龍(ろん) さん プロフィール

  •  
龍(ろん)さん: ろん農園のLike a free doragon.
ハンドル名龍(ろん) さん
ブログタイトルろん農園のLike a free doragon.
ブログURLhttp://ron2012simplelife.blog.fc2.com/
サイト紹介文三重県で、スモールハウス、自然養鶏、無農薬栽培、パーマカルチャー、セルフビルド、自給自足生活を奮闘中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/06/02 21:01

龍(ろん) さんのブログ記事

  • 初卵&アゲハ蝶羽化。
  • 月始めには、神棚、井戸神様の榊の交換。榊は、実家の庭に大きな木があるので、頂いております。8.3、初卵(ういらん)発見♪59羽中、第一号。最初のウチは、産む場所がわからず床に産んでいる事が多いです。3月には、ピヨピヨだったヒナちゃん達ですが、こんなに大きく育ちました^^今の所、1日2個くらい。産卵箱で産むことも覚えてくれたようです。まだ、商品には回していませんが、サイズ、数ともに落ち着いてきたら、徐 [続きを読む]
  • ろん農園の愉快な仲間達。
  • 稲の穂もいい感じに、成長中^^足元は、こんな感じ。除草剤も化学肥料も使わない無農薬の栽培ですが、この通り♪ここの所天気も良く塩ビ管太陽熱温水器、絶好調。昨日は、59度前まで、上がりました。最高記録!!自作の温水器で59度^^既製品並み!?大成功。台風で、雨漏りした煙突の修理に発注してたコーキング剤が届きました。前は、耐火パテってのを使ってたのだけど、それをカリカリして、削り取って掃除し、ぶちゅぶち [続きを読む]
  • 夏の暑さ対策Ⅱ&台風通過。
  • この間いっていたように、うちの暑さ対策は、もっぱら扇風機。開放的な作りで、自然の風も入りやすいように設計しています。また、縁側正面の南側には、梅、栗の木と落葉樹が植わっていて、夏日陰になり、冬は葉が落ち日が入り温かくなるようになっております^^けど、7月中旬の猛暑の時は、流石に暑かった。7月中旬の猛暑を経験したことで、7月下旬は、涼しく感じるように。猛暑の中をクーラーもなしで、暑さを体感することに [続きを読む]
  • 夏の涼、川へ。
  • にいにい蝉!?ウチの中にまで、やってきました(笑)夏だな、夏なんだな。しかし、今年の7月は暑い。梅雨が上がってから、雨もなく畑もカラカラ。こういった時は、お風呂の残り湯を再利用して、畑に潅水してあげています。ニンジンの発芽や枝豆の花芽が付いたものなど、特に水が欲しいものを中心に潅水^^梅の木で、セミが変な鳴き方してると思ったら、カマキリに捕まっていました。THE 弱肉強食。夏の暑さ対策その2。縁側の西に [続きを読む]
  • 夏の暑さ対策。
  • ここ最近の色々。ろん氏ミシンに、挑戦。小学校の家庭科以来!?バイしたズボンの裾上げをミシンでやってみました。いつもは、自分で手縫いかお店で裾上げといった感じでしたが、頂いたミシンを使って、いざ挑戦。途中下の生地まで、まとめて塗ってしまうアクシデントもありました(爆)が、最終的には、それっぽく仕上げることができました。流石は機械の力。腕はなくとも、それなりに仕上げることができちゃいます^^食、住は、か [続きを読む]
  • 火消し壺の導入。
  • 本日の朝食は、もじりたてのトウモロコシ!!ミョウガの花茎が出始めていました♪ミョウガの森を散策していたら、妙な蛾を発見。どうやら卵を産み付けているらしい。名は、マイマイガというものっぽい。今年は、やたらと虫に縁がある年らしい。色んな虫と出会います^^ウドの花満開。何年も前に植えつけたものですが、毎年顔を出してくれます♪同じころに、植えたタラの木にも花。根っこの切れ端のような苗を植えつけたものでした [続きを読む]
  • ミカドトックリバチ巣作る。
  • トウモロコシ、中耕&土寄せ。主に、鶏さんの餌用です^^先週蒔いた大豆、無事に発芽♪アップ。大豆は、主に味噌用に、栽培しています。お米も順調に成長中。THE 浮草マルチ。除草も大成功^^ほぼ雑草という雑草、皆無。浮草の遮光効果で、雑草を抑えてもらいます。除草剤を使わない無農薬栽培だからなせる技で、草をもって、草を制す。今年は、スイートコーン作付けしていました。ハニーバンタム。ウチで、唯一のF1種(笑) [続きを読む]
  • 夏仕様&電動シャワー自作。
