龍(ろん) さん プロフィール

  •  
龍(ろん)さん: ろん農園のLike a free doragon.
ハンドル名龍(ろん) さん
ブログタイトルろん農園のLike a free doragon.
ブログURLhttp://ron2012simplelife.blog.fc2.com/
サイト紹介文三重県で、スモールハウス、自然養鶏、無農薬栽培、パーマカルチャー、セルフビルド、自給自足生活を奮闘中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/06/02 21:01

龍(ろん) さんのブログ記事

  • 無農薬の苗代は、ビオトープ。
  • 苗代のお米の苗は、順調に成長中♪昔ながらの田んぼの一角に作る苗代です^^無農薬の田んぼでは、様々な生き物の暮らす場所となり、まるで一種のビオトープのよう。少しずつ増えてきた浮草に、田んぼの定番オタマジャクシ。カブトエビに、ホウネンエビ^^他にも、カイエビ、アメンボ、ゲンゴロウ、ミジンコなどなど、無農薬の田んぼには、生き物がいっぱい♪この子たちが土をかき混ぜてくれる(特に、カブトエビ)ので、水はいつも [続きを読む]
  • 初夏の花イロイロ。
  • 初夏の花イロイロ。栗。ニンジン。ルッコラ。今年初めて、作付け。サラダなどに、重宝しました。ルッコラは、アブラナ科の中でも属が、異なるので種採りはしやすいそうです。同じアブラナ科でも属が違うと花の形、なり方、色など微妙に違ってたりします。プチトマト。コリアンダー。ジャガイモ。センダン。種付けて、発芽してきたノビル。タンポポ綿毛。桑の実。ズッキーニも穫れだした。ある日の収穫。間引きニンジン、桑の実、イ [続きを読む]
  • マコモ植えに&焚口の修理。
  • 新しく作ったビオトープにマコモを植えたい。ってことで、取り寄せてみました。今は、便利な世の中で欲しいと思ったら、大抵のものは通販で手に入れることができる。無事に育ちますよ〜に。また、色んな生き物の棲み処となるように、石の影を作ってみました。今の所ビオトープには、小さなタニシみたいな生物がたくさんきています。メダカちゃんプチビオトープには、睡蓮をIN。水辺があると、それだけでパワースポット&癒しスポ [続きを読む]
  • パイプハウスの補修&苗代の苗、発芽。
  • こないだ作ったばっかりのパイプハウスですが、補修しました(爆)工場に眠っていた昔のシートを使ってたのですが、実際に雨が降って、様子を確かめたら、所々雨漏れて、使い勝手今一悪いので、補修します。一番重要な天井部分は、新品のシートを購入。ブルーシートよりも2〜3倍強いという事で、銀のシートをチョイスしてみました。ちょうど良いサイズが売ってなかったので、天井部分のみとなりまして、こんな感じに。この上に、元 [続きを読む]
  • ビオトープ作成。
  • この間パイプハウスを建てた敷地ですが、山側は水が湧き出してきて、外周に掘った溝にはいつも水がついてる状態。ジュクジュクしてて、排水性の悪い土地。と、最初はイメージでしてましたが、逆をいえば、水に恵まれた土地ではないか。。。そうだ、この水を利用しちゃおう。この端っこの一角をビオトープにします。さあ、気合を入れて、スコップ仕事。エイサ、ホイサと大地と格闘する事、2時間弱。37のオッサン、ユンボ並み(笑) [続きを読む]
  • 保温折衷苗代。
  • 浸種してた種もみも無事に芽がでてきたので、種まきすることにしました。温かい日が続いていたせいか、予想よりずいぶん早く芽が出てきて、急きょ苗代づくりに(苦笑)ビフォーは、こんな感じ。 ここから、スコップで畝上げしていきます。昨年は、手前と奥で高低差が出てしまったので、今年は改善策として、先に水をはって、水平を合わせておく事にしました。水を基準に、高い所を削ってと、まさしく水平に^^これで苗代完成として [続きを読む]
  • パイプハウスの建築。
  • 今月は、パイプハウスの建築に取り掛かっていました。ハウスの骨組みは、頂き物。パイプハウスの解体&鉄くずなどの片付け作業をする代わりに、頂けることとなりました。もともとこのパイプハウスは、土に差し込む式じゃなかったので、先っちょを潰して、差し込む仕様に。ビフォー。アフター。同じ長さの所に、印をつけておいて、下準備完了。文明の利器、レベラーを使って、水平の糸を張っておきます。差し込む深さを決めたら、鉄 [続きを読む]
  • ミツバチさん、来園!!
