いっちゃん さん プロフィール

  •  
いっちゃんさん: 今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
ハンドル名いっちゃん さん
ブログタイトル今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
ブログURLhttp://jesus195876.blog.so-net.ne.jp
サイト紹介文キリスト教カトリックのクリスチャンです。 自戒を込めて続けていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供918回 / 365日(平均17.6回/週) - 参加 2012/05/31 14:14

いっちゃん さんのブログ記事

  • 亀井勝一郎のことば(第3日目)
  • 「明日は、明日はと言いながら、今日という一日をむだにすごしたら、その人は明日もまた空しく過ごすに違いありません。」亀井勝一郎のことは、「亀井勝一郎のことば(第1日目)2018.6.23」をご覧ください。おっしゃるとおりです!その日一日を無駄に過ごす人は、物事を先送りする人です。そういう人に充実感、達成感はありません。もちろん成果など期待もできません。今日の一日という日をいかに充実させ、有意義に過ごしてすか [続きを読む]
  • 「洗礼者聖ヨハネの誕生」の祭日(6月24日)
  • 今日は、「洗礼者聖ヨハネの誕生」の祭日でした。イエス様に洗礼を授けた洗礼者ヨハネ(別名「バプテスマ(=洗礼)のヨハネ」)の誕生日は6月24日です。正統なキリスト教である正教会、カトリック教会、聖公会、ルーテル教会のそれぞれの祭日となっています。洗礼者ヨハネは、イエス様の半年前に生まれたとされるため、降誕祭(クリスマス)の半年前の6月24日に誕生日が定められました。キリスト教で、誕生日が聖名祝日となってい [続きを読む]
  • 今日の日記2018.6.24(芋焼酎「白濁 鶴見」)
  • 今日は、カトリック町田教会でのミサの帰りに、町田市街一番の和洋酒の品揃えを誇る「エスポア なかのや」に寄りました。帰り道でしたので何気なく寄ったのですが、なんと!鹿児島県大石酒造の芋焼酎「鶴見」があるじゃないですか!それも無濾過製造の「白濁 鶴見」です!即買っちゃいました!900mlで販売価格は2,200円+税でした。ちなみに、ある酒屋のオンラインショップでは1,350円でした( ̄◇ ̄;)「これぞ芋焼酎だ〜!」っ [続きを読む]
  • 教会日記2018.6.24(カトリック町田教会「主日のミサ」日曜日)
  • 今日は、カトリック町田教会の10時30分からの主日のミサに与ってきました。終わってから昨年度の運営委員と今年度の新しい運営委員の歓送迎会が開催され参加してきました。昨年度の運営委員長を務めていた私は送別される方です。まぁ、すでに2月には交代したのですが( ̄◇ ̄;)ミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、「天におられる私達の父よ、どうかこの祈りを聴き入れてください。慈しみ深く [続きを読む]
  • 亀井勝一郎のことば(第2日目)
  • 「教養の真のあらわれは、その人の「はにかみ」にある。」亀井勝一郎のことは、「亀井勝一郎のことば(第1日目)2018.6.23」をご覧ください。「はにかみ」とは、恥ずかしがることですね。亀井氏は、これを「教養の真の現れ」と説いています。「はにかむ」こと=決して教養がある(教養が高い)ことを自慢することなく、高ぶることもなく、また誇ることなく「はにかむ」ほどの謙虚な態度と姿勢であること、それが「教養の真の現れ [続きを読む]
  • 吹奏楽日記2018.6.23(東京都大学吹奏楽連盟役員会)
  • 今日は、上野にある東京文化会館で、19時から東京都大学吹奏楽連盟の役員会が開催され出席してきました。今は帰りの電車の中です。会議内容は、6月10日に八王子市にある創価大学で事業実施した「平成30年度親睦会」の報告及び反省、そして、8月16日に江戸川区総合文化センターにおいて事業実施予定の「平成30年度東京都大学吹奏楽コンクール」の実施計画打ち合わせでした。これからも学生諸君の活躍に期待大ですね! [続きを読む]
