ハイブリッドマン さん プロフィール

  •  
ハイブリッドマンさん: ハイブリッドでいこう
ハンドル名ハイブリッドマン さん
ブログタイトルハイブリッドでいこう
ブログURLhttp://hybridman.blog.fc2.com/
サイト紹介文身体障害者でもできる起業を模索中です。 農業、建築、福祉を複合した事業を考えています。
自由文そろそろ脱サラして田舎で農業でもやりたい。しかし自分はペースメーカーを埋め込んでいて、満足に農作業ができない。
そこで今まで自分が得た経験を生かし、これらの問題をクリアする方法を考えているところです。
病気、事故、怪我、結婚、出産、育児などなど、何れも少し特異な経験を持っていると思っています。
建築、農業、福祉、各部門の詳しい知識をお持ちの方の助言がいただけると幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 121日(平均1.4回/週) - 参加 2012/05/20 23:14

ハイブリッドマン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 未知の世界
  • 現代の最先端技術があれば様々なことが可能である。ように思えるが、それは日常の社会の中での幻想なのだと気付く。一歩外を見るとわからないことだらけ。仮定や推測に基づいて定められた常識や情報がいかに多いか考えてみましょう。当時はどんなに称賛、推奨されても、時代が変わると間違えだったとされること。または、それが間違えだったことを認められない状況に至っており、現在でも継続されていること。そんなことばかりでは [続きを読む]
  • 時間に縛られる
  • 今は過去になり、明日も過去になる。全てのことはいずれ過去になる。当たり前のことだが、なぜなのか?時間という概念、わかっているようでわからない。時間が経過と共に全てのものが変化し続ける。それとも変化する必要があるから時間が流れるのか?時間は本当に平等に経過しているのか?宇宙の中には時間の速さが異なる空間があるのか?生命に限りがあるのも時間が経過するから?それとも細胞が変化し続けるから?時間がない、時 [続きを読む]
  • 期待するなら準備もする
  • 信用していたのに、、、信じていたのに、、、大丈夫だと思ったのに、、、これまではうまくいったのに、、、もちろん100%はない。しかし、自分がこんなことになるなんて考えなかった。どうしたらいいのかわからない。人を信じた。社会の情報に踊らされた。自分を過信した。あいつのせいだ。いや、自分のせいだ。と誰かを責め、どう責任をとらせるか、どう責任をとるか、悔やみ、悩む。詐欺にあったり、投資に失敗したり、結果が [続きを読む]
  • 病気で悩む
  • 医学の進歩はすばらしい。いろいろな病気が早期発見できるようになり、自覚症状がなくても職場での検診、学校での検診、人間ドックなども見つかることがある。また、適応障害、発達障害、〇〇依存症、〇〇症候群、など、新たな病気も多くなっているように思う。そして、花粉症のようなアレルギー体質の人も増えている。日本では保険制度が充実しているので、たいていの人は病気になったり、心配のある人は病院に行く。そして、検査 [続きを読む]
  • 金で悩む
  • 何をするにも金が必用。金があれば何とかなる。金がないと不安である。ねぜこんなに毎日金のことで悩まねばならないのか?なぜこんなにあちこちから金を請求されなければならないのか?自分は現代社会では生きていけない。そもそも「金」とは何なんだ?なぜこんなに大きな力を持ち、これに縛られなければならないのだろうか?お金が必要とされた経緯を想像してみる。人はそもそも自給自足していたはず。しかし、食べ物を分けてほし [続きを読む]
  • 世の中不公平
  • 普通の人はこんなつらい思いはしていないのに・・・・他人は試練があっても乗り越えられているのに、自分には出来ない・・・・テレビで見るような金持ちやスポーツ選手、芸能人、政治家・・・みんな何かに恵まれていてうらやましい。自分には何もない・・・・だからどうしようもない・・・・世の中不公平だ・・・・神も仏もないのか・・・自暴自棄になる自分がまたイヤになる。でも、世の中不公平なのは当たり前。公平になる訳がな [続きを読む]
  • 自分のために生きる
  • 「俺は家族のために毎日働いている!」「困っている人たちの力になるために人生を捧げる!」「人の命を救うために医者になる!」「子供の命を守るために自分が盾になってかばう!」実にすばらしい人たちだと思う。他人のために行動しているのだから。しかし、それは突き詰めると全て自分のためである。自分がそれを望んでいて、その行動の向こうにある結果に満足できるからするのである。美談で自己満足する。自己犠牲で感謝される [続きを読む]
  • 人は弱い
  • 人間とは弱いものだ。どんなに強がっても、どんなに成功していても、全てを手に入れたとしても、人間である以上弱さはある。弱いから強く見せる。弱いから自分を守るために地位や名誉、資産を手に入れたいと思う。全てを手に入れても失うことが怖くなる。それが人間なのだ。自分は弱い人間だ。だめな人間だ。何の役にも立たない。などと思う必要はない。人間なのだからそれで当たり前。みんな弱さをカバーするためにそれぞれの方法 [続きを読む]
  • ピンチはピンチ?