  • まずは、本題のミツバチさんの前に、農園の様子をご紹介します。昨年植えた、マルベリー、桑の木が沢山実をつけてくれています^^桑の木成長いと早し。一年でずいぶん大きくなりました。春菊がちょうど今、花盛り。野菜は収穫して終わりでなく、花を咲かせて、種採りして次に繋げていきます♪スナックエンドウ。絹さや。手前から、ルッコラ、カツオ菜、大根おしん、春菊(春まき)、小松菜。皆さん、順調に育ってくれています。ニン [続きを読む]
  • 緑餌大好き&焼きタケノコ。
  • ヒナがきてから、1週間ほどで、運動場の枠を取っ払ってあげました。広々とした鶏舎で、ノビノビと元気に走り回っております♪日々、スクスクと成長中。10日目くらいで、保温のための育雛箱の覆いも取っ払ってあげました。徐々に、温度を下げて外気温に慣らしていきます。この日は、トウのたった白菜を少し緑餌に与えてみました。ビフォー。大喜びで突いています。アフター。ヒナの頃から、緑餌を与えることによって、生涯、草な [続きを読む]
  • ヒヨコ5日目&春の花イロイロ。
  • 今日でヒナが届いてから5日目。運動場も少し狭く感じるようになってきたので、延長してあげました。元気に元気に、走り回っております^^餌も玄米から、ボチボチ自家配合飼料に切り替えていきます。緑餌(草)も少しずつ慣れさせていきます。食べやすいように細かくしてやって、与えてあげます。手前の子、ちょうど草を突いて食べています。親鳥代わりの私は、畑でミミズを捕まえては、ヒナちゃんに給餌(笑)こういった生きた餌には [続きを読む]
  • 芋類の植え付け&ピヨピヨ到着。
  • いも類を色々植えつけました。まずは、サツマイモの伏せこみ。昨年育てた紅あずまを鶏舎の床の下で保存してた種イモ♪土を被せて、藁、ビニールで覆って、温床ハウスに置いて発芽を促せます。無事に発芽しますよ〜に。ポット蒔きの種達も、色々育苗中なり。宇宙芋植えつけたり、他にも、菊芋、里芋、ヤーコン、コンニャク芋、ねばり芋と、イモ類を植えつけました。今年から追加したねばり芋以外は、昨年自分で育てた芋を種イモに^ [続きを読む]
  • 春の兆し、芽イロイロ。
  • 春の兆し。農園内に毎年でてくるツクシちゃん。農園内を歩き回ってこれだけ採集。ちょっと少なめだけど、自分所の敷地内でこれだけ穫れれば上等でしょう。春の味覚、卵とじにしていただきます。桑の木の新芽。桃ちゃんの花芽。ブラックベリーの新芽。種採り用の大根の菜花。大根はアブラナ科でも、大根同士でしか、交雑しないので、防虫ネットなしにしてます。母体は和歌山大根。直播の小松菜、発芽。育苗のナスが出そろってきまし [続きを読む]
  • 種イモの保存結果&粘土団子作成。
  • ここ最近の色々。今月末には、ヒナちゃんが来る予定なので、育雛舎に新しいもみ殻をたくさん敷いてあげました。こんな感じに^^野菜の種まきも随時進めています。ズッキーニ、赤紫蘇、冬瓜、アスパラ。直播の葉物類も播種。小松菜、春菊、大根、カツオ菜、ルッコラ。他にも、ニンジン、ビーツなども播種。無事に発芽しますよ〜に。鶏舎の中で保存してた種イモ類を掘りあげたり。この中に、種イモが埋まっています(笑)鶏糞層を越え [続きを読む]
  • 味噌の仕込み&田んぼの準備。
