経理館 さん プロフィール

  •  
経理館さん: Accessで経理を楽しむ
ハンドル名経理館 さん
ブログタイトルAccessで経理を楽しむ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsune-g/
サイト紹介文楽しい経理はAccessを使って社内に貢献し期待感と活躍感を感ずる経理です。
自由文経理マンがAccessという武器を手にすると、調べ事や質問を1分、資料要求は15分で片づけることができ、日常の他、監査や税務調査も楽に対応できるようになります。Accessで作業時間を減らし経理を思考の部署に変えましょう。今までにない情報提供をおこなって経営陣の期待に応えましょう。活躍感を感じながら経理を楽しみましょう。経理館は簡単に作れる三種類のツールをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/05/24 23:15

経理館 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 経理館の現状報告・実績報告
  • 00257 2017/10/07  経理館の現状報告経理館の現状報告・実績報告1.事務職向けAccessのテキスト『商業ACCESS』の配布   作成時期:2011年10月から2012年06月   ※以下の3つのツールを作るためのテキストです。    ①調べ事1分ツール    ②一文字台帳検索    ③Excel編集1秒    この3つで従来の作業時間を半減させることが可能です。    ぜひ、テキストを取り寄せ、実際にツールを作成して   [続きを読む]
  • 経理館が今考えていること
  • 経理館が今考えていること1.事務部門にEUDを薦める2.ストリートアカデミー以外の新たな講座サイトの開拓理由1.EUDを推奨する目的は事務職をAIと共存できるようにすること。2.相変わらず、日本のホワイトカラーの生産性が上がっていないから   1年半経っても同じ内容の記事が日経に載るという情けなさ    (2016/2/1日経新聞.経営の視点)の記事     日本経済の問題点はホワイトカラーの生産性があがらない [続きを読む]
  • ストアカ・商業ACCESSの実績報告
  • 00255 2016/08/08  ストアカ・商業ACCESSの実績報告ストアカ・商業ACCESSの実績報告2014年2月から2016年7月までの2年半の実績です1.受講者の職業の割合2.受講者の使用目的の割合3.受講者の月別人数の推移4.感想投稿件数の推移1.受講者の職業の割合2.受講者の使用目的の割合3.受講者の月別人数の推移4.感想投稿件数の推移以上 [続きを読む]
  • ストアカ受講者100人達成までに有った戦い
  • 00254 2016/05/12  ストアカ受講者100人達成までに有った戦い2年目からやったことは「実習導入の検討」どこまで実習内容の難易度を上げるかという闘いがあったAccessを使った具体例を実際に動かしてお見せするという形を導入少しずつ受講者にも動かしていただくという実習を導入し始めました当初は受講者に分かりやすい内容で実習を開始敗北内容「この程度の事ならExcelでできますよ」「松井さんExcel使ったことないんですか [続きを読む]
  • ストアカ受講者100人達成までの道のりとは
  • 00253 2016/05/10  ストアカ受講者100人達成までの道のりとはまず最初の1年を振り返ってみます最初の1年(2014年2月から2015年3月)は一方的にAccessの良さを言葉だけで伝える講座でしたやる気のある方は盛んに質問しAccessの良さを感じていたようですしかしただの好奇心だけで聞きに来られた方はよくわからないという表情でしたこの頃は、私だけが「商業ACCESS」をすばらしいと感じそれをただ言葉で伝えようとしていました [続きを読む]
  • 『商業ACCESS』の受講者が100人を超えました
  • 00252 2016/05/09  『商業ACCESS』の受講者が100人を超えました(ストリートアカデミー 講座「商業ACCESS」の受講者数です)2016/05/07土曜日に遂に103名に達しましたそして講師のバッジが 『シルバー』 から 『ゴールド』 になりました100人達成までの道のりはどんな状況だったかグラフを作ってみました       ◆ 図を すると拡大されます ◆グラフは2014年2月から2016年4月までの人数の推移を表していま [続きを読む]
  • ストアカ、投稿感想の傾向
