正義 さん プロフィール

  •  
正義さん: 一筆入魂!書の道
ハンドル名正義 さん
ブログタイトル一筆入魂!書の道
ブログURLhttps://ameblo.jp/seigi-syo/
サイト紹介文書道上達の記録。筆耕房きっこ(岸佳舟)先生 の添削指導を受けて上達を図るブログ。
自由文書道上達の記録。
筆耕房きっこ(岸佳舟)先生の添削指導を受けて上達を図るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/06/02 09:32

正義 さんのブログ記事

  • 8月号競書成績
  • ■8月号競書成績■【漢字規定部】・成家⇒175人中89位【漢字随意部】・成家⇒175人中12位【条幅部】・推薦(昇格)⇒53人中30位【臨書部】・天位⇒58人中24位【調和体部】・竹⇒90人中20位はじめて、条幅部で最高位の推薦欄に名前がありました。嬉しいです。少しずつ、一歩ずつですね。書道はなかなか結果が出ないので、気長に頑張ります。というか、最近は、全部伸び悩んでますが。うまくいくときは全部うまくいくけど、うまくいか [続きを読む]
  • 第29回全国書写書道大会 結果
  • 先日、第29回全国書写書道大会の賞状が届きました。届いた賞状は、つくばみらい市長賞でした。昨年は、つくばみらい市議会議長賞でしたので、ランクアップできて良かったです。書写書道展で、二文字「五輪」が課題でした。なかなか書かないので、書写を意識する貴重な機会になりました。弱々しいけど。結果が出るのはなんでも嬉しいことです。最近は、佳作どまりの俳句ばかりでしたが、有りがたいことに、参戦した地元の俳句大会の入賞 [続きを読む]
  • 第33回談山神社研書会奉納書作展 結果
  • 遅くなりましたが、第33回談山神社研書会奉納書作展の結果が届きました。 今回も特別賞には届きませんでしたが、特選をいただきました。特選作品は右でした。奈良県の展覧会を個人出品で特別賞を抜いた話を聞いてみたいですよね。僕も実力をつけて気長に頑張ります。千字文大会は出し忘れました(笑)先日、地元の県展作品を仕上げて出品しました。柔らかさの表現を加えることを意識して、ひとつひとつ、いろんな要素を加味していけ [続きを読む]
  • 7月号競書成績
  • ■7月号競書成績■【漢字規定部】・成家⇒180人中11位【漢字随意部】・成家⇒177人中1位・優秀作品賞・審査評掲載「筆勢ある快腕の作大変佳」【条幅部】・特選⇒69人中19位【臨書部】・特選⇒100人中30位【調和体部】・竹⇒85人中22位なんと、奇跡的に、成家位出品になってから初めての写真版掲載になりました。最高位成家位での写真版掲載は、強者ばかりで自分にはまだまだ先のことと思っていたので、まさかと見返しました。これ [続きを読む]
  • 第32回全国書写書道展 結果
  • 第32回全国書写書道展の入賞通知が届きました。龍峰さんのブログを通して、こちらの書道展を知り、今回で三回目の出品になりました。 今回も、有りがたいことに三度目の特別賞となりました。ただ、過去二回の特別賞よりも成績は悪く、ぎりぎり特別賞に滑り込んだので、作品のまとめの悪さをはじめ、しっかり反省して、来年に活かしたいと思います。読売作品書いた合間に書いたからかわかりませんが、字が大き過ぎますもんね。いま [続きを読む]
  • 第34回読売書法展 結果
  • 第34回読売書法展の通知が届きました。結果は入選。入選は負けという意識をしっかり持って、しっかり練習していきます。悔しさが一番上達に繋がると思いますし、来年はリベンジできるようにします。俳句や川柳に手を広げてみて、なぜ、書道の伸びが著しく悪いのかをいろいろ置き換えながら考えたことではっきり分かった気がします。俳句や川柳は、県の最高レベルの先生からの手厚い指導で、県の将来を託されていると思うほど、先生方の [続きを読む]
  • 第52回高野山競書大会 結果
  • 第52回高野山競書大会の結果通知が届きました。今年も、昨年に引き続き、高野山書道協会賞でした。出品していたのはこちらの作品で、今年の競書大会惨敗の題材でしたが、高野山だけはかろうじて昨年と同じ結果になりました。とりあえず、勢いだけで書くような雑な作品を卒業していかないと、その上がないですね。不器用なので、苦手なのですが、繊細な技術、細かいことに意識を置いて、作品の質を高めていけるようにしないといけな [続きを読む]
  • 第35回ふれあい書道展 結果
  • 第35回ふれあい書道展の審査結果が届きました。今回は、高良山書道展に出品した題材も流したので比較的いろんな作品での出品になりました。それにしても、全然ダメですね。第30回展で特別賞を受賞して以降、全然結果が出ていません。第30回展が奇跡というか、まぐれだったんですね。作品レベル的にもかなり酷かったので。 まず、出品した条幅作品。高良山書道展のときに書いた両脇の2作品が、なんと過去最低最悪の敢闘賞でした。ふれ [続きを読む]
