ビジネスアイデア特許化コンサルタント弁理士遠藤和光 さん プロフィール

  •  
ビジネスアイデア特許化コンサルタント弁理士遠藤和光さん: 日本一分かりやすい!ビジネス特許活用法 徹底解説!
ハンドル名ビジネスアイデア特許化コンサルタント弁理士遠藤和光 さん
ブログタイトル日本一分かりやすい!ビジネス特許活用法 徹底解説!
ブログURLhttps://ameblo.jp/kazuyan4649/
サイト紹介文ビジネスアイデアを特許可能にデザインするビジネスアイデア特許化コンサルタントのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/05/22 17:32

ビジネスアイデア特許化コンサルタント弁理士遠藤和光 さんのブログ記事

  • IoT・AIの展示会CEATEC2017に行ってきました!
  • 2017年10月4日の午後に幕張メッセでやっていたCEATEC(シーテック)2017に行ってきました。IoTとAIの展示をやっていましたが、あまりにも会場が広かったので、IoTを見るのがやっとでした。 あまりにも会場が広いため、同じ展示品を見ようとうろうろ探したけど、結局見つからずに帰ってしまいました。(自分が方向オンチだったせいかもしれません。) お母さんの味を子供に伝承する技術してヘッドマウントディスプ [続きを読む]
  • 加圧トレーニングから学ぶ方法特許
  • 加圧トレーニングを聞いたことありますか?(加圧トレーニングはKAATSU JAPAN株式会社の登録商標です。) 加圧トレーニングジムが全国的に展開されています。なぜ、成功できたのでしょう? それは方法特許(特許第2670421号)でビジネスを守ったからです。権利の内容は次のとおりです。「【請求項1】筋肉に締めつけ力を付与するための緊締具を筋肉の所定部位に巻付け、その緊締具の周の長さを減少させ、筋肉に負荷 [続きを読む]
  • 中小企業こそIoTを活用すべき!
  • 以下は、平成29年9月26日の発明教室で説明した内容の一部です。 1.IoTとは?IoTは、Internet of Things の略で、モノのインターネットといわれています。 IoTを簡単に説明しますと、パソコン類(PC、スマートフォン)以外のモノをインターネットにつなげる仕組み又はモノのことです。 代表的なIoTには、自動車があります。自動車がインターネットにつながり、渋滞状況を反映した最適なルート案内が行わ [続きを読む]
  • 党名も商標登録が必要です
  • 「希望の党」は、平成29年2月20日に商標登録出願され、平成29年9月1日に商標登録されています(商標登録第第5977657号)。出願人は、小池百合子さんです。9月25日に希望の党が発表されましたが、結党発表の7ヶ月以上も前に党名を考えていたんですね〜 一方、民進党の枝野幸男代表代行が平成29年10月2日に結党を発表した「立憲民主党」は、平成29年2月24日に他の企業から商標登録出願され、現在審 [続きを読む]
  • IoTをテーマとした第25回発明教室を開催しました
  • 写真は2017.9.26(火)の第25回発明教室の様子です。テーマは「中小企業こそIoTを活用すべき」です。 (1) IT企業の経営者による講義が50分、(2) 私の講義は40分、(3) 残り40分は紙コップと紙皿を使ったワークショップです。...     遠くから参加した小学校の先生(女性)は懇親会にも参加してもらい、楽しかったと言っていただき、手ごたえありでした!    ワークショップでは、紙コップと紙皿を参加者 [続きを読む]
  • ダイソンのブランド戦略とは?
