obi さん プロフィール

  •  
obiさん: obi actually コッツワールド代表ブログ
ハンドル名obi さん
ブログタイトルobi actually コッツワールド代表ブログ
ブログURLhttp://cotsworld.blog136.fc2.com/
サイト紹介文日本で唯一の英国住宅専門設計事務所コッツワールドの代表ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/05/25 00:14

obi さんのブログ記事

  • 「イギリス建築を愉しむ。」第8回
  • イギリス建築を愉しむ。第8回BRITISH MADE様のHPに、私の連載第8回が掲載されました今回は「湖水地方で出会えるピーターラビットの世界」です。下記のサイトよりご覧下さいませ。http://www.british-made.jp/stories/travel/201809210027261英国住宅にご興味のある方、「やはりコッツさんの建物は違うな!」と感じて下さる方、新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。関東地方以外でも中部地方・ [続きを読む]
  • クリブデンで朝食を♪
  • クリブデンで朝食を♪待ちに待った翌朝。一番最初に見学したのは、朝食のお部屋です。 ごく淡いブルーグリーン色をベースに、アクセントのゴールドを巧みに効かせた、上品かつ上級なインテリアのお部屋です。照明器具も含め色遣いに統一感のあるコーディネートで、非常に洗練された印象です。左右対称を意識してデザインされた空間に、立派なクリスタルのシャンデリアと、大理石の暖炉がインテリアのフォーカルポイントにも [続きを読む]
  • コッツウォルズの屋根材到着!
  • コッツウォルズの屋根材到着愛知県で建築中のコッツウォルズ・バイブリーの家N様邸の現場に、コッツウォルズの屋根瓦が到着しました 色ムラがあり、味わいのある屋根瓦です。本物志向のN様が設計当初からこだわって、楽しみにされていた屋根材です コッツウォルズの瓦は、下から上に向かって徐々に小さい瓦になっていきます。その特徴を踏まえた瓦の割り付けとなるので、瓦を引っ掛けて留める為の桟木は、そのサイズ変化に合わ [続きを読む]
  • クリブデンに到着!
  • イギリス旅行記2018今年は夏にイギリスへ行って参りました。爽やかな夏を期待したものの、到着後数日間は予想外の猛暑で驚かされましたが、あちこち散策を楽しんで参りました。今回私が訪れた場所や宿泊したホテルを、何回かに分けてご紹介したいと思います。今後の皆様のイギリスご旅行の際のご参考になれば幸いです。「Cliveden House」夕方イギリスに到着し、出迎えてくれた友人家族と食事を楽しんだ後、ホテルへ向かいました。 [続きを読む]
  • 久しぶりに谷中レッドハウスへ
  • 谷中レッドハウス・ボタンギャラリー5年前に建築させて戴いたD様邸。ウィリアム・モリスが住んでいた家レッドハウスのエッセンスを注ぎ込んだデザインになっています。D様はアンティークボタンの収集家で、一室はギャラリーになっています。先日、テレビ「YOUは何しに日本へ?」に偶然ご出演されたD様ご夫妻。その際お家がご紹介されると、会場は「凄い」と盛り上がっていましたお引渡し以降も何度か訪問させて戴くチ [続きを読む]
  • イングリッシュブリック到着 in 大阪
  • イングリッシュブリック到着 in 大阪大阪で建築中のK様邸に、イングリッシュブリックが到着しましたイギリス住宅には本場イギリスのブリックK様邸は2色のブリックをミックスして仕上げますこちらは赤いブリック。焼きムラもあり、良い表情をしていますもう1色は赤味のある茶色。こちらも良い色です合わせる2色の色味が違いすぎると、本物感が失われてしまうのですが、同系色を上手にミックスすると、少し素朴な印象の、味のあ [続きを読む]
  • ピュアモリスでトイレリフォーム
  • ピュアモリスでトイレリフォーム世田谷区M様邸にて、トイレのリフォームをご依頼戴きました。M様は以前イギリスに長くお住まいで、ご自宅も弊社のお近くだったことから、度々ご縁がありました。実は数年前にキッチンをリフォームされた際も、弊社オリジナルのカドガンキッチンをご採用戴いたこともあり、次は「トイレにイギリスエッセンスを加えたい!」とお考えだったそうです。こちらが完成写真です!まるでお部屋のような、 [続きを読む]
  • 新店舗ベリーズティールーム様
  • ベリーズティールーム様店舗工事東京都杉並区にある本格紅茶とイギリス菓子の店「Berry's Tea Room」様が、現在のお店から新しい場所へ移転されることになりました。オーナーのW様はイギリスにあるようなティールームをと、英国スタイル専門のコッツワールドへご依頼下さいました。W様からのリクエストは「ピンク」「ブラウン」「ヴィクトリアン」ということで、内装・外装ともに、弊社ならではのスペシャルなイギリスデザインと建 [続きを読む]
