HaScasa さん プロフィール

  •  
HaScasaさん: 注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ハンドル名HaScasa さん
ブログタイトル注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ブログURLhttp://www.hascasa.com/blog/
サイト紹介文埼玉・千葉・東京の注文住宅 HaScasa(ハスカーサ)・グローバルホーム(ポラスグループ)のスタッフブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/05/17 11:12

HaScasa さんのブログ記事

  • (無題)
  • 今ならWEBから来場予約で商品券2,000円分をプレゼント! (2018/6/20までの期間限定です) ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。 展示場/ショールームSTAFF BLOG ブログ村に登録しています。 するだけですので、ランキング のご協力をお願いします。 [続きを読む]
  • 建築散策 〜水御堂〜
  • こんにちは。設計の小林です。今回は建築プログラム、それがどういう建築でどう作るのか、ということを一つの建築を題材にして書こうと思います。そのことを追求した建築の回答として、個人的にいいなと思うのが、淡路島にある本福寺の水御堂です。先に中の回廊の写真を載せます。一般的にイメージする寺と違うのは、第一に構造かもしれません。木造ではなくて、ここではコンクリートが使われています。この寺を作る時に求められた [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】A様邸 〜和モダン住宅〜
  • こんにちは設計の内村です。今回ご紹介するのはA様邸です。ブラックの外壁に木目をアクセントとした、和モダンを感じさせるデザインです。 玄関部分の壁面をホワイトにしているのも全体の雰囲気が重くなりすぎず、木目の玄関ドアをより引き立てていますね。 屋根のトイ先を伸ばしているのも上品で素敵ですね! 2Fのリビングは一部勾配天井にし、天井には木目のクロスを貼っています。キッチン側は3帖ほどの床上げしたタタミスペ [続きを読む]
  • 椅子と照明 〜リビング学習〜
  • ご無沙汰してます。設計の加賀です。 私の娘のことですが、この4月で小学校に入学しました。我が家ではリビング学習を実践していこうとしています。それにあたり購入したものを紹介したいと思います。 まずはこの椅子、洋風に言ったらチェアーになります。このくだりは要らないですね。 これはイームズのシェルチェアーになります。デザイン性、コスト性いずれも高いです。 子供が座る椅子としてはもったいないかなと思いますが [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】S様邸 〜南欧デザイン住宅〜
  • こんにちは。宮里です。 以前、営業の欲賀からご紹介がありましたが、南欧デザインのお住まいについて、私からもご紹介させていただきます。 まず外観は、漆喰の白い壁と、オレンジ色の陶器屋根。こちらの屋根瓦はフランス製のプロヴァンス瓦です。 1枚1枚がとても大きく、一般的な瓦のようなツヤ感はなく、プロヴァンス瓦は天然素材のテラコッタ特有の素材であたたかみを感じられます。 ※外構工事中に撮影しました。 また [続きを読む]
  • じぶんち:⑥「建て方〜造作工事」
  • 建物が着々と進む中、ダイニングへ設置しようと目を付けたペンダント照明の実物を見ようと富山県の「フタガミ」さんへ。嫁さんと、ウチに置くものや使うもの(表に出てくるもの)は「素材感」「ハンドメイド」ということに拘ろうと決めていたので、遠出ではありましたが旅行がてら行ってきました。照明だけでなくレバーハンドル、トグルスイッチや表札、鍋敷きやトレーなどどれも非常に魅力的でした。 一方現場は・・・建て方も終 [続きを読む]
  • 「景観法」について
  • こんにちは設計の山形です。今日は「景観法」についてお話させてもらいます。日本の街並みは、諸外国の街並みと比較して形態や色に統一性がなく、混沌としていると言われております。特に、電線や立看板などの屋外広告物が景観を損ねたまま都市開発が進められているのが現状です。それでも近年、日本でも都市の景観に対する関心も高くなり、行政による「景観法」「文化財保護法」「緑地保全法」を軸にして、都市の景観を守る地域も [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】K様邸 〜欧風モダン住宅〜