  • 教会日記2018.6.23(カトリック成城教会「平日のミサ」土曜日)
  • 今日はお休み(有休日)なのですが、仕事の業務調整や上司のお見舞いなどなどいろいろとあり、有休日のまま職場に出ることにしました。その前に、出勤途中の小田急戦成城学園前駅で下車し、カトリック成城教会の7時からの平日のミサに与ってきました。ミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、「天におられる私達の父よ、どうかこの祈りを聴き入れてください。慈しみ深く憐れみ深い主よ、主に救い [続きを読む]
  • 亀井勝一郎のことば(第1日目)
  • 「幸福というものはささやかなもので、そのささやかなものを愛する人が、本当の幸福をつかむ。」亀井勝一郎(北海道:1907年〜1966年)は、作家、文芸評論家です。北海道函館区(現在の函館市)生まれ。旧制函館中学校(現在の北海道函館中部高等学校)から旧制山形高等学校(現・山形大学)経て、1926年に東京帝国大学文学部美学科に入学、1927年には「新人会」会員となり、マルクス・レーニンに傾倒して1928年には退学しています [続きを読む]
  • 新約聖書:テサロニケの人々への第一の手紙・第5章・第12〜第22節
  • 「兄弟のみなさん、あなたがたにお願いします。あなたがたの間で労苦し、主に結ばれているあなた方のために配慮をし、あなた方に忠告を与える人々を認め、その任務の故に彼らを、愛をこめてこの上なく尊敬してください。互いに平和を保ちなさい。兄弟のみなさん、あなたがたに勧めます。けじめのない生活を送る人たちに忠告を与え、小心な人たちを励まし、か弱い人たちの面倒をみてあげなさい。誰に対しても寛容でありなさい。誰に [続きを読む]
  • 今日の日記2018.6.21(銀座木村屋)
  • 今日は、平成29年度決算に係る関係業務で都心の京橋に近郊主張でした。帰りに娘が勤務する会社近くの銀座四丁目に出て、娘と“銀ぶら”をしょうと思ったら「木村屋」の店頭に来てしまいました!………ということは、木村屋名物のアンパンを買わないわけにはいきませんよね(⌒-⌒; )買っちゃいました!課の皆さんにお土産です! [続きを読む]
  • 今日の日記2018.6.20(JR横浜線相原駅)
  • 今日は、私が乗り降りする自宅近くのJR横浜線の相原駅のご紹介です。写真は平成15年に全面改築された近代的な現在の駅舎です。エレベーターやエスカレーター、多機能トイレも整備されています。売店もあったのですが、駅近くにコンビニができたものですから10年ほど前に廃止されました。平成14年まで使用されていた駅舎です、この駅舎は、明治41年の開業当時のものを一部改築しただけの駅舎でした。駅舎の古さから、映画やテレビド [続きを読む]
  • 吉田松陰のことば(第8日目)
  • 「どんな人間でも一つや二つは素晴らしい能力を持っているのである。その素晴らしいところを大切に育てていけば、一人前の人間になる。これこそが人を大切にするうえで最も大事なことだ。」吉田松陰先生のことは、「吉田松陰のことば(第1日目)2018.6.12」をご覧ください。その人の良いところを伸ばすことですね。その良いところを見分けるのが難しいのですが、この言葉は“教育の神髄”を言い表していますね。最後の方にある「 [続きを読む]
  • 吹奏楽日記2018.6.19(東京都大学吹奏楽連盟常任理事会)
  • 今日は、仕事が終わってから池袋で東京都大学吹奏楽連盟の常任理事会が開催され出席してきました。今後の連盟運営などについての会議内容でした。加盟32大学、連盟員(学生)約1,800人ほどを数える学生連盟ですから、学生諸君への期待も大きいものがあります。学生のための学生が主役の連盟です!これからも頑張ってもらいたいものですね。ところで、今日はWカップのコロンビア戦でしたね!早く帰って応援しなければ! [続きを読む]
  • 職場のデスク(その79:あこがれの姿!)
