masamasa さん プロフィール

  •  
masamasaさん: 趣味のローエンドオーディオを楽しむ
ハンドル名masamasa さん
ブログタイトル趣味のローエンドオーディオを楽しむ
ブログURLhttp://eco-speaker.sblo.jp/
サイト紹介文自作スピーカー、自作パソコン、エコ、ちょいネタ等のメモのようなもの。
自由文小口径フルレンジを使ったバックロードホーンを中心に、自作スピーカーで遊んでます。オリジナル・スピーカーの紹介・製作記事、PCオーディオの紹介・製作記事、音楽CDのレビュー等があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/05/23 12:40

masamasa さんのブログ記事

  • オリンピック・ステイン(マキシマム)の新色を使ってみました
  • オリンピックステインが油性から水性に替わったのは聞いていましたが、商品名が「ステイン」から『マキシマム』に変わったのは知りませんでした。なんと水性になって色数もかなり多くなりました。セミトランスパー(半透明)が30色から48色に、ソリッド(目つぶし)は30色から112色に大幅アップ!!!※OLYMPIC MAXIMUMのサイト水性塗料は色乗りがイマイチなイメージがあるのですが、新色を使ってみました。ソリッドカラーの「ミス [続きを読む]
  • 車載用6cmDDBHの取り付け〜ムーブコンテ編
  • DDBH-06-Cをリアヘッドレストのパイプを利用して取り付けました。加工は現物合わせになります(笑)現状はパイプ2箇所に吊り下げた状態で問題なさそうですが、悪路を走るならチャイルドシート用フックに荷締めベルトなどで固定するとよさそうです。■車載用6cm-DDBH(SPK Audio F02A-4)で聴く[2]〜noon / TILL THERE WAS YOU車載用6cm-DDBH(SPK Audio F02A-4)で聴く[2]〜noon / TILL THERE WAS .. [続きを読む]
  • DDBH箱の最適サイズ(体積)は・・・[その2]
  • 前記事は使用板材が15mm固定での計算式でしたが、、、イロイロと面倒なので板厚を織り込んでみました。■DDBH箱の最適サイズ、推奨サイズ計算式DDBHボックスの最適サイズ(リットル、L)  =実行振動板面積 × 2/3 × [板厚/15]の三乗根DDBHボックスの推奨最小サイズ(リットル、L)  =最適サイズ×0.85DDBHボックスの推奨最大サイズ(リットル、L)  =最適サイズ×1.15、、、と、コンナ感じで設計の目安にはなるでしょう [続きを読む]
  • DDBH箱の最適サイズ(体積)は・・・
  • 「DDBHの低域の質感を落とさずにドコまで小さく出来るか」ってのが最近の課題なんですが、、、DDBH-08-PUCKは思うような音で鳴ってくれません(苦笑)ってことで、、、過去データからDDBH箱の最適サイズを割り出してみました!!!■DDBH箱の最適サイズの求め方と推奨値DDBH最適値=実行振動板面積×2÷3(リットル)DDBH推奨値=最適値×0.85〜1.15(リットル)箱の最適値、推奨値は実行振動板面積から求めますが、体積は箱の形状(ブッ [続きを読む]
  • PEERLESS PLS-P830985を超廉価システムで聴く(笑)
  • 「PEERLESS PLS-P830985 + DDBH-B06F-AD」をノートPC(WinXP、廃棄品=実質0円)と安物DACアンプで聴いてみました。スピーカーユニットとDACアンプはNFJ扱いで、システム総額が約8,000円の爆安システムです!!!これでニアフィールド&デスクトップでの小音量再生なら必要十分な高音質システムが完成(笑)尚、ユニット自体のポテンシャルは非常に高いので、組み合わせる箱次第では8〜10cmクラスを食ってしまいそうです、、、目指せ下 [続きを読む]
  • PEERLESS PLS-P830985(7cmフルレンジ) + 可変ダクト型DDBH「DDBH-B06F-AD」
  • ■PEERLESS PLS-P830985(7cmフルレンジ)現在バルク品が安く出ているので、ステレオ誌のオマケスピーカーもウカウカしていられないようですよ。ちなみにAMAZONで1,560円(1個、税込み)という価格設定です(笑)■仕様[TSパラメータ]■6cm用DDBH箱「DDBH-B06F-AD」PLS-P83098の振動板面積は21.2c?で推奨振動板面積から僅かに外れちゃってますが、聴いた感じは全く問題ナッシングでした。■周波数特性特性図ではパイオニアOMP-600.. [続きを読む]
  • 汎用型、8cmフルレンジ小型DDBH「DDBH-08-PUCK」
  • 前記事でフォステクスOMF800P用の図面を載せました。が、開口径が80mmまでしか取れないので使い回しが出来ません(笑)MarkAudio Alpair5、ParcAudio DCU-F101Wは共に開口が82mm、フレーム外径はそれぞれ100mm、105mmになりますので対応させてみました。ちなみにAlpair5v2はメーカー公表で「5cmフルレンジ」ってことですが、振動板面積は28c?あるので、、、他社の8cmフルレンジと同等です。まったくまーくさんのおつむのなかはど〜. [続きを読む]
  • 2017年ステレオ誌の付録スピーカーは?
  • まさかのムック本からフォステクスとパイオニア、2つのフルレンジが・・・・(笑)ステレオ誌の年間購読はお徳かと思ってたけど、これってどうなのよ!!!!(自分は気になった付録号しか買わないけど)--------------------------------------------------------------------パイオニアOMP-600はF02A-4用の箱が使えそうなので予約してみました(爆)------------------------------------.. [続きを読む]
  • 車載用6cmダンプダクトBH〜「DDBH-06-C」
  • 軽自動車にギリギリ収まる横幅で作ってみました。まだ仮置きですがヘッドレストの支柱を利用して簡単に着脱出来るように考えています(笑)■DDBH-06-C/外観と周波数特性※上記測定値は車内ではなく住宅内での測定になります。■DDBH-06-C/設計図方式:DDBHサイズ:W.1000xH.150xD.120(mm)空気室容積:0.65Lスロート面積:14.4c?ホーン開口面積:105.6c?ホーン長:112cmダクト面積:28.8c?ダクト長:6.8cm推奨ユニットSPK Au.. [続きを読む]