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第7回
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第7回私の連載第7回が掲載されました今回は「ダウントン・アビーのロケ地めぐりPart 3」です。下記のサイトよりご覧下さいませ♪http://www.british-made.jp/stories/travel/201808170025811英国住宅にご興味のある方、「やはりコッツさんの建物は違うな!」と感じて下さる方、新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。関東地方以外でも中部地方・近畿地方(大阪・京 [続きを読む]
  • ロンドン・ヴィクトリアンハウス in 京都
  • ロンドン・ヴィクトリアンハウス in 京都京都にて、2軒目のイギリスの家が生えることになりました施主のI様と初めてお会いしたのは2018年1月。「イギリスの家を建てたいのですが、京都でもご相談は可能でしょうか?」とのお問い合わせのお電話を戴きました。何社かハウスメーカーさんにもお声をかけていらしたそうですが、「イギリス」を理解して下さる営業さん・設計士さんに巡り合えずにいたところ、以前から気になってたコッツ [続きを読む]
  • スコティッシュ・ジョージアン上棟
  • スコティッシュ・ジョージアン上棟東京都板橋区で建築中の3階建てのスコティッシュ・ジョージアンF様邸が上棟しました建物の幅が12mと広いので、3階建てでもゆったりとした佇まいですね。均一にバランス良く並んだ開口部も、堂々とした落ち着きを感じさせます。弊社お馴染みの「イギリスの家、生える。」も掲げられましたここは3階のお部屋です。中央のパティオドアからバルコニーへ出れます。最上階で眺めも良く、端から端 [続きを読む]
  • 板橋ジョージアン 地鎮祭〜建て方
  • 板橋ジョージアン 地鎮祭〜建て方東京都板橋区のスコッティッシュ・ジョージアンF様邸の地鎮祭が行われました。F様ファミリー、工務店さん、弊社で、素晴らしい家が建つよう祈願いたしました賃貸住戸を含めた3階建てのお家です。このお土地にスコットランドのジョージアン・スタイルの3階建ての建物が生えます川沿いの桜並木の通りに面した間口の広いお土地ですので、良く映えること間違いなしです基礎工事・設備配管工事と [続きを読む]
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第6回
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第6回私の連載第6回が掲載されました今回は「ダウントン・アビーのロケ地めぐりPart 2」です。下記のサイトよりご覧下さいませ。http://www.british-made.jp/stories/travel/201807200025276バイオレット様の邸宅「バイフリート・マナー」英国住宅にご興味のある方、「やはりコッツさんの建物は違うな!」と感じて下さる方、新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。関東 [続きを読む]
  • コッツウォルズ・バイブリーの家、上棟
  • コッツウォルズ・バイブリーの家、上棟愛知県で建築中のN様邸が上棟しました多くのコッツウォルズの外観の特徴でもある、2階の途中から屋根が始まる大屋根スタイルを採用しています。上の写真でも、遠くからでも、大きな屋根がよく見えますねN様邸では、コッツウォルズの屋根瓦を葺きます。ただ今、船便で日本へ向かっておりますのでお楽しみにお馴染みの弊社の看板シート「イギリスの家、生える。」も掲げられましたN様もこれ [続きを読む]
  • 建て方工事 in 愛知
  • 建て方工事 in 愛知愛知県で建築中のコッツウォルズ・バイブリーの家N様邸の現場は、基礎工事、建て方工事と順調に進んでおります 基礎の配筋のチェック、そして基礎完成後にもチェックを行いました。図面通り、きちんと施工されています基礎の天端に防湿フィルムを敷き、シロアリに強い米ヒバの土台を施工し、その上に床根太を406mmピッチで組んでいきます。これは本来のツーバイフォー工法で使われる、フィートインチモジュ [続きを読む]
  • スコティッシュ・ジョージアン in 東京
  • スコティッシュ・ジョージアン東京都板橋区にて、スコットランド・エディンバラに建つジョージアン・ハウスの建築がスタートします施主のF様は、3階建ての賃貸併用住宅を建てられたいご要望で、数多くのハウスメーカー、設計事務所と約2年間、あれこれお打合せを重ねられたそうですが、F様のご希望・こだわりに、ピタリと合致する会社がなかなか見つからず、2017年1月に弊社へお問い合わせを戴き、設計をスタートさせました。ヨー [続きを読む]
