日誌係 さん プロフィール

  •  
日誌係さん: 日本酒感想日誌
ハンドル名日誌係 さん
ブログタイトル日本酒感想日誌
ブログURLhttp://osakasj.blog.fc2.com/
サイト紹介文飲んだ日本酒の備忘録。どっちかというと生のお酒が好き。おりがらみ、直汲み、熟成酒などが多めかな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/05/24 21:46

日誌係 さんのブログ記事

  • 米鶴 辛口純米 超しぼりたて生 29BY
  • まったくこれっぽっちも買う気のなかったお酒。米鶴は1本くらいはやろうかなと思っていたけど、これはまだ1発目だしスルーでいいかなって。なんかもうリンクしてる人で2人も既にやっちゃってるし。久しぶりにいった酒屋で特に買うものもなく、でもわざわざ来たしって感じで買ったお酒のうち1本。これがウイスキーとかワインとかならウン万なんでストッパーが働くんですが。日本酒はゆーて300円だの5000円だのだし買っておいて飲ま [続きを読む]
  • 玉旭 ECHOES 酒母搾り 純米 生原酒 29BY
  • いやまさかこのお酒で先を越されるとは思いませんでした。リンクしている日本酒愉快者ブログさんが先に人柱になっていただいたようです。正直自分でも、変わり種っぽいしどうなんだという一抹の不安はあったのでありがたいですね(笑)昨年京都滞在中に読者様から教えていただいた酒屋さんで出会った銘柄。やっぱり自宅じゃないのであんまり集中して飲めず、正直記憶はあいまいなんですが。デスペラードというお酒をいただきまして、 [続きを読む]
  • 雪鶴 袋しぼり 純米吟醸 中取り無濾過 29BY
  • 而今がちょっといささか重すぎてちょこっと飲む分にはいいんだけど。おそらくすっきり系であろうこのお酒を飲みます。実家が新潟なんですが、帰った時にちょこっと飲む機会があって。香りはハッとするものがありつつ、味わいはかなりすっきり物足りないというちょっと惜しいお酒でした。それには理由があるのですが、香りとか質感の部分でいうと、全量袋しぼりという狂気の蔵で。もう手間的に考えたらあり得ない、空前絶後のいい意 [続きを読む]
  • シャトー・ボーセジュール・ベコ2005
  • 約半年ぶりですか。ごく稀にワインを飲みたいこともあるので、久しぶりにワイン編。ここまでの教訓をもとに、比較的果実味のある濃いタイプの赤が好みなのでは、ということで。これまでコメント欄なんかでおすすめされた中から独断と偏見でいくつか拾ってみました。まずはボルドーの右岸、サン・テミリオンから。右岸でもポムロールと並ぶ銘醸地、ということみたいです。左岸はカベルネ・ソーヴィ二ヨン主体ですが、右岸はメルロー [続きを読む]
  • 【816】而今 特別純米 にごりさけ 29BY
  • 卒業したといいつつ買えれば買う而今。而今なんてミーハーな!なんて言っちゃう、そゆのは卒業してますよ。好きだからって而今ばっかり!而今十四代而今花陽浴而今而今而今!みたいな人はバカだと思うけどね〜。そういう人ってたぶんいつも100点のお酒を飲みたい、みたいな人だと思うんだけど。「いつだって最高のものを求めるのは求道者っぽくて恰好よく見えるかもしれないけど、実際は何を食べても『あれに比べればね』なんて言 [続きを読む]
  • ワイン入荷
  • 今年ちょっとワインも少しはのんでみようということで始めたワイン編。何本か飲んで、ちょっとずつ好みなんかもわかってきたところ。だいぶ前になるので何か月ぶりだよって感じですけど。とりあえず白ワインよりは赤ワイン、白のほうが日本酒とは通じるものがあるのかもしれないけど。赤の中では、濃いめで果実味があるタイプのほうが好みのようです。その路線で行くと、もしかしたらイタリアとかのほうが好みなのかもしれませんが [続きを読む]
