ゆず豆 さん プロフィール

  •  
ゆず豆さん: ゆず豆的シネマ鑑賞記
ハンドル名ゆず豆 さん
ブログタイトルゆず豆的シネマ鑑賞記
ブログURLhttp://yuzumame3.blog.fc2.com/
サイト紹介文映画鑑賞日記をつらつらと・・・。人気のあの作品からマイナーなあの作品までのんべんだらりと執筆中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/05/17 14:26

ゆず豆 さんのブログ記事

  • No.1460 『夜は短し歩けよ乙女』
  • 2017年制作 邦監督:湯浅 政明≪キャッチコピー≫『こうして出逢ったのも、何かのご縁。』≪ストーリー≫クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。≪感想≫アニ [続きを読む]
  • No.1458 『アトミック・ブロンド』
  • 2017年制作 米監督:デヴィッド・リーチ≪キャッチコピー≫『最強の女スパイ、現る。』≪ストーリー≫イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは、世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロレーンは [続きを読む]
  • No.1457 『プリンセスと魔法のキス』
  • 2009年制作 米監督:ジョン・マスカー   ロン・クレメンツ≪キャッチコピー≫『そのキスを、してはならぬ…。』≪ストーリー≫いつの日が自分の手で夢を実現させたいと願う女性、ティアナ。ある日、ティアナの前に、言葉を話す一匹のカエルが現れる。かつて王子だったころ、のろいによって姿を変えられてしまったと語るカエル。そして、魔法を解くためにキスしてほしいとティアナに告げるのだが……。≪感想≫ディズニー映画。 [続きを読む]
  • No.1456 『おじいちゃんはデブゴン』
  • 2016年制作 香港/中監督:サモ・ハン≪キャッチコピー≫『 − 』≪ストーリー≫人民解放軍中央警衛局を退役し、故郷の村でひっそりと生活している66歳のディン(サモ・ハン)。要人警護で活躍していた彼も認知症と診断され、物忘れがひどくなる中で隣家の少女チュンファ(ジャクリーン・チャン)との触れ合いを心のよりどころにしていた。ある日、彼女の父親が中国マフィアにロシアンマフィアからの宝石強奪を任されるも、宝石 [続きを読む]
  • No.1455 『シング・ストリート 未来へのうた』
  • 2015年制作 アイルランド/英/米監督:ジョン・カーニー≪キャッチコピー≫『君の夢は、僕の夢になった。』≪ストーリー≫1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出 [続きを読む]
  • No.1454 『ブラックパンサー』
  • 2018年制作 米監督:ライアン・クーグラー≪キャッチコピー≫『国王として守るか?ヒーローとして戦うか?』≪ストーリー≫アフリカの秘境にあるワカンダで産出される鉱石ヴィブラニウムは、全てを破壊してしまうほどのパワーを持つ。歴代の王は、悪用されないように鉱石の存在を極秘にしていた。若くして王になったティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は、謎の男エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)がワ [続きを読む]
  • No.1453 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
  • 2017年制作 邦監督:石井 裕也≪キャッチコピー≫『透明にならなくては息もできないこの街で、きみを見つけた。』≪ストーリー≫2017年東京。看護師の美香(石橋静河)は病院に勤める傍ら夜はガールズバーで働き、漠然とした不安や孤独の中で日々過ごしていた。一方、工事現場での日雇い仕事に従事する慎二(池松壮亮)は、常に死の気配を感じながらも何とか希望を見いだそうとしていた。排他的な都会で生きづらさを抱えつつも、 [続きを読む]
  • No.1452 『君の膵臓をたべたい』
  • 2017年制作 邦監督:月川 翔≪キャッチコピー≫『ラスト、きっとこのタイトルに涙する。』≪ストーリー≫高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過 [続きを読む]
  • No.1451 『ケンとカズ』
