幹事長 さん プロフィール

  •  
幹事長さん: 格差のない平和な社会をめざして
ハンドル名幹事長 さん
ブログタイトル格差のない平和な社会をめざして
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kumagaya-sdp
サイト紹介文格差のない平和な社会を目指す社会民主党。 社会民主党熊谷総支部の幹事長のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/05/16 21:27

幹事長 さんのブログ記事

  • 1993年が分岐点
  •  1993年の定期大会議案には、第2回新報まつりを開催している。参加者は約500名であった。93年旗びらきの参加人数は約300名。参加者は社会党を支持する労働組合員と議員後援会会員である。後援会の会員の参加が多くなっている。党勢は、新入党員が2名。4月末の党員は61名。61名の内訳は議員が8名、年金党員7名、60才以上2名、家族党員4名となっているが離党者も多い。 大倉電気工場閉鎖、配転、整理解雇反対の取りくみ [続きを読む]
  • 1992年の定期大会議案を読んで
  •  1992年の総支部大会の議案を読むと、7月の知事選・参院選で立候補予定者の辞退があった年でした。その頃の熊谷総支部は、60名あまりの組織で、衆議院議員1名、参議院議員1名、県会議員1名、市会議員5名、専従書記長がいました。活動報告では、第1回新報まつりで1000人を超える参加者があり、新報を13部拡大した。知事・参院選で3名の新入党員、集団入党運動で252名の協力党員が入党する。社会新報の扱い部数70 [続きを読む]
  • 北海道地震救援カンパ
  •  社民党熊谷総支部は、12時から「オール埼玉総行動リレー宣伝」熊谷駅での終了後、「北海道地震救援カンパ活動」を行いました。日曜日の昼間で、乗降客が少ない時間帯でしたが、市民の皆様からの義援金が5,578円集まりました。 [続きを読む]
  • オール埼玉総行動リレー駅頭宣伝、熊谷駅  
  •  12時から始まったオール埼玉総行動実行委員会のリレー宣伝の熊谷駅頭宣伝に、社民党熊谷総支部から7名が参加しました。主催者団体のあいさつに続き、労働団体の連合、全労連のあいさつ。立憲野党から、共産党、社民党熊谷総支部の茂木代表、国民民主党があいさつ。自由党、立憲民主党からメッセージ。市民団体からは12区の会、11区の会、熊谷平和市民連絡会、熊谷9条の会があいさつ。 [続きを読む]
  • 組織・機関紙担当者会議を開催
  •  9月3日に開催された組織・機関紙担当者会議には、県内12総支部から13名が参加しました。 岡野 勉県連合機関紙広報部長の司会で、中野 昭県連合副代表あいさつのあと、事務局から組織・機関紙活動の現状につきて報告がありました。党全国連合組織局長兼機関紙宣伝部長の中川 直人さんから「党勢拡大運動の提起」を受けて、各総支部から党組織・機関紙の現状と、拡大に向けた取り組みや、減部についての悩みなども出され県内 [続きを読む]
  • 7月豪雨災害義援金の報告
  •   (社民党埼玉県連合のホームページから)  広島市、山口県岩国市で行われた社民党自治体議員団全国会議夏季研修会に参加した社民党議員団は、8月20日に広島県庁を訪問、豪雨災害救援カンパ50万円を届けました。  武井誠代表は「社民党全国連合に集約されるカンパとは別に、埼玉の社民党地方議員と市民が直接、駅頭で募った緊急カンパです。埼玉県民・県内市町村民と、被災地皆さんとの連帯のあかしとして、お受け取り [続きを読む]
  • つなぐ「平和」運動
