タキ10450 さん プロフィール

  •  
タキ10450さん: 『タキ10450』の国鉄時代の記録
ハンドル名タキ10450 さん
ブログタイトル『タキ10450』の国鉄時代の記録
ブログURLhttps://takurika54.exblog.jp/
サイト紹介文80年代の少年時代に撮ったフィルムのご紹介と、家庭を持ってから復活した鉄活動、模型製作等のご紹介
自由文小中学生の頃は鉄道ファンで旧型国電やEF58を追っ掛け、一時離れていたが子供がプラレールを始めたことで鉄道再燃、終焉のタンク車を見届け。免許取った学生の頃から、旧車に興味を持ちプリンススライラインを20年間所有、今は泣く泣く手放し。他、旅行、温泉巡り、休日のメシ作りが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/05/27 10:12

タキ10450 さんのブログ記事

  • j train 通巻71号 2018年秋号
  • キハ40系のご紹介は小休止、発売されて1ヶ月近く経過した古いネタで恐縮です。先日、j train 2018年秋号(通巻71号)を購入したのですが、青函・宇高連絡船の特集号です。(j train 2018年秋号 イカロス出版のHPより転載)鋼製客郵荷合造車の系図(下)もお目当てなのですが、それよりも青函・宇高連絡船の特集の中で、53頁の写真に感動して即決しました。著作権があるので... [続きを読む]
  • 平成の画像 キハ40系 その5
  • 今回もキハ40系です。北海道の車です。(キハ40 789 2012年7月8日 東室蘭駅にて)札幌へ仕事で出張した際に、延泊して本輪西のタンク車を見に行ったのですが、宿泊した東室蘭でトワイライトエキスプレスを撮影したついでに撮ったものです。気動車を扱う他の方のHPによると、この車はワンマン改造されて700番台を名乗るなかでは異端の高出力車だそうです。何でも、機関と変速機が換装され... [続きを読む]
  • 平成の画像 キハ40系 その4
  • 引き続きキハ40系の画像です。(キハ40 588+キハ40 525+キハ40 589 2016年5月2日 種市駅にて)八戸線の画像をもう1枚ご覧頂きましょう。種市駅を出発し、八戸へ向かうキハ40の3両編成のケツ撃ちです。跨線橋のうえから撮影したので、屋根上の造形がよく分かります。排気口周辺は煤で汚れていますが、屋根上は思いのほかキレイです。非冷房車でベンチレータが並んでいま... [続きを読む]
  • 平成の画像 キハ40系 その3
  • キハ40系のご紹介が続きます。(キハ40 568 2016年5月2日 角の浜駅にて)この春に八戸線のキハ40が淘汰されたようで、それを偲んで八戸線のキハ40をご覧頂きましょう。毎年恒例の我が家のGW旅行で撮影したものです。この時は、宮古から田野畑、野田、久慈、種市と北上し、八戸から八戸道に乗り鹿角市の湯瀬温泉まで行くルートでした。道中、八戸線のダイヤを調べ、角の浜駅で久慈行き... [続きを読む]
  • 平成の画像 キハ40系 その2
  • キハ40系のご紹介の続きです。(キハ40 500番台 2005年11月19日 羽前水沢駅にて)東北へタンク車を撮影しに遠征した時に撮ったものです。500番台のようですが、車番までは特定出来ませんでした。羽前水沢駅に隣接して水澤化学工業があり、ここに出入りする濃硫酸車タキ4000やタキ5750を撮影しに訪れたのですが、その時に新潟色をまとったキハ40が入線してきました。2両目は、... [続きを読む]
  • 平成の画像 キハ40系 その1
  • 最近、キハ40系の特集や動静を解説する雑誌が増えており、急速に置き換えが進んでいるようですので、主に東北旅行で撮影したキハ40系の画像を何回かに分けてご覧頂きましょう。まずは現在でも鬼太郎のラッピング列車が運行される境線から。(キハ40 2115 2005年8月19日 境港駅にて)子供が小学生だった頃、夏休みに実家に帰省した際、鳥取の皆生温泉に1泊し、翌日水木しげる記念館へ行った... [続きを読む]
  • 鉄道ピクトリアル2018年9月号 配給電車
  • ピク誌最新号は配給電車がテーマです。(鉄道ピクトリアル2018年9月号 配給電車 (鉄道ピクトリアル公式HPより))配給電車は、首都圏と関西圏にしか配備されず、工場と電車区との間で部品や車輪を運んでいましたが、ダイヤも運行日も分からず、本線上を走行する姿は見たことがありません。高槻区を訪問した際に1枚だけクモル24を撮影していますので、再掲ですがご覧下さい。尚、ピク誌の表紙を開け... [続きを読む]
  • 80年代 飯田線 EF10 31 その5
