テンテンブール さん プロフィール

  •  
テンテンブールさん: クオリティ・ペーパーズ
ハンドル名テンテンブール さん
ブログタイトルクオリティ・ペーパーズ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tenahhastrsggg/
サイト紹介文面白いことを少しはいいたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/05/20 18:02

テンテンブール さんのブログ記事

  • 11/9
  • [東京紀行] 11月6日(火)東北新幹線で東京に出発。車中でおむすび、カツサンド、お茶。芦花公園駅。世田谷文学館で筒井康隆展をみる。星新一展にも以前行ってます。秋葉原駅。ヨドバシカメラの回転寿司・まぐろ人でビールを飲む。居酒屋・えびす鶏で串盛り、砂肝。アパホテルに泊まる。室内でカップラーメン、サラダチキンロール、おにぎり、缶ビール、缶チューハイ。 11月7日(水)渋谷駅へ。ヒューマントラストシネマで [続きを読む]
  • 11/2
  • 『いい人がお金に困らない 仮想通貨 新時代のルール』(松田元著 KKロングセラーズ)を読む。 ブロックチェーン技術で、巨大企業への富の偏在は解消、同性婚の実現、道徳性の高い人が報われるという。 「論語と算盤」が現実化する、と書かれているし。 これからはブロックチェーンの時代だね。 いい人がお金に困らない 仮想通貨 新時代のルール1,404円Amazon [続きを読む]
  • 10/25
  • 図書館の本を読んで。 『DNAから見た日本人』(斎藤成也著 ちくま新書) 日本人はどこから来たのだろうか。 中国人に似ているので、中国からか。 15万年前、「第二の出アフリカ」のときの人が、現代人の共通祖先だ。 日本であるが、旧石器時代に東南アジア系のひとたちが来て、現在アイヌ人や沖縄人に残っている。縄文時代末期に北東アジア系のひとたちが来た。 [続きを読む]
  • 10/24
  • 10月23日(火) 盛岡市へ。大通り。映画「デス・ウィッシュ」「魔法少女リリカルなのは Detonation」をみる。ジュンク堂書店に入る。県立図書館にゆく。居酒屋・ミライザカでビール、ハイボール、すき鍋、雑炊。 [続きを読む]
  • 10/18
  • 10月16日(火)ー17日(水) 海老名駅で降りる。東北新幹線で上京したのだった。車中で「週刊プレイボーイ」の「石破茂・47都道府県メッセージ全文」を読む。ららぽーと海老名で瓶ビール、シフォンケーキ。東横イン・本厚木駅南口に宿泊。室内で缶ビール、ソーセージ。翌朝チェックアウト。親戚の法事に参列。帰郷へ。新幹線車内で缶ビール、タカラ缶チューハイ、じゃがりこ、お寿司。 [続きを読む]
  • 10/14
  • このブログ、あんまり書いてないので、なんか書こうと思う。 何かあっただろうか。 あまりないかもしれない。もう10月14日だった。 秋。曇っている。 夜中に目が覚め、鼻をかんでいる。 [続きを読む]
  • 10/7
  • 『カラー徹底図解 基本からわかる電気回路』(高崎和之著 ナツメ社)を読む。 読むの大変だった。 カラー徹底図解 基本からわかる電気回路2,484円Amazon [続きを読む]
  • 9/20
  • [日本の文学を読んで] 「咲庵」「土佐兵の勇敢な話」(中山義秀)「光秀と紹巴」(正宗白鳥) 明智光秀に関するフィクション、など。本能寺は、いきなり思いついたみたいだな。 [続きを読む]
  • 9/14
  • 図書館の本を読んで。 『般若心経講話』『法華経を読む』(鎌田茂雄著 講談社学術文庫) 般若心経は、耳なし芳一の体に書かれたが、魔除けの効果がある。 鳩摩羅什、玄奘、義浄などが訳した。慈恩大師や弘法大師が注釈した。 幽子情報系と電子情報系に分かれているとすれば、因果というのは前者が霊性界・空で後者が自然界・色だから確率みたいなものだ。 さて、鎌倉新仏教の祖師たちはみな比叡山で学んでいるが、天台宗の中心 [続きを読む]
  • 9/8
  • 『新復興論』(小松理虔著 ゲンロン叢書)を読む。 いわき市小名浜は良港であるが、そこ出身の著者が震災・原発事故を経験して、思いを率直に語る。 かまぼこかー。かまぼこを買うの、お年越しの時のみなんでは。普段は、ちくわ・カニカマを買っている。 科学者や役人には誠意がない。「アート」や「福祉」の取り組みこそよい。 新復興論 (ゲンロン叢書)2,484円Amazon [続きを読む]
  • 8/6
  • 『ふつうのLinuxプログラミング 第2版』(青木峰郎著 SBクリエイティブ)を読む。 一応読みました。 ふつうのLinuxプログラミング 第2版 Linuxの仕組みから学べるgccプログラミングの王道2,970円Amazon [続きを読む]