  • 福知三萬二千石 六歓 はな 特別純米無濾過生貯蔵酒
  • 今年京都にいってた時に発掘してきた、その名の通り福知山のお酒です。福知三萬二千石という銘柄の六歓というシリーズになるんですかね。「六人部の人が歓ぶ様な日本酒を造ろう」ということで、蔵元がある福知山市上六人部地区の農家さんと一緒につくった米を使用したシリーズ。今回ふくはら酒店さんで見かけたので、新酒を待たずに買ってみました。そういえば全く余談なんだけど、ふくはら酒店さんの近くに都内よっつめのワイナリ [続きを読む]
  • 菊盛 純米吟醸 しぼりたて 29BY
  • 茨城県の菊盛です。これ読みはきくさかりなのかな?きくざかりだと他にタクドラの喜久盛があるけど。またこの蔵は常陸野ネストビールの醸造元ですね、木内酒造さん。ワインなんかも始めちゃったりしてね。その意味ではもうとくに日本酒が売れる必要もない蔵なのですが、いいお酒造ります。ともすればあちこち手を出しやがってなんて思いますが、最近はそういう蔵は日本酒も造り上手だななんて感じることも。まるめちさんのとこ経由 [続きを読む]
  • 手取川 露燦然 大吟醸 斗瓶取り 無濾過生 28BY
  • 手取川のフラッグシップといってよいお酒だと思います。ここのお酒はだれが造ってるのかよーわからんのですよね。もともとベテラン能登杜氏の山本杜氏がメインで、前社長の息子さんという吉田行成杜氏が吉田蔵というラインを担当する2人杜氏制みたいなことをやってました。そこに次期社長の六代目プリンス(笑)吉田泰之氏が担当したお酒も出始めてとにかくややこしい。軽くググってもわからんのだが山本さんはまだやってるのか?引 [続きを読む]
  • 想天坊 純米 しぼりたて生原酒 29BY
  • 想天坊とかマジに何年ぶりだよ。ほんっとにブログの始めたての頃にやってたはず、福扇のほうかな。いやずっとやりたいと思っていたんだけどあんまりうってないんだよね。見かけたら買おうとおもっていると買えないお酒で意識的に狩りにいかないとだめなの。ゆらぎ想天坊とかじゃんげとかひやおろしとか飲みたいお酒多いのよ。これよかったら追加するかも。ただ一応今回やるにあたってきっかけはあって。たまにコメントをいただく韓 [続きを読む]
  • 入荷
  • 近くまで行く用事があったので久々にふくはら酒店から。手取川の露燦然は数年前までは露堂々という名前だったと思うけど、個人的には懐かしいお酒。学生時代よくいっていた酒屋にいつも置いてあったのですが、案外都内のが人気であまり見かけないですね。まあその酒屋、当時は田酒の斗瓶とか普通に出してたからな。バラのような香りとよくPOPが出してあったのを今でも覚えています。手取川といえば今は息子なのかもしれませんが、 [続きを読む]
  • 泉川 純米吟醸 ふな口本生 29BY
  • 去年は飲まなかったのか?ハッキリ言って飛露喜は興味ないし旨いなとも思わないんだけど。泉川のこのふな口だけはなんとなく飲まないと新酒の時期って気がしないんですよね。ただこの紫のラベルはあんま好きじゃないんだよな。昔の奴が良かった。スペックは例年通りなはずです。五百万石55で、おりが少なめの薄濁り。もちろん無濾過生です。よいしょ、どうかな〜。去年は店でも飲まなかったからな。含み香の表現が豊か。ブドウ、ラ [続きを読む]
  • 福寿 大吟醸 おり酒 29BY