  • こんにちは設計の石引です。先日お引渡ししたK様邸をご案内致します。外観は真っ白な漆喰のレチェウェーブ、屋根は金属鋼板(ガルバリウム)仕上げの『Leche(レチェ)』です。 アーチ下がり壁を潜った先に玄関ポーチがあります。漆喰の外壁、白の乱形の天然石貼りポーチに、木調の玄関ドアとモザイクガラス照明が素敵なアクセントになっていますね。中に入ると、Rに切り取った床に、これまたR加工した石貼りの式台があります。 [続きを読む]
  • 建築散策 〜大阪・中之島〜
  • こんにちは。設計の小林です。今回は大阪の中之島を紹介します。大阪といえば、御堂筋を都市計画の基本軸として南北が繋がっているわけですが、この中之島は御堂筋に直交する形で存在する、川に挟まれた島です。島と言っても、橋が何本も架かっていて対岸との距離も近く、通過動線に当たるのですが、写真のような対岸の乱雑にビルが立ち並ぶ風景とはまた違った様相を示します。中之島には美術館、図書館、歴史建築物など文化施設が [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】A様邸 〜スキップフロア〜
  • 設計の齋藤です。今日はスッキプフロアで高さ1.4mの収納をつくったお家のご紹介です。 まずはリビングです。 2階リビングで、天井は屋根に合わせ勾配天井にしているので開放感があります。 天井の上がった先は間接照明にしています。 リビングとダイニングは高低差を設け、空間をゆるやかに分けています。 ダイニングを通って階段を上がると寝室があります。一見3階建てのようですが、寝室の下は天井高さ1.4mの収納になってい [続きを読む]
  • 建築見学〜国立新美術館〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回は昨年の冬に行った国立新美術館について書きたいと思います。国立新美術館は東京の六本木にある美術館で、日本で5館目の国立美術館として2007年1月に開館しました。 建物の設計は、黒川紀章氏と日本設計共同体によっておこなわれました。 延床面積、年間来館者数が日本一の美術館となっています。ウェーブのかかったガラスのカーテンウォールは迫力があり、目を引きます。 ライトグリーンの [続きを読む]
  • じぶんち:⑤「いざ着工」
  • 僕は生まれたその日から雨につきまとわれる人生を送ってきた。また、予想もしていた。でも、実際に地鎮祭を迎えた日に先日までの晴天はどこへ?と言わんばかりの曇天・・・親族が集まる中、ひたっ・・・と滴を感じた瞬間、全員から「でたっ!雨男」予報では一言も言ってなかったのに・・・ − − − − − − − − − − − − − − − − − − −雨の地鎮祭からほどなく、軟弱地盤に気合をいれるべく改良工 [続きを読む]
  • コルビュジェを訪ねて②
  • こんにちは 設計の多田です。 今回は前回に引き続き、コルビュジェ建築探訪をお送りしたいと思います。 今回ご紹介するのは、コルビュジェ後期の代表作と評される「ラ・トゥーレット修道院」です。 南仏リヨンの郊外、ラルブレルという街にあるこの建物は、丘の斜面に沿うように建ちながら非常に力強い印象を与えます。 この建物も、コルビュジェが唱えた近代建築の五原則「ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、 [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】A様邸 〜Leche〜
  • 皆様 如何お過ごしでしょうか?HaScasa設計の竹島でございます。 今回はHaScasaのフラッグシップともいえる「Leche(レチェ)」をご紹介します。 まずは外観でございますが、 やはり真っ白な漆喰がとても綺麗に仕上がっています。 この外観写真ではわかりづらいですが「ウェーブ仕上げ」というオリジナル左官仕上げになっています。 とても柔らかいウェーブがかかっていて見ているだけで、気持ちが落ち着きます。 また建物 [続きを読む]
  • バルセロナ・パビリオン
  • 設計担当の浅井でございます。突然ですが、我らがポラスグループの本社、南越谷駅近くにあるポラス本社ビルをご紹介します。 入り口を入りますと…、 トラバーチンという石灰質沈殿石の壁仕上げのエントランスホールには…、 バルセロナチェアと呼ばれる美しいX状の脚を持つイスが置いてあります。 ポラス本社ビルですが、その中身は総務や人事などグループの中枢的機能を担っており、住宅をご検討のお客様にはあまり [続きを読む]
  • 庭園散策〜六義園〜
  • こんにちは設計の山形です。本日は庭園についてご紹介させて頂きます。今回訪れた場所は、都内のJR山手線「駒込駅」から徒歩7分に位置する「六義園」です。 訪れた時期は、毎年ライトアップイベントが開催される11月下旬で、当日は非常に冷え込んでいたので、厚着してさらにホッカイロを持参して臨みました。混雑する18〜19時には30分以上の待ち時間は必須となりますが、私が訪れたのはまだ明るい午後3時半過ぎでおり、待たずに入 [続きを読む]
