HaScasa さん プロフィール

  •  
HaScasaさん: 注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ハンドル名HaScasa さん
ブログタイトル注文住宅 HaScasa 設計スタッフ ブログ
ブログURLhttp://www.hascasa.com/blog/
サイト紹介文埼玉・千葉・東京の注文住宅 HaScasa(ハスカーサ)・グローバルホーム(ポラスグループ)のスタッフブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/05/17 11:12

HaScasa さんのブログ記事

  • 【完成現場紹介】Y様邸
  • こんにちは、宮里です。今回はY様邸のご紹介です。敷地は旗竿地で、車2台縦列駐車でき、その先に建物があります。建物の手前には、表札やポストを配置した門塀を設置しました。建物と同じ外壁色を組み合わせ、建物のミニマム版を作りました。 敷地は旗竿地ですが、旗部分の南側に隣家とスペースを確保できるため、日当たりは抜群です。 中に入ると、1階のフロアはアンティーク調の無垢フロア。南側からの採光で、日中は電気い [続きを読む]
  • バルセロナ建築紀行【その2】
  • 設計の浅井でございます。 前回予告いたしましたバルセルナ建築紀行の続編です。前回のBlogでは「モダン建築世界3大聖地」の一つとして、20世紀三巨匠の一人であるドイツ人建築家、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナパビリオンを紹介しました。建築学上は重要な建築であり、我々建築設計を仕事としている者はバルセロナに行ったら必ず見る建物ではありますが、一般的観光スポットではありませんし、「バルセルナ」っぽくは [続きを読む]
  • クロスの張り替え
  • ご無沙汰してます。設計の加賀です。 先日、自邸にてクロスの張り替え工事を行いました。今回はそのお話をしたいと思います。軽くクロスの張り替えと言いましたが、これは想像以上にかなり大変な作業になります。 部屋の荷物などをまとめて外に出したり、エアコン、トイレ、照明など壁・床・天井に取り付けてあるものをすべて取り外してから、クロスの張り替え作業を行います。週1〜2日、張り替え工事を行い、すべて完了するまで [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】Y様邸 〜モダン住宅〜
  • こんにちは設計の石引です。先日お引渡ししたY様邸をご案内致します。外観は白いジョリパット アートクリフ仕上げとアクセントで水色(浦和展示場と同じ)を入れたツートン仕上げです。 玄関に入ると、ナチュラルな色合いの無垢(ナラ)フローリングと今回のテーマカラーである水色のスチール手摺がある、明るい空間となっています。 階段を上がると正面に奥様拘りのキッチンがあります。無垢扉のキッチン(ウッドワン スイー [続きを読む]
  • じぶんち:⑦「屋根完成〜床断熱と仕上げ材」
  • 屋根工事も佳境に入ってきました。下屋のガルバリウム鋼板タテハゼ葺きです。通常ハスカーサでの施工方法と比べてみてください。 ↓タテハゼ葺き ↓通常の施工方法(瓦棒葺き) 内部も壁面の断熱が終わり、今回、自邸にて実験的に行う基礎断熱へ・・・これはリビングの床を通常の1階床レベルから下げるためです。基礎コンクリートの天端を平滑にするためセルフレベリングを行い、樹脂製の束でレベル調整しつつ、大引 [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】S様邸 〜平屋の和風住宅〜
  • こんにちは。宮里です。今回は、平屋の和風住宅をご紹介します。建物の外観は、お伺いした日が豪雨のため、撮影できませんでしたので、次の機会に。 中へ入ると、まず感じるのが、懐しい香り。その正体は、奥にある、和室の畳や、障子、建具に使われている、白木の香りでした。(どんなに技術が発展していても、香りを皆様にお伝えできないのが、非常に残念です。。) 昔の日本住宅では当たり前のようにあった和室の続き間ですが [続きを読む]
  • 建築見学〜根津美術館〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回は、この間見学に行った根津美術館について書きたいと思います。根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家で茶人の初代・根津嘉一郎の収集品を展示するためにつくられた美術館で、1941年に開館しました。 第二次世界大戦以前からの歴史をもつ、日本では数少ない美術館のひとつです。現在の本館は2009年に隈研吾さんの設計によってできたものです。大きな切妻屋根が目に入ってきます。 [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】I様邸 〜店舗併用住宅〜〈続〉
