SHINGO さん プロフィール

  •  
SHINGOさん: 心景色
ハンドル名SHINGO さん
ブログタイトル心景色
ブログURLhttps://ameblo.jp/maryou-2
サイト紹介文自分の過去に学んだ 感じた事等をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/05/31 12:50

SHINGO さんのブログ記事

  • 変わりゆく東京ディズニーランド
  • 昨日、年に一度の恒例行事、 クリスマスイベント開催中の東京ディズニーランドを訪れた。 平日の夕方にも関わらず相変わらずゲストが多いですね。 園内を散歩していると TDLのエリア拡張計画に沿って一部の着工工事が進められていた。 夢の国で少し現実に触れてしまったが「ディズニーランドに終わりはない」を実感した瞬間です。 パレード前に取る夕食はクリスタルパレスレストランにて。 昨年は入れなかった原因である予約制が [続きを読む]
  • 神に評価される人生とは
  • 自分がこの世に誕生した理由は何だろう? この事に関して一度も考えた経験のない人はおそらくいないでしょう。 そして人間は一生の最後を迎えるにあたり、神様に向かって何を述べるのだろう‥ 「早く両親に会わせて下さい」 「素晴らしい人生を有難うございました」 「次に生まれ変わる時は どうか戦争のない時代にお願いします」等 人によっても違うでしょう。 最近、私は逆に神様から「よく頑張りましたね」と言われながら天 [続きを読む]
  • うつぐみの会
  • 先週の文化の日、 古くからの読者であるふうちゃんのお店「シエスタ」に足を運びました。 http://profile.ameba.jp/ezuryo/ 美味しいランチを頂いているとふと、カウンター横のものが目に入る。 それは「うつぐみの会」というボランティア団体の商品であった。 不要になった着物などを使って手作りのオリジナルバッグを販売し、 その売上金を東日本大震災の被災者あてに役立てるというもの。 シエスタはその支援活動に協力をして [続きを読む]
  • Please Come Home For Xmas
  • 年末が近づいてきてだんだんクリスマスモードになっていますね。 10年程前だったろうか‥ ちょうど今の時期に六本木のハードロックカフェでこの曲を始めて耳にしました。 ジョン・ボンジョビといえば大の親日家。 日本で最初に有名になったことで本国の人気に火がついたからだそうです。 日本人に対する感謝の気持ちはとても強いぞ。 [続きを読む]
  • 困っていた少女
  • 昨日の朝の出来事。 荻窪から阿佐ヶ谷方面への細い道で通学途中の女の子(仮名:Qちゃん)から 「おはようございます」といきなり声を掛けられた。 私はすぐに返事をしたものの「えっ、この子は誰だっけ」とあせってしまう。 するとQちゃんは近くの集積所の方を見ながら 学園祭で使う段ボール箱が足らず困っているのだと相談してきた。 それを聞いてピンときた私は勝手な持ち去りは違反と考え、杉並区のゴミ収集所に連絡をしてみ [続きを読む]
  • 天龍源一郎さんの選択
  • かつて相撲界からプロレスに転身し、大成功をおさめた天龍源一郎さん。 現役時代、彼の試合がゴールデンに生放送する事が決定。 それを中継するテレビ局の大物プロデューサー(仮名:A氏)と天龍さんを含む関係者が会食をした時のこと。 実は、このA氏は 以前よりとても評判が悪く、 天龍さん以外の人にはとても横柄な態度であった。 するとその場に同席していた天龍さんの友人の容姿をからかい笑いものにし始めたの [続きを読む]
  • さらば足跡
