HaScasa さん プロフィール

  •  
HaScasaさん: 注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ハンドル名HaScasa さん
ブログタイトル注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ブログURLhttp://www.hascasa.com/blog/
サイト紹介文埼玉・千葉・東京の注文住宅 HaScasa(ハスカーサ)・グローバルホーム(ポラスグループ)のスタッフブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/05/17 11:12

HaScasa さんのブログ記事

  • 【完成現場紹介】A様邸 〜かわいらしい南欧風のおうち〜
  • こんにちは設計の石引です。今回は、最近お引渡ししたA様邸をご案内致します。 外観は真っ白な漆喰のレチェウェーブ、屋根は洋瓦仕上げのFinoです。※外構工事はまだ途中の状態です。 リビングには大きなアーチとアイアン手摺のひな段階段があります。やっぱり床の無垢材アンティークロと白い壁は合いますね〜。 キッチンの腰壁の笠木はモザイクタイル仕上げで、とても可愛らしく仕上がっています。(使用タイルは名古屋モザ [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】O様邸 〜本物の素材〜
  • こんにちは設計の内村です。今回ご紹介するのはO様邸です。 Lecheの外観で、南道路の縦長の敷地になります。南道路の場合、日当たりがいい、というメリットに目が向きがちですが、大きな窓が建物の「顔」になる部分にたくさん出てくるため、スッキリとした綺麗な外観が作りにくいというデメリットもあります。しかし、今回のO様邸の外観は非常に美しい!フロント設計を担当した亀田も自画自賛してましたw玄関を入ると正面にはシュ [続きを読む]
  • 建物予算と敷地調査
  • 皆様 いかがお過ごしでしょうか?設計の竹島でございます。 さて今回は、間取りにについてご説明させて頂きます。間取りと言っても大雑把過ぎるのでコストについて考えていきます。 まず、皆さんは建築の総予算についてどんなイメージをお持ちでしょうか?最初に考えていた予算から大分オーバーした、、、、と言う話は良く聞かれます。最近のお客様は色々勉強されていて、ご存知の方もいらっしゃいますが、 建物予算は 建物建築 [続きを読む]
  • 建築見学〜奥野ビル〜
  • こんにちは!設計の宮里です。 今回は、銀座にある「奥野ビル」をご紹介します。場所は銀座一丁目という都心にあります。時間が少しできたので、何の下調べもせず、ふらっと立ち寄ってみました。 まずこの外観。 とても渋く、重厚だけどどこか懐かしさを感じるファサード。隣の大塚家具さんのような近代的なビルでは出せない、深い味が染み出ています。 エントランスは、壁と床がタイル貼り。 一見、官公庁のような冷たい印象 [続きを読む]
  • 建築見学 〜東福寺〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回も昨年の秋に行った京都の中から東福寺を紹介します。東福寺は紅葉のスポットとして大変有名なお寺であり、毎年秋には大勢の観光客で賑わいます。実際紅葉の見ごろの時期に行くと、人がわんさかいて混雑していました。 東福寺では、通天橋から眺める景色が特に有名です。 しかし、秋の特別公開期間中(今年は11/11〜11/30)は通天橋とその向えにある臥雲橋の上での撮影は禁止となっています。 [続きを読む]
  • 歩いて体験する 〜狭山池博物館〜
  • こんにちは。設計の小林です。私は歩くことが好きなので、夏でも冬でもとにかく歩きます。というのも、歩きだと発見できることが多いと思いますし、体験は心に残りやすい気がします。一つ建築を紹介します。大阪狭山市にある、狭山池博物館です。 こちらは有名な建築家、安藤忠雄さんの設計です。隣接する狭山池は奈良時代にできた日本最古の池だそうです。 博物館入口は、地上から一旦地階へ下がり、そしてまた上がります。入 [続きを読む]
  • コルビュジェを訪ねて①
  • こんにちは 設計の多田です。 突然ですが、私はル・コルビュジェの大ファンです。ちょこちょこと隙を見つけてコルビュジェ建築巡りをしているので、今回はその一端をご紹介していこうかと思います。今回、ご紹介するのは言わずもがな20世紀住宅の最高傑作とも評される「サヴォア邸」です。 パリの郊外、ポワシーという小さな町に佇むこの建物はコルビュジェが唱えた近代建築の五原則「ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓 [続きを読む]
  • 流木とダム
  • 設計の加賀です。 今回は流木について書かせていただきます。 先日流木をゲットしにダムに行きました。ダムで?と思う方がいらっしゃると思います。私も知らなかったのですが、流木についてインターネットで検索すると、ダムの事務所にて無料で流木を提供しているところが結構あります。その情報を知りダムに行くことにしました。 なぜ流木が欲しいか?私個人的にはあまり興味がなかったのですが、妻の要望で家のインテリアとして [続きを読む]
