花ある日々 さん プロフィール

  •  
花ある日々さん: 楽らく歩こう!
ハンドル名花ある日々 さん
ブログタイトル楽らく歩こう!
ブログURLhttp://ykk88.blog.fc2.com/
サイト紹介文失敗しつつの韓国・中国1か月の旅や「楽らく子育て」について紹介。世界一周も計画中。
自由文「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っていこうと思っています。今年4月11日〜5月10日まで韓国・上海・対馬を旅した記録をup継続中です。
夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。
私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/05/21 12:08

花ある日々 さんのブログ記事

  • 第二、第三の人生 2
  • 第二の人生は、クロアチアへの旅を計画中。まだ旅程は、三分の一しか決めていない。第三の人生。高齢者施設と一口に言っても、色々種類がある。「特養」と呼ばれている「特別養護老人施設」は、入るのに何百番待ち。人気があるのは、安価だからだ。しかし、決して「安かろう、悪かろう」ではない特養もある。舅の施設探しや伯母の施設で、いくつかの特養を見学した経験でいうと……。高級施設かと見間違う洒落た建物、緑の芝生や木 [続きを読む]
  • 第二、第三の人生 1
  • 仕事を早期退職してからというもの、まさに「第二の人生」真っ最中。もちろん楽しんでいるのは私たち。今までのブログで海外個人旅行やら野遊びやらと「第二の人生」のあれこれを散々書き散らしてきたので、今回は「第三の人生」について書いてみたい。「第三の人生」は、母のことだが、いずれの私たちの通る道でもある。母は誕生日を迎えると85歳になる。自分では「惚けてしまった!」と口癖のようにぼやくが、いやいやまだまだ! [続きを読む]
  • 身体のこと 5
  • 「何を食べても良いんです」医者は言い切った。悪玉コレステロール値のために食事制限をする必要はないのだと。昔ながらの説を語ったリウマチ専門医は、まだ30代?新しい論文を読み、食事制限の不要を説いた医師は70代?日々医学は進歩し、データに基づく研究で定説が覆される時代。患者の我々も、医師の言うことを鵜呑みにせず、アンテナを高くすべきだと痛感させられた。皆さんはご存じでしたか?さて、もう一つの私の課題。リウ [続きを読む]
  • 身体のこと 4
  • 数値だけあげると……。コレステロール値 161 (HDL は43) 総コレステロールは221。リウマチ因子のRFが239.2。因みに正常値は0〜15LDL先ずは、コレステロール値について。洋菓子などおやつは食べないし、食生活は野菜の多い和食中心。なぜ悪玉コレステロール値が上がるのやら?運動をしてないことは確か。歩け!歩け!と、周りは言う。よし!今日こそ歩こうと決心するが、あっと思ったら夜になっている。遺伝的要素も大きい [続きを読む]
  • 身体のこと 3
  • 今年の夏、人間ドックを受けた。すると「E」判定。一つには悪玉コレステロールと善玉コレステロール値の比。もう一つの原因は、リウマチの可能性を示す血液検査の値。9月、リウマチ専門医が勤務している近くの病院で精密検査をした。血液検査くらいだろうと思っていたら、尿検査やレントゲンまで。会計のときに、金額を聞いてびっくりした。病院の帰りにスーパーに寄るつもりだったけれど、お財布の中身は9千円。基本、いつも財布 [続きを読む]
  • 身体のこと 2
  • 今日は丼を割った。先週もお気に入りの茶碗を割ってしまった。注意力散漫。まだ本調子でない証拠かなぁ?自宅から一番近い内科は湿布薬も出してくれるので、2ヶ月に一度ほど薬だけもらいにくるお気に入り。なんといっても患者が少ないのがいい。あの日も待合室にはひとりしかいなかった。先生は、数人交替で一人詰めているが、どなたもご隠居なさった方ばかり。「高熱のときに来ないで、今頃来てもねぇ」と言いながら、服を着たま [続きを読む]
  • 身体のこと 1
  • 今日で3週間。何がかって? 風邪をひいてからだ。症状が出る4日前に、熱を出した孫が、我が家へやってきた。高熱だったが、みるみる良くなり3日目には家に帰っていき、翌日からは保育園へも行っているという。痰を出す咳で喉の痛みはない。高熱。胸の音がゼーゼーとはいってないと思った。水分をたくさん摂らせ、栄養があり消化のよいものを食べさせた。これと同じ症状が、孫が帰った翌々日から出た。ここ数十年、高熱を出した記 [続きを読む]