  • 00251 2016/03/24  ストアカ、投稿感想の傾向(ストリートアカデミー 講座「商業ACCESS」への投稿感想の話です)投稿感想は実にヤリガイを感じさせてくれます特に受講する場合の組み合わせについて助言してくれる内容とか複数コマ受講しても疲れなかったとか受講者の反応と投稿される感想を参考に講座内容がどう捉えられているか毎回、講座の中身を変えています台本の内容を改善しています最近、「01_はじめに」だけの受講 [続きを読む]
  • 過去の実績を調べて一安心
  • 00250 2016/03/16  過去の実績を調べて一安心経理はやはり年度末は忙しいようですストアカの「商業ACCESS」の講座に3月の上旬と中旬は受講申し込みがありませんでした昨年の10月末以降正月を除いて毎週、講座を開催していましたが3月は2週続けて講座を希望するメールが入りませんでした。どうしてかな?過去2年の実績を調べたら去年も一昨年も3月は20日以降のみ講座を開催していました。今年は3月19日と20日に受講申し込 [続きを読む]
  • 商業ACCESSの実習の分かりやすさ
  • 00249 2016/02/07  商業ACCESSの実習の分かりやすさ「商業ACCSS」次なる助走のステップは実習の分かりやすさを訴えて講座のリピータ開拓を・・・現在の講座の内容は昨年の今頃とは雲泥の差です特に実習は実務で使えることを意識した内容になっていますそこをうまくアピールして昨年の夏以前の受講者に02、03、04コマへのリピータになっていただくよう呼び掛けにトライです昨年の夏以前の受講者は現在の講座の「01_はじめに」に [続きを読む]
  • ストアカ開店休業! 暇です
  • 00248 2016/02/06  ストアカ開店休業! 暇です本日、ストアカ開店休業です本日は2つの講座が予定されていましたが9時開始予定の参加者が急に入った仕事で欠席となりましたもう1つの講座は先週の日曜日に突発申込みで開催した分の振り替え分で実際には終了しているので今日はありませんほとんど毎週20代から40代のビジネスマンとお会いできる事にヤリガイを感じていたのでそれが無いと気が抜けますそれじゃあ、確定申告の準 [続きを読む]
  • ストアカ感想投稿について
  • 00247 2016/01/29  ストアカ感想投稿について受講者の方によく感想投稿がすごいですね〜ストアカの感想を読んで受講しに来ましたと最近よく言われます投稿された感想によって「自分も受講してみよう!」という気持ちにさせられたと聞きます感想投稿してくれた方々には大変感謝しています感想投稿の威力に大変驚いています実は感想投稿があるかどうかはお互いの満足度に関係があるようです満足感が漂っている方からは感想投稿を [続きを読む]
  • 2016年の新たな意気込み
  • 00246 2016/01/01  2016年の新たな意気込み新年明けましておめでとうございます 今年も 「経理館の商業ACCESS」 を  よろしくお願いいたします昨年は多くの方にストアカ「商業ACCESS」を受講していただきありがとうございました今年はさらにストアカ「商業ACCESS」の質と量を上げました皆さまに「すぐ仕事で実践し成果が出ました」と言っていただけるよう実習時間を50%増やし使い方の習熟度をあげるようにしましたそして「 [続きを読む]
  • 意外に多い転職時に受ける「いじめ」
  • 00245 2015/12/11  意外に多い転職時に受ける「いじめ」46歳で初の転職を経験した私も「いじめ」をたくさん受けましたその中で最も記憶に残るいじめを紹介します言葉が違うだけで同じいじめを受けた経験のある人は多いのでは?私が前任者に質問した時に返ってきた言葉が・・・「きのう言いましたよね!!」でした。「一度聞いたら二度と聞くな」ってことでしょうか経理は書類の種類、情報の種類、ロッカーの数や引出の数一度 [続きを読む]
  • ストリートアカデミーに感謝です
  • 00244 2015/11/15  ストリートアカデミーに感謝ですみなさま、一カ月ぶりですブログネタを考える暇が無いくらい毎日、商業ACCESSの4つの講座の台本を手直ししています90分でたくさん説明したい終わった時の受講者の満足顔を見たいできれば感想も投稿していただきたいこれが台本手直しの理由です去年は4回開催して6人の方が受講されました今年はもう20回開催していますホームページと我孫子市出前講座による開催は4年間 [続きを読む]
  • ストアカと英会話とサンプルアプリ作成に追われてます
  • 00243 2015/10/17  ストアカと英会話とサンプルアプリ作成に追われてますブログを書く時間がありません今日は「息抜き」とやっていることの「見直し」でブログを書いてます今、頑張っていること第一にストアカのメニューの見直しと台本作成  80%の仕掛中です第二に来年の夏を目指して英会話のレベルアップ  と、言っても全くしゃべれないに等しい今のレベルです第三は商業ACCESSの質向上を目指して  経理用業務アプリ [続きを読む]
  • 過去の記事 …