  • イギリス建材到着 in 大阪
  • イギリス建材到着 in 大阪大阪で建築中のK様邸の進捗状況ですお家全体のデザインアドバイス、および、イギリス建材のご提供をお承りしています。(以前のブログにて具体的なアドバイス図面をご紹介しています。下記リンクも併せてご覧下さいませ。)http://cotsworld.blog136.fc2.com/blog-entry-693.html外部ではラスモルタル下地の施工中です。そしてたくさんのイギリス建材が現場に納品されました写真はほんの一部で、木製 [続きを読む]
  • 「貴族のサロン」祝上棟
  • 貴族のサロン・祝上棟福岡県で建築中の「貴族のサロン」A様邸が上棟しました弊社お馴染みの看板シートが掲げられました!福岡県にも、「イギリスの家、生えます」上の写真で、建物の頂部に飾られているものは、A様がこの日のためにご用意された直径1mの大きなリースです。「上棟式」は日本だけのしきたりと思っている方も多いのではないでしょうか。実はイギリス、アメリカ、デンマーク等でも、建物の構造の最終段階で「上棟 [続きを読む]
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第5回
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第5回英国ファッションブランドを多数取り扱われている渡辺産業様の直営店BRITISH MADEのサイト内の連載第5回が掲載されました今回は「ダウントン・アビーのロケ地めぐりPart.1」下記のサイトアドレスを すると掲載ページへ飛びます。是非ご覧下さいませ。http://www.british-made.jp/stories/travel/201806150024394英国住宅にご興味のある方、「やはりコッツさんの建物は違うな!」と感 [続きを読む]
  • ヴィクトリアン・ハウス京都、完成!
  • ヴィクトリアンハウス京都、完成京都府のヴィクトリアン・ハウスS様邸の完成・お引渡しですイギリスの赤色ブリックが、良い色味で美しいですねついに、京都にもイギリスの家が生えました道路沿いには門柱を設置しました。建物と同じ、イギリス製の赤色ブリックで造ったこだわりの門柱です。上には門灯も載せて、素敵に仕上がりましたインターホンの下には、これまたイギリスから取り寄せたポストを埋め込み、とても可愛い [続きを読む]
  • コッツウォルドの館
  • コッツウォルドの館2014年の年末に建築完成したH様邸(東京都)を久しぶりに訪れました。コッツウォルズから取り寄せたコッツウォルド・ストーンで建てられた住宅です。新築から3年半経ち、あちこちに程良い味が出て、風格を増していました。同じく石造りの門柱の上には、パイナップル型のオブジェがお洒落に効いていますイングリッシュガーデンも年々素敵になってきていますさて、今回の訪問の目的は、勝手口にオリジナル・ [続きを読む]
  • 鎌倉スイーツハウス撮影
  • 鎌倉スイーツハウス撮影神奈川県鎌倉市で1年ほど前に建築をした鎌倉スイーツハウス様にて、雑誌の取材・撮影がありましたお菓子のお家を思わせる愛らしい佇まいです外観・内観ともに、施主のO様のこだわりが沢山詰まっています優雅な玄関ホールでは、テディベアが椅子に座って外の景色を眺めていました♪街路樹の新緑が清々しい季節です。春先には桜のお花見も楽しめる特等席ですダイニングルームは、本物の薪暖炉のあるクラ [続きを読む]
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第4回
  • 「イギリス建築を愉しむ。」第4回英国ファッションブランドを多数取り扱われている渡辺産業様の直営店「BRITISH MADE」。そのサイト内コンテンツSTORIESにて、2月より私の連載「イギリス建築を愉しむ。」がスタート致しました。そして5/18、第4回が掲載されました。題名は「ロイヤル・クレッセント・ホテル」。下記のサイトアドレスを すると掲載ページへ飛びます。是非ご覧下さいませ。http://www.british [続きを読む]
  • ライブラリー in 京都
  • ライブラリー in 京都京都のヴィクトリアン・ハウスS様邸にはライブラリー(書庫)があります。以前ご紹介したリビングの上が吹抜けになっているのですが、その吹抜けに面した、コの字型の書庫を造りました。吹抜けに面した部分は子柱の付いた手すりになっていて、リビングを見下ろすこともできる開放的な気持ちの良い書庫です。このアイディアは、設計時からのS様のご希望で、家族が集うこともできる、明るく開放的且つ実用的 [続きを読む]