  • 洋服作り 8
  • 襟ぐりの見返しを、後ろ身頃と前身頃で分けて裁つ。本の説明やパターンもそうなっている。しかし全てのパーツをとっても、生地は十分あまっている。ならば、最初から後ろ身頃と前身頃の見返し部分をくっつけた状態で布を裁つ方が、手間が減るはず。理屈としては、合っていると思うのだが、実際にやってみたら、後ろ身頃の見返しが何故か足りず引き攣っている……。そこで、またまたえい!やぁ!と切り込みを入れたら、落ち着いた。 [続きを読む]
  • 洋服作り 7
  • 前回紹介した、こうの早苗さんの本は、初心者に分かりやすく丁寧に縫い方を写真入りで書いてある。同じパターンだが、違う生地で仕立てると、応用の仕方で夏に限らず愛用できることも、写真で示している。そして「目から鱗」だったのは、縫い代の印を生地につけないという手法。もちろん、ダーツとか縫い合わせとか、大事な数カ所は付けるが、あとは脇も肩も1センチの縫い代と決めてあるので、ミシンをかけるときに、布地の端から1 [続きを読む]
  • 洋服作り 6
  • 某手芸店Yの30%割引券を持っていたので、型紙を写し取るハトロン紙、糸、ファスナーなども含めて、昨日写真をupした生地も買った。1枚のワンピースを作るのに、前も書いたように、2メートル10センチ。もちろん布幅で変わるけれど。高い布は、薄茶に花を描いた下の生地。1メートル1700円だが、3割引なので、2699円(税込み)。気に入った柄のワンピース、3千円以内ではとうてい手に入らない。緑の生地は確か、1メートル580円くら [続きを読む]
  • 洋服作り 5
  • ミシン糸は50番。信じて疑わなかった。ところが手芸店の棚には、それがない。店員に聞いてみると、「シャッペスパン ミシン糸ですね。こちらです」と、案内された。シャンパンスペインシュワシュワッ??いやいやミシン糸の名前。何でこんな言いにくい、覚えにくい名前を付けたのだろう?!とブツブツ独り言つ私。しかも昔のようなお徳用サイズはない。気持ち、白と黒のみ太巻きだが、ケチってる感じがしてならない。値段は同じなのに、サイ [続きを読む]
  • 洋服作り 4
  • 裁縫箱に眠っていたミシン糸。カタン糸50番。これが故障の原因だった。昔のミシンは、巻いた上糸を縦に棒に入れる。最新式は、横に寝かす。下記のように。するとこの糸の端をひっかけておく切れ目(左から棒で示しているところ)に、糸が回転する拍子にひっかかるのだ。かするぐらいだと、上糸がつる状態に、深くひっかかると切れる。これはミシンの欠陥じゃないか!と、苛々しながらそれでも縫う。自分の腕に自信がないので、ミシ [続きを読む]
  • 洋服作り 3
  • 50センチも足りない布、パーツを分けながら、ギリギリ何とか裁った。さぁ縫おうと思ったが、ファスナーをつけた経験がない。去年縫い方を教えてもらったワンピースはかぶりもの。メチャ不安。しかしタイトなワンピースだけにファスナーがないと、身体が入らない。何?のファスナーを買えばよいのかもわからない。そこで手持ちのワンピースのファスナーを測り、手芸店へ出向く。測った長さに近いものを探すが、なかなか無い。しかも [続きを読む]
  • 洋服作り 2
  • 去年、たまたま気に入った生地を見つけた。これでワンピースを縫おう。即決。店の鏡で生地を身体にあて、幅を確認し、自分の身長から1メートル60センチもあれば十分だろうと考えた。頭と足の長さは不要なのだから、足りるに違いないと。裁縫経験がある人は、「馬鹿だぁ!」と大笑いしているだろうなぁ。買ったあと、本で確認すると、必要な長さは210センチとあった。50センチも足りない!えぇ??どうするの?生地を眺めたり、身体 [続きを読む]
  • 洋服作り 1
  • 長らくお休みして申し訳ありませんでした。何だか、この20日ほど怒濤のような日々で、その疲れもあって、何十年ぶりに高熱を出しダウンしていました。風邪です。でも胃腸がやられなかったので、毎食、にんにく、生姜、ネギ、椎茸などを摂取する料理を食べ、水分をたっぷりとりおとなしくしていました。大人しく‥‥それは嘘ですね。行かねばならぬところがあり、風邪をおして片道3時間かけ、川崎へ出かけたり、母の老後をどうする [続きを読む]
  • さぬき路うどんや巡り 終
  • さぬき路うどん巡り、2日間で、訪れたうどん屋は7軒。都内や埼玉周辺で「さぬきうどん」と看板をかかげるうどん屋を軒並み食べ歩くが、やはりうどんそのものが違う。うどんのコシとその周りのフニュツ!とした感触が、本場さぬきうどんならでは。それでも子供の頃に食べたうどんと、変化しているようにも思う。家から数分のところにあった小さな製麺店へうどん玉を買いにいくと、まだ玉として固まらない打ち立てを、持参したボール [続きを読む]