  • さて、改めて登場。4合瓶で買ってきたので家でゆっくりと。まず上澄みから。まあカプ系の香りですね。ちょっとカプが濃いかなという感じが今日はあります。味わいのほうはおおむね変わらずですね。甘みもありますが、酸の瑞々しさも十分にあり、それをしゅぱっと辛いくらいに切らす。ガスはないですがミネラル感はギラリとかなり硬質なもので、ミネラル感からのやや粉っぽいような旨みの感じさせ方。香りは黄桃、ベリー、パイナポ [続きを読む]
  • J.バリー ミレジム1998 LMDW60周年記念ボトル
  • 山和がいまみっつだったので、何を思ったか鍋くいながらラムを開ける男。目白の田中屋で、上のほうに並んでるうまそうなのから選んでもらっらた1本。カリブ海周辺諸国を中心に、サトウキビを用いて造られる蒸留酒、ラム。旧植民地時代の宗主国に基づいて、スペイン系、イギリス系、フランス系の3種があるそうです。その中でも酒オタみたいのに人気でハマりやすいのはフランス系みたいですね。J. バリーもそのフランス系で、フラン [続きを読む]
  • 山和 pulito 純米吟醸 山田錦28BY
  • いやいや、大変ご無沙汰しておりました。時は19日にさかのぼりますが、神戸から東京に帰ってきて。もうその帰りの新幹線の中から明らかに気配はあったのですが、翌日より風邪で寝てました。特に火曜から木曜まで39度もでましてなかなか苦労しましたよ。どうもまだ本調子ではないんですがそろそろ飲まないとね。久々の山和です。pulitoという商品ですが、去年からで今年2年目。ワールド・ワイド・ソムリエ・アソシエーション 2010優 [続きを読む]
  • 龍力 大吟醸 米のささやき 荒走り袋しぼり斗瓶取り 29BY
  • この手の新酒はフレッシュコンディション命じゃねーの!?ということで金曜日に買っておいたこちらを。先日とある商品を絶賛した龍力。龍力ファンを名乗る読者様から荒走りのおすすめが入ったので早速。この商品があることは知っていたのですが、蔵元曰く今年のものはかなり出来が良いとか。龍力ブーム、来るかもしれません。yk35、9号酵母と王道を行くスタイル。お米はもちろん特A山田錦。そして2017.11製造なんで、29BY。でいい [続きを読む]
  • BAR Main Malt(メインモルト)
  • 神戸三宮に移動して、そういえば三宮といえばここはいっとかねばと思い出したのがこちら。もはや私が話すことは何もない、西の聖地。関西モルト界の名店、その筆頭格ではないでしょうか。マスターの後藤さんはTHE WHISKY HOOPの主幹事もお勤め。圧巻のバックバー、カウンター前も3列でずらーっと。カウンターの3列目ソサイエティ列と2列目ベンリアック列!これだけでなくて、カウンターの座って背中側も横も四方がボトルの山です。 [続きを読む]
  • 福寿 大吟醸 おり酒
  • ふらっと神戸にきました。この日行こうかなあとは考えていたのですが、決めたのは今日の朝。明日が明後日あたり、帰ったら詳細加筆します。今日は味だけ。大吟らしい華やかな香りですがなかなか良い。18なんかな?メロンやブドウにバナナもあるし、ベリー系はっきり。出てはいるが出過ぎてないのと後述の味わいにより、キツイなという感じはなし。香りにのって甘みがくるが、結構スッキリなんですよね。これがまたクドくなくて良い [続きを読む]
  • 司牡丹 船中八策 黒 槽搾り 28BY
  • コメントで読者さんからお話をいただいたお酒。こういうのは速攻でのっかりますよ、皆様の情報を待ってます(笑)司牡丹の船中八策シリーズ。船中八策自体がかなりのネームバリューを持った銘柄になってますよね、良くも悪くも。日本酒の最前線を求める僕のような人間からしたらぶっちゃけほとんどカップ酒と変わらないイメージ。おススメでもされなきゃ絶対に手を伸ばすことのないようなお酒です。何年か前に知り合いとしょーもない [続きを読む]