  • リスクヘッジは大切である。危険は避けましょう。それが安全です。公園の砂場に菌があると言われると公園から砂場が消える。経験したり、確認されたものだけを受け入れ続けているのが安全であり、どこにも出歩かず、人ともあまり係わらない方が自分を守れるのかも知れない。しかし常にリスクを避けていたのでは成長はない。なぜ人は二足歩行なのか?四足歩行の方が転ぶ危険が少ないはずである。発展や改善を求めるならリスクがあっ [続きを読む]
  • 弱さを知って強くなる
  • 人は自分の経験したことからしか想像できない。人は痛みがわからないと気付かない。人は知識だけでは理解できない。自分が病気になり、健康の大切さを感じて運動を始めたり、食に気を付けるようになる。身近な人が大きな怪我や病気をしたころで、同じような思いをする人を減らしたいと願い、活動を始める。医療や福祉関係機関に救われ、自分も同じように人の役に立ちたいと思う。そんな話は非常に多い。裏を返すと、それまではそう [続きを読む]
  • 全てのものは毒である
  • 「全てのものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるか、そうでないかを決めるのだ。」16世紀のスイスの医師であり、科学者であったパラケルススの言葉である。まさにこの世全てに共通する考えだと思う。私たちは少量で命に係わる物質を一般的に「毒」と認識しているが、どんなに健康に良いミネラルたっぷりの天然水でも10Lも飲めば命に係わる。コーヒーの飲み過ぎ、塩分の取り過ぎ、食べ過ぎ・・・ [続きを読む]
  • 時は平等
  • 世の中不公平なことばかりだと不満に思うこともあるかもしれないが、時の経過はこの世の全てに平等に与えられているのだろう。しかし、それぞれの人で生きられる時間は平等ではない。おそらく、長ければよいというものでもないだろう。自分が生きている時間をどのように使うかで人生が決まるのだと思う。そう考えると、人生にとって最も貴重なものはお金などではなく、時間なのだと思う。だから、自分は人を待たせることが嫌いだ。 [続きを読む]
  • 過去は変わらない
  • 称賛される過去、悔やまれる過去、忘れたい過去、思い出したくない過去・・・・どんな過去であろうと過ぎたことは変わらない。一生背負って生きていくしかない。それは自分にとって必要な経験だったのだととらえるしかない。そう考えなければ受け入れられないような辛いことがたくさんある。背負うのではなく活かして生きればよい。そう言い聞かせなければ乗り越えられないこともある。それでも取り返しのつかない絶望を感じること [続きを読む]
  • 自己犠牲の美学?
  • 誰かの為に自分が辛いことを引き受ける。美談であり、心打たれる。子供をかばい親が命を失って守る。誰かのために自分が悪者になる。多くの人の命を救うため自ら危険な環境に身を置き、活動する。そんな話は映画や小説などでもよく用いられるし、現実にも多い。また、般若心経では、自己犠牲とは自己を放棄することで、『自我を捨て、無我になる』とされている。法華経でも自分の利益を犠牲にして他人の利益を図る『利他心』は当然 [続きを読む]
  • 自分を大切にする
  • 人を大切にすることで自分も大切にする。人は誰かに大切にされたいと願う。辛い時、寂しい時、悲しい時、・・・しかし、人を大切にできていない人が人に大切にしてもらえるだろうか?まして、自分を大切にできない人を人が大切にしてくれるだろうか?情けや同情ではなく、自分を必要として大切に思ってもらえたなら、それは何よりの力になる。モノを大切にし、人を大切にし、自分を大切にする。すぐには出来ないかもしれないが、そ [続きを読む]
  • 人を大切にする
  • モノを大切にすることができるなら、当然人も大切にできるか?そうとは限らない。人から受ける影響は非常に大きく、苦手な人、嫌いな人もいれば、人間不信や対人恐怖症など、難しい障害があることが多い。しかし、相手も自分と同じ「人」である。自分を大切に思ってほしい。必要とされたい。優しくされたい。・・・と思うなら、まず自分がそうしてあげる必要があるだろう。できるだけ、そうしてみよう。どうしてもできなくても、少 [続きを読む]
  • モノを大切にする
  • あらゆるモノに念を感じる という話しに続くが、念を感じるからこそそのモノを粗末にできない。そのモノに感情や人格にも似た何かを感じてしまう。そう思うことはないだろうか?機械で製造されるモノと人の手でつくられたモノ、自然にできたモノ、生き物等でそれぞれ念の強さは異なる。しかし、雑草であれ、害虫であれ、それは同じ。しかし、不要なものは処分するし、害のあるモノは排除もしする。しかし、その際には必ずそのモノ [続きを読む]