  • 昨日より 私のブログ「心景色」宛の ペタ機能を解除いたしました。 いつも「いいね」を して下さる読者の方々と重複している場合が多く、 皆様のお手数を少しでも煩わせる事のないよう決断をさせて頂きました。 このところ台風の影響もあり非常に寒くなって参りましたので 風邪などは引かぬようどうかお気をつけ下さいませ。 [続きを読む]
  • 国民性の違いは‥まさに驚き
  • 今から30年ほど前、まだロシアが「ソビエト連邦共和国」の時代。 アントニオ猪木さんはオリンピックでメダルを受賞したソ連のアマレス選手を日本でデビューさせる計画を立てた。 当時、共産国として外貨の獲得を国策としていたソ連は意外にもこの話に乗ってしまう。 さて、その初会談の時‥ まずソ連のスポーツ省関係者が自国側の要望を話し出すと、 猪木さんの関係者は目をつぶって話を真剣に聞いていた。 だがそれを居眠りし [続きを読む]
  • 忘れ去られる人、そうでない人
  • 私はNHKの「朝ドラ」をほとんど観た記憶がありません。 もちろん、有名になった後の主演女優さんの顔と名前は知っていますが。 ずい分と以前からのんさんが所属事務所との問題により仕事に支障をきたしているようですね。 私は詳しくは知らないし、あまり興味もありません。 ただ、TVに出演しなくてもそれによって逆に神秘性が高まる。 そんな女優さんかな、と私は思います。 [続きを読む]
  • あきらめないで
  • 昔、ある人が語っていた。 自分は小さい頃から自分の名前が変で友達からバカにされた。 自分は運動神経も鈍くて野球仲間にも入れてもらえなかった。 上の兄弟からはイジメられて家でも毎日が暗い生活であった。 勉強もやる気が起きずいつも最下位に近い成績だった。 その後、対人恐怖症になり引きこもり街道まっしぐらとなる。 自分以外の人がすべて立派に見え、とうとう自殺を考えるようになったという。 だがその時に聞こえた [続きを読む]
  • 知らない人に出会う
  • 30年前、私の友人は 乗っていた電車が駅で動かなくなり乗車口から外を眺めていた。 するとホームの向こう側に電車が入ってきてそちらも動かなくなった。 彼女はその電車の男性と目が合い、電車が停まっていたしばらくの間、ずっと見つめ合っていた。 やがてドアが閉まると二人は手を振り合った。 そのやりとりはなんとも言えず感動的で今でも覚えているという。 彼女にとって見知らぬ人とつながったそのひと時は本物で心地よい [続きを読む]
  • ジェームス・ディーンの命日
  • ジェームス・ディーンが亡くなられてから今日で丸62年になるのですね。 今、生きておれば86歳ですか‥ 十代の思春期をテーマにした作品がほとんど無かった時代にすい星のごとく現れたスター。 何よりも魅力的だったのは 反骨心と純粋さを持ち合わせたその瞳だと私は思います。 改めて顔をよく見るとイチロー選手に似ていませんか? [続きを読む]
  • やめられない止まらない
  • 普段、皆さんが口にしている大好きなお菓子は何でしょうか? 私の一番お気に入りはカルシウムふ菓子。 「おかしのまちおか」に置かれており369円と値段はちょっと高いがお勧めです。 私はこれを一度食べ始めると2日間でなくなってしまう。 もしよかったらいかがですか。 [続きを読む]
  • 村田兆治投手のエピソード
  • 私が広告マン時代、上司であったKさんから聞いた話。 当時、ロッテ・オリオンズのエース村田兆治さんを広告に起用するに当たり食事会をする事になった。 その晩、村田さんは持参した硬球を人差し指と中指だけで握りしめ Kさんの目の前に差し出すと「ボールを思い切り私の手から引き離して」と言ったらしい。 しかし、Kさんがどんなに力を入れて引き抜こうとしてもピクリとも動かなかったという。 私はそれを聞いて [続きを読む]
  • ちょっとコーヒータイム