  • 中学の時の友人S君からの頂きものです。(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)庫の端っこで休車となっていたようで、目一杯引いて撮影したようです。正面からの構図ですが、一体鋳鋼台車の特徴である抜き穴がところどころに見えています。一線はさんだ左向こう側には、80系がちらりと見えています。中距離輸送を担った80系も、既に末期にあり、豊橋区に残るのみとなっていました。かつて... [続きを読む]
  • 80年代 飯田線 EF10 31 その4
  • 中学の時の友人S君からの頂きものです。(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)前回お送りした画像より前面をアップにしたものです。運転席窓下の区名札刺には、白いプレートに赤字で「休車」の札が入ってますね。正面扉と助手席側窓の間にステップがあり、屋根上へアプローチ出来るようになっています。屋根上へ上がるところには、つかみ棒がありますが、普通ならこの辺に「架線注意」のプレ... [続きを読む]
  • 80年代 飯田線 EF10 31 その3
  • 中学の時の友人S君からもらったネガプリントです。(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)ED62が増備された後でも、予備機として唯一残っていた31号機ですが、緊急時で無い限りは出番は無く豊橋機関区の端っこで休車となっていました。その時に撮影したようです。一体鋳鋼製台車HT58は、ちょっと暗くて角度も悪くてよく見えませんね。 [続きを読む]
  • 80年代 153系新快速その11
  • 年度末と職場異動が重なり2ヶ月もブログUP出来ずにいました。F.Y君からの頂きものです。(クハ153 撮影年月不明 大山崎のカーブにて(たぶん))京都方面に向かって高速走行する新快速です。現在の新快速は12両編成のようですが、当時は6両編成でした。輸送量倍増です。当時も、この6両編成を2本つないだ12両編成もありましたが、12両編成の時は快速運用で朝夕のラッシュ時に運行されて... [続きを読む]
  • 80年代 153系新快速その10
  • F.Y君からの頂きものの画像です。(クハ153(0番台 低運転台車) 撮影日・撮影場所は不明)複々線で長い直線が続いているので、芦屋川か住吉川あたりの上から撮影したものと思われます。新快速のヘッドマークが、文字無しで3本のストライプになってますが、これは快速運用の時のものです。ヘッドマークは常時取付けられているのですが、可変型となっていて、折り畳めばストライプが現れ、本列車は新... [続きを読む]
  • 80年代 153系新快速その9
  • またまたF.Y君からの頂き物の画像です。ネガプリントをスキャンしたものです。(クハ165(新快速) 撮影年月不明 大阪駅にて)貫通扉の周囲が一段出っ張っているのでクハ165と思われます。「新快速」は大型のヘッドマークを付けてましたが、少し濃い黄色の部分がだいぶ退色しています。関西育ちの私にとって、153系(クハ165を含む)と言えばブルーライナー色の「新快速」でした。小学生高... [続きを読む]
  • 平成の画像 江ノ電(初代)551
  • ピン甘のダメダメ画像ですが、江ノ電の画像がもう1枚ありました。(江ノ電(初代)551 1993年8月頃 鎌倉高校前にて)前回の江ノ電502を撮影した日と同じ日の撮影です。この日は、駒沢大学から新玉川線(当時)〜田園都市線で中央林間まで行き、小田急に乗り換えて藤沢へ出て、そこから江ノ電に乗りました。1日乗車券を使って途中下車しながら鎌倉まで行き、また途中下車しながら藤沢まで戻って... [続きを読む]
  • 平成の画像 江ノ電(初代)502
  • 今回は江ノ電の画像をお届けします。(江ノ電(初代)502 1993年8月頃 七里ヶ浜駅〜稲村ヶ崎駅間にて)1993年8月に転勤となり、上京したのですが、引越し後の片付けも少し落ち着いたので日帰りでどこか出掛けてみようと言うことになり、嫁と二人で行ったのが鎌倉でした。車両の情報も無いままに、やってきた列車をただ撮っただけの画像ですが、この10年後には502は引退してしまったようです。... [続きを読む]
  • 平成の画像 伊那松島区のED62
  • 1997年春の伊那松島区です。(左からED62 16、ED62 5、ED62 6 伊那松島機関区 1997年3月か4月(許可を得て構内で撮影))クモハ12 041を撮影したくて訪れた伊那松島区ですが、ED62が何両も留置されていたので撮ったものです。それもそのはず、撮影前年の1996年9月に飯田線北部の貨物輸送は事実上終焉しており、出番無く構内留置されていたのでした。ED62... [続きを読む]
  • 平成の画像 クモハ12 041の銘板