  •  社民党の事務所にある書類を「断・捨・離」していたら、「原爆絵画展を成功させるために」のパンフレットがでてきました。「平和寄席」の前は、八木橋デパートやニットーモールなどで、熊谷地区労と一緒に原爆絵画展をやっていました。会場でカンパを募り、原水禁大会に市民を派遣していました。原爆絵画展の会場で映画の上映するために、16ミリ映写技術の資格を取得しました。「10フィート映画運動」で入手したフィルムで作られ [続きを読む]
  • 「人権教育・啓発推進」大里地区実行委員会第20回総会
  • 「人権教育・啓発推進」大里地区実行委員会の第20回総会に参加しました。総会では、戸籍不正取得防止の「事前登録型本人通知」制度の普及に取りくんで、熊谷市では自治会の回覧板で、寄居町は町の広報とセットで申込書を全戸配布した結果、申込者が熊谷市6,366人、寄居町2,644人、(埼玉県70,385人)となりました。(2017年6月末時点の登録者数、埼玉県64,233人、熊谷市6,366人、寄居町2,552人)大きな成果をあげたと報告があ [続きを読む]
  • 本庄で「戦争体験を語りつぐ会」
  • 第9回戦争語り継ぐ会〜日本国憲法が保障する基本的人権は秩父困民党の掲げた<人民天賦の権利>にその源流がある〜講師:新井健二氏(秩父市在住)演題:秩父事件と現代(最後の海外出兵の一員として中国大陸に赴き、その後シベリア抑留されるなど、生死を分かつ戦争体験をした氏は、地元の秩父事件を顕彰し続けています。日 時:2018年10月7日(日)13時30分〜場 所:はにぽんプラザ多目的ホール(本庄駅北口から西へ徒 [続きを読む]
  • 2018年8月度全党員会議
  •  8月の全党員会議は、暑気払いを兼ねて、いつもの党の事務所でない場所で開きました。他のお客様と同室なので、会議資料を各自に読んでもらうことにしました。10名の党員が参加して、懇親を深めました。2018年8月全党員会議資料            2018年8月21日(火)午後6時〜            場所:酒蔵はっかい1、報告事項  7月25日〜29日:ふくしまとくまがやの子どもをつなぐ会  8月2日:反核・ [続きを読む]
  • 熊谷空襲を語り継ぐ  「体験者に聞く 熊谷空襲」
  •  熊谷空襲を忘れない市民の会主催の「体験者に聞く 熊谷空襲」に参加してきました。会場の緑化センターの研修室の定員は80名は満員でした。椅子に座れない人もでました。3人の党員が参加しました。 5歳で熊谷空襲を体験した清水昭治さんの紙芝居での報告。戦時中のモールス信号や手旗信号を習わせられた話や竹槍の訓練、14日の空襲で電気がないので、「玉音放送」を聞かなかった話をした小林留美子さん。熊谷空襲を行田の [続きを読む]
  • 朝霞駅東口で 11 筆集まりました。 「3000万人署名」
  • 【朝霞発】党朝霞総支部は17日、強風の吹く中、帰宅客で賑わう朝霞駅東口で「9条守ろう! 3000万人署名」を行いました。用意したパネル5枚は強風のため、設置できず、のぼり旗だけとなりました。マイクで8月は、「戦争と平和を考える月」です。 二度と戦争をしないと73年前に決意し、9条を世界に先駆けて作ったのです。もう一度、9条の持つ意味をみんなで考えましょう。秋の臨時国会で、『安倍に「改憲発議」をさせない大きな世 [続きを読む]
  • 熊谷平和講座:「敗戦」と「終戦」 8・15の神話
  •  熊谷空襲を忘れない市民の会主催の、「熊谷平和講座」第7回「敗戦」と「終戦」8・15の神話(2018年夏に(2)講師:加藤一夫さん)に参加しました。政治的につくられた8月15日が、加藤一夫さんおはなしで少しわかったような気がします。 最初の慰霊式は、1947年7月16日だった。それが、ポツダム宣言を受託した8月14日でもない。9月2日、東京湾上のアメリカ軍艦ミズリー号において、降伏文書に署名した日でもない。日本の [続きを読む]
  • 笑いを通じて「平和」の大切さを訴え、30年目の平和寄席