  • さぬき路うどんや巡り 6
  • 高松市内のアーケードは日本一長い?と聞いている。しかも、よく田舎でみかけるシャッターアーケード街とは違い、賑わっている。英知を働かせた街造りプロジェクトの成果だ。アーケード内の一番賑わう場所に、老人施設や病院、スーパー、そしておしゃれな店やレストランなど、生活に必要な施設を集めている。しかもおしゃれに。その中のうどん屋を訪れてみた。中に入ってびっくり。言うまでもなく美味しい。 [続きを読む]
  • さぬき路うどんや巡り 5
  • 食もやはり、需要と供給は相関関係にある。ビジネスマンたちが毎日列を作るところは美味しいに決まっている。高松市内、市役所や県庁に近い店に、12時10分前に入った。ところが食べ終えて出てみると、店の外まで列。ここの肉玉ぶっかけうどん、栄養たっぷりで美味。『こだわり麺や』 [続きを読む]
  • さぬき路うどんや巡り 4
  • 4杯目は、『谷川米穀店』。車を降り、見渡すが、店らしきものは見あたらない。看板もない。ガードレール沿いに進む‥‥突き当たりは、トイレ。えぇ? 店は?左の看板は「自衛官募集の広告」。右側が入り口なのだが、暖簾はおろか看板もない。ドアを開けると、ようやく壁に小さな看板が。『谷川うどん』ホームページを見ると、正式名は『谷川米穀店』とある。うどんやそばの麺を製造している店で、その場で食べるための麺の数は平 [続きを読む]
  • さぬき路うどんや巡り 3
  • 3杯目、4杯目は、マスコミの「讃岐うどん」特集で必ず紹介される店へ。先ずは、『山越うどん屋』。ここは「かまたま」で有名。釜揚げうどんに、生卵を入れて食べる。なんと1杯250円。それに山芋のトッピングで300円。安さにまずびっくり!玉の量が一目瞭然。4玉頼む人も少なからずいるということか?店の名で、山奥にある店を想像していたが、まんのう町から30分ほど奥へ入ったところにあった。日本中に知れ渡り客が押 [続きを読む]
  • さぬき路うどんや巡り 2
  • 2杯目は、釜揚げ専門店「長田」のうどん。まんのう町にある。開店時間には早いので、近くに住む友だちのご自宅で、その「長田の釜揚げ」をいただけることになった。朝8時前に到着。こんな朝っぱらから迷惑なこと! しかし高校時代からの親友は、快く迎えてくれ、なんとサクサクの天ぷらまで‥‥感謝!感謝!ご主人がお気に入りだったという囲炉裏のある部屋でいただいた釜揚げの美味しかったこと。しかも、店と違って量の要望も [続きを読む]
  • さぬきうどん屋巡り
  • さぬき育ちの私、韓国人の友達が高松へひとり旅と聞き、よし!行き、うどんめぐりに連れて行ったろぅ!と。昨夜ジェットスターで成田からひとっ飛び。片道6千円。早朝便なら4千円らしい。今朝は6時半にホテルを出て、まず朝うどん。県庁裏の「さか枝」スーツ姿のサラリーマンが多い。なんと5時半から開店。自分でうどんを温め、つゆを注ぐ。 [続きを読む]
  • 大根の初収穫
  • 野菜作りを始めた頃、石ごろごろの畑に、「大根」が育つはずがない!と思っていた。石を取り除いた畑に、パラパラと小松菜、春菊の種を蒔いても、収穫できるまでに虫に食べられ姿を消した。だから大根を収穫できるまで、畑に存在することそのものが不可能だろうと決めつけていた。ところが、つ・つ・ついに大根を先ず1本収穫!葉は見る影もないほどに、虫に食われていたので、バッサリ切り落とした。写真の真ん中に泥付き大根。左 [続きを読む]
  • バジル
  • 畑に植えたバジルの成長が著しい。毎年、バジルの苗を買い育てるが、トマトを使う料理のとき、数枚の葉を摘む程度で、使い勝手悪い野菜だなぁと思っていた。秋には枝ごと丸洗いして干し、カラカラになったらビニール袋の中に放り込み、袋ごと手でクシャクシャもみ、瓶に詰め替える。1年間使っても余るほどできる。すると畑のオーナー夫人が、バジルソースにして冷凍保存すればよいのだと教えてくれた。「ジェノベーゼソース」とい [続きを読む]
  • サツマイモの苗 後編
  • 苗を買いに農家を訪れると、おじいさんが、サツマイモの苗場へと案内してくれた。一坪程の土地に、地面から50センチくらいの高さまで腐葉土が積まれている。その上で4種類のサツマイモの苗が青々と茂っていた。なるほどこうやって腐葉土や鶏糞、籾殻、ヌカなど、栄養たっぷりの土で、苗を育てるのだと知る。サツマイモの後は、白菜の苗をここで作るのだとか。おじいさんは、「安納芋と紫芋は見分けが付くが、あれ?紅あずまとはる [続きを読む]