  • 酉与右衛門
  • 酒屋さんであんまりピンとくるものがなくて、酉与右衛門でもと。随分と前にやって、それがまた全然響かなくて、以降全く飲んでおりません。よく見たら直汲みなんかも多いしもう1回やっとかないといけないな、というところでした。今回は何本かある中で、指運で選んだのがこちら。山廃を避けたのかな。それで雄町70の純米、無濾過生の直汲み。ただし本当に1年近くお店で寝ている商品なのでどうなってるかは未知数です。今年は赤いラ [続きを読む]
  • 連載:今年飲んだお酒を振り返る 5月
  • もはや何をしていたかも思い出せない5月。でもブログ見返してみると明らかに飽きてきてワインとかやってるな。こちももう11月ですが個人的な感覚ではまだ9月くらいの気分なんだよね。だから薄着で外出して浮いちゃったり。【715】古伊万里前 純米吟醸 山田錦 火入れ 28BY【716】千代緑 純米大吟醸 SP 無加圧甕口 28BY【717】天吹 裏生? 純米吟醸 生原酒 28BY【718】櫛羅 純米 無濾過生 KODAMATUNING 27BY【719】あべ FOMALHAUT 生 [続きを読む]
  • 菊鷹 純米 Hummingbird 無濾過生 おりがらみ 28BY
  • 菊鷹ハミングバード。今年ちょいちょい出てたおりがらみバージョンなのが良くも悪くもご注意くださいというところでしょうか。レシピは毎度変わりますが商品構成は安定してるので、とりあえずひととおりチェックしいってる菊鷹。ことし1本既にやっているんですが、おりバージョンをつい衝動買いして寝かせておいた商品。掛米に富山の雄山錦70、麹米に地元愛知の夢吟香60、金沢酵母という構成。金沢酵母(協会14号)は結構つかみど [続きを読む]
  • 入荷
  • まああるとこにはあるんだよね。ってかちゃんと脚使って酒屋巡りしなきゃダメだわ。今年のやる気なさを反省しています。というわけで最新の入荷。まだ来るし冷蔵庫も限界ギリギリだし困っておりますが久しぶりに日本酒熱も高まってきました。Shuhari愛山2014(2本目)。Shuhari愛山雫(ゲロ高い)。Shuhari山田錦2014(タイミングは違うけど前やった奴と一緒かな)。こりゃちゃんと探すかつタイミングがあえばShuhari山田西戸雫とか [続きを読む]
  • 連載:今年飲んだお酒を振り返る 4月
  • ネタ晴らしをすると年末のまとめ記事にむけて、全部まとめてやるとこんがらがっちゃうので。思い出しつつ集計しつつのための連載です。まとまったら消すかもしれません。【703】虎変 純米吟醸 しぼりたて生源酒 28BY【704】飛露喜 純米吟醸 愛山 生酒 28BY【705】琥泉 純米吟醸 おりがらみ 28BY【706】本金 純米吟醸 美山錦 27BY【707】媛一会 純米吟醸 TYPE UK7 火入れ 27BY【708】水府自慢 純米大吟醸 無濾過原酒 28BY【709】姿 [続きを読む]
  • 姿 純米大吟醸 北しずく 無濾過生 28BY
  • 姿から北しずくを使った純大です。このパープルと、もう一つゴールドの山田錦の純大もありますが、ここ数年やろうと思っていたのでようやくできて満足。きたしずくは、吟風や彗星と並んで北海道の酒米です。安価なことと品質もいいようで、ここ数年は使う蔵元も増えてますよね。来年はちょっとしたトピックもあるので北海道ネタは掘り下げてやるかもしれません。きたしずくが一番新鋭で、吟風と彗星の間くらいのイメージ、育てやす [続きを読む]