  • 麹も無事いい感じに出来上がったので、続けざまに、味噌を仕込みました。去年は、かなり失敗気味だった米麹だけど、その反省を活かして、今年は大成功♪大豆3キロ、大鍋でグツグツコトコトと3〜4時間煮込んでいきます。煮込み終わったら、1〜2時間放置しておくと、さらに柔らかくなるようです。丈夫で大きなビニール袋に、大豆を入れて、踏んで潰していきます。ビフォー。踏み踏み、踏みまくります。。。。アフター。次に、塩 [続きを読む]
  • 米麹&天の恵み&種まき開始。
  • 米麹を仕込んでいました。自家製の無農薬米^^シッカリと蒸しあげていきます。蒸しあがったら、広げて40度くらいまで、お米を冷まして、麹菌の種付け。手早く全体をよく混ぜこんだら、温度が下がらないうちに、米袋へ入れて、毛布でぐるぐる巻き、布団のなかへ入れて保温していきます。(写真撮る余裕は、ありませんでした。)今年は、湯たんぽで少し加温したり(最初のウチだけ)翌日の朝には、温度がバッチリ上がってきてたので、 [続きを読む]
  • 鶏引っ越し、今シーズンも動き出し。
  • ここ最近の色々。ジャガイモ植えつけたり。今年は、少し多めに作つけてみました。デジマとインカのめざめの2種。昨年入手した鶏舎の隣接地には、榊を定植したり、コシアブラを植えてみたり。自分所の敷地で、山菜が穫れれば最高^^うまくつきますように〜。次は、不耕起栽培ゾーンをご紹介。こう見えても様々な野菜が植わっています。ニンジン、高菜、三陸つぼみ菜、赤かぶ、聖護院カブ、ワケギ、ネギ、スイスチャード、大根等。 [続きを読む]
  • 卵型ストーブ&ニンニク除草、追肥。
  • 調理に使っている時計ストーブが、老朽化で壁面が朽ちてきたので新しいのに新調することにしました。一工夫して、バーミキュライトで周りを囲って、断熱させて熱効率を上げて使っています。コンロが2口使えて、安価でとても使い勝手の良い時計ストーブ。耐久性が少し弱いのが弱点。毎日使っていると、1年くらいで、壁がボロボロになってきます。こんな感じに。そろそろ替え時ですね。今回は、近くのホームセンターで見つけた卵型 [続きを読む]
  • 踏み込み温床&温水器40度超え。
  • 2.20踏み込み温床を仕込みました。まずは、昨年使った温床の残りを全部取り出します。この材は、また来年の育苗などの床土に利用できます^^ちなみに、これは一昨年仕込んだもの。いい感じに堆肥化が進んで、ふかふかでいい感じ。さあ、今年の温床の材料をかき集めます。畑で枯草など、集めて軽トラ山盛りに。また、ストックしておいた枯草達をもう1車^^踏み込み温床というと、落ち葉を使うのが一般的ですが、ウチでは枯草 [続きを読む]
  • 温水器完成&食うためのリアルな仕事。
  • まずは、塩ビ管太陽熱温水器の途中経過。ビニールを貼る前に、温まり具合を試し実験してみました。その日は、お昼頃に水を入れて、ほんの数時間入れておいただけでした。正直、冬場はあまり期待できないだろうなと思っていましたが、思いのほか温度が上がっていました♪(ガッツポーズ!!)ほんのりと温かい、太陽の温もり^^ちなみに、冬場の井戸水の温度は10℃少しきるくらい。これだけ温度が上がるだけでも革命的^^薪がどれ [続きを読む]