  • 今日は、課のカウンター上にある“少し変わった趣向の置物達”のご紹介です。畳の上で寝ている動物達です。どういうわけか?季節外れのサンタさんもいますが(; ̄O ̄) 私も畳の上で寝そべっていたい〜………これがあこがれの姿なのです。ちなみに、写真の左下にいる季節外れのサンタクロースですが、商品名があって「満腹サンタ」というそうです。また、右下にいる赤い帽子をかぶったシロクマですが、商品名は「満腹シロクマ」と [続きを読む]
  • 吉田松陰のことば(第7日目)
  • 「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり。 」吉田松陰先生のことは、「吉田松陰のことば(第1日目)2018.6.12」をご覧ください。読みは、「しせいにして、うごかざるものは、いまだこれあらざるなり。」となります。これを現代語訳すると、「こちらがこの上もない誠の心を尽くしても、動かなかったという人には、いまだあったためしがない。(誠を尽くして事にあたれば、どのようなものでも人は必ず動かすことができる。) [続きを読む]
  • 今日の日記2018.6.18(研修会参加)
  • 今日は13時から17時まで、お茶の水にある東京ガーデンパレスにおいて、「私立経営研究会セミナー・学校法人会計の仕組みと実務(学校会計入門コース)」が開催され参加してきました。つまり学校法人会計の初心者対象研修会ですね。60歳になる初心者経理課長としては、若い人達と一緒の研修会というイメージがあったのですが、会場に着いてみたら案外白髪の方がいっしゃるのには驚きでした!司会者の話しでは、財務担当理事や財務役 [続きを読む]
  • 今日の日記2018.6.18(アジサイの花)
  • このブログの6月5日(火)の記事に書きましたが、経理課のカウンター上に置いていたアジサイの鉢植えの青い花が、しおれてしまって花の寿命が終わったようでしたので、大学構内の秘密の場所に清掃の方に植えてもらいました。そうしたら、なんと!13日で写真のとおり赤い花を咲かせていました!驚きです。清掃員の方のお話しですと、「ほとんど根が腐っていたから、もうダメかと思ったら生き返りましたね〜。」とのことでした。土が [続きを読む]
  • 吉田松陰のことば(第6日目)
  • 「自分の価値観で人を責めない。一つの失敗で全て否定しない。長所を見て短所を見ない。心を見て結果を見ない。そうすれば人は必ず集まってくる。」吉田松陰先生のことは、「吉田松陰のことば(第1日目)2018.6.12」をご覧ください。この言葉に説明はいらないですね。これは組織におけるリーダーの指針です。素晴らしい言葉です!まったくお言葉のとおりです。これも私の座右の言葉です。 [続きを読む]
  • 旧約聖書:箴言・第6章・第6 6〜第11節
  • 「怠け者よ、蟻のところに行って見よ。その道を見て、知恵を得よ。 蟻には首領もなく、指揮官も支配者もないが 夏の間にパンを備え、刈り入れ時に食糧を集める。 怠け者よ、いつまで横になっているのか。いつ、眠りから起き上がるのか。 しばらく眠り、しばらくまどろみしばらく手をこまぬいて、また横になる。 貧乏は盗賊のように欠乏は盾を持つ者のように襲う。」 怠け者への戒めの言葉です。このブログに2012年8月10日に掲載し [続きを読む]
  • 教会日記2018.6.16(カトリック町田教会「主日のミサ」土曜日)
  • 今日は、カトリック町田教会の18時30分からの主日のミサに与ってきました。町田教会は、4週連続のミサになります。ミサが終わってからは、個人的に主催した呑み会があり、今は帰りの電車に中です。ミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、「天におられる私達の父よ、どうかこの祈りを聴き入れてください。慈しみ深く憐れみ深い主よ、主に救いを求める人々に主の平安をお与えください。病に苦しむ [続きを読む]
  • 吉田松陰のことば(第5日目)
  • 「過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ。」吉田松陰先生のことは、「吉田松陰のことば(第1日目)2018.6.12」をご覧ください。過ちがないことを誇ったり安心したりすることではなく、その犯した過ちを改めることの方が重要であると松陰先生は説いておられます。人間は誰でも過ちを犯します。失敗もします。この世の中で過ちや失敗をしない人間はいないのです。「過ちを改める」とは、事実を振り返り、結果を反省 [続きを読む]