  • じぶんち:④「フツウダネ。」
  • 模型も完成し、実施設計の正木さんに屋根型変更の件をおそるおそる告げ、ようやく細やかな部分へ目を向け始めた矢先。かねてより「本当に家建てるの?」と、嫁さんの実家から噴出する疑惑のコメントに対し、嫁は模型を持って見せに行ったとの事。しばらくしてお邪魔する機会があり、現在の進捗を説明していたところ、お義母さんから思いもかけない一言。 「なんか、普通だよね。」・・・僕は・・・時が・・・止まるのを・・・感じ [続きを読む]
  • 大掃除と無垢フロア・テーブルのワックス掛け
  • 設計の加賀です。 みなさん年末年始どのようにお過ごしになられたでしょうか?私は年末のほとんどを大掃除に費やしていました。窓ガラスや網戸、フロア等のワックスがけ等、普段なかなか掃除ができない箇所を掃除しました。 また、キッチン換気扇、各部屋の給気口も機器を取り外して掃除しました。特に給気口は今の家に住んでから掃除していなかったのでだいぶ埃が溜まっていました。定期的に掃除はしないとダメですね。今回紹介す [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】A様邸 〜かわいらしい南欧風のおうち〜
  • こんにちは設計の石引です。今回は、最近お引渡ししたA様邸をご案内致します。 外観は真っ白な漆喰のレチェウェーブ、屋根は洋瓦仕上げのFinoです。※外構工事はまだ途中の状態です。 リビングには大きなアーチとアイアン手摺のひな段階段があります。やっぱり床の無垢材アンティークロと白い壁は合いますね〜。 キッチンの腰壁の笠木はモザイクタイル仕上げで、とても可愛らしく仕上がっています。(使用タイルは名古屋モザ [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】O様邸 〜本物の素材〜
  • こんにちは設計の内村です。今回ご紹介するのはO様邸です。 Lecheの外観で、南道路の縦長の敷地になります。南道路の場合、日当たりがいい、というメリットに目が向きがちですが、大きな窓が建物の「顔」になる部分にたくさん出てくるため、スッキリとした綺麗な外観が作りにくいというデメリットもあります。しかし、今回のO様邸の外観は非常に美しい!フロント設計を担当した亀田も自画自賛してましたw 玄関を入ると正面にはシ [続きを読む]
  • 建物予算と敷地調査
  • 皆様 いかがお過ごしでしょうか?設計の竹島でございます。 さて今回は、間取りにについてご説明させて頂きます。間取りと言っても大雑把過ぎるのでコストについて考えていきます。 まず、皆さんは建築の総予算についてどんなイメージをお持ちでしょうか?最初に考えていた予算から大分オーバーした、、、、と言う話は良く聞かれます。最近のお客様は色々勉強されていて、ご存知の方もいらっしゃいますが、 建物予算は 建物建築 [続きを読む]
  • 建築見学〜奥野ビル〜
  • こんにちは!設計の宮里です。 今回は、銀座にある「奥野ビル」をご紹介します。場所は銀座一丁目という都心にあります。時間が少しできたので、何の下調べもせず、ふらっと立ち寄ってみました。 まずこの外観。 とても渋く、重厚だけどどこか懐かしさを感じるファサード。隣の大塚家具さんのような近代的なビルでは出せない、深い味が染み出ています。 エントランスは、壁と床がタイル貼り。 一見、官公庁のような冷たい印象 [続きを読む]
  • 建築見学 〜東福寺〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回も昨年の秋に行った京都の中から東福寺を紹介します。東福寺は紅葉のスポットとして大変有名なお寺であり、毎年秋には大勢の観光客で賑わいます。実際紅葉の見ごろの時期に行くと、人がわんさかいて混雑していました。 東福寺では、通天橋から眺める景色が特に有名です。 しかし、秋の特別公開期間中(今年は11/11〜11/30)は通天橋とその向えにある臥雲橋の上での撮影は禁止となっています。 [続きを読む]
  • 歩いて体験する 〜狭山池博物館〜
  • こんにちは。設計の小林です。私は歩くことが好きなので、夏でも冬でもとにかく歩きます。というのも、歩きだと発見できることが多いと思いますし、体験は心に残りやすい気がします。一つ建築を紹介します。大阪狭山市にある、狭山池博物館です。 こちらは有名な建築家、安藤忠雄さんの設計です。隣接する狭山池は奈良時代にできた日本最古の池だそうです。 博物館入口は、地上から一旦地階へ下がり、そしてまた上がります。入 [続きを読む]