  • 第33回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会 結果
  • 第33回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会の結果が届きました。この五年間出品していますが、初出品のときに、臨書がなにかすら知らず、九成宮の臨書を出品したときに日本武道館賞を受賞して以降は、ずっと大会奨励賞止まりでした。そして、今回も変わらず大会奨励賞。なかなか進歩がありません。今回は、少しは縁があるかなと思っていましたが、甘かったです。実は、眞子様のお相手の小室圭さんが住んでいるところの近所で僕は生 [続きを読む]
  • 第46回高良山書道展 結果
  • 先日、第46回高良山書道展の通知が届きました。今回の一般部の特別賞受賞者は、ブログでお世話になっている龍峰さんと、書友の二人だけでした。特別賞の狭き門を個人出品者で埋めたこと、そして、二人ともお付き合いさせてもらっていること、大変嬉しく思います。さて、自分はというと、半紙作品2作品が特選で書道ファイルを2つ頂きました。今年もお手本収納に使わせていただきます。今回の出品では、今まで書いたことのない調和体 [続きを読む]
  • 第38回射水神社奉納書道展 結果
  • 第38回射水神社奉納書道展の結果通知が届きました。久し振りの結果通知です。富山県の一の宮神社の書道展で、昨年はぎりぎり特別賞に滑り込んだのですが、今年は特選相当の射水賞でした。出品した作品はこちらの草書作品でした。ちなみに、まだ正式な通知は届いていませんが、今年の高野山競書大会にも同じ題材で出品して、昨年と同じ高野山書道協会賞と電話で伺いました。草書の書きのほうが自信が出てきていたので、第三の目を探 [続きを読む]
  • 5月号競書成績
  • ■5月号競書成績■【漢字規定部】・成家⇒161人中93位【漢字随意部】・成家⇒158人中17位【臨書部】・特選⇒86人中54位【調和体部】・竹⇒89人中11位謙慎展からずっと同じ題材の作品を書きすすめて、社中展、読売展と出品しているのですが、同じ題材でも取り組んでいることが違ってくると、どんどん自分になかったものを上乗せしてる感じがして、同じ題材をとことん書いてみるっていいかもしれないと思いました。謙慎展のときは、 [続きを読む]
  • 4月号競書成績及び昇試成績
  • ■4月号競書成績■【漢字規定部】・成家⇒162人中45位【漢字随意部】・五段⇒162人中26位【臨書部】・天位⇒105人中19位【調和体部】・松⇒83人中69位■4月号昇試成績■【かな部】・三段⇒準四段昇段(五段試験)⇒13人中8位【ペン字部】・準成家⇒成家昇格(成家試験)⇒4人中1位・昇試優秀作品掲載・審査評「整正なる字形、強靭なる線質が、精彩を放ち活力が感じられる」ついに、ペン字部で最高位の成家位となることができました。二度 [続きを読む]
  • 第30回蘭亭書道展 結果
  • 第30回蘭亭書道展の結果が届きました。いろいろ調べた限り、数少ない色紙展のひとつです。第28回展から出品し、大分朝日放送奨励賞、熊本朝日放送奨励賞と奨励賞ですが受賞してこれました。そして、今回も、沖縄タイムス社奨励賞を受賞でき、三年連続での奨励賞受賞となりました。出品したのは、こちらの三作品ですが、まだこの時、筆の持ち方をしっかり理解できていなかったので、筆から力が逃げた線になっているのがよくわかります。 [続きを読む]
  • 3月号競書成績
  • ■3月号競書成績■【漢字規定部】・成家⇒168人中18位【漢字随意部】・成家⇒169人中17位【漢字条幅部】・特選⇒76人中34位【臨書部】・特選⇒107人中54位【調和体部】・松⇒87人中69位久し振りの競書誌結果です。いったいいつぶりか、条幅部への出品をしてみました。やっぱり条幅書かないとダメだなと思いましたね。先日、ほんと何年ぶりかに錬成会にも参加してきました。漢字、ペン字、かな、全て勉強になりました。書友から、錬 [続きを読む]
  • 第79回謙慎書道会展授賞式・祝賀懇親会
  • 第79回謙慎書道会展授賞式・祝賀懇親会に出席してきました。第77回展で秀逸を受賞した際にも出席していましたが、そのときは壇上に上がることがなかったので、社中の会派席でした。しかし、今回は、個別に名前を呼び上げられ、登壇の栄があるため、席も指定され、他の会派の受賞者と交流する貴重な機会となりました。山梨県、岩手県、愛知県、同じテーブル席だけでも様々な県の方々が集まりました。それだけ権威ある書道展で壇上にあが [続きを読む]
  • 第79回謙慎書道会展 鑑賞
