弁護士加藤英典 さん プロフィール

  •  
弁護士加藤英典さん: 弁護士加藤英典のブログ
ハンドル名弁護士加藤英典 さん
ブログタイトル弁護士加藤英典のブログ
ブログURLhttp://hidenorikato.hatenablog.jp/
サイト紹介文埼玉県所沢市の弁護士です。再審事件などの弁護団事件にも関わっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/06/03 01:26

弁護士加藤英典 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 圏央道カルバートボックス事件再審請求
  • 圏央道カルバートボックス事件弁護団は、本日(9月3日)、東京高等裁判所に再審請求を申立てました。私が確定後から弁護団に加わっている事件です。なお、「圏央道カルバートボックス事件」は、この事件が『冤罪File(2016年7月号)』で取り上げられたときの事件名です。 事案の概要 2012年7月22日、埼玉県坂戸市内の圏央道高架下トンネルであるカルバートボックスに駐車中の自動車内から被害者Aさん(当時33歳)の遺体が発 [続きを読む]
  • 袴田事件即時抗告審決定と映画『獄友』
  • 袴田事件について、2018年6月11日に東京高裁の不当決定(原決定取消・再審請求棄却)がでてから、早2か月が経ちました。決定直後はその現実をにわかに受入れることができず、そうは言っても特別抗告申立期限は実質1週間しかないので、特別抗告申立書作成の作業をしなければならず、あっという間に時が過ぎていきました。報道の通り、弁護団は、6月18日には特別抗告申立をし、7月23日にはDNA鑑定に関する補充書も提出しました。弁護 [続きを読む]
  • 2018年ヒロシマ市民の描いた原爆絵画展
  • 原爆絵画展所沢実行委員会は、2018年8月6日(月)から8日(水)の間、所沢市役所庁舎市民ギャラリー(西武新宿線航空公園駅東口徒歩3分)において「ヒロシマ市民の描いた絵画展」を開催しています。昨年までの会場(小手指市民ギャラリー)が閉鎖され、今年は開催場所が変わっています。展示される絵画は毎年異なりますので、昨年までご来場の方も新しい絵画をご覧になれます。原爆絵画展所沢開催の経緯等は、昨年のエントリーで詳 [続きを読む]
  • 埼玉県で自転車保険加入が義務化
  • 「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」 埼玉県では2018年4月1日に「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が施行され、自転車保険に加入することが義務付けられます。「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が改正されました〜自転車損害保険加入義務化等〜(平成30年4月1日施行) - 埼玉県 誰に加入義務があるのか? 加入義務が課されるのは、自転車利用者、すなわち埼玉県内で自転車を [続きを読む]
  • 埼玉県で自転車保険加入が義務化
  • 「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」 埼玉県では2018年4月1日に「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が施行され、自転車保険に加入することが義務付けられます。「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が改正されました〜自転車損害保険加入義務化等〜(平成30年4月1日施行) - 埼玉県 誰に加入義務があるのか? 加入義務が課されるのは、自転車利用者、すなわち埼玉県内で自転車を [続きを読む]
  • 袴田事件最終意見書提出
  • 報道の通り、袴田事件弁護団は、1月19日に東京高裁に最終意見書を提出しました。最終意見書は本文が150頁で、DNA鑑定と味噌漬け実験に関する証拠を新証拠とした原決定に誤りはないこと即時抗告審で開示された取調録音テープから違法な取調べ状況が明らかになったこと即時抗告審で開示された証拠から新たなねつ造が明らかになったこと取調録音テープに関する供述心理学鑑定も袴田巌さんの無実を推認する新証拠であること等を論じて [続きを読む]
  • 袴田事件最終意見書提出
  • www3.nhk.or.jp報道の通り、袴田事件弁護団は、1月19日に東京高裁に最終意見書を提出しました。最終意見書は本文が150頁で、DNA鑑定と味噌漬け実験に関する証拠を新証拠とした原決定に誤りはないこと即時抗告審で開示された取調録音テープから違法な取調べ状況が明らかになったこと即時抗告審で開示された証拠から新たなねつ造が明らかになったこと取調録音テープに関する供述心理学鑑定も袴田巌さんの無実を推認する新証拠である [続きを読む]
