hiroki さん プロフィール

  •  
hirokiさん: 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影
ハンドル名hiroki さん
ブログタイトル逍遥遊記 旅の思い出、街の面影
ブログURLhttps://ameblo.jp/shouyouyuuki/
サイト紹介文日本国内全都道府県200(東日本100、西日本100)の街を訪れる記録と日々の何気ない思い
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/06/02 01:14

hiroki さんのブログ記事

  • 驚いた言葉〜台風〜
  • 驚いた言葉〜台風〜 テレビで喋っていたその言葉を、たまたま、私は聞き逃しませんでした。 その言葉を、いままで聞いたこともありませんでした。初めて聞く表現でした!とても、驚きました。 台風21号 テレビで、気象庁の方は言っていました。 ―台風「第」21号 新聞もWeb上も台風21号です。 でも、気象庁のホームページでの表現を見てみると、すべて 台風第18号台風第21号なのです。 だから、どうだと言うのではありませんが、 [続きを読む]
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影Part2 〜谷根千(下)〜
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影 〜谷根千(下)〜 谷中銀座「夕焼けだんだん」です。 谷中銀座とりたてて。。。 谷中銀座を抜けて和紙のお店 根津神社です。 繪処「アラン・ウエスト」アメリカ出身の日本画家、アラン・ウエストアメリカ人に「ひのもと」を教えてもらいます。この日は、ご本人、不在で、残念でした。 最後は「東京藝術大学」の門の前で終わりです。 ランキングに参加しています。 していただけたら [続きを読む]
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影Part2 〜谷根千(上)〜
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影 〜谷根千(上)〜 JR日暮里駅で降りて、谷中を散策します。 「朝倉彫塑館」彫刻家、朝倉文夫の住居とアトリエであった建物です。 屋上から俯瞰出来るのですが、ご覧のように美しい建物です。 登録有形文化財の「観音寺」の築地塀 しばらく、街をぶらぶらして、 趣きあるお店を外から見ながら、 やはり自然と足が向いてしまうのは、というよりも 谷中に来たのだから、やはり、行かなくてはと思 [続きを読む]
  • 違和感のつぶやきーその6
  • 違和感のつぶやき―その6  いちばんの関心事に全く触れません! これは、なぜでしょうか?  文部省の偉いひとが、息子を東京医科大学に裏口(予約入学)させる代わりに  同大学の支援事業に便宜を図ったことで、前理事長と前学長が、  贈賄の罪で起訴された旨、その会話の音声がしきりに流れていますが。。。  マスコミは、 いちばんの関心事に全く触れていません! これは、なぜなんでしょうか?  この音声は、 [続きを読む]
  • よくわからない
  • よくわからない 各地での雨の被害は甚大で、言葉がありません。 それは事実として受け止めなければならないのですが、 NHKだけは、画面に被害状況を表示しています。これも遠く離れて暮らす方々が、どの地域に被害が及んでいるのかを把握する意味で重要であると思います。 ところで、ところで、NHKは、常に、常に、死亡者数、安否不明者数を画面に表示しています。これは、なんのためなのでしょうか? なんのために死者数を逐一 [続きを読む]
  • 非日常的な言葉
  • 非日常的な言葉 前から気になる言葉があります。 それは、本当にひとは「その言葉」を発するか?という疑問なのです。 CMやTVではよく使われています。だからこそ、その言葉が耳に届くたびに疑問に思うのです。 事実、私はその言葉を発したこともありませんし、周囲の人がそう言うのも聞いたことがありません。 例えば、美しい景色や艶やかな庭園を目の前にした時、―うわー!きれ〜い!と言うでしょう!―すご〜い!かもし [続きを読む]
  • なんかおかしい
  • なんかおかしい はれのひ はれのひの社長が、 >虚偽の決算書類を提出し、銀行か融資金をだまし取った詐欺の疑いで逮捕された。 なんかおかしくないですか?こんなこと思うのは私だけでしょうか?もちろん、法律に詳しくはないのですが、 だって、はれのひの社長が行ったことはー >警察によりますと、「はれのひ」について、今月までに471件の相談を受けていて、その被害は総額1億3500万円にのぼっているということです。 一般 [続きを読む]
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影Part2 〜157 三島(下)楽寿園〜
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影 〜157 三島(下)楽寿園〜 いまさらながら、中断の再開です。 三島駅すぐにある「楽寿園」は、富士山の溶岩の上にある公園です。 かつては、富士山の湧水を湛えていたのですが、さまざまな理由から、今では7年〜8年に一度の間隔でしか満水になることはなくなってしまいました。 「楽寿園」は平成24年に「伊豆半島ジオ(地球)パーク」のジオサイトとして認定されました。新幹線が走るすぐ横にある [続きを読む]
  • <たびねす>に瀬戸内海に浮かぶ「犬島」の記事が掲載されました。