  • こんにちは設計の内村です。 今回ご紹介するのは、先日美容室をオープンされた店舗併用住宅のI様邸です。住居部分は竹島が先日のブログで書かせていただきましたので、私は店舗部分をメインに書いていきたいと思います! 漆喰の白さ、独特の角Rのデザインがやわらかい印象を与えています。レチェのデザインは美容室やカフェなどととてもよく合いますね! 今回は美容室のロゴデザインも担当させていただきました。お打ち合わせの [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】I様邸 〜店舗併用住宅〜
  • いつもブログを見て頂いて、誠にありがとうございます。設計の竹島でございます。店舗(美容院)併用住宅のご紹介をしたいと思います。今回は主に住宅部分についてご紹介します。店舗の方は後からのお楽しみという事で、、、。 まず外観は、漆喰で仕上げたハスカーサのフラッグシップ商品『Leche(レチェ)』。そしてなんと、美容院の名称が『Reche Hair(レチェ ヘアー)』って言うんです。ちょっと綴りが違いますけど、、、、、 [続きを読む]
  • (無題)
  • 今ならWEBから来場予約で商品券2,000円分をプレゼント! (2018/6/20までの期間限定です) ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。 展示場/ショールームSTAFF BLOG ブログ村に登録しています。 するだけですので、ランキング のご協力をお願いします。 [続きを読む]
  • 建築散策 〜水御堂〜
  • こんにちは。設計の小林です。今回は建築プログラム、それがどういう建築でどう作るのか、ということを一つの建築を題材にして書こうと思います。そのことを追求した建築の回答として、個人的にいいなと思うのが、淡路島にある本福寺の水御堂です。先に中の回廊の写真を載せます。一般的にイメージする寺と違うのは、第一に構造かもしれません。木造ではなくて、ここではコンクリートが使われています。この寺を作る時に求められた [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】A様邸 〜和モダン住宅〜
  • こんにちは設計の内村です。今回ご紹介するのはA様邸です。ブラックの外壁に木目をアクセントとした、和モダンを感じさせるデザインです。 玄関部分の壁面をホワイトにしているのも全体の雰囲気が重くなりすぎず、木目の玄関ドアをより引き立てていますね。 屋根のトイ先を伸ばしているのも上品で素敵ですね! 2Fのリビングは一部勾配天井にし、天井には木目のクロスを貼っています。キッチン側は3帖ほどの床上げしたタタミスペ [続きを読む]
  • 椅子と照明 〜リビング学習〜
  • ご無沙汰してます。設計の加賀です。 私の娘のことですが、この4月で小学校に入学しました。我が家ではリビング学習を実践していこうとしています。それにあたり購入したものを紹介したいと思います。 まずはこの椅子、洋風に言ったらチェアーになります。このくだりは要らないですね。 これはイームズのシェルチェアーになります。デザイン性、コスト性いずれも高いです。 子供が座る椅子としてはもったいないかなと思いますが [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】S様邸 〜南欧デザイン住宅〜
  • こんにちは。宮里です。 以前、営業の欲賀からご紹介がありましたが、南欧デザインのお住まいについて、私からもご紹介させていただきます。 まず外観は、漆喰の白い壁と、オレンジ色の陶器屋根。こちらの屋根瓦はフランス製のプロヴァンス瓦です。 1枚1枚がとても大きく、一般的な瓦のようなツヤ感はなく、プロヴァンス瓦は天然素材のテラコッタ特有の素材であたたかみを感じられます。 ※外構工事中に撮影しました。 また [続きを読む]
  • じぶんち:⑥「建て方〜造作工事」
  • 建物が着々と進む中、ダイニングへ設置しようと目を付けたペンダント照明の実物を見ようと富山県の「フタガミ」さんへ。嫁さんと、ウチに置くものや使うもの(表に出てくるもの)は「素材感」「ハンドメイド」ということに拘ろうと決めていたので、遠出ではありましたが旅行がてら行ってきました。照明だけでなくレバーハンドル、トグルスイッチや表札、鍋敷きやトレーなどどれも非常に魅力的でした。 一方現場は・・・建て方も終 [続きを読む]
  • 「景観法」について