  • 伊那松島機関区での画像の続きです。クモハ12 041には4枚もの銘板が取り付けられていて、アップを撮影しておりました。(クモハ12 041の銘板 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)右下がオリジナルの銘板→昭和3年 汽車會社東京支店 製造右上はJR東海の銘板→元は日本国有鉄道の銘板だったハズです。左下は更新車銘板→型式称号規定改正と時同じくして更新修繕されたもので、施工は... [続きを読む]
  • 平成の画像 ED62 16とクモハ12 041
  • 前回に続き1997年の伊那松島機関区から画像をお届けします。(ED62 16とクモハ12 041 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)ED62 16は、飯田線北部の貨物輸送に使われていましたが、1996年秋に事実上の運用が終焉し、この頃には他のED62とともに伊那松島機関区に留置されていました。半年ほど使われていなかったからか、ナンバーやヒゲの部分から少し錆が浮いてしまってい... [続きを読む]
  • 平成の画像 クモハ12 041
  • 旧型国電が去った後も飯田線でイベント電車として運用されていたクモハ12 041です。(クモハ12 041 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)この頃は鉄道から遠ざかっていて、旧車趣味だった頃に撮影しています。1997年4月に長野県岡谷市にプリンス&スカイラインミュウジアムがオープンしたのですが、オープン前に旧車の搬入手伝いで行った際に、機関区を訪れたものです。旧型国電が終... [続きを読む]
  • 80年代 EF58 91
  • またまたF.Y君からの頂き物の画像です。EF58 91です。(EF58 91 撮影年月不明 大阪駅にて)EF58 91は、ネットで調べてみると、元々は宮原区所属で、晩年は浜松区に移籍して浜松で終焉を迎えたようですね。浜松区では、他機と同様に正面窓がHゴム化されてしまうので、この画像は宮原区時代のものと思われます。原形小窓、格好良いですねぇ〜荷物列車のようですが、編成は短めの... [続きを読む]
  • 80年代 EF58 7
  • 前回は「雷鳥」との並びをご覧頂きましたが、今回はEF58 7単独の画像をご覧頂きましょう。例によって、高校の時の同級生のF.Y君から頂いた画像です。(EF58 7 撮影年月不明 大阪駅にて)停車位置が悪く、ガーターが邪魔して全く足回りが見えません。大窓にヒサシ付きで、めちゃくちゃ格好良いです。牽引されている荷物車の方はどうでしょうか?(マニ以降をトリミング)EF58 7... [続きを読む]
  • 80年代 EF58 7 と 485系「雷鳥」の並び
  • 頂き物の写真です。(EF58 7 と 485系「雷鳥」の並び 撮影年月不明 大阪駅にて)EF58が現役の頃、時期的にちょっと間に合わずに私は大窓原形車を見ることは無かったのですが、写真をもらったF.Y君は小学生の頃からあちこちで撮影していて、EF58の大窓車も記録してありました。パンタが交差型のPS22Bに換装されてるのが痛いですが、大窓はやはり格好良いですね。EF58 7は、... [続きを読む]
  • 80年代 EF58 8
  • 頂き物の画像です。(EF58 8 撮影年月不明 大阪駅にて)夜行列車を牽いて、大阪駅に到着したところのようです。早朝の光線がまぶしくて、ハレーションを起こしてます。原形小窓に一体型ヒサシ付きで、交差パンタPS22Bに換装されていて、広島区の特徴となっています。一体型ヒサシを支えるため、両窓の間にサポートが取り付けられているのがよく見えます。向こう側のホームにはダンボール箱や... [続きを読む]
  • 80年代 583系にちりん
  • 頂き物の画像です。(誰にもらったのやら…)(583系にちりん 撮影場所、撮影年月不明)中学の時の鉄道仲間からもらったネガプリントです。彗星の間合い運用のにちりんであることは分かるのですが、どこの駅かは不明です。乗務員の服装が冬服で、向こう側のホームには山積みの荷物があるので、年末のお中元時期だったのかも知れません。ホーム右側には、荷物はありませんが赤い台車があって、こちらは郵... [続きを読む]
  • 80年代 キハ82系くろしお号とキハ58系とDD13の並び
  • またまたF.Y君から頂いたプリントです。(キハ82 DD13 213 キハ58の並び 撮影日不明 紀伊田辺駅か(?))古いプリントで退色もしていますが、貴重な記録ですのでご覧頂きましょう。撮影場所は聞いていないのですが、他HPの画像等から跨線橋の補強の仕方や、中線に退避線がある配線の特徴から判別して紀伊田辺駅ではないかと思います。撮影時期も不明なのですが、既に架線も張られてい... [続きを読む]