  • <たびねす>に瀬戸内海に浮かぶ「犬島」の記事が掲載されました。 瀬戸内海に浮かぶ「犬島」は、ベネッセコーポレーションの2代目社長である福武總一郎氏による瀬戸内海の文化村構想の基盤作りとして、「直島」に次いで整備されたアートの島です。 さらに、産業廃棄物の投棄場所になってしまっていた「豊島(てしま)」を整備し、この3島を中心に第1回の「瀬戸内国際芸術祭」の開催に繋がっていきます。 その後、瀬戸内海に浮か [続きを読む]
  • 素朴な疑問
  • 素朴な疑問 (1)コインチェック仮想通貨取引所大手「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題で、金融庁は29日、流出を防ぐための安全管理体制が不十分だったとして、同社に対し資金決済法に基づく業務改善命令を出した。 これほどの基本的なセキュリティ不足に対して、なぜ、金融庁は業務認可を下したのだろうか?という疑問を覚えてインターネットで調べたところ、 コインチェ [続きを読む]
  • <たびねす>に東京大田区「馬込文士村」の記事が掲載されました。
  • <たびねす>にもうひとつの東京大田区「馬込文士村」の記事が掲載されました。 このところ諸事情により個人的な旅の訪問地をご紹介出来ないでいますが、来年はいつも通りに戻れる予定です! 東京大田区の馬込と山王地区にかつて「馬込文士村」と呼ばれた文士たちの村(共同体)がありました。そこで生活していたのは、文士たちばかりではありません。 今回のご紹介は画家、書家、思想家たちです。 画家の川端龍子 徳富蘇峰の記 [続きを読む]
  • <たびねす>に東京大田区「馬込文士村」の記事が掲載されました。
  • <たびねす>に東京大田区「馬込文士村」の記事が掲載されました。 東京大田区の馬込と山王地区にかつて「馬込文士村」と呼ばれた文士たちの村(共同体)がありました。 「馬込文士村」は、JR大森駅すぐにある文士たちのレリーフで始まります。 この「馬込文士村」の中心であったのは、作家の尾崎士郎と宇野千代夫妻でした。 それ以外にも、川端康成、石坂洋次郎、室生犀星などがおり、それぞれの居住跡には解説板が設置されてい [続きを読む]
  • もしかしたら、大変なことが起きているのかもしれない
  • もしかしたら、大変なことが起きているのかもしれない 趣味は読書です。だから、本屋に行くのが好きです。本は書店に行って、本を手に取って購入しています。 といって地元に大きな書店はありませんので、というよりも、コンビニ以外に本を置いてあるところがなくなってしまったので、電車に乗って本屋に行きます。 最近、ある総合プロデューサーの本が集中して必要になり、大きな書店に行きましたが、すべては揃っていませんで [続きを読む]
  • なんとなくの思い
  • なんとなくの思い 2017年のノーベル文学賞が、カズオ・イシグロ氏に決まりました。TBSでは、日本出身の受賞者としては3人目になります、とまで言っていました。 私は熱烈なハルキストではありませんが、デビュー作から読んでいて、ずっと、しっくり来ていなかったのですが、「1Q84」からいいな、と思うようになりました。 そんな私が思うに―今回の受賞の決定は、あることを暗示しているように個人的には思えるのです。 ノーベル [続きを読む]
  • 違和感のつぶやきーその4
  • 違和感のつぶやき―その4 鈴与グループのCMの違和感 いつか見てみたい。・クジラのダンス ・北の国のオーロラ ・ありんこの涙 もう一度・クジラのダンス :行けば見られる・北の国のオーロラ :行けば見られる・ありんこの涙 :そうしたものが、あるのかどうか分からない。        見られるものなのかもわからない。         もしかしたらないのかもしれない。 *これだけ種類が異なるものを並べられ [続きを読む]
  • <たびねす>に静岡 三島「楽寿園」の記事が掲載されました。
  • <たびねす>に静岡 三島「楽寿園」の記事が掲載されました。 三島駅前にある富士山の噴火で噴き出た三島溶岩流のうえに立つ庭園です。素敵な庭園ですので、ぜひ、覗いて見て下さい。 先々月の「源兵衛川」、「水の廻廊都市」に続く三島3部作の最終です。 ぜひ、ご覧下さい!!! では、ここです!⇒  http://guide.travel.co.jp/article/28331/   ランキングに参加しています。 していただけたら嬉しいです。に [続きを読む]
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影Part2 〜157 三島(中)せせらぎを巡る〜
  • 逍遥遊記 旅の思い出、街の面影 〜157 三島(中)せせらぎを巡る〜 水の都「三島」は、先にご紹介した街中を流れる「源兵衛川」だけでなく、街のいたるところに水の象徴が散在します。 三島駅前のほど近くにある公園「白滝公園」かつてはここに富士山の湧水が滝のように湧き出ていました。いまでも、水に潤う公園です。 公園の隅にあるからくり人形。筒に手を差し出と、湧き水を汲み上げて、もてなしてくれます。 「白滝公園」の [続きを読む]
  • 違和感のつぶやきーその2と3
  • 違和感のつぶやき―その2と3 2.大島優子さんが出演している外為オンラインのCMで、ケーキのなかからコインが出てきたら、幸運の印、と近くにいた方から言われていますけれど、、、 コインが出てきたら、そのケーキ、あなただったら食べ続けますか? 3.電車内での読書本にカバーをせずに、題名を丸出しにして本を読むひと。 ランキングに参加しています。 していただけたら嬉しいです。にほんブログ村 [続きを読む]