  • 先輩アメブロガー・Kさんの協力で 消えていたyoutube動画が昨日より観られるようになりました。 すると、いきなり面白い動画を発見。 藤田ニコるんの声真似が得意な広島県在住の女子中学生・藤田みのさん、 広瀬すずさんの声真似が得意な宮崎県在住の女子高校生・広瀬みくさん、 それぞれが声真似によって、会話をするというものです。 ‥似ていますねぇ。 [続きを読む]
  • 古代ローマ時代の名言
  • 最近、本を読んでいて 印象に残った言葉を紹介します。 古代ローマ時代の詩人・ホラティウスが残したもので 「すべての不幸の中で 最大の不幸は何か、それは‥ 昔、幸福だったことである」 現在、40〜50歳代の方は人生の折り返し地点も過ぎ、 この言葉の内容がしっくりくるかもしれません。 私は逆の表現をしてみました。 「一生を通じて 老後に一番幸福であることが 最大の幸福である」 失礼いたしました。 [続きを読む]
  • 大人が夢を追いにくい理由
  • 男の子というのは発想をすぐ行動に移そうとする。 たとえそれが失敗したとしても心のどこかで親が自分を守ってくれる、 尻ぬぐいをしてくれるという安心感があるからかもしれない。 ということは恐れることなく純粋に自分の夢を追いかけられるわけです。 ところがその子がいずれ大人になり家庭を持つようになると 夢に挑むためのハードルが非常に高くなるのですね。 それは子供時代とは逆に 自分が家族を守らないといけない立場 [続きを読む]
  • 芸能界で多い現象
  • 私も未成年の頃は TV番組に出演していた女性アイドル歌手に夢中でした。 ある程度、人気が爆発するとその本人の妹までが芸能界デビューすることもあった。 但し、お姉さん以上に 脚光を浴びるようになるかというと 無難にまとまってしまうケースが多かったような気がします。 常に人気者の姉と比較されるという不利な状況が原因だったかもしれないが‥ 自分の身内が先にその世界にいるという場合、 後から入る本人自体も既にそ [続きを読む]
  • 旅に出ると、ふと思う
  • 夏休みは旅行(海外含む)に行かれた方も多いでしょうね。私は旅というのは2つの楽しみが存在すると思います。まず夢見た場所へ来たその瞬間に味わう感動、もう1つはその旅を終え故郷に戻った時に感じる喜び。旅行とは、いつか家に帰れるというその前提があるからこそ最高に楽しめるのだろうと‥ [続きを読む]
  • ダイアナ妃の命日
  • 元プリンセス・ダイアナがフランスでの自動車事故により その命を落とされてから今日で丸20年になるのですね。 英国王室に嫁がれた後、初来日時の熱狂ぶりは忘れられない。 両国国技館へ大相撲観戦にチャールズ皇太子と訪れた際、 通訳の女性とファッションの話に夢中になっているなど 王族としての立ち振る舞いを疑問視されたりもしました。 むしろ皇太子と離婚した後の方が自身の社会奉仕活動を通じ、 国民の支持が伸びてい [続きを読む]
  • ちょっといい話6
  • 昨日、阿佐ヶ谷駅南口の「サンマルクカフェ」での出来事。 私はいちごのかき氷を食べていた。 隣の席には感じの良さそうなおばさん(仮名:Oさん)がジュースを飲んで座っている。 すると前の方からおばあさん(仮名:Bさん)が 店内がほぼ満席の為、ウロウロしながらやってきた。 するとOさんは親切に声をかけた。 「どうぞ私の前にお座り下さいな」申し訳なさそうに座るBさん。 その後もOさんはBさんの様子を確認しながら優し [続きを読む]
  • 市川海老蔵襲名披露パーティー
  • 今から13年ほど前、 私が広告代理店時代の話。 故・市川團十郎さんと現・市川海老蔵さん親子をN不動産会社のCMに起用しました。 その縁で私は 後にホテルオークラで開かれた 海老蔵さんの「襲名披露パーティー」に光栄にも招待してもらえた。 小泉純一郎元首相が挨拶をしたり大いに盛り上がりを見せていたが‥ ふと私の視界に入ったのが当時、海老蔵さんがお付き合いの末、 破局に至ったという 女優・米倉涼子さんの姿 [続きを読む]