  • 念を感じる
  • 怨念、執念、無念、念仏・・・と聞くと何となく怖いイメージのある文字だが、記念、祈念、念願、専念・・・となると、希望を感じる文字である。「念」とは、思い。気持ち。 心くばり。注意。 かねての望み。念願。心の働き。記憶する働き。非常に短い時間。対象に向かって心を集中し、冥想(めいそう)すること。 などの意があり、目に見えないものではあるが強い力を感じるものである。誰でも一度は、無言で願い事をしたり、人に思 [続きを読む]
  • 眠る恐怖
  • 毎晩布団に入り、「このまま目覚めることがないのではないか」と、思う恐怖。横になると胸が苦しい。脈が飛ぶ。1分間に何度も繰り返す。やばい・・・・。しかし、毎日の残業で体はクタクタ。寝不足も続いているので眠い。恐怖を感じつつも眠りに落ちる。朝、目が覚めて、「ああ、今日も生きていた」と、感じる。煙草もやめた。酒もやめた。しかし、一向に症状は変わらない。2〜3か月もつづいただろうか・・・。「仕事がひと段落 [続きを読む]
  • 臨死体験
  • 臨死体験をされた方は数多くいる。それが臨死状態だったかどうかは分からないが、自分にもそのようなことがあった。走馬灯のように一瞬で過去の画像を見る。川のような境界が見え、向こうにいる人が何かを伝えている。魂が肉体から離脱し、外部から自分の身体を観察する。などの現象をきくが、自分がはっきり覚えているのは自分の姿を空中から見ていたことだ。晴れた日の山道で、バイクでコーナーを曲がっていると正面から銀色の大 [続きを読む]
  • 若くして亡くなった有名人たちに思う
  • 若くして亡くなる。まだまだ活躍を期待されつつ惜しまれ亡くなる。美しい印象を残したまま世を去った人たちに憧れさえ感じる人もいるのではないだろうか?ジェームズ・ディーンさん(俳優)、アイルトン・セナさん(レーサー)、尾崎豊さん(歌手)、松田優作さん(俳優)、hideさん(ミュージシャン)、ジミ・ヘンドリックスさん(ミュージシャン)、マイケル・ジャクソンさん(歌手)、ホイットニー・ヒューストンさん、小林 [続きを読む]
  • ウェルテル効果
  • マスメディアの自殺報道に影響されて自殺が増える事象を指し、これを実証した社会学者のPhilipsにより命名された。「ウェルテル」は、ゲーテ著の『若きウェルテルの悩み』(1774年)に由来する。本作の主人公、ウェルテルは最終的に自殺をするが、これに影響された若者達が彼と同じ方法で自殺した事象を起源とする。なお、これが原因となり、いくつかの国でこの本は発禁処分となった。近年の日本では、1986年(昭和61年)に、アイ [続きを読む]
  • 若年層の死因の第1位は圧倒的に「自殺」
  •                   平成27年における死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率・構成割合(自殺対策白書2017年版より)この事実を知る日本人はどれほどいるのだろうか?10代〜20代の年齢層では、自殺や不慮の事故死が死因の上位になるというのはわが国ばかりでなく、世界的な傾向でもあるようだが、15歳〜39歳の年齢層で何が起こっているのだろうか?最近では、子どもの自殺が起きると「いじめ」、大人の自 [続きを読む]
  • 日本の自殺者数
  • 警察庁の自殺統計原票を集計した結果(以下「自殺統計」という。)によれば、我が国の自殺者数は、平成10年に急増して以降、平成15年には統計を取り始めた昭和53年以降で最多の3万4,427人となった。14年連続して3万人を超える状態が続いていたが、平成24年以降3万人を下回り、平成27年は2万4,025人となっている。日本の自殺死亡率は低下しているものの、国際的には高い水準にある。世界保健機関(WHO)の統計に基づき、平成13年 [続きを読む]
  • 月読尊(ツクヨミ)
  • ツクヨミは、アマテラスの弟であり、スサノオの兄でもある。イザナキがイザナミに追われ、黄泉の国から逃げ帰ってきた後、イザナキの右目から産まれた神様がツクヨミである。イザナキが産んだ最も尊い神として、彼らを「三貴子」と呼ぶ。アマテラスは太陽の神。スサノオは海原の神。そしてツクヨミは夜の神、または月の神と呼ばれている。アマテラスやスサノオの話はよく出てくるが、ツクヨミはほとんど登場しない。支配領域は、天 [続きを読む]
  • 過去の記事 …