  • 塩ビ管太陽熱温水器製作中、パート3。
  • 日が昇るのも少しずつ早くなってきました。朝の鶏の鶏舎の前でパチリ。2、16の朝日。ついに、塩ビ管温水器屋根に上げて、設置いたしました♪こんな感じ。イメージ!?妄想!?が、現実となった瞬間^^上部のパイプから給水して、下部のパイプが排水となります。反対側は、こんな感じに。一番上の塩ビパイプの上部には、空気孔を等間隔にいくつも空けておきました。手前のパイプから給水して、奥のレンガで押さえてるパイプが排 [続きを読む]
  • 塩ビ管太陽熱温水器製作中、パートⅡ。
  • 3、7mの塩ビ管に、蓋と給排水や各塩ビ管を繋ぐための径の小さい塩ビ管をセット。こんな感じに。反対の側は、上下が逆になるようにくっつけてみました。たぶん、これでうまく水が回りやすくなると思います。温度が上がりやすいように、黒く塗装してあげます♪温水器が乗る下地も進め中。最終的には、農業用ビニールで覆って、さらに温度が上がりやすいようにする予定?スモールハウスの屋根は、45℃と角度も良く、温度もより上 [続きを読む]
  • 塩ビ管太陽熱温水器、製作中。
  • 鶏作業の合間を見つけては、塩ビ管太陽熱温水器の準備を少しづつ進めています。これは、温水器を乗せるための下地や支えづくりの途中経過。スモールハウスの屋根(角度が急な方)に、設置予定です。VU100の塩ビ管、3、7m×5本で、約170Lくらいの容量の温水器に。ちょうどウチの五右衛門風呂の釜に合うように設定してあります♪考えに、考えに、考えた上に、、、設計は、こんな感じに落ち着きました。塩ビ管を縦に使う方 [続きを読む]
  • 薪の準備&ポリタンク温水器解体。
  • 1月は、鶏さんの飼料の一部に使ってるクズ大豆の入手もおこないました。サイズが小さかったり、色がついてたり、未熟だったりするいわゆる規格外品。松阪産の大豆です。海外から輸入された飼料には、ポストハーベスト、遺伝子組み換え等、心配要素も多い、、、やっぱり近くで生産されたものが、一番安心でしょう。余計な輸送エネルギーもいらないし^^ろん農園のニワトリさんの餌は、松阪産の小麦や近場の米ぬかなど、近場で生産 [続きを読む]
  • 縁側の延長。
  • プチセルフビルド。先週は、縁側の延長に取り掛かっていました。まずは、柱となる材選び。以前鶏舎を建てる時に、伐採したマキの木を使います。マキの木は、腐りにくくとても丈夫い。4年近く野ざらしにしてても虫食いは、ほとんど見られません^^チェンソーを使ってのホゾづくり。まずは、勘を頼りに、線をつけてから、ブイ〜んと削っていきます。こんな感じに。なんちゃって職人の技が光ります☆彡座りが良くなるよう、底の部分 [続きを読む]
  • THE 男の料理。
  • 嫁さん、実家に帰省中だったので、ここの数日間一人農業でした(笑)一人だと、鶏作業、配達、炊事洗濯、風呂焚きと中々その他の作業にかかれなかったので、主にメシネタ中心で。まずは、高菜炒飯風混ぜご飯。炊き立てのご飯だとうまく炒めにくいので、ご飯は炒めずに、卵や具を別に炒めてから、ご飯に混ぜこむ炒飯風。また、ある日は、人参とハヤト瓜のバター炒めに、頂き物のアジの開き。ニンジンのバター炒め、ほんのり甘くて、メ [続きを読む]