  • ここの所暑い日が続いています。なので、急きょ暑さ対策。朝の東の日や夕刻の西日、横からくる太陽光って思いのほか暑く感じる。東の窓や西の小窓に簾をかけました。寒い季節は、調理と暖を同時にこなせる卵型ストーブを室内で使っていましたが、暑い夏は、土間のおくどさん薪コンロにバトンタッチ。こっちは、土で囲ってあるので、断熱効果抜群で、薪調理していてもさほど暑くなりません♪周りを断熱してるので、薪の燃焼効率もい [続きを読む]
  • 糸トンボ羽化。
  • 6、26早朝、ビオトープで糸トンボの羽化の瞬間に遭遇しました。余った稲の苗を植えてあったのだけど、その茎によじ登って羽化したようです。稲と糸トンボのコラボレーションや〜。他にも何匹も同じように、羽化していました。この子は、羽化した時間が早かったのか、色が濃くなってきてて、もう少しで飛び立ちそうな感じ。環境を整えてあげれば、自然と色んな生物が集まってくるのが面白いビオトープ。先週播種したトウモロコシ [続きを読む]
  • 傾斜土槽法の解説。
  • 先月作った台所排水の浄化装置、傾斜土槽法を紹介します。そもそもこの装置を知ったのは、農文協の絵本から。この本は、ブログ読者であり、卵のお客様でもある方から頂いたものでした。たまに、図書館でこのシリーズを借りて調べごとしたりするけど、この本は初めて。農文協の絵本シリーズは、大人が見ても面白い内容のとてもいい本^^この本のあるページにこの傾斜土槽法というのが紹介されていました。これは、面白い。という事 [続きを読む]
  • 水辺の生き物&ラッキョウ漬け。
  • 6月21日、夏至。朝の鶏の作業の時にパチリ。太陽の昇る位置も随分、北側に移動しました。3回目の除草機に入りました。前回、横方向に入ったので今回は縦方向に。縦横と入ることによって、株間、条間と除草できるので、除草の効力は高くなると思います。稲によく似てるけど、これは、ヒエ。たぶん。時折、大きな草を見つけたら、ひっこ抜いて除草。三回目の除草機を入ったら、後は自然任せ。自然の力をうまく利用して、草を抑え [続きを読む]
  • 夏は卵が少なめに。
  • ここの所、ニワトリさんの産卵数が下がってきています。一時は、春の一番多い時から比べると半数近くにまで><この子たちは、今の主力候補で2017年生まれの鶏さん達。去年の秋口から、今春までよく産んでくれました^^。春を越えて、夏にかけて少しづつ卵の数は、下がっていきます。毎年の事だけど、夏場はどうしても産卵数が下がってきてしまいます。これも一つの自然の流れ。とはいえ、急に下がりだしたりもするから、少し [続きを読む]
  • おくどさんの解説。
  • 本題の前に、ビオトープや農園の様子を紹介。ビオトープでは、色んな水生植物が顔を出してきました♪最初は、アオミドロばっかりやったけど、今では何種類も確認できるように^^生き物も少しずつ増えてきています。カエルがいて、オタマジャクシがいて、糸トンボなんかもよく飛んでくる。この子は、糸トンボのヤゴかな!?他にも、ゲンゴロウやアメンボ、モノアラガイなどもよく見かけます。少しづつ生態系が豊かに変化していって [続きを読む]
  • 田んぼの手押し除草機。
  • 本題の除草機の前に、少し畑編を紹介します。梅ちゃんも少し色づいてきて、収穫時となりました。脚立に登って採って、屋根に登って採って、最後は直接木に登って収穫。この木一本で、毎年沢山収穫できます♪少し色づいてきた頃が、梅干し用の収穫期。さらに、2〜3日追熟させると、こんな感じに^^フルーティーな香りがたまりません♪完熟梅なので、あく抜きなども必要なし。洗って、ヘタ取って、水気を切ったら、梅干しの仕込み [続きを読む]
  • おくどさん、薪コンロ自作。
  • 先月から、おくどさんの製作にとりかかっていました。形のイメージとしては、こんな感じ。設計は、自分でこうしたら効率の良い薪コンロになるのではないかと考えに考えてこうなりました。果たしてどうなる事やら!?上には、時計ストーブの上部をブッタ切ったものを乗せてこうなる予定。以前使っていたものを捨てずにストックしてあったものを利用します。スモールハウスの裏に隣接してる土間におくどさんを作ります。まずは、土台 [続きを読む]
  • 6月は、農繁期。
  • 6月に入って、色んな野菜や果物が穫れ始めてきました。今年は、春大根がうまいこと育ってくれました♪おしんちゃん。マルベリー(桑の実)も盛沢山。たくさん採れたので、ジャムにして保存します。ブラックベリーも少しずつ色づいてきた。ビワもいい感じに、色づいてきたので、収穫しました。毎年この時期、猿に狙われるので、チャンスを逃さずに収穫せねばならぬ。今年は、ギリギリセーフでした。鶏の世話に鶏舎に向かうと、お隣さ [続きを読む]
  • 昔ながらの手植え田んぼ。