  • ダイソンと言えば、何を思いますか? 吸引力で有名な掃除機メーカですかね〜それはダイソンのポジショニングです。 4Pによるマーケティングミックスを見てみましょう! 製品では、特許の数が504件もあるとは、凄い数ですね〜技術力があることを示しています。    価格が他のメーカの3〜4倍にもなっています。それはブランドの力ですね! キャッチコピーは吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機です。 これを聞 [続きを読む]
  • サマンサタバサのブランド戦略とは?(その2)
  • 前回の「サマンサタバサのブランド戦略とは?(その1)」では、サマンサタバサのポジショニングについて説明しました。 今回は、サマンサタバサの4Pによるマーケティングミックスについて説明します。 「マーケティングミックス」とは、マーケティング目標達成のため4Pを組み合わせて計画、実施することです(マーケティング用語集より)。 4Pとは、以下の要素から構成されています。①製品(Peoduct):機能・品質、ネ [続きを読む]
  • サマンサタバサのブランド戦略とは?(その1)
  • 女子ゴルフのトーナメントのテレビ中継を見ていましたら、スポンサにサマンサタバサがなっているのを知り、どのようなブランド戦略をとっているか興味が沸いたので、調べてみました。 社名は「 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド 」です。「ジャパンリミテッド」とあるので、フォード・ジャパン・リミテッドやデュポン ジャパン リミテッドのように外資系企業の日本法人かとの思いきや、れっきとした日本の企業でした。 [続きを読む]
  • ベンチャー企業や中小企業もブランドが大事
  • ブランドとして知られているものに、例えば、AppleやTOYOTAなどがあります。 これらの企業は最初からブランドができあがっていたのではなく、長い年月をかけて育てて行ってブランドができあがったものです。 ベンチャー企業や中小企業でもブランドを意識することによりいずれは有名な企業に成長していくことも可能ではないでしょうか。 「ブランド(brand) 」の語源は、他の牛と識別するために牛に熱く焼いた「焼き印(burn) [続きを読む]
  • IT関係者なら知っておきたい著作権
  • 第22回発明教室が終わりました。   IT関係者なら知っておきたい著作権についてIT企業の経営者の方に実体験を踏まえたポイントを説明していただきました。 ...   詳しい話しを聞きたい方は是非発明教室へ(^^)/         その後、私から侵害事件が発生した場合の損害賠償額の計算方法について説明しました。これは経営者には是非知っておきたい話しですね♪   懇親会では、本音トークで盛り上がり、楽しい一 [続きを読む]
  • 最優秀事務所賞をいただきました!
  • ある企業様から最優秀事務所賞をいただきました! これまで何人かの方からご意見をいただき、それを実現しようと努力した結果だと思います。    これからも1件入魂の精神でやっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。       ◆発明力が付く第22回発明教室6月27日(火)18:20〜20:40 八丁堀区民館にて参加費2000円(会員1000円)詳細な情報とお申込みはこちら↓↓↓http://www.patent-tiger.com/ap [続きを読む]
  • 企業イメージを権利化する方法があります!
  • 企業イメージは企業のブランド価値を高めますので、これを権利化できればいいと思いませんか? 実は、企業イメージを権利化する方法があります! 企業イメージをコーポレート・スローガンやキャッチコピーを含む商標という形で商標登録をするのです。 例えば、東京瓦斯株式会社の「エネルギー・フロンティア」、    BMWの「駆けぬける歓び」、    サントリーホールディングス株式会社の「水と生きる」、    美 [続きを読む]
  • 中小企業の特許出願の出願件数の増加傾向続く
  • 国内全体の特許出願の件数は、年々減少傾向にあり、昨年の2016年は約32万件(318,381件)になっています。 国内の特許出願が減少傾向にある中、中小企業の特許出願は、2011年からは上昇傾向にあります。 昨年の2016年は中小企業の特許出願件数は約3万7千件(36,962件)になりました。全体に対する割合では11.6%です。 中小企業の知財財産に対する意識が変化し、知的財産の保護の重要性が中小企業 [続きを読む]
  • 文系や主婦でもできる発明創造法とは
  • 文系や主婦でもできる発明創造法なんてあるのでしょうか?それがあります! 発明というと、何か難しいことを考えないといけないと思っていないでしょうか? 発明は難しい構造を考えたから特許されるものではなく効果が優れているから特許されるものでもありません。 容易に思いつかなかったアイデアを考えたら特許されるのです。そのことは特許法に書いてあります。 特許法第29条第2項(進歩性)に「容易に発明をすることが [続きを読む]
  • 商標の商品又は役務が類似しているかどうかは区分とは関係ありません
  • 出願された商標が、他人の登録商標と同一又は類似の商標であって、かつ、出願に係る指定商品又は指定役務が他人の登録商標の指定商品又は指定役務と同一又は類似のものである場合は、商標登録を受けることはできません(商標法第4条第1項第11号)。 商品については、生産部門、販売部門、原材料、品質等において共通性を有する商品をグルーピングし、役務については、提供手段、目的若しくは提供場所等において共通性を有する役務 [続きを読む]
  • 料理のレシピをマネされないようにするためには、どうしたらいいですか?
