かりのい さん プロフィール

  •  
かりのいさん: かりのいの絵ブログ
ハンドル名かりのい さん
ブログタイトルかりのいの絵ブログ
ブログURLhttp://hiten-alice.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文イラストレーターです。似顔絵コラムを描いてます。ドラマ・映画や本の感想を主に書いています。
自由文映画・ドラマ好きのイラストレーターです。似顔絵が主ですが、本来は漫画絵です。ほそぼそと仕事しています。一児の母です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/05/24 19:26

かりのい さんのブログ記事

  • 2018年夏ドラマ中間感想
  • 「義母と娘のブルース」まさかの第2部入り。お葬式場面でもらい泣き。義母と娘の2人になり数年。役者もかわり、いいキャラだったひろきくんも大きくなって再登場。売れないパン屋を立て直す。ここから佐藤健の本格的な参入のよう。丁寧に人の関わりで見せていく。TBSの平川雄一郎演出&森下佳子脚本は手堅い。成長した娘は腐女子になったかな。尊い発言に娘と笑う。子役とよく似てる。ひろきくんも肉は落としてきたけど、ひろきく [続きを読む]
  • 映画「銀魂2」
  • 「銀魂2」ですね!明日見に行くことに。娘は特にウキウキ。テレビ東京でdtvで放映した『銀魂-ミツバ篇-』を8月25日(土)に放映するそうですね。夜3:15-4:15。今回のドラマのメイキングも今日から配信するそうで。お祭り騒ぎ。dtvの1作目「眠れないアル」も面白かった。書き文字の題名は違って原作の方だったね。『CUT』9月号が銀魂特集だそうで。さて面白かったあ。前半のギャグと後半のアクションに今回はゆるっと繋がりを持たせて [続きを読む]
  • 臨時子育て日記とモンストコラボ予想
  • 臨時子育て日記娘が宿題で朝昼晩3日分のご飯つくり。いいねえ。昼はパスタ、つけ麺、ラーメン、夜はパスタ、刺し身、生姜焼き。手伝いはしたけどごはん炊きも味噌汁もちゃんと作り。朝ごはんはおにぎりがいいと、自分だけ3日分おにぎり。「モンストコラボ」モンストでワンパンマンとコラボしてたのね。台湾でだけど。コラボって国によって違ったのか。日本でもしないのかしらね。2期に合わせてやればいいのにと思うけど。もう能 [続きを読む]
  • 福岡・熊本旅行と臨時子育て日記
  • 福岡・熊本旅行台風迫ってたけど飛行機飛んで福岡に。九州は晴れ。太宰府天満宮に。社屋は茅葺の屋根。池にアーチの橋。麒麟と牛の銅像。娘のデザインチョイスで娘と従妹達にお守り買う。暑い暑いと娘。二日市温泉に移動。旅館は大丸別荘。和風で文豪が泊まってたような風情。娘もびっくりしてたり。部屋の玄関でお香焚いてていい匂い。有名人の色紙を貼った屏風や陛下の使用した食器が飾ってあったり。部屋まで廊下があって椅子の [続きを読む]
  • 2018年夏ドラマ
  • 「探偵が早すぎる」今期の本命。99.9の宇田学脚本と言ったら娘も見たいと乗り気に。主人公が事故で大怪我。命を狙われていると探偵がボディガードを依頼されるが。状況はこうだが筋はなんか違う。やられる前にやり返す。期待どおりの面白さ。原作井上真偽「サバイバルウェディング」結婚直前に婚約破棄された主人公。辞めた元の会社に復職したが、新上司に半年以内に結婚しコラムを書くよう命じられ。ブランド蘊蓄の見せ方も面白い [続きを読む]
  • 春ドラマとモースと臨時子育て日記サッカー観戦
  • 「刑事モース オックスフォード事件」case18部下を持て余すモース。オークションの関係者が次々と猟奇的に殺害される。怪盗の仕業とも思われたが、モースは事件に関係する娼婦達を調べる。判明する過去の事件と猟奇殺人の顛末。今回も旧約聖書になぞらえたりして意味深くて面白い。「刑事モース オックスフォード事件」case19元刑事の死をかわぎりに連続毒殺事件が発生。死因は映画館の飲み物なので関係者が絡んでいるらしい。意外 [続きを読む]
  • 読書と臨時子育て日記
  • 「ヒトごろし」京極夏彦著。サイコパスの土方歳三が主人公。人殺しのために新撰組を作り函館で散るまでの生涯。歴史物ではなく時系列に沿った問答と独白の中編集という感じ。辞書並の厚さに驚いたが、著者のソフトカバー作品に多い2段組ではなく、蘊蓄もないので割とさくさく読める。「小説王」早見和真編集者が旧友である売れない小説家と奮起して二人三脚で作品を作るが掲載する予定だった雑誌が休刊。だが、編集者はネットでの [続きを読む]
  • イラストと阿部公房「砂の女」「箱男」「壁」
  • 「砂の女」安部公房著。昆虫採取のために砂丘に来た男が村の人々に女と砂穴に閉じ込められる。逃亡しようと画策するが。不条理な設定だが心理描写がすごい。昆虫の世界で蟻地獄に捕まったかのような感覚で。なるほど。海外でも人気な古典なわけだなと「箱男」安部公房著。ダンボール箱を頭からすっぽり被った男。匿名性や帰属先を失った者、覗ことなどを巡り登場人物は増え、話はコラージュ的に飛ぶ。短編集的でもあり手記、記事、 [続きを読む]
  • ドラマ感想と臨時子育て日記
  • 「コンフィデンスマンJP」副音声いいですね。ほんとラジオみたい。音楽担当の方のは聴けました。古沢良太さんの回が聴けなかったのが残念ですが。まだ海外版はできてないようで。てっきり同時放映かと思ってた。ルパンみたいでいいよねと思う。昔のチームミッションものは今の日本であまりないし。刑事物になっちゃう。最終回がエピソードゼロとは。「キサラギ」っぽくて古沢良太さんらしい脚本でした。娘にはとても新鮮だったよう [続きを読む]
  • 実写版「3月のライオン」「ガルム・ウォーズ」「聖の青春」
  • 実写版「3月のライオン」前編。大友啓史監督。るろ剣とかアクションが続いてたけど久々の非アクション。原作6巻までのプロ棋士生活と香子エピソードがメイン。いろんな面のある原作を感情の流れでまとめていて良い。緊迫感のある青春物。三姉妹の話は後半でメインかな。染谷将太の二階堂メイクがすごい。佐々木蔵之介の島田開がぴったりすぎ。三姉妹の長女が似合いそうな有村架純ちゃんが香子だけど、ブラックなのもなかなか面白い [続きを読む]