  • 武相荘
  • こんにちは、設計の浅井です。 以前より行ってみたかった町田市にある武相荘に行ってきました。武相荘は旧白洲次郎邸であり、現在は一般公開されています。 白洲次郎とは、主に戦後の混乱期に吉田茂の側近としてGHQとの折衝に従事し、占領下の日本で米側の要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた人物です。 その後は東北電力の会長を務めるなど財界人としても活躍しました。 長らくは彼の手腕についてことさらに評 [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】M様邸 〜かわいいお家〜
  • 設計の齋藤です。 今回もかわいいおうちができたのでご紹介します。2階リビング+ルーフバルコニーのおうちです。 リビングの床はパイン材でナチュラルに仕上がりました。ダイニングスペースの脇には収納棚を兼ねたベンチをつくりました。 キッチン周りはブルーのビビッドカラー、食器棚はレッドでかわいくなりました。リビングは勾配天井で吹き抜け、ハイサイドライトからは光がこぼれます。キッチンのアーチの奥はパントリー [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】T様邸 〜フルスペック住宅〜
  • こんにちは。設計の石引です。先日、完成したお家のご紹介をしたいと思います。 建物の外観は白をベースに茶系の木調縦格子やタイルを組み合わせてシンプルにまとめております。 1階は、吹抜けのあるリビングと、南面に大きな掃き出し窓のある洋間が続き間になっており、非常に明るく開放的です。今回のお宅はデザインの良さもさることながら、特筆すべきは性能です。一部の壁には、ハスカーサオリジナル調湿工法「cocuu(コキ [続きを読む]
  • 建築見学 〜清水寺〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回は昨年の秋に行った京都の清水寺について紹介します。清水寺の開創は778年とおよそ1200年前です。しかし大火災に何度もあい、現在の伽藍のほとんどが1633年に再建されたものになります。1994年にはユネスコ世界文化遺産に、古都京都の文化財のひとつとして登録されました。 清水寺といえば、本堂の前面に大きく張り出した高さはおよそ13mの舞台が一番有名だと思います。これは懸造り(かけづ [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】I様邸 〜和モダン〜
  • こんにちは。お久しぶりです。設計の内村です。先日完成したI様邸をご紹介していきます。 外観はハスカーサでは少し珍しい和モダンです!木調化粧材のアクセントがポイントです。 写真では少し分かりにくいですが、1階はビルトインガレージになっています。天井を木目調にすることでアクセントにもなり、正面の木調化粧材へつながるようなデザインになっています。 玄関を入った先には造作手洗を設置しています。スッキリと [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】O様邸 〜Vivie ZEH仕様〜
  • 設計の齋藤です。前回に引き続き完成したお宅のご紹介です。前回はリビングのみでしたので、今回はそのほかのお部屋のお話しです。 リビング脇のタタミコーナーには吊押入れがあって、下には通風用の小窓がついています。右脇の縦長の収納には座卓を収納する物入れがついています。(私の家につけたのでお勧めしました) 寝室の吹抜に面したところはO様こだわりの木格子の窓をつけました。 玄関の床タイルは100mm角の [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】M様邸 〜床の間デザイン〜
  • 皆さん、こんにちは。設計の青木です。今回は、8月初めにお引渡しをさせていただいたM様邸の一部をご紹介させていただきます。 建物の概要をお話ししますと、南西道路に面した敷地に建つ2階建です。1階は、LDK+タタミコーナーとトイレ、シューズクロークで、2階に洗面所・浴室の水回りとご家族皆様の個室があり、中2階収納の上にまた個室があります。 竹島さんのデザインで、詳しいことは前回の竹島さんのブログを見てい [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】M様邸 〜シンプル+本格和室のある家〜
  • 朝夕はいくらか凌ぎやすくなってきましたが、皆様お元気でしょうか?設計の竹島でございます。今回ご紹介したいお宅は「シンプルモダン+本格和室のある家」でございます。ご要望としては、 ・テレビとソファーが適度に置けて、畳コーナーもリビングの一部に設置したい。ダイニングは大きめなテーブルをおきたい。・収納を大きく取りたい。子供部屋は3部屋ほしい。・家の中は和風の感じを出したい。(ご主人様)ロケーションとして [続きを読む]