  • 6/1、田植え。苗取りを始めようかと、苗代へと進むと、小さな蛇ちゃんがお出迎え。ヒバカリ!?さあ、やるぞ〜。まずは、苗取り。ゴソっと土ごと根っこを傷めないように苗をとって、ジャボジャボと土を落としておきます。田植えよりも、この苗取りが中々の重労働。腰がひん曲がります(笑)苗取りがある程度進んだら、次は線付け。田んぼの水を落としておいて、自作の線付け器を引っ張って、縦横30cmの線をつけていきます。密 [続きを読む]
  • ディーゼル耕運機で、代掻き。
  • まずは、本題の前に、野菜や畑の様子を少しご紹介。コンニャク芋発芽。まるで、タケノコのよう(笑)種から育ててる五葉アケビ。コンパニオンプランツ的に育ててたナス科ゾーン。ナスに、イタリアンパセリ、レタス、バジルなどなど。順調に成長中♪種イモを保存して繋いでるサツマイモも順調に成長中。これは、つる苗用に育てています。そろそろつる切って、苗づくりせねば。自生系のブルーベリーのシャシャンボ、花芽らしきものが出 [続きを読む]
  • 小さな家と小さな菜園。
  • 五月のろん農園。THEジャパニーズスモールハウス。小さな家と小さな菜園があれば、それで十分。自然の恵みを活かして、豊かに暮らしていけます。右っ側の小道を進み、左に折れると、こんな感じ。さらに、進むと、ぢんちゃんが、井戸の上で、お出迎え。ここ最近、暑い日の猫ちゃん達のお気に入りの場所となっております。猫ちゃん、どこにいても絵になるんだな。天気のいい日は、自作の塩ビ管太陽熱温水器、軽く40度超え。井戸 [続きを読む]
  • 無農薬の苗代は、ビオトープ。
  • 苗代のお米の苗は、順調に成長中♪昔ながらの田んぼの一角に作る苗代です^^無農薬の田んぼでは、様々な生き物の暮らす場所となり、まるで一種のビオトープのよう。少しずつ増えてきた浮草に、田んぼの定番オタマジャクシ。カブトエビに、ホウネンエビ^^他にも、カイエビ、アメンボ、ゲンゴロウ、ミジンコなどなど、無農薬の田んぼには、生き物がいっぱい♪この子たちが土をかき混ぜてくれる(特に、カブトエビ)ので、水はいつも [続きを読む]
  • 初夏の花イロイロ。
  • 初夏の花イロイロ。栗。ニンジン。ルッコラ。今年初めて、作付け。サラダなどに、重宝しました。ルッコラは、アブラナ科の中でも属が、異なるので種採りはしやすいそうです。同じアブラナ科でも属が違うと花の形、なり方、色など微妙に違ってたりします。プチトマト。コリアンダー。ジャガイモ。センダン。種付けて、発芽してきたノビル。タンポポ綿毛。桑の実。ズッキーニも穫れだした。ある日の収穫。間引きニンジン、桑の実、イ [続きを読む]
  • マコモ植えに&焚口の修理。
  • 新しく作ったビオトープにマコモを植えたい。ってことで、取り寄せてみました。今は、便利な世の中で欲しいと思ったら、大抵のものは通販で手に入れることができる。無事に育ちますよ〜に。また、色んな生き物の棲み処となるように、石の影を作ってみました。今の所ビオトープには、小さなタニシみたいな生物がたくさんきています。メダカちゃんプチビオトープには、睡蓮をIN。水辺があると、それだけでパワースポット&癒しスポ [続きを読む]
  • パイプハウスの補修&苗代の苗、発芽。
  • こないだ作ったばっかりのパイプハウスですが、補修しました(爆)工場に眠っていた昔のシートを使ってたのですが、実際に雨が降って、様子を確かめたら、所々雨漏れて、使い勝手今一悪いので、補修します。一番重要な天井部分は、新品のシートを購入。ブルーシートよりも2〜3倍強いという事で、銀のシートをチョイスしてみました。ちょうど良いサイズが売ってなかったので、天井部分のみとなりまして、こんな感じに。この上に、元 [続きを読む]
  • ビオトープ作成。
  • この間パイプハウスを建てた敷地ですが、山側は水が湧き出してきて、外周に掘った溝にはいつも水がついてる状態。ジュクジュクしてて、排水性の悪い土地。と、最初はイメージでしてましたが、逆をいえば、水に恵まれた土地ではないか。。。そうだ、この水を利用しちゃおう。この端っこの一角をビオトープにします。さあ、気合を入れて、スコップ仕事。エイサ、ホイサと大地と格闘する事、2時間弱。37のオッサン、ユンボ並み(笑) [続きを読む]
  • 保温折衷苗代。
  • 浸種してた種もみも無事に芽がでてきたので、種まきすることにしました。温かい日が続いていたせいか、予想よりずいぶん早く芽が出てきて、急きょ苗代づくりに(苦笑)ビフォーは、こんな感じ。 ここから、スコップで畝上げしていきます。昨年は、手前と奥で高低差が出てしまったので、今年は改善策として、先に水をはって、水平を合わせておく事にしました。水を基準に、高い所を削ってと、まさしく水平に^^これで苗代完成として [続きを読む]