  • こんにちは設計の山形です。今日は「景観法」についてお話させてもらいます。日本の街並みは、諸外国の街並みと比較して形態や色に統一性がなく、混沌としていると言われております。特に、電線や立看板などの屋外広告物が景観を損ねたまま都市開発が進められているのが現状です。それでも近年、日本でも都市の景観に対する関心も高くなり、行政による「景観法」「文化財保護法」「緑地保全法」を軸にして、都市の景観を守る地域も [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】K様邸 〜欧風モダン住宅〜
  • こんにちは設計の石引です。先日お引渡ししたK様邸をご案内致します。外観は真っ白な漆喰のレチェウェーブ、屋根は金属鋼板(ガルバリウム)仕上げの『Leche(レチェ)』です。 アーチ下がり壁を潜った先に玄関ポーチがあります。漆喰の外壁、白の乱形の天然石貼りポーチに、木調の玄関ドアとモザイクガラス照明が素敵なアクセントになっていますね。中に入ると、Rに切り取った床に、これまたR加工した石貼りの式台があります。 [続きを読む]
  • 建築散策 〜大阪・中之島〜
  • こんにちは。設計の小林です。今回は大阪の中之島を紹介します。大阪といえば、御堂筋を都市計画の基本軸として南北が繋がっているわけですが、この中之島は御堂筋に直交する形で存在する、川に挟まれた島です。島と言っても、橋が何本も架かっていて対岸との距離も近く、通過動線に当たるのですが、写真のような対岸の乱雑にビルが立ち並ぶ風景とはまた違った様相を示します。中之島には美術館、図書館、歴史建築物など文化施設が [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】A様邸 〜スキップフロア〜
  • 設計の齋藤です。今日はスッキプフロアで高さ1.4mの収納をつくったお家のご紹介です。 まずはリビングです。 2階リビングで、天井は屋根に合わせ勾配天井にしているので開放感があります。 天井の上がった先は間接照明にしています。 リビングとダイニングは高低差を設け、空間をゆるやかに分けています。 ダイニングを通って階段を上がると寝室があります。一見3階建てのようですが、寝室の下は天井高さ1.4mの収納になってい [続きを読む]
  • 建築見学〜国立新美術館〜
  • お久しぶりです。設計の下平です。今回は昨年の冬に行った国立新美術館について書きたいと思います。国立新美術館は東京の六本木にある美術館で、日本で5館目の国立美術館として2007年1月に開館しました。 建物の設計は、黒川紀章氏と日本設計共同体によっておこなわれました。 延床面積、年間来館者数が日本一の美術館となっています。ウェーブのかかったガラスのカーテンウォールは迫力があり、目を引きます。 ライトグリーンの [続きを読む]
  • じぶんち:⑤「いざ着工」
  • 僕は生まれたその日から雨につきまとわれる人生を送ってきた。また、予想もしていた。でも、実際に地鎮祭を迎えた日に先日までの晴天はどこへ?と言わんばかりの曇天・・・親族が集まる中、ひたっ・・・と滴を感じた瞬間、全員から「でたっ!雨男」予報では一言も言ってなかったのに・・・ − − − − − − − − − − − − − − − − − − −雨の地鎮祭からほどなく、軟弱地盤に気合をいれるべく改良工 [続きを読む]
  • コルビュジェを訪ねて②
  • こんにちは 設計の多田です。 今回は前回に引き続き、コルビュジェ建築探訪をお送りしたいと思います。 今回ご紹介するのは、コルビュジェ後期の代表作と評される「ラ・トゥーレット修道院」です。 南仏リヨンの郊外、ラルブレルという街にあるこの建物は、丘の斜面に沿うように建ちながら非常に力強い印象を与えます。 この建物も、コルビュジェが唱えた近代建築の五原則「ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、 [続きを読む]
  • 【完成現場紹介】A様邸 〜Leche〜
  • 皆様 如何お過ごしでしょうか?HaScasa設計の竹島でございます。 今回はHaScasaのフラッグシップともいえる「Leche(レチェ)」をご紹介します。 まずは外観でございますが、 やはり真っ白な漆喰がとても綺麗に仕上がっています。 この外観写真ではわかりづらいですが「ウェーブ仕上げ」というオリジナル左官仕上げになっています。 とても柔らかいウェーブがかかっていて見ているだけで、気持ちが落ち着きます。 また建物 [続きを読む]
  • バルセロナ・パビリオン
  • 設計担当の浅井でございます。突然ですが、我らがポラスグループの本社、南越谷駅近くにあるポラス本社ビルをご紹介します。 入り口を入りますと…、 トラバーチンという石灰質沈殿石の壁仕上げのエントランスホールには…、 バルセロナチェアと呼ばれる美しいX状の脚を持つイスが置いてあります。 ポラス本社ビルですが、その中身は総務や人事などグループの中枢的機能を担っており、住宅をご検討のお客様にはあまり [続きを読む]