  • 第79回謙慎書道会展を書友と共に鑑賞してきました。今年も文字の動物園が開催されていたので、今年もやってみました。書いたのは、ペッカリー。ペッカリーを知らなかったので、知るきっかけになったので書いてみました。お手本のレベルの高さを感じつつ、馴れない筆でまともに扱えませんでしたが、今回からラミネート加工して記念品としても手元に残るようになりました。腕の上達を年々感じられるので、手元に残るのは良いですね。昨年から入賞作 [続きを読む]
  • 第79回謙慎書道会展 結果
  • 先日、第79回謙慎書道会展の結果が届きました。2015年から出品し、有り難いことに過去二回は秀逸を受賞させていただきました。謙慎書道会では、理事対象の特別賞を除いて、評議員、公募対象の賞はこのようになっています。推薦顧問賞(約0.4%)3点特選謙慎賞(約3.5%)2点秀逸(約20%)1点褒状(約27%)1/3点入選(約20%)落選(約28%)パーセンテージは数年前のデータなので、簡単な目安です。累計10点に達すると理事に昇格し、書家としての箔 [続きを読む]
  • 第9回全国夢一文字コンテスト 結果
  • 遅くなりましたが、第9回全国夢一文字コンテストの結果が届きました。特別賞金賞銀賞銅賞入選選外これまで過去二回が銅賞、入選一回で、特別賞を目指して取り組んできました。今回も特別賞には届きませんでしたが、過去最高の金賞に入賞することができました。「昨年、祖父と祖母を失った。これをきっかけに私は実家に戻った。先祖代々からの家の歴史と共に、江戸時代からの古銭の数々、修理しながらでも受け継いでいく価値のある桐タンス [続きを読む]
  • 第5回葛飾柴又帝釈天全国書道コンクール 結果
  • 先日、第5回葛飾柴又帝釈天全国書道コンクールの結果が届きました。なかなか忙しくタイムリーに更新できていないのですが、今回はなんとかギリギリ、審査委員長賞で授賞式対象の特別賞に滑り込むことができました。昨年から出品をはじめ、昨年は葛飾区書道連盟賞で授賞式対象特別賞に一歩届きませんでした。出品したのはこちらの二作品で、どちらが入賞したかはわかりません。書道を研究して、深く理解して、たくさん書き込む必要性しか感じま [続きを読む]
  • 12月号競書成績
  • ■12月号競書成績■【漢字規定部】・成家⇒167人中20位【漢字随意部】・成家⇒166人中19位【臨書部】・天位⇒120人中11位【調和体部】・竹⇒90人中31位年始の挨拶はご遠慮させていただきました。寒中お見舞い申し上げます。思うように筆も持てず、全く書けておりませんが、謙慎書道会展にはなんとか出品だけしました。出品するだけで精一杯で、書き込んで作品として仕上げるには厳しかったです。年明け締切の書き初め展にも、ほと [続きを読む]
  • 第55回伊勢神宮奉納書道展 結果
  • だいぶ遅くなりましたが、第55回伊勢神宮奉納書道展の結果です。結果は、一般半紙部が神路山賞、一般条幅部が五十鈴川賞でした。出品していたのは、こちらの三作品でした。最近は、筆も全く持てておらず、ブログもご無沙汰になってしまっていました。じつは、今月の17日に祖母が亡くなりました。8月29日に祖父を亡くしてから、わずか三ヶ月半で祖母をも亡くすことになりました。三歩半下がって祖父を支えてきた祖母らしい生き様だっ [続きを読む]
  • 10月号昇試成績及び競書成績
  • ■10月号競書成績■【漢字規定部】・成家⇒163人中59位【漢字随意部】・成家⇒162人中69位【臨書部】・天位⇒113人中69位【調和体部】・松⇒81人中76位■10月号昇試成績■【ペン字部】・準成家⇒落選(成家試験)【かな部】・準三段⇒三段(五段試験)だいぶ遅くなりましたが、ペン字昇試の結果がわかりました。成家試験不合格という結果になりました。はじめての試験不合格です。最高位試験となると、甘くないですね。かな部は三段にひ [続きを読む]
  • 第61回日本書道美術院主催全国競書大会 結果
  • 第61回日本書道美術院主催全国競書大会の結果が届きました。今回は、漢字部に5作品、かな部に作品出品しました。そして結果は、漢字部が全国競書大会賞、かな部が推薦でした。昨年の高野山金剛峯寺賞からはダウンしましたが、二年連続で授賞式対象の特別賞を受賞できて良かったです。かな部も推薦となったので、少しずつ進歩はしてるようです。来年は、漢字部、かな部のダブル部門での特別賞を目指して頑張っていきたいです。第65 [続きを読む]
  • 第65回大正大学全国書道展 結果
  • 第65回大正大学全国書道展の賞状等が届き、結果がわかりました。条幅部、半紙部、双方に出品していましたが、特別賞受賞者であれば表彰式開催前に通知が届くので、特別賞には届かなかったことだけはわかっていました。今日、賞状等が届いたので、結果がわかりました。条幅部が特別奨励賞半紙部も特別奨励賞でした。おそらく、こちらが特別奨励賞受賞作品ではないかと思います。賞状が変わったのは嬉しいです。以前はペラペラの紙だ [続きを読む]