  • 2016年制作 邦監督:小路 紘史≪キャッチコピー≫『ここから這い上がんだよ――。』≪ストーリー≫ケン(カトウシンスケ)とカズ(毎熊克哉)は自動車修理工場で働きながら、裏では覚せい剤の取引をしていた。ケンは恋人の早紀が身ごもっており、彼女と生まれてくる子供のために人生をやり直そうと考えていた。一方、カズは母親のことで問題を抱えていた。カズは密売ルートを増やすべく、敵対グループと手を組もうと画策するも… [続きを読む]
  • No.1448 『珍遊記』
  • 2016年制作 邦監督:山口 雄大≪キャッチコピー≫『絶対に観ろ!バカヤローッ!!!』≪ストーリー≫天竺へと旅をしていた僧侶の玄奘(倉科カナ)は、たまたま寄った家の老夫婦から妖力で悪さをする不良息子・山田太郎(ピエール瀧)の更生を頼まれる。玄奘は、宝珠を駆使し妖力を封印することに成功。さらに、玄奘は力を失った太郎(松山ケンイチ)を引き取り、旅に同行させることに。道中さまざまな騒動を巻き起こす太郎は……。 [続きを読む]
  • No.1447 『ドラゴン×マッハ!』
  • 2015年制作 香港/中監督:ソイ・チェン≪キャッチコピー≫『ピンチが生んだ最高の相棒(バディ)!』≪ストーリー≫香港の臓器売買について調査していた捜査官チーキット(ウー・ジン)は素性がばれ、タイの刑務所に送り込まれてしまう。指揮官のチャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を捜す一方、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)はチーキットに暴行を繰り返していた。見て見ぬ振りをするしかな [続きを読む]
  • No.1446 『デトロイト』
  • 2017年制作 米監督:キャスリン・ビグロー≪キャッチコピー≫『1967年、米史上最大級の暴動勃発。街が戦場と化すなかで起きた“戦慄の一夜”』≪ストーリー≫1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に [続きを読む]
  • No.1445 『SING/シング』
  • 2016年制作 米監督:ガース・ジェニングス≪キャッチコピー≫『それは、人生を変えるステージ。』≪ストーリー≫劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。≪感想≫ここは人間世界のように動物たちが住む [続きを読む]
  • No.1444 『思い出のマーニー』
  • 2014年制作 邦監督:米林 宏昌≪キャッチコピー≫『あなたのことが大すき。』≪ストーリー≫心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せる。その出会い以来、杏奈の身の回りでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになるが、それは二人だけの秘密だった。≪感想≫※ [続きを読む]
  • No.1443 『SPL/狼よ静かに死ね』
  • 2005年制作 香港監督:ウィルソン・イップ≪キャッチコピー≫『 − 』≪ストーリー≫特別重犯罪捜査班チームに、チャン捜査官(サイモン・ヤム)の後任としてマー捜査官(ドニー・イェン)がやってくる。長年香港裏社会のボスであるポー(サモ・ハン)の逮捕に執念を燃やしてきたチャンは最後の大仕事にかかる。≪感想≫香港映画。出演はドニー・イェンやサモ・ハン・キンポー。僕的カンフー映画の歴史って、まずはジャッキー・ [続きを読む]
  • No.1442 『アメリカン・スナイパー』
  • 2014年制作 米監督:イ・イルヒョン≪キャッチコピー≫『米軍史上最多、   160人を射殺した、      ひとりの優しい父親。』≪ストーリー≫イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的に援護する。人並み外れた狙撃の精度からレジェンドと [続きを読む]
  • No.1441 『そして父になる』
  • 2013年制作 邦監督:是枝 裕和≪キャッチコピー≫『6年間育てた息子は、他人の子でした』≪ストーリー≫申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。≪感想≫「海街diary」 [続きを読む]
  • No.1437 『悪人』
  • 2010年制作 邦監督:李 相日≪キャッチコピー≫『ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?』≪ストーリー≫若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、祐一はたまたま出会った光代(深津絵里)を車に乗せ、警察の目から逃れるように転々とする。そして、次第に二人は強く惹(ひ) [続きを読む]