杏も黄色い葉を散らし始め、土の上も黄色い絨毯ができていました。木の影がきれいに見え、これをメインに描くことにしました。影の動きも速いので、着色の一番最初に影を描いてみました。 [続きを読む]
  • 伊佐沼のススキ
  • 伊佐沼のススキ(埼玉県・川越市) Pampas grasses around Isanuma-lake(Saitama Pref.) 2017年10月伊佐沼の湖岸に生えるススキです。秋は穂が綺麗ですが、先日の大雨で・・・。以前に撮った写真からです。伊佐沼は近くの農業用水として使われていますが、四季の自然が感じられるお気に入りの場所です。 色を抑えて描きました。 [続きを読む]
  • 豊穣の秋
  • 豊穣の秋(埼玉県・川越市)    The harvest in the autumn (Saitama Pref.)   2017年10月雨で日曜水彩会が中止になったので、のんびり家描きです。先月撮った川越市東部の稲作地帯の風景。天気が鬱陶しいのでこんなモチーフを選びました。爽やかさだけを追求したような単純な構図です。空は結構難しいので久しぶりに練習になりました。 [続きを読む]
  • 渡船の夕暮
  • 渡船の夕暮(F30)東京都美術館での水彩人展に出していた作品です。昨日で終わったので搬出してきました。以前行った尾道の向島からの渡船場の風景です。日が傾いた頃、仕事終わりの人々が家路を急ぐ風景を描きました。沢山の方々に観ていただき貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。課題としては、自分の個性かもしれませんが遠景の建物を細かく単調に画きすぎました。逆に手前の桟橋の影と古タイヤをもっと深く [続きを読む]
  • ぶどうの木(スペイン・アルハンブラ宮殿)
  • ぶどうの木(スペイン・アルハンブラ宮殿)        A vine plants (Espana)         2017年9月スペイン、グラナダのアルハンブラ宮殿。スペインに残った最期のイスラム教徒の宮殿で砦。このグラナダの陥落でスペインがキリスト教国家になっていったとのことです。アルハンブラ宮殿はいたるところにイスラム建築が残るのですが、大きな城壁が沢山あり城塞でもあったことを物語っています。 この絵はその中庭の [続きを読む]
  • トレドの街角
  • トレドの街角(スペイン)     At the street corner in Toledo (Espana)  2017年8月マドリッドから約1時間ほどでトレドの古い城塞都市があります。カトリック総本山もあり歴史が感じられるところ。 ここは旧市街のサント・トメ教会の入り口で、この教会にはエル・グレコの最高傑作のひとつといわれる大作「オルガス伯爵の埋葬」があり見てきました。周りには中世の武具が並べられているのがわかります。 女性が [続きを読む]
  • 横浜港大桟橋から
  • 横浜港大桟橋から(横浜市)   The view from Yokohama Port (Kamagawa Pref.)   2017年8月日曜水彩会の例会で。横浜港ターミナルデッキの中からよくある構図です。台風のためか雲が多く面白かったので雲に焦点をあてたのですが、空がくどくなりました。もっと手数を少なくしないと・・・。この日は私用で先に帰ったので家で空を続けたのですが、水と格闘してしまいました(笑)。でもこれはこれで練習になっています。 [続きを読む]
  • コルドバのメスキータ
  • コルドバのメスキータ(スペイン)             Mezquita(Espana)             2017年7月スペイン南部のコルドバにあるメスキータ(カトリック大聖堂)です。有名な観光地でご存知の方もいると思いますが、この建物は古くはイスラム教のモスク、その後キリスト教とイスラム教とが同居した時代、その後イスラム教徒が北アフリカから入って完全なモスクとして改造した。その後13Cにレコンキスタ( [続きを読む]
  • ビアテラスのパラソル(日比谷公園)
  • ビアテラスのパラソル(東京都・千代田区) The psrasol on the tarrace in a bar (Tokyo Pref.) 2017年7月日曜水彩会の例会で日比谷公園へ。何回も来ているので、今まで描いていなかったビアテラスのパラソルを描きました。 梅雨明けはまだですが暑い日でした。実をいうと大きな木の下で一番涼しそうだったのでこのポイントに。テーブルに座ってビールを楽しむ人々を描くという構図もいいのですが、難しくなりそう [続きを読む]
  • アンダルシアの白い町
  • アンダルシアの白い町(スペイン)      White houses in Andalucia       2017年6月アンダルシア地方のミハスの町です。白い壁で統一されたきれいな町。イギリス人の別荘地でもある先月、スペインに行ったので撮ってきた写真からです。壁にかけられた植木鉢は花を飾るために町から支給されているとのこと。近くのマラガ市はピカソの生誕地。ここにピカソ美術館もあり見てきました。明るい日差しを受けて建 [続きを読む]
  • 江戸城天守台
  • 江戸城天守台(東京都・千代田区)The mound pild by stone wall in Edo-castle (Tokyo Pref.) 2017年6月日曜水彩会の例会で北の丸公園へ。平川濠を渡り皇居東御所へ。中に入れることを知りませんでしたが荷物チェックだけで入れてくれスケッチもできます。北桔橋門からすぐに大きな石垣、江戸城天守台です。あるべきものがない? 江戸時代に焼失してから大きな天守閣はいらないと再建されなかったようです。 石垣は立派 [続きを読む]
  • 田谷堰の春
  • 田谷堰の春(埼玉県・川越市)        TAYA-ZEKI in spring (Saitama Pref.)   2017年4月季節は過ぎましたが我が家の近くの田谷堰です。ここは新河岸川の上流で氷川神社の裏側を流れています。春は川沿いの桜が見事です。子供のころはこの堰の上を通ってよく学校に通っていた処です。今は後ろにある数本のポプラは切られてしまいました。誰にでもある心に残る昔の風景。以前も此処を描いていますよ。 [続きを読む]
  • バラの小径
  • バラの小径(埼玉県・川島町)    The tunnel made by rose trees (Saitama Pref.)  2017年5月川島町の平成の森公園にて。日本一長いといわれるバラのトンネルがあります。最盛期はやや過ぎましたが、種類も多くまだ楽しめました。1本1本所有者の名前がついていて個人で育てているとのこと。 (公園でありながらいいアイデアです。)トンネルの外側で赤くていい株を見つけたので描いてきました。しかしこの赤が何 [続きを読む]
  • 帆船と水門
  • 帆船と水門(東京都・品川区)    The sailing ship and the water gate (Tokyo Pref.)   2017年5月日曜水彩会の例会で天王洲アイルに行ってきました。以前ハーバーレストランは描いたことがあるので、少し先の東京海洋大学の据え置きの帆船を描きました。手前に水門の一部を入れてコントラストをとってみました。帆はありませんが、この白い帆船は初夏の日差しを浴びて輝き綺麗でした。帆を張ればもっときれいでしょう [続きを読む]
  • 白い薔薇
  • 白い薔薇            The white rose      2017年5月昨日まで「薔薇絵画展」(ギャラリー風の道&カフェレストラン)に出品していた絵です。これからバラがきれいになる季節ですね。なかなかバラの絵を描くこともなかったのですが、いい機会をいただけました。花の生き生きした感じが難しく、私が描くと風景画になってしまいます。実はこの絵にはちょっとした秘密(?)が・・・。このブログの昔から [続きを読む]
  • 平林寺の竹林
  • 平林寺の竹林(埼玉県・新座市)     Bamboo forest in HEIRINJI temple (Saitama Pref.) 2017年5月平林寺は武蔵野台地の東端にあたり、境内にも広大なくぬぎの雑木林が保存されています。玉川上水から野火止用水が引かれ、水が不足した台地を潤し武蔵野の木々を炭などにして江戸へ運んだとのこと。境内林はすごく立派です。その一角に竹林があり、若竹の生命力が5月を感じさせてくれました。紅葉の頃の混雑はありませ [続きを読む]
  • 秋の陽に(中美受賞展の作品)
  • 秋の陽に(中美受賞展の作品)                   ( F50 )銀座井上画廊での第68回受賞展(4月29日終了)の作品です。こんな機会もなかなかないですが、昨年秋の日曜水彩会でのスケッチから起こしたもので3枚目の作品になります。構図はいろいろと変えてまあ決まったかなと思います。多くの方から指導して頂きました。絵の見方も指導者によって違うのだなと感じ、新しい発見や創作 [続きを読む]