  • 「ヒロシマ市民の描く原爆絵画展」のお知らせ
  • 私が事務局長を務めている原爆絵画展所沢実行委員会は、2017年8月4日(金)から6日(日)の間、所沢市小手指市民ギャラリーエバー(西武池袋線小手指駅北口徒歩2分)において「ヒロシマ市民の描く絵画展」を開催します。この絵画展は、1974年5月に一人の被爆者が被爆体験を描いた絵画をNHK広島に持込んだことを発端にしています。この絵画がきっかけになり、NHK広島に膨大な数の被爆者の絵画が集められることなりました。1974年8月 [続きを読む]
  • 「ヒロシマ市民の描く原爆絵画展」のお知らせ
  • 私が事務局長を務めている原爆絵画展所沢実行委員会は、2017年8月4日(金)から6日(日)の間、所沢市小手指市民ギャラリーエバー(西武池袋線小手指駅北口徒歩2分)において「ヒロシマ市民の描く絵画展」を開催します。この絵画展は、1974年5月に一人の被爆者が被爆体験を描いた絵画をNHK広島に持込んだことを発端にしています。この絵画がきっかけになり、NHK広島に膨大な数の被爆者の絵画が集められることなりました。1974年8月 [続きを読む]
  • 誤解されている痴漢事件
  • 誤解されている痴漢事件 先日の話の続きです。今度は、痴漢を疑われた男性が線路内に立入り、電車にはねられて死亡したと報道されています。このような危険もありますので、「痴漢を疑われたら逃げろ」は適切な対応ではありません。ところで、ここ数日、SNSでは痴漢事件が話題になっており、「痴漢を疑われたら逃げろ」の是非も議論になっています。弁護士以外の方も含めて議論が盛んになるのはよいことではありますが、そ [続きを読む]
  • 誤解されている痴漢事件
  • 誤解されている痴漢事件 先日の話の続きです。今度は、痴漢を疑われた男性が線路内に立入り、電車にはねられて死亡したと報道されています。www3.nhk.or.jpこのような危険もありますので、「痴漢を疑われたら逃げろ」は適切な対応ではありません。ところで、ここ数日、SNSでは痴漢事件が話題になっており、「痴漢を疑われたら逃げろ」の是非も議論になっています。弁護士以外の方も含めて議論が盛んになるのはよいことでは [続きを読む]
  • 「痴漢を疑われたら逃げろ」は正しいのか?
  • 「痴漢を疑われたら逃げろ」? 報道によれば、5月12日未明、JR京浜東北線の車内で痴漢を疑われた男性が、上野駅構内から逃走し、駅付近のビルから転落して死亡した、とのことです。逃走中に誤って転落したのか自殺を図ったのかは判明していません。最近、電車内で痴漢を疑われた男性が逃走してトラブルになっている事案がいくつも報道されていましたが、今回は被疑者の死亡という最悪の結果を迎えてしまいました。痴漢事件 [続きを読む]
  • 「痴漢を疑われたら逃げろ」は正しいのか?
  • 「痴漢を疑われたら逃げろ」? 報道によれば、5月12日未明、JR京浜東北線の車内で痴漢を疑われた男性が、上野駅構内から逃走し、駅付近のビルから転落して死亡した、とのことです。逃走中に誤って転落したのか自殺を図ったのかは判明していません。www3.nhk.or.jp最近、電車内で痴漢を疑われた男性が逃走してトラブルになっている事案がいくつも報道されていましたが、今回は被疑者の死亡という最悪の結果を迎えてしまいま [続きを読む]
  • 刑事拘禁制度改革に関する勉強会
  • ※このエントリーは、『刑事拘禁制度改革実現本部ニュース』40号(日本弁護士連合会刑事拘禁制度改革実現本部編)に寄稿した文章をブログ用に編集したものです。 1 日弁連刑事拘禁制度改革実現本部は、2017年3月6日、村井敏邦氏(一橋大学名誉教授)と赤池一将氏(龍谷大学法学部法律学科教授)をお招きして刑罰制度改革に関する勉強会を行いました。昨年10月に福井市で開かれた人権擁護大会において、日弁連は「死刑制度の [続きを読む]
  • 刑事拘禁制度改革に関する勉強会
  • ※このエントリーは、『刑事拘禁制度改革実現本部ニュース』40号(日本弁護士連合会刑事拘禁制度改革実現本部編)に寄稿した文章をブログ用に編集したものです。 1 日弁連刑事拘禁制度改革実現本部は、2017年3月6日、村井敏邦氏(一橋大学名誉教授)と赤池一将氏(龍谷大学法学部法律学科教授)をお招きして刑罰制度改革に関する勉強会を行いました。昨年10月に福井市で開かれた人権擁護大会において、日弁連は「死刑制度の [続きを読む]
  • 過去の記事 …