  • 別視点 京都巡り
  • こんにちは。設計の浅井です。 今回は京都のご案内です。 と言っても、日本の誇るスーパー観光地な訳ですから、多くの方が行ったことがあるでしょうし、今更、私が紹介しなくても皆さんご存じでしょう。 清水寺・龍安寺・鹿苑寺(金閣)・慈照寺(銀閣)三十三間堂・伏見稲荷・嵐山などなどメジャーなスポットは大体訪れちゃって、他になんかないかな?とお考えに皆さんに、ガイドブックに載ってはいるものの居並ぶスーパーエース [続きを読む]
  • 地元の建築探訪〜『石の美術館』編〜
  • 設計の加賀です。 前回までDIYを紹介しましたが、ブログのペースに追い付かなくなりましたので、今回はブレイクタイムということでGWに実家に帰省した際に訪れた『石の美術館』についてお話ししたいと思います。 『石の美術館』は栃木県の那須にあります。戦前からある石蔵に新たに建物を付け加えてできた美術館であります。設計は新国立競技場の設計を手掛けた隈研吾氏であります。地元にありながら、なかなか行く機会がなかった [続きを読む]
  • ノルウェイの森
  • こんにちは、設計の浅井です。 写真はフィンランドの建築家:アルヴァ・アアルトが1932年に発表したスツール「スツール60」です。 無駄のないミニマルデザインのこのイスは、フィンランド産の「バーチ材」で造られています。最近は良いバーチ材が減ってしまい材料の調達に苦労しているようです。 今でこそ北欧モダンデザイン家具には欠かせない「バーチ材」ですが、かつてヨーロッパではあまり上等ではない安価な木材として認 [続きを読む]
  • ノルウェイの森
  • 写真はフィンランドの建築家・アルヴァ・アアルトが1932年に発表したスツール「スツール60」です。無駄のないミニマルデザインのこのイスはフィンランド産の「バーチ材」で造られています。 最近は良いバーチ材が減ってしまい材料の調達に苦労しているようです。今でこそ北欧モダンデザイン家具には欠かせない「バーチ材」ですが、かつてヨーロッパではあまり上等ではない安価な木材として認識されていました。17世紀頃イギリス [続きを読む]
  • 建築見学 〜ホキ美術館〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回は以前に行ったホキ美術館を紹介します。ホキ美術館は日本初の写実絵画専門美術館として、千葉県千葉市に2010年にオープンした新しい美術館です。 近くには千葉市でも最大級の公園「昭和の森」もあり、閑静な場所に建っています。 越谷市からだと少し行きにくいかもしれませんが。。。設計は日建設計さんで、この建築は2011年の日本建築大賞に選ばれているものです。地上1階、地下2階で、鉄筋 [続きを読む]
  • じぶんち:③ 〜模型でイメージ共有〜
  • なぜ夜な夜な模型作りに励むのか・・・「なんか、熱っぽくプレゼンしてくれるのはいいけどイメージが湧かない。」・・・でた。 嫁の快心の一撃。 いくつもの角度からのパースを作成してもらって見せているのに。そもそも簡単にイメージ出来るような提案なんかしないし。そこには本来得られる感動なんて無いし。と、ぶつくさいいつつもホワイト模型を作ろうと立ち上がる。久々にハンズへ赴き、スチレンボードやウレタンボード、ス [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】I様邸 〜3階建てビルトインガレージ〜
  • 皆さん、こんにちは。 設計の青木です。 今回は、4月末にお引渡しをさせていただいたI様邸をご紹介させていただきます。 デザインは三次さんで、私が詳細設計を担当させていただきました。 建物の概要をお話ししますと、南西の角地に建つ3階建ての専用住宅で、1階はビルトインガレージとトレーニングスペース、2階はLDKに水回りを配置し、3階は個室があります。外観は、この写真からお分かりになる通り、シンプルモダンで [続きを読む]
  • じぶんち② 〜キッチンと収納〜
  • なんとなくのゾーニングが見えてきました。 人の動きに合わせて視線の先の広がりをつくっていくことと、その方向をコントールする場所とのルール付けをすること。しかし、フレームが組みあがると同時に不安要素が湧き上がってきました。 嫁を考察。① 積む積む置く置くオープンキッチンとしたいとのことなので、主役となるキッチン候補の提示。僕は現在のキッチンの様子を思い浮かべてみます。一般的な家庭とは違い、使用頻度はか [続きを読む]
  • 階段について
  • こんにちは。設計の小林です。今回は住宅を構成する要素の一つである「階段」について書いてみます。今日では平屋建ても流行りではありますが、階段というのは住宅を計画する上で大切なキーワードとなります。自分の今まで撮った写真の中で幾つかご紹介します。この写真のポイントは手摺子です。こちらの手摺子は鉄で出来ていて、中間部のねじれがデザインとなっています。手摺子は階段では必然的に一定間隔で入るものなので、ちょ [続きを読む]