  • 【質問】料理のレシピをマネされないようにするためには、どうしたらいいですか? 【回答例】著作権、特許権で保護することが考えられます。著作権の保護は文学的に表現されたものでなければ難しいでしょう。特許権は費用を掛けてよければ、最も有効な権利だと思います。ノウハウとして隠しておくという方法もいいと思います。 以下に詳しく説明します。       料理のレジピは著作権で保護されるか料理のレシピが著作物 [続きを読む]
  • 初めての方にお勧めの簡易調査方法です
  • 平成29年4月25日の第20回発明教室では、一般社団法人特許の虎公認のアドバイザーにより「特許・意匠・商標の簡易調査方法」を実演入りで解説していただきました。 調査は、登録の可能性を判断するために必要なだけでなく、自らのアイデアのヒントになる情報を得ることができますので、商品を開発したり、ネーミングなどを検討する場合には、調査することは必要なことだと思います。 皆さん熱心にメモを取ったり、質問 [続きを読む]
  • フタにヨーグルトが付かなくなると、ペロッとしたい人は困るかも
  • ヨーグルトを開けたとき、フタの裏にヨーグルトが付いていることがありますが、それを何とかして欲しいというお客様の要望からこの発明が生まれました。フタにヨーグルトが付かなくなると、ペロッとしたい人が困るかもしれませんね(笑)。 ハスの葉には、水滴が流れやすいように多数の突起が付いています。フタの裏にハスの葉のように多数の突起を付けたところフタの裏にヨーグルトが付かなくなりました。これは東洋アルミニウ [続きを読む]
  • 今がビジネスモデル特許を取得するチャンス
  • 今、IoTやAI等の技術革新が起きていることから、特許庁がビジネスモデル特許を後押ししています。つまり今がビジネスモデル特許を取得するチャンスということです。 ビジネスモデル特許のことを特許庁は「ビジネス関連発明」といっており、ビジネス関連発明について次のように説明されています。 「ビジネス関連発明」とは、「汎用コンピュータや既存のネットワーク等を利用した新しいビジネス方法に関連する発明」(「ビジネス [続きを読む]
  • 相手の特許はつぶすことができる
  • あの特許がなければ、ビジネスができるのにと思うことがあると思います。その気になる相手の特許は特許異議申立か無効審判でつぶすことが可能です。      特許出願は審査官の審査を経て特許されます。審査官が拒絶査定とした後も拒絶査定不服審判を請求し、審判官の判断により特許される場合もあります。     <特許異議申立>特許されますと、3年分の特許料を納付して設定登録がされた後、3、4週間程度 [続きを読む]
  • 損害額7億8千万円にもなった切り餅事件とは?
  • 餅を焼いたとき、膨らみすぎて餅が下の方に垂れてしまうことがありますね。越後製菓株式会社はそれを解決しました。 「餅を焼いて食べる場合、加熱時の膨化によって内部の餅が外部へ突然膨れ出て下方へ流れ落ち、焼き網に付着してしまうことが多い」ことを課題とし、側面に溝を入れることでその課題を解決し特許にしました(「餅」特許第4111382号)。 符号の3が側面に入れた溝です。 &nb [続きを読む]
  • "黒い髪のきれいな女の子"はどういう女の子?
  • 黒い髪のきれいな女の子はどういう女の子でしょう? ①髪が黒い女の子②肌が黒い女の子いずれの場合も考えられますね。つまり何が黒いかという疑義が生じる文章だということです。   特許請求の範囲は権利範囲を決めるものですので、疑義が生じないように記載する必要があります。疑義が生じますと、侵害の有無が分かり難くなり、係争事件が発生するおそれがあるからです。 [続きを読む]