  •  笑いを通じて、より多くの熊谷市民の方に「平和」の大切さを考えていく機会として始まった、「平和寄席」も30年(29回)を迎えました。オープニングは、「南小連 with 綺楽々 翔華」のみなさまの踊りではじまりました。第1部は、熊谷空襲犠牲者への黙祷。「熊谷市非核平和都市宣言」の朗読。富岡清熊谷市長などの来賓のあいさつがあり、2部の落語・漫談の2部構成になっています。会場の客席は500名です。29回目の [続きを読む]
  • 2018反核・平和の火リレー
  •  「反核・平和の火リレー」が熊谷市にやってきました。13時30分に、熊谷市役所正面玄関に「反核・平和の火リレー」のランナーたちが到着しまいした。反核・平和行政の施策の充実を訴える要請文を読み上げる若者の代表者。 「反核・平和の火リレー」のランナーに、党熊谷総支部から青年党員が3名参加しました。 行田市から熊谷市へ「反核・平和の火リレー」 歓迎のあいさつをする熊谷地区労の千葉副議長 熊谷市から次の鴻巣市 [続きを読む]
  • 朝霞駅で西日本豪雨災害カンパを行いました。
  •  台風12号の2次災害や復旧への影響が心配された西日本。社民党朝霞総支部は、31日、17時から朝霞駅東口で田辺 淳(朝霞市議会議員・推薦)さんや、市民の皆さんと一緒に西日本豪雨災害カンパ活動を行いました。「1円玉ばかりでごめんなさい」と申し訳なさそうに募金してくれたお年寄りの女性。行き過ぎてからわざわざ戻って募金してくれた中年の男性等々。朝霞市民の暖かい気持ち9,997円をお預かりいたしました。募金ありがとう [続きを読む]
  • 「西日本豪雨災害カンパ」朝霞駅で実施
  • 【朝霞総支部発】台風12号が進路を西側に変え、近畿から中国地方に豪雨をもたらし、深刻な二次災害が心配されています。27日、16時から朝霞駅で西日本豪雨災害カンパ活動を市民の皆さんと一緒に行いました。 宴会による初動対応の遅れや、カジノ法案や党利党略の参院6増法案の成立に、被災地対応をそっちのけにした安倍政権。人命を奪ったダム優先の河川事業の見直しなどをマイクで訴えました。「100円でごめんなさい」と女子高 [続きを読む]
  • 朝霞台駅で西日本豪雨災害カンパを行いました
  • 7月24日(火)、社民党朝霞総支部は田辺市議らと朝霞台駅で西日本豪雨災害 カンパ活動を行いました。4人で17時から1時間活動し、12,518円の浄財をお預かりしました。千円札を入れてくれる方、小銭入れに入っていた全てを募金してくれた中年の方、小学生や中学生もカンパしてくれました。 マイクで自民党の災害対応の不手際や長年のダム行政のひずみ、オスプレイよりサラマンダーを、などと訴えました。次回は27日(金)16時から朝 [続きを読む]
  • 2018年7月度全党員会議
  •  7月の全党員会議は、熊谷地区労の対市交渉に参加した党員から、「公契約条例」の勉強会を行い、熊谷地区労のとりくみの応援ができるようにとの提案がありました。県連合からの西日本豪雨災害義援金の取り組みについて、熊谷ではどうするかの話し合いを行いました。   2018年7月度全党員会議資料                     2018年7月18日(水)午後6時〜1、報告事項   6月26日、平和寄席打ち合わ [続きを読む]
  • 北朝霞駅で 3000 万人署名取り組みました。
  •  社民党朝霞総支部は17日、厳しい猛暑がまだ残る16時から北朝霞駅で、「9条守ろう! 3000万人署名」に取り組みました。4人で1時間行動し、署名は5筆集まり、チラシは30部受け取ってくれました。 暑さのためか、中弛み状態なのか、人びとの反応はいまいちでした。残念ですが無関心に通り過ぎる人が大多数の北朝霞駅頭でした。今後も粘り強く、安倍政権が進める9条改憲に「NO!の声」の世論を高めていきましょう!